世銀プロ 2012年07月24日 - コートジボワール投資案件クローズとナイジェリア再訪

IFCダカール事務所の小辻洋介です。

先日、コートジボワールに拠点を置くフランス語圏西アフリカ最大の養鶏会社Societe Ivoirienne de Productions Animales(SIPRA社)への株式出資契約を調印できました。コートジボワールの内戦からの経済復興に伴い、もっとも安価なタンパク源のひとつである鶏肉や卵の消費量は向こう数年間で飛躍的に伸びると見ており、またこの会社がブルキナファソやマリなど近隣諸国への進出する可能性もあるので、投資のアップサイドは大きいと思います。また、この会社のサプライ・チェーンに2万軒以上の小規模農家(飼料向けのトウモロコシを納めている農家や、ヒヨコや鶏の餌を買っている小規模農家など)を巻き込んでいるので、経済効果も大きいです。

調印式の様子はコートジの国営テレビでも放映され話題になりました。二人三脚で一緒に頑張ってきたアナリストのタンカムちゃんは、プレスの写真に載った自分の顔の口紅の色がかなりけばかったことがショックだったみたいで、サイニングからしばらくは「口紅、口紅。。。」とぶつぶつ言ってましたが。

写真は、地元の新聞で報道された調印式の様子。僕もチームリーダーとして主賓席に座らせてもらい、左端にちゃっかり写っています。

Picture_70_SIPRA

このプロジェクトは、ものすごい課題が多く、歯ごたえもスリルも満点な9ヶ月間でした。

コートジボワールは、輸入鶏肉に100%の関税がかけられ、国内の鶏肉生産者が守られています。この関税障壁の先行きが不透明(つまり関税が政府のなんらかの事情で廃止されたら、ブラジルなどからの安価な輸入鶏肉に負けて、この会社は倒産するんじゃないか)という理由で、案件開始当初は社内中が猛反対で、一時は僕以外の全員が案件は死んだと思ったくらいでした。社内の予備審査ではサンドバッグのように打たれまくったのですが、案件を殺す前に、一度現場を見に行かせてくれと上司に拝み倒して、予備調査を行ったのが去年の10月。コートジに飛んで、会社のオペレーションや財務状況を徹底的に分析し、実は、会社のドル箱は、鶏肉生産ではなく、ヒヨコと飼料の生産・販売である、ということがわかりました。

ヒヨコや飼料ビジネスは輸入品よりもコスト優位にあり(ヒヨコは孵化前の卵の状態で、ヨーロッパなどから空輸をする必要があり、輸入にはかなりのコストがかかる。飼料も熱帯では日持ちが悪く、遠くから船で運んでくるよりは、現地で作るほうがいい)、仮に鶏肉の関税が下がって鶏肉事業の利益率が大幅に下がっても、会社全体の利益にはそれほどダメージがないだろうという読みが立ちました。もちろん、鶏肉の関税が下がれば、国内の鶏肉農家も縮小するので、国内のヒヨコや飼料の需要は下がるのですが、この会社の品質は、国内競合他社より高いし販売網も強いので、競合他社はダメージを受けるだろうけれど、この会社のパイはそれほど減らないだろう、という分析をしました。

また、懸案の鶏肉事業も、オーストラリアで畜産農家を経営して30年のスペシャリストが、オペレーションを洗った結果、IFCのテクニカル・アシスタンスをやっている部署が外部の畜産専門家を呼んできて、飼料の品質向上やオペレーションの効率化を図っていけば、多少関税が下がったとしてもブラジルやアメリカの鶏肉に競争できるくらいコストを下げられるのではないか、という希望的な観測が出ました。

これで、案件を本格的に進めることになったのですが、このクライアントは僕がこれまで対面した交渉相手の中でもっとも手ごわい人の一人で(悪い意味ではなく、契約書の一文一文を履行しなければという意思にあふれているので、投資契約の文言のインプリケーションを真剣に考えて交渉してくる、そういう意味で立派なビジネスマンです)、しかも僕にとってははじめてのフランス語での交渉、クライアントにとってははじめての英文契約書、ということもあり、かなり時間がかかりました。

フランス語がネイティブのタンカムちゃんと、翻訳ソフトのGoogle Translation様がいなかったら、今頃死んでいたでしょうね。条件が折り合わず、何度も交渉決裂になりかけましたが、クライアントはIFCとパートナーシップを組んで、コートジを代表する会社から、西アフリカを代表する会社への成長を遂げたい、僕らもなんとかコートジ内戦後初の農業案件を成し遂げたい、という真剣な思いがあったので、サイニングにこぎつけることができました。

本番はこれからで、この会社と二人三脚で、コートジの養鶏産業とサプライ・チェーンに関わる農家の競争力を上げられるように頑張っていきたいと思います。

コートジ国営放送の放映は、このリンクで見られます。フランス語ですが、SIPRA社のオペレーションの様子など興味深いです。

***

サイニングを終えてダカールに戻り、早速新しい案件発掘に向けて営業開始。ダカールで一番高級なラディソンホテルとショッピングセンター(シープラザ)を所有している持ち株会社がコートジボワールでジュース会社を立ち上げるらしいという噂を耳にしたので、うちにも融資させてください、とその持ち株会社のCFOに営業をかけてきました。豪華絢爛なミーティング・ルームには、アーンスト・ヤングの会計士や地元銀行のバンカーたちが集まっていて、みんなコートジ国営放送を見ていたらしく「おお、お前がコートジの鶏案件をやった日本人か!」と向こうから挨拶にきてくれ、話がスムーズに進んだりと、仏語圏西アフリカのいっちょまえバンカーの仲間入りをしたようないい気持ちを味わえました。また、ニュースを見た教育の関係者から内戦時代に大破したアビジャンの私立中学・高校を復興したいという融資案件が名指しで舞い込んでいたり、個人のクレディビリティーが大事なこちらの商売のダイナミズムを実感しました。

フランス語を一言もしゃべれない状態でダカールに来て3年弱、少しずつ自分の名前で勝負できるようになってきた感じで、「石の上にも3年」とはよく言ったものですね。

***

コートジボワールでの案件を片付け、一息つく暇もなく、ナイジェリアに出張してきました。

目的は、アフリカを基盤にした巨大コングロマリットへの投資案件が動いているので、その会社がナイジェリアで所有している小麦粉工場、ゴマ工場の調査。

のっけからえらい大変な旅で、土曜真夜中発のナイジェリア行きの便が出発間際にストのためキャンセル、翌日に延期。翌日曜日は、夜中発予定が、朝4時まで遅れ、乗ってみたら座席のシートがまったく倒れず寝られず。その便が、ブルキナ・ファソのウァガドゥグ、ベナンのコトヌーと止まって、朝10時ナイジェリア着、そこからクライアントに直行しました。ほんと、フランス語圏アフリカから英語圏アフリカの旅は毎回地獄です。

クライアントの日産1000トンの巨大な小麦粉工場を見学し、商売について討議。インドとナイジェリアのなまりの入った英語は寝不足の脳にひびきます。小麦粉の主要使途のひとつとしてインスタント麺があるようで、ナイジェリアのインスタント麺市場はインドネシアのインドミーという会社が15年前にゼロから開拓し始め、いまや400億円の市場になって、それに刺激を受けた地元の小麦粉会社が続々と新規参入している、という話が心に刺さりました。ナイジェリアで当たったのならば、セネガルや他の西アフリカでも当たる可能性は高い。アフリカで起業するなら、インスタント麺屋か?

Picture_71_SIPRA

レゴスの工業地帯 - フランス語圏ではあまりみないトゥクトゥクが走っています。

ただ、びっくりしたのは、ナイジェリアの製粉所の多くはキャパシティーの50%か60%でしか運用されていないとのこと。これは、需要がないからではなくて、本当は需要を満たすためにフル稼働したいのだが、工程のどこかにボトルネックがあって、でもどこがそのボトルネックかがわからず、この改善に時間がかかるから、とのこと。

ボトルネックという言葉が難しければ、アフリカの空港を思い浮かべてください。チェックインの場所はがらがらなんだけど、2人のとろそうなおばちゃんが手作業で進めている荷物チェックのカウンターの前に長蛇の列ができており人々が押しくらまんじゅうのようにひしめき混迷を極め、そのあとのパスポートチェックの場所もまたがらがら。じゃあ、荷物チェックの人を増やすか、機械を入れるなど効率を上げるかすれば解決する、でも、これができない。これでは空港のキャパ通りに旅客を通していくことができません。

日本や普通の国では当たり前にできることが、こっちの労働者はなぜかできない、こういう「あたりまえのこと」ができてないことがアフリカの発展を妨げているのだとつくづく思います。おかげで単位あたりの固定費がめちゃくちゃ高く、貧しい消費者へ価格転嫁せざるを得ない。そしてこんな非効率な小麦粉業界を守るために、ナイジェリア政府は輸入小麦粉に対して60%の関税をかけている。なんともねえ。。。

ゴマ工場も興味深いものでした。ゴマというのはなにげに石油の次くらいにナイジェリアの主要輸出品で、日本にも大量に輸出されています。世界のゴマの主要産地はインドと中国なのですが、国内向けの需要を満たすのが手一杯なので、日本で流通しているゴマの多くはアフリカから来ているのです。これを読まれている方々は、ゴマを食べるときはナイジェリア、スーダン、エチオピアなどのアフリカの産地に思いをはせて頂きたいです!

Picture_72_SIPRA

ゴマの殻を取って異物を除く機械

レゴスに駐在する友人ご夫妻と食事に行く機会もありました。中国の火鍋屋でビールをしこたま飲む。彼も投資案件でものすごい苦労しているみたいで、やっぱアフリカで何かを成し遂げるのは大変だよねえ、という話で盛り上がりました。西アフリカの端っこと端っこで頑張っている日本人同士のなんだか戦友的な飲みでした。

帰りの飛行機(お約束どおり3時間遅れの深夜便)では、同僚のサムが二つ目の博士号を取りに大学院にいきたい、という話を聞き込みました。50年前はシンガポールや韓国と一人当たりGDPが同じだったアフリカが、なぜこんなに貧しいままなのか、その問いについてじっくり考えてみたい。サムよ、それはミリオンダラー・クエスチョンだよ、でも僕は一般の人たちのディシプリンの低さと教育(小麦粉工場が50%でしか稼動できないとか)、そしてコラプション(腐敗)が大きな原因だと思うよ、と言ってはみましたが、誰も明快に答えることができないこの問いに、是非サムが理路整然と答える論文を書いてほしいと思います。

ダカールはいよいよ本格的な雨季に突入。雨の晴れ間の光の中で咲き誇るブーゲンビリアは本当に色鮮やかです。

Picture_73_SIPRA

世銀プロ 2012年05月15日 - 西・中央アフリカの農地開発について

IFCダカール事務所の小辻です。

突然ですが、みなさんは、アフリカがどのくらい大きい大陸か、実感ありますでしょうか?
知らない方は、以下の地図を見てください。なんと、中国、インド、アメリカがすっぽり入ってしまいます。

アメリカ東海岸に住んでいた頃、「先週の連休で西海岸まで飛んでさ、超長旅で疲れちゃったよ」なんてかっこよさげに言っていたものですが、アメリカ横断の距離なんて、アフリカで考えれば、アフリカ西端のセネガルから中部アフリカのチャドまで行けるか行けないかのちょっとした距離なわけです。

Picture_63_Agri

さて、この巨大なアフリカ大陸で、土地(耕作可能地)が大きく余っており、アフリカそして世界の食糧問題を解決する上で、ここを開発することはとても重要になる、というような論調がここ数年メディアでよく聞かれます。アフリカは世界の耕作可能地(arable land)の1/4を持ちながら、世界の食糧生産の10%しか生産していないのです。そして、アフリカは、世界の耕作可能地でまだ開墾されていない土地(the world's remaining uncultivated farmland)の60%を有しているとのこと。(以上、“The Guardian”誌より)。こういう数値を見れば、マクロ的には、アフリカは巨大な農業可能性があるから、いつかはアフリカの栄養不足や世界の食糧問題は、アフリカの農業開発によって解決されるだろうという見方は正しいと思います。

更にもう一段階掘り下げると、「アフリカ」はひとくくりで見られることが多いのですが、実は西アフリカと東アフリカは、あたかも別の大陸かと思うくらい、農地の開発状況が違うのです。東・南部アフリカには何千・何万ヘクタールという規模の大規模穀物農場がたくさんあるのに、西・中央アフリカでは、コートジボワールやガーナなど降雨量の多いギニア湾沿岸の国の、植民地時代以来の権益に基づくヤシ油やゴムや輸出用果物(バナナ、パイナップルなど)の巨大農園を除けば、穀物や野菜などの巨大農園はほとんど見かけません。土地の所有権構造が複雑だったり、背景にはいろいろな事情があるようです。ましてや降雨量が少なく灌漑が難しいセネガル・マリなどのサヘル地帯では100ヘクタール以上の大規模農業は皆無といっていいでしょう。それを如実に反映するのは穀物の輸入量。セネガルの主食のお米の80パーセントは輸入に頼っているといわれます。

昨年ソマリアやケニアなどで大飢饉があり、マリやニジェールでも食糧不足が深刻化しつつある今日、アフリカの食料安全保障を確保するには、大規模で効率のよい農場をつくることは重要な選択肢のひとつでしょう。(もちろん、一時期メディアを騒がせた「Land Grab」といわれる地元住民の居住権や雇用を無視して力で土地を取得するのは論外として、農場構築のための土地取得に際して住民の権利を守ることや、森林破壊など環境インパクトに配慮すること、そして大規模農業と同時に小規模農家ひとつひとつの生産性を上げていくことも大切です)。

こういった大所・高所から見ていくと、巨大なポテンシャルを秘めるアフリカの農業ですが、ミクロ的に、実際に西・中部アフリカで大規模農業にチャレンジしている人々から話を聞きながら実現可能性をつめていくと、ことはそんなに簡単ではないのです。

以下、実例を見ていきましょう。

実例1:コンゴ民主共和国

少し前に、コンゴの南部で実際に大規模農場を運営している人の話を聞く機会がありました。それによると、まずは農場の建設費用が異常に高いとのこと。

まず、土地を耕すためにトラクターが必要ですが、現地でトラクターを一台借りるのに、1時間3万円かかるそうです(ちなみに南アフリカでは6000円)。その辺に生えている木を抜いたり蟻塚を崩ずなど結構な手間がかかり、1ヘクタール開墾するのに約20-30万円かかるそう。

灌漑設備の敷設も大変みたいです。公共の用水路みたいなものは当然ないので、センターピボットという機械を使います。センターピボットとは、写真のように、巨大なコンパスみたいな放水機がぐるぐる回って畑に水をやります。オーストラリア、南アフリカ、ザンビアなどの大規模農場の多くはこのセンターピボットを使っているというくらいとてもメジャーな機械。

Picture_64_Agri

Photo credit: http://www.waterencyclopedia.com

まさにコンパスの原理で動くので、畑は巨大なミステリーサークルみたいな形になります。

Picture_65_Agri

Photo credit:http://www.kgs.ku.edu

このセンターピボットですが、コンゴでは、これを南アフリカから運んでくるのに、莫大な輸送費がかかります。加えて、機械類の輸入には20パーセント近くの関税(+ 賄賂)もかかります。そして、いざこのピボットを動かそうとすると電気が必要なのですが、電力会社からの電力供給があてにならないので、発電機を使いディーゼルを燃やしまくって発電します。加えて、ハイブリッドの種子や肥料は輸入に頼るので、ピボットと同じように輸送費や関税を入れると割高になってしまう。

こうやって、諸々の設備投資、運営費用を積み上げていくと、コンゴで農業をやるのは南アフリカで農業をやるのの、何割増しものコストになるそうです。

これに追い討ちをかけるのが税金。コンゴのこの地方の企業は、なんと粗利益(税引き前利益じゃない)の40%が税金としてもっていかれるそうです。農業企業向けの税金優遇策(Code d’Investissement)があって、この審査を受けたいそうなのですが、何回申し込みをして待てど暮らせど税務当局から連絡がないそうです。

一応、この話をしてくれた農場は、コンゴ南部で有数の大企業が大株主として入っているので、そこからの湯水のようにエクイティーが注入されて、これまでの設備投資と損失補填ができてきたそうです。やっとある程度の規模の経済が出てきて、わずかながらも利益が出るようになってきたそうです。でも、こういう大株主がついていない独立系の農場は膨大な初期投資とランニング・コスト(運営費用)に耐え切れず、ことごとく消えていったそうです。

こういう状況なので、ましてや普通の家族経営の小規模農家が生産性向上のための投資をするなどはまず難しいようです。

生産者が置かれている厳しい状況の一方で、大きく儲かっているのが、海外から食料を輸入して現地市場で販売しているトレーダーたち。地元で食料を作るコストがあまりに高いので、海外(生産コストが相対的に安い南アフリカ、ザンビア、ブラジル、アメリカなど)から食品を仕入れても、高い輸送コストをチャラにできるくらい魅力的な値段で売ることができます。

コンゴや近隣のアンゴラについてはいろいろ調べましたが、パスタ、小麦粉、バター、粉ミルク、食用油、調味料などを輸入販売している大きな会社がいくつかあり、彼らはスーパーなどのリテールにも進出しており、どの会社もかなりの利益率を誇っているようです。

トレーディングで蓄えた資本を投資して、農業や食品加工業に入ろうとしている会社もあるようです。彼らのように資金力のある会社であれば、前述した高い初期投資にも耐えられるし、食品の販売網は既に持っているなのでマーケットリスクも少ないわけです。

こういった事情を踏まえると、投資家である僕らとしては、ピュアな食品生産業者に投資するよりも、アフリカの大きな食品トレーダーをマッピングして、彼らが食品生産ビジネスに入っていくのをサポートするという作戦のほうがリスクが少ないのかもしれません。この「トレーダーからアプローチ作戦」は今年追いかけてみたい投資テーマのひとつです。


***

実例2:セネガル北部の農場

こういう事情の中で、セネガル北部のセネガル川流域というのは西アフリカの中でも気を吐いている地域の一つです。乾燥地帯とはいえ、セネガル川の水量はそれなりにあるので大規模な灌漑農業が可能です。JICAやUSAIDなどもこの地域でお米などの食料増産プロジェクトを行っています。

最近、フランスの超巨大果物会社でプランテーションマネージャー長年つとめたフランス人が、引退後にセネガルではじめたトウモロコシ農場を訪問する機会がありました。500ヘクタール弱の耕地を誇り、僕の知る限り、西アフリカのサヘル地帯でもっとも大きな農場の一つです。更なる耕地拡大のために設備投資が必要で、資金需要があるので、一度見にきてバンカーとしての意見を聞かせてくれ、と招待されたので、行ってきました。

センターピボットの灌漑システムで豊かに育ったトウモロコシは、ちょうど収穫の時期。トウモロコシをもいでそのまま食べましたが、びっくりするくらい甘い!

Picture_66_Agri

下の写真は、海からの塩水が逆流して灌漑システムに悪影響を及ぼすということで、つくられた堤防。ちょうどモーリタニアとセネガルの国境沿いなので、写真の右端に青い衣をまとったモーリタニア人と、セネガル人が仲良く堤防を渡って歩いてくるのが見えます。

Picture_67_Agri

セネガル川から水をくみ上げて灌漑システムにつないでいく巨大ポンプ

Picture_68_Agri

トウモロコシの裏作として、タマネギを植えています。

Picture_69_Agri

6年前にスタートした新しい農園で、短い期間にここまで纏め上げたこのフランス人のアントレプレナーに尊敬の念をいだきました。

この農場の成功要因として、このアントレプレナー自身の経験、自己資本でできる範囲で小さく事業を始めてあまり借入に頼らなかった、などの要因が挙げられます。また、土地の取得にあたって、地元住民コミュニティーを巻き込んで議論を尽くした上で土地使用権を得たことも大きいでしょう。

時折、海外投資家が、政府と直接交渉して何千ヘクタールという土地使用権を得るのですが、いざ農地開発をはじめると地元住民との関係をこじらせて、暴動などが起き、NGOなどに「Land Grabしてんじゃねーよ」と叩かれ、撤退を余儀なくされる、というケースも見られるので。また、セネガル政府のサポートやマクロ面が大きかったと思います(もちろん課題は山のようにあるのですが、政府の税制優遇策などキーになる政策がいくつか実現していて、セネガル川の海水逆流防止ダムやこの農場近辺の道路など、しっかりしていたインフラが農場の周りにあった)。

僕が担当しているセクターの多くは、個別企業のミクロレベルの戦略だけで勝てる場合が多いのですが、農場の場合は政府の政策や周辺インフラなどのマクロ面の影響があまりにも大きく、この面をしっかり理解しなければ投資判断はできません。なので、各国政府や、世銀などのドナーの政策をにらみながら、マクロ面での投資環境がしっかりしている場所で、競争優位がある(例: 国内市場向けの作物ならば生産コストが輸入品より競争力がある、輸出品ならばグローバルレベルでコスト競争力があり穀物価格が下がってもある程度の利益が上がる、あるいは他の生産国とは異なる季節に作物を収穫できる、など)プロジェクトをひとつひとつ丁寧に拾ってファイナンスをつけていきたいと思っています。

このセネガル北部の農場のアントレプレナーなどの人たちが成功して、西アフリカでも大規模農業は成り立つ、というデモンストレーション効果が出てこれば、農業に投資する投資家も増えていくだろうし、サヘルでの農産物生産量も上がっていくと思います。そういう意味で、この農場はなんとかサポートしたい融資候補先のひとつです。

***

ややとりとめのない文章になってしまいましたが、センセーショナルな雑誌の記事などの裏側にある、現場での地味な農地開発へのチャレンジの雰囲気が少しでも伝われば幸いです。

世銀プロ 2012年03月27日 - 西アフリカの同僚たち

IFCダカール事務所の小辻洋介です。

その昔武田信玄が「人は城、人は石垣、人は堀」といいましたが、サービス業である金融機関の一番大事な資産は、いうまでもなく人です。強力なスタッフなくして、開発効果の高い投資案件を発掘しエクセキュートすることはできません。

また、世銀など国際機関で働きたいと思って、このブログを読んでくださっている方々は、こういう職場に来るとどんな人がいるんだろう、という興味もお持ちだろうと思います。

ということで、今日は僕が普段どんなメンバーと働いているのか、チーム紹介をしたいと思います。みんなすごく仲がよくて、西アフリカ風大家族の一員になった感じです。

Picture_60_Colleagues


トップを飾るのは、ナイジェリア人の「おかん」。マリの飲料会社への融資案件で一緒に働きました。

外交官の娘さんとして育ち、子供の頃は英語圏・仏語圏アフリカを転々としたらしく、フランス語も堪能。アメリカのIVYリーグの大学を出たあと、某大手銀行で石油などの天然資源系のプロジェクトファイナンスを担当。シンガポールにも駐在したことがあり、アジア通でもあります。好きな日本食は?と聞くと、「カツカレー」と即答されます。

背が高くて、貫禄と頼りがいがあるので、僕と妻は勝手に「おかん」と呼んでいます。ディールの交渉力も半端なく、真剣な交渉の途中に程よいアフリカン・ジョークを交えてクライアントをほぐしながら、条件を通していく突破力はすごいです。ディール以外にも、ある同僚が南アフリカで誘拐されたとき、「おかん」が犯人と電話交渉をし、無事同僚を救出したこともあります。

「おかん」は、前職の証券会社・今の会社を通じて、僕にとってのベスト上司トップ3に入る人で、アフリカ・ビジネスについて多くのことを学びました。「アフリカのディールでは、動産担保を取ったらあかん。会社が傾いた瞬間、経営者はその動産をマリ北部の砂漠とかに隠してしまうから。担保は土地・建物にこだわりなさい」などの、「おかんの金言」は数々あります。「おかん」は去年から、ダカール事務所を離れ、ワシントンの本部でIFCのCEOの補佐をしています。

「おかん」キャラは、もう一人いて、僕が「コートジボワールのおかん」と呼んでいるおばちゃんがいます。彼女はハイチ出身なので、フランス語はぺらぺら。IFCの中南米のオフィスや南アフリカ事務所に勤務したあと、コートジボワールの事務所長として赴任してきました。娘さんと息子さんを、女手ひとつで育てたというパワフルな人。声の大きい人に悪い人はいないと言いますが、裏表のない正論を大声でずけずけという姿にはいつも溜飲が下がります。「コートジのおかん」も強靭な交渉力を誇るので、交渉が手詰まりになると、必ず登場してもらうようにしています。「コートジのおかん」は日本にすごい行きたがっているので、夏の帰国の際に「おかん」のご一家も一緒に連れて行く予定です。

カメルーン人のタンカムちゃん

ポジションは、コートジボワール事務所のアナリストで、今やっている畜産案件で一緒に働いています。

IFCの職員は、欧米の大学院で修士を取って入ってくる人が多いですが、タンカムちゃんは例外で、ガーナの最高学府であるガーナ大学を優秀な成績で卒業し、学部新卒でIFCに入ってきました。すごい努力家で、細かい作業を任せても信頼できるアウトプットが出てきます。「私がパーティーに行っても行かなくても、パーティーの盛り上がりには影響ありませんから。」とさらっと言ってのける西アフリカでは珍しい自虐かつ地味キャラ。その性格美人っぷりのおかげでクライアントにとても信頼されていて、今のプロジェクトには欠かせないキャラです。最近はプロジェクトへのオーナーシップ(自分が引っ張ってるんだという意識)が強くなってきて、「こういう風に交渉を進めましょう」とか「こういう分析をやったらどうでしょうか」とかいい提案が出てくるようになりました。

「コートジのおかん」はそんな性格美人なタンカムちゃんをはやく嫁に出さんといかん、と思っているらしく、金曜の夕方にタンカムちゃんに仕事を投げると「そんなことしたら、タンカムちゃんがクラブに行けなくなるでしょ!」と「おかん」のお叱りをうけます。僕もタンカムちゃんに日本の「婚活」という言葉を教えてあげました(注:アメリカだとこれは確実にセクハラになりますが、西アフリカの文化ではOKです)。

いつか欧米の一流大学院に行って勉強するのが彼女の夢らしく、なんとかかなえてほしいと思います。

Picture_61_Colleagues


セネガル人のフジャ

最近ダカール事務所に入ってきたアナリスト。フランスの大学院を出た後、パリの銀行で働いていました。 

地味キャラなタンカムちゃんに比べて、フジャは華やかキャラ。お母さんがセネガルの伝統の綿織物工芸を守っている著名デザイナーということもあり(アフリカの布といえばカラフルなプリント地だが、実は、植民地時代以前はマリやブルキナファソの天然綿を使ったモノトーンの手織りの布が伝統工芸としてあり、ところどころにセネガルの伝統の文様などが控えめにあしらわれた日本の絣(かすり)を思わせるシンプルさで、千年以上続く伝統に裏打ちされた美しさに圧倒されます。フジャのお母さんはエルメスなどと組んでプロジェクトもやっている)、毎日とてもセンスのいい服を着て出社してきます。

「今のヨーロッパはユーロ危機で先行きも暗いし、留学生への就職間口も狭くなっているし、そんなことならこれから経済的に伸びしろのあるアフリカ大陸に戻ってきて国のために働きたい」と語るフジャ。

こういう若いスタッフの話を聞くと、アフリカの潮目が変わってきていることを感じます。

アメリカの大学院時代に出会った僕と同年代のアフリカ人たちは、アフリカに戻りたいと口ではいいながらも実際先進国を離れられないか、先進国のいい待遇を捨てて義務感や気負いみたいなものを背負ってアフリカに戻ってきている感じでしたが、ひとまわり年下の人たち(20代の人たち)は、もっと自然体でアフリカで働きたいと思っている。もちろん、今のユーロ危機が彼らの背中をアフリカに向けて押していることは間違いないと思いますが。

でも、このスタンスの違いはかなり大きいと思います。今の20代のような自然体なスタンスのほうが長続きすると思うし、彼らが活躍をする年代になれば、更に若い人たちが自然についてくるんじゃないかと思います。そういうインパクトが田舎の村々に届くのは大分先じゃないかと思いますが、少なくとも経済の核になる大企業は彼らの力でもっと競争力を持ちえるんじゃないかと思うし、アフリカ経済のポテンシャルを阻んでいる腐敗や旧習を無理のない形で変えていけるのは、こういう若者の数がクリティカル・マスに達したときなんじゃないかと思います。

モロッコ人のカバジさん

IFCに新卒で入り、はや12年目というベテラン。1年ちょっと前にワシントン本社からダカール事務所に移ってきました。西アフリカの大きなビジネスはレバノン系のオーナー会社が多く(レバノン人は、アジアでいう華僑のような強いプレゼンスを持っています)、モロッコ人のカバジさんが来てからレバノン系のビジネスへの投資案件が多く取れるようになり、中東・北アフリカのアラブ系のつながりって強いんだなあ、と感心したものです(本人にそんなことを言ったら、「そうじゃなくて、俺の営業能力の高さのおかげだろう」と叱られそうですが)。

IFCのスタッフは、政治的に注意深い(英語でいうと「Politically correct」)動きをする人が多いですが、カバジさんは正しいと思うことをズバッとと言ってのける真っ直ぐなキャラで、僕はとても尊敬しています。ちょっと前に、カバジさんが、ビジネスはすごくうまくいっているのだが、税金逃れのために所得の一部を隠す、ということをやっている会社に投資をしようと試みたことがありました。

「脱税」というと日本では重い響きですが、西アフリカではとてもあることで、脱税がメインの目的ではなくて、最大の目的は政府の干渉を受けないようにする、ということにあります。会社が儲かっていると目立つわけで、そうすると、政府に賄賂を要求されることがあります。賄賂を断ると、その会社は政府にいじめられ、なんらかの容疑をでっちあげられて捜査を受けたり、ひどい場合は経営者が牢獄にぶちこまれたりします(極端な話のようですが、僕はそういう例を何社か見たことがあります)。

この投資候補先に関しては、IFCの経営陣はそんな風評リスクのある会社に投資できるかとはねつけたのですが、カバジさんは「申告をちゃんとしていないからそもそも関わらない、というのではなく、どういう風に対処するのが一番効果的なのか一緒に考えるのが我々の役割だ。この会社は、世銀グループであるIFCが投資をしたら政府に干渉されるリスクが減るので、所得を全額申告すると約束しているし、transparencyを増すために大手の会計事務所の監査を受けてもらうようにする」と説明をして真向勝負をしました。結果的に案件は通りませんでしたが、僕は彼の言っていることはもっともだと思うし、こういう正論を通そうという硬骨漢が職場にいるのは素晴らしいことだと思います。

ガーナ人のサム

サムもIFCで10年以上のベテラン。ガーナ大学の工学部を出たあと、やし油から石鹸を作る工場でエンジニアとして働いて、何を思ったかバンカーに転身し、西アフリカ屈指の銀行であるエコ・バンクで勤務、そのあとIFCに転職しました。もともと牧師になりたいと思っていたんだと語るだけあって、どんなことがあっても怒りを表に出さない静かなキャラ。どんな難しいプロジェクトでも根気よく時間をかけてやるので、サムにかかると、いつの間にかプロジェクトが通っていた、という現象が多々あります。

短期金融系のプロジェクトに強く、貿易金融などのプロジェクトを手掛けることが多いです。
サムは夜中まで仕事をしていることが多く、夜10時以降に話かけると、彼のうちに秘めた熱い想いを聞くことができます。サムは、ずっと自分の国の中で教育を受けてきたので、自分が通った学校の同級生たちが政府の要職についているそうですが、かつては国をよくしようと語り合った仲間たちが、志を失って政府になんの改善も起こらないことが本当に哀しいのだそうです。

サムがすごいのは、IFCで働きながら、通信制の大学院プログラムをこなし、最近博士号を取ったこと。テーマは、「ガーナにおける中小企業の成功要因と失敗要因」。ガーナのアントレプレナー数百人にインタビューをして、業績のよしあしと、アントレプレナーの起業にいたるモチベーションの相関を分析した力作。こういう研究を通じて、ガーナの起業家のサクセス・レートが上がればいい、とのこと。立派です。

上記の同僚以外にも素晴らしい/面白い人たちはたくさんいて(リベリアの400メートルのチャンピオンで世界記録保持者のマイケル・ジョンソンと全米選手権の決勝で対決した人とか、神がかったスピーチ能力を持ち思いが熱くなりすぎると「フオー」とか「ブベー」みたいな呪術的な音で表現して、でもそれがなぜかクライアントにも社内にもよく伝わってしまう不思議なジンバブエ人とか)、書き尽くすことはできません。

いろいろなバックグラウントを持った仲間たちが、それぞれ強い真っ直ぐな思いを持って仕事をしている、こういう雰囲気が僕をダカール事務所にとどめる大きな力になっているのだと思います。

Picture_62_Colleagues


写真は、「おかん」の送別会のダンスパーティー。特定のコートジボワール音楽がかかると、みんな練習もしてないのに、ぴったりと息の合ったダンスをする。

***

さて、この原稿を書いている3月25日(日曜日)にセネガル大統領選決選投票が行われ、野党候補のマッキー・サル氏の勝利が確定し、現職のワッド大統領が祝福のメッセージを送りました。これをもって過去9ヶ月にわたる政治的混乱に終止符が打たれそうです。ここ1年ちょっとでコートジボワール内戦・ニジェールクーデター・ブルキナファソ危機・マリクーデターと残念な出来事が続いた中、独立以来の平和と民主主義の伝統を体を張って守ったセネガル国民の底力に心から敬意を表すると同時に、選挙前の暴動で亡くなった6名の方のご冥福をお祈りします。

マッキー氏の勝利が確定した日曜夜に、我が家の近所で小さな打ち上げ花火が打ちあがりました。日本の中学生が遊びで打つようなその小さく質素な打ち上げ花火は、僕には、大切なものを守りきったセネガル人の誇りと、勇気と、希望を示す輝かしい花火に見えました。

世銀プロ 2012年02月07日 - ニジェール探訪

IFCダカール事務所の小辻です。冬のセネガルはサハラから吹き降ろす砂交じりの風「ハルマッタン」が吹き荒れる季節ですが、今年は政治をめぐる強風も吹き荒れています。2月26日の大統領選を前に、現職のワッド大統領を支持する一部の人々と、それに反対する一般国民、という構図の対立。ワッド大統領は90歳近いご老体ながら、自身が二期までと定めた憲法をぶち破って三期目を目指し出馬するということで、国民の大半から大ブーイング。

ワッド大統領の出馬が合憲とされた憲法院の判断が出た1月末には、デモの嵐が吹き荒れ、首都ダカールや幾つかの地方都市で市民と警官の激突で数名の人々が死亡し、セネガル中部の都市カオラックでは大きな市場が全焼する、という事件もありました。コートジボワールなどの複雑な情勢に比べると、セネガルの混乱はたった一人の往生際の悪い老人のせいで、国中が迷惑しているという単純すぎる構図で、本当に残念な限りです。ただ、こうやって人が死にはじめると、いろいろな恨みがからんできて、単純だった構図が少しずつ複雑化して、内戦ってこうやってはじまっていくのかなあ、と少し恐ろしくなったりもします。

さて、今日は少し前の話になりますが、ニジェールへの出張の話を書きたいと思います。
ニジェールは、セネガルとマリの更に奥にある内陸の国で、国の西側のニジェール川流域に人や農業が集まっていて、あとはナイジェリアと国境を接する南部にいくつか町があり、残りは砂漠、みたいな渋い国です。

主な産業は、ウランの採掘、畜産(肉の輸出でとても有名で、輸出といっても、牛や羊が歩いて国境を越えてナイジェリアやベナンに売られていく、という原始的なもの)、タマネギ・豆などの栽培、アラビック・ガム(アカシアの木から取れるコーラなどに使われるアロマの原料)、皮革(マラディという地域の羊の皮は世界最高級らしい)などなどです。

首都ニアメーの印象は、「ひたすら茶色い」というものでした。町の脇を流れていくニジェール川も茶色いし、ビルも茶色いし、砂埃が舞って空気も全体的に茶色い。


写真は飛行機から見るニジェール川

Picture_53_Niger

今回のミッションは、投資候補先の発掘と、関係省庁へ「わが社もニジェールの経済発展のためにがんばっております」と仁義を切りにいくこと。

ニアメーに入って最初のミーティングが、商工会議所がアレンジしてくれた現地の農業企業とのミーティング。30社くらい企業が集まってくるという盛況。とりあえず、企業のビジネスの状況や資金ニーズの概要をインタビューしようと思って臨みましたが、なんと、いきなり「袋叩き」に合うはめに。

簡単な自己紹介をしたあと、質疑応答にはいりましたが、第一声が「あんたの会社のミッションが数年前にきて、同じようにここでミーティングをしていろいろ約束していったのはいいけど、その後何も起こっていない。あんたらはほんとにやる気があるのか」というお叱り。続いて、「あんたの会社は、金持ちばかりに融資していて、われわれ中小企業には冷たい。それでいいのか。」似たような怒りのメッセージが怒涛のように続く。

僕も最初は、僕らはそもそも営利機関であって援助ドナーではないこと、うちの会社はダカールの3人のスタッフだけでフランス語圏西アフリカの農業投資をカバーしていてリソースが足りないのでたくさんの案件を一気にやれるわけではないこと、投資前のデューディリジェンスや環境アセスメントをしっかりやり、投資後のモニタリングを続けていくにはそれなりのコストがかかり、そのコストを回収するにはある程度大きな投資をせざるを得ないこと、大企業に投資してもその大企業に納入する中小のサプライヤーを育てるプログラムがあること、そして組織が地方分権化して多くのスタッフが現地密着型になりつつあること、などを一生懸命説明していたが、それでも静まらない恨みの声を聞くうちにだんだん怒りがこみあげてきます。

しまいに、思わず、「あんたたちは、なんでも銀行のせいにするけれど、自分たちでやるべき努力をやっているのか?自分の農場を自分の力で広げるためにお金を一生懸命ためたりしているか?銀行からお金を借りたかったらそもそも銀行口座を開いているのか?財務諸表は作っているのか?」と英語でぶちまけてみました。通訳をしてくれたコンサルタントさんがやわらかくフランス語に訳してくれたので、それほど波風はたちませんでしたが。

こうして2時間ほど延々とつるしあげられたあと、一応礼儀上、出席者に挨拶をしてまわります。ある出席者から「私はある村の長である。1000万円ほど貸してくれたら、村のインフラを整備して井戸もたくさんほって、豊かにできる。借りたお金はきっと返ってくる。どうだ、大きな会社に5億円貸すよりもよほど意義があるだろう。」といわれる。笑顔で「素晴らしいお志ですね」といなしながらも、いや、そういうプロジェクトなら、僕らみたいな機関投資家じゃなくて、NGOなどにあたってくれよ、こういうプロジェクトはちゃんとお金が正しく使われたかだとか回収のためのモニタリングに手間がかかるんだから、金利をいくらとってもコストを回収できないから、営利機関じゃ無理ですよ、と、心の中でつぶやく。

世銀プロのサイトにこんなこと書いて怒られそうなのですが、正直、援助慣れ・ドナー慣れしている感じを見てかなり気持ちが凹みました。「私たちの国は内陸国で、資源も少なく、旱魃もあって大変な状況で豊かになりようがない。だから、国際機関などの援助がないと生きていけません」という、それはそうなんだけど、なんだか最初から負けを認めているようでなんとも切ない。ダカールに帰ってニジェールに詳しい方にこの話をしたら、「空手道と同じように、『ニジェール道』の道も長いのですよ。根気強く頑張ってください」と励まされましたが。

続いて、金融機関営業担当のカメルーン人フォレム氏と一緒に現地銀行数社を回って、農業向け融資の状況を聞く。

農業セクターは非常にインフォーマルであり、お金を貸しても、そのお金がちゃんと農場に使われるのか、それとも個人的なほかのこと(冠婚葬祭とか車とか)に使われるのか、モニタリングするのが実質的に不可能なので、とてもチャレンジングである、とのこと。また、当地の銀行は長期資金を手に入れにくく、資産と負債のデュレーションを合わせる観点からも、長期投資を要する農業向けに貸しにくい、とのことです。もっともな理由です。

大臣のあいさつ回りは儀礼的なもの。財務大臣、通商大臣、農業大臣、畜産大臣、中央銀行などにあいさつ回りをしたので、結構な時間を要しました。

現地の大企業何社かともミーティングができました。

一番印象的だったのはニジェール有数の某食品会社。フランスで食品加工を学んだニジェール人の女性が、約20年前に自宅のガレージで製品を作るところからはじまった会社。いまやこの分野で市場シェア50%を誇るニジェールが誇るサクセス・ストーリー。プライベートエクイティーの出資も受けていて、工場はものすごくモダンな機械をつかっており、ISO9001の認定も受けていて、HACCPの安全基準に基づいて操業しているとのこと。ニジェールにいることを一瞬忘れるくらい立派な工場でした。

ニジェール最大の財閥を牛耳る実業家にも会うことができました。彼につれられて、巨大なタマネギ農場を見学(ムラサキ・タマネギはニジェール有数の輸出品)。タマネギ農場は収穫が終わった後なので、ただの更地になっていましたが、点滴灌漑などを用いた設備は目をみはるものがありました。帰りに彼のグループが所有する工場群を見せてもらう。工業ガス、鉱業向け機械の代理店、井戸を掘る機械をつくる工場、などなど、ニジェールの大きな工業はすべて彼が所有しているといっても過言ではないくらい。

ミーティングはなかなか渋いものが多かったですが、一日を終えてホテルに戻って食べる牛肉のケバブ(串刺し)が最高でした。セネガルにいる牛の品種と変わらないのに、ものすごい柔らかくジューシーなお肉でした。餌や屠殺の仕方がいいのかしら。生ビールがあるのもうれしい。

Picture_54_Niger

ニジェール川に沈む夕日を見ながら飲むビールは最高

Picture_55_Niger


一週間の出張を終えて、土曜の夜にダカールに飛行機で戻る予定が、週末を通してニアメー空港がストライキで閉鎖されてしまったので(空港がストってのは日本ではありえないのでびっくり)、日曜早朝に車で隣国のブルキナファソのウァワガドゥグまで行き、そこからダカール行きの飛行機をつかまえることに。

ニアメーからウァワガドゥグまでは、距離500キロ、7時間のロードトリップ。平べったい大地のなか延々と続くサバンナの中をひた走る。

Picture_56_Niger

国境で、ブルキナファソのビザがないことを指摘されたものの、同僚のフォレム氏のたくみな話術でなんとかビザなしでの入国に成功。国境で足止めを食らうのは痛いので、かなりあせりました。国境の露天で地元産の蜂蜜が売っていたので購入。ネスレのインスタントコーヒーの缶を再利用したパッケージで一缶500CFA(約100円)と激安。

ブルキナファソの農村 – ブルキナファソに入った瞬間緑が増える。

Picture_57_Niger

Picture_58_Niger


ウァワガドゥグの町に入ると、なんと、ダカールにはない信号機がある!!フォレムー氏いわく、ブルキナファソ人は、西アフリカで一番の働き者で自分の稼いでいる範囲でお金を使うしっかりした人々だそう。ふむう。

朝7時に朝食抜きでニアメーを出発して、ウァワガドゥグについたのが午後3時なので、一同腹ペコ。ウァワガドゥグについた瞬間、ブルキナ料理レストランに駆け込む。ブルキナファソに来たら鳥を食べねばならん、ということで、グリル・チキンをオーダー。ほとんど骨と皮だけの鳥なのだが、そのわずかについている肉が実にしまっていてコシがあって旨い!地元の茶色い謎のスパイスとの相性も最高。将来アフリカを離れると、この「プレ・ビシクレ」(地鶏)は懐かしく思うだろうなと思います。

Picture_59_Niger

いろいろなことがあって本当にお腹一杯の旅でした。ダカールに着いて、空港のしけた場末な雰囲気がこれほど懐かしく思えたことはない、というくらいくたびれました。

その後、この出張で見つけた某企業の案件をすすめるべく予備審査でプレゼンをしましたが、結果は撃沈。個人的には、ニジェールの中ではきらりと光る企業でこれ以上の案件は出てこないだろうと思って自信を持ってプレゼンをしたのですが、IFCの経営陣の判断は、案件が小さい割には、リスクが高すぎるとのことでした。金融機関としてはまともな判断なのでしょうが、貧しい国になればなるほど、諸条件が厳しくなって投資がしにくい、だから民間セクターが伸びづらい、という「貧困のワナ」の壁は高く、なかなか落ち込む出来事でした。

「ニジェール道」の道は、長く険しいです。千日をもって鍛とし、万日をもって錬とす、という感じです。(押忍)。

世銀プロ 2011年12月20日 - コートジボワール – 内戦からの復興

IFCダカール事務所の小辻です。

ここ二ヶ月くらいの間に何回かコートジボワールに出張する機会があったので、その様子をリポートしたいと思います。

まずは、コートジボワール情勢をおさらいしておきましょう。

1970年代、80年代は、ボワニ大統領のもと、「イボワールの奇跡」と呼ばれた高度経済成長を遂げた同国は、アフリカ開発銀行などの国際機関のヘッドオフィス、多国籍企業の西アフリカ本社などがおかれ、教育面でもココディ大学などがあり、西アフリカ屈指の産業基盤と教育基盤を誇る大国でした。

ところが、2000年以降、南部と北部に分かれて反目がはじまります。この反目はもともと歴史的に存在した民族的・宗教的な対立ではなく、この時期に当選したバクボ元大統領なのか旧宗主国のフランスなのか誰が悪いかは書きませんが(このブログに政治的な意見を載せるとまずいので)、多くのアフリカの内戦と同様、確実に人間が政治的なモチベーションとプロパガンダをもって人工的に作り出した対立といえるでしょう。2002年のクーデター未遂をきっかけに内戦開始。2005年に停戦。そこから2010年までは火種をかかえながらも、なんとか小康状態を保っていました。

2010年11月に懸案であった大統領選が実施。国際機関や多くの政府機関が見守る中、2011年11月に開票され、「北部」を代表するとされる元IMF職員のワタラ氏が、「南部」を代表するとされる現職のバクボ大統領を投票数では破ったとされました。ところがバクボ大統領は負けを認めず、選挙方法に不公正があったとして、大統領として居残ることを宣言。ワタラ氏も負けずに、ゴルフ・ホテルというホテルに立てこもって、大統領就任宣言を実施、国連や多くの海外諸国はワタラ氏をサポート、ここに二人の大統領が同時に存在するという異常事態に入りました。(この辺は在コートジボワール大使の岡村氏のブログ - http://blog.goo.ne.jp/zoge1 - に詳しい)。

人々は、バクボ派とワタラ派にわかれて争い、数千人の人が亡くなったといわれています。また、この間バグボ氏を「兵糧攻め」にするため(公務員などに給料を払えなくして困らせようという意図)、銀行機能が止められ(一定額以上の預金が引き出せなくなった)、貨幣が流通しなくなった経済は麻痺状態に陥りました。2011年4月、フランス軍の介入などもあって、バグボ氏が逮捕、内乱にピリオドが打たれました(大詰めの過程で日本大使館が襲撃され、大使がフランス軍に救出された映像を見た方も多いでしょう)。そこから数ヶ月、治安回復や復興などの努力が続き、国がまともに機能しはじめたのは、今年の夏以降です。

メディアなどでは、「悪者のバクボと、国際社会に応援されたワタラ」という構図が描かれがちですが、コートジボワールの友人たちの意見を聞くと、そんなに単純な構造ではなく、西アフリカ世界における影響力を保ち続けたいというフランス外交の意図(このフランスの西アフリカへの絡みを称して「Francafrique フランサフリック」と呼ばれます - 「Francophone Africa」という言葉に比べてネガティブ・暗い響きがあるので、日常では軽々に使う言葉ではありません)と反仏路線を打ち出したバクボ元大統領、という対立軸を理解しないと問題の全体像はつかめない、とのこと。この辺の世界は深すぎて、西アフリカに二年住んだ程度の僕の理解はまだ及ぶところではありません。

Picture_47_CI

写真は復興中のアビジャンの街

前置きが長くなりましたが出張のお話です。

今回の出張の目的は、コートジボワールのある畜産企業の投資を検討するための調査と投資条件の予備的交渉と、昨年投資したジュース工場のダメージを精査し復興策を考えにいく、というものでした。内乱後の情勢が一体どんな感じになっているのか、出発前はやや心配だったのですが、行ってみると、かなり普通の状態に戻っていました。

内乱時にもっとも激戦地帯となったヨプゴン地区(東京でいうと下町みたいな場所)や、両陣営が奪い合ったテレビ局など、報道されまくっていた「ホットスポット」も通りましたが、いまやまったく普通。人間の生きる力とはたくましいものです。

いろいろインタビューすると、企業業績は夏以降は堅調のようです。内乱がはじまった1月から3月までは通常年に近い業績だったものの、ウァタラ現大統領の軍がアビジャンに入りバクボ軍と激突した内乱のピークの4月は売上ゼロ(その間は電気も水もストップ、餌が作れないので多くの家畜が死んでしまったり、オフィス機器が盗まれたりしてかなりの損害も受けたとのこと)、バクボ氏が逮捕されて後、情勢が安定するまでの5月と6月は通常の年の約半分の売上、7月以降は通常の年並みに売上がもどりその後も堅調伸びている、という感じ。数字を見る限り7月以降の回復度はすごいです。人々もアビジャンに戻ってきているし(ビジネスホテルは満室状態)、この先の見通しは明るそうです。

写真を何枚か。

コートジボワールの鶏肉。身がしまっていて本当においしいです!今投資を検討している畜産会社はかなりのマーケティング上手で、アビジャン市内のおいしいグリル屋さんにただで自社Tシャツや焼き鳥を保管するケースなどを提供して、自社の鶏のブランドネームを消費者の脳裏に焼き付けようとしています。

Picture_48_CI

飼料工場

Picture_49_CI

飼料を農家に販売する販売店の様子

Picture_50_CI

出張中フランス語もかなり上達しました。

去年まではナイジェリア人上司の「おかん」などのシニア・バンカーたちがチームリーダーとしてたくみなフランス語で交渉をリードしてくれたのですが、今年からは僕がチームリーダーをつとめることが多くなり、クライアントとの議論を仕切らねばならず、もはや言い訳はできない待ったなしな状況です。一応通訳としてフランス語ネイティブのジュニア・スタッフに同行してもらったのですが、人間追い込まれればできちゃうもので、複雑なストラクチャリングの説明や、ディールが生きるか死ぬか瀬戸際の交渉を、フランス語でやっている自分に我ながら感動。(まあ、金融用語は仏語と英語はかなり似ていて、たとえば「インベストメント」は「インベスティスモン」とフランス語風に言うだけなんですけどね。)

条件交渉の一部はコートジボワール事務所長のおばさんも参加してくれたのですが(とても頼りになる人で僕はコートジの「おかん」と呼んでいる)、「おかん」は、「あんたは、2年前はフランス語が一言もしゃべれなかったのに、いまや片言のフランス語で客に斬り込んでいくなんて、カミカゼのような男やね」とのたまってました。「カミカゼ」はちょっと意味ちがうんだけど、と思いましたが、ほめ言葉として受け取っておくことにします。

いろいろ課題のある案件だし、クライアントもタフネゴシエーターで白髪が増えたと思うくらいきつい交渉が続いているのですが、内乱後のコートジにおいて食料を増産するのは経済復興の礎になると思うし、こういうファイナンス案件を担当できるのはバンカー冥利に尽きますので、なんとか前に進めたいものです。

***

昨年投資したマリの炭酸飲料会社のコートジボワール子会社の様子も見てきました。この会社は、コートジに工場を建設しようとしている矢先に内乱勃発。アビジャンの港が閉鎖されてしまったので、届くはずだった工場の機械は隣国のガーナに退避。

情勢が安定した6月から工場建設を再開し、今は工事は堅調に進んでいます。写真は完成間近の工場の建物。機械類も無事アビジャンに届いたそうで、来年はじめの営業開始をめざして頑張っているそうです。がんばってほしいです!

Picture_51_CI

2度の出張を通じた所感としては、今のコートジボワールは、さしずめ戦後の日本のような状態なんじゃないかと思います。しっかりした産業基盤とインフラがあり、高い教育を受けた人々が国に戻ろうと考えていて、人々も90年代以前の繁栄を確実に記憶している。大学院のときの教授は、日本が戦後発展した理由のひとつは、別に日本が戦後本当にゼロの状態から出発したわけではなく、明治維新以来の産業発展があって、当然人々はその記憶があって、蓄積された産業基盤や人材基盤も残っていて、戦後はまず昔の状態に戻す、という「復興」だったからだ、といっていました。「ゼロからの成長」よりも「かつての状態を取り戻す復興」のほうがたやすいだろう、というのは納得のいく考え方です。

今年はコートジボワールの案件を何件かやりたいと思っていますが、僕がコートジボワールにブリッシュ(金融用語で積極的であること)なのは、まさに上記の理由で今後の急速な経済成長(回復)が確実だと思うからです。

また、南アフリカという強い産業基盤のある国の周辺国(ボツワナ、モザンビークなど)が伸びているのは、南アフリカ産の安い機械や原料が手に入り、南アフリカ企業からの投資・技術移転が起こっているから、という理由があると思います。ですので、これからコートジが伸びていけば、コートジを産業ハブとして、ブルキナファソやマリ、ライベリアなどの周辺国の経済発展にもポジティブな影響を及ぼすことでしょう。

日本でこの地域のニュースがカバーされることは少ないですが、読者のみなさんにはぜひ情勢に目を光らせていただきたいと思います。

Picture_52_CI


アビジャンの工業地区遠景。セネガルや周辺諸国の工業地区のインフラとはレベルが格段に違う。

世銀プロ 2011年11月01日 - セネガルのブイヨンキューブをめぐるエトセトラ

こんにちは。IFCダカール事務所の小辻洋介です。

大好きなマンゴーの季節が前触れもなく終わり、街にマンゴーがまったく見当たらなくなりました。毎年この時期が来るのはわかっているのですが、毎年大きなショックを受けます。

しかし、マンゴーの季節の終わりは、雨季の終わりでもあり、これからはからっとした涼しい季節がはじまり、ダカールは一年で最高にすごしやすい季節を迎えます。

先日、トレーニングでワシントンDCにいってきました。トレーニングは、研修所に1週間缶詰になって、途上国でのプライベート・エクイティー/メザニン投資について学ぶというもの。うちの会社の過去成功・失敗した案件をケーススタディーでフォローしていき、実際にその案件をやった担当者が最後に解説をくわえてくれます。ルーマニアの銀行の民営化案件、ペルーの金山、チリの送電事業者、ジャマイカの携帯キャリア、ロシアのテレビ局、インドのCD-ROMを作る会社、メキシコの小売業者、ホンジュラスのエビ養殖場、などなど、1980年代から最近のものまで様々なケースが出てきて、世界中のオフィスから集まった同僚たちと討議をする、というビジネススクールに戻ったような充実した経験でした。

トレーニングが終了して、世銀本部の開発仲間たちと飲めたのも楽しかったです。焼酎を囲んで積もる話で5時間くらいの時間があっという間に過ぎていきました。志の高い仲間と会うとポジティブなエネルギーをもらってうれしいものです。

***

さて、8月にセネガルの食品会社への投資がクローズ(投資契約書にサインすること)したので、今日はこの案件について書いてみたいと思います。

この会社はセネガルでスープのブイヨン(だしの素 - セネガル料理に大量に使用される)、チョコレートペースト(パンに塗るヌーテラのようなもの)やマーガリンなどの加工食品を作っていて、ネスレなどの多国籍企業とガチンコでシェア争いをしているセネガルを代表する食品会社です。

特にブイヨンは売れ筋の商品で、チェブジェン(魚と野菜の煮込みご飯)などの料理を作るときに、どんなブイヨンキューブをどんな割合で混ぜるかが、セネガル人女性の腕の見せ所らしいです。セネガルはイスラム教国で男性は4人まで奥さんを持てるので、女性同士の競争は、いかにブイヨン・キューブの独自の調合を編み出し、おいしい料理で男性を引き寄せられるか、というところに尽きるようですよ(あるセネガル人男性が言っていたので、話半分に聞いていただければと思います)。

ライバルのネスレは、「Avec Maggi chaque femme est une etoile (ネスレのマジーキューブを使えば、どんな女性も星のように輝く!)」というまるでポエムのような謳い文句で女性たちの心をつかもうとしています。いずれにせよセネガルをはじめとした西アフリカ諸国でのブイヨンの消費量はものすごいものがあります。

創業者はレバノン系セネガル人で、この方はこれまでアフリカで会ったアントレプレナーの中で、最も仁徳があるといっていいくらいナイスな人。打ち合わせなどにいくと、必ず彼の自宅での昼食会に呼ばれて、とてもおいしい料理をごちそうになります。

この会社はセネガル企業の中ではかなりの優良企業といわれているので、このたび、IFCの営業担当としてダカールに赴任してきたモロッコ人の同僚が過去数ヶ月にわたり何度も営業を重ねた結果、やっと取れた案件です。この会社は、セネガルの市場も伸びているし、マリやギニアなどの近隣諸国への輸出ももっと増やしたい、ということで、工場の拡大を考えています。その資金手当てのためにうちの会社が株式出資と融資を提供するという案件です。

Picture_42_Patisen

ちなみに、この会社の商品の重要な原料のひとつが、味の素。フランスの味の素から輸入をしているみたいで、工場に山積みになっている味の素の袋を見たとき、日本人としてとてもうれしくなりました。

Picture_43_Patisen

工場拡大の設備投資がリターンを生むかどうかは、ひとえに製品がもっと売れるかどうかにかかっているので、市場調査は今回の投資前調査の肝のひとつです。

セネガルでは、洗練されたインフラや流通機構が整っていないため、食品などの消費財は、大規模卸売業者 -> 小規模卸売業者 -> 零細卸売業者 -> 街中の物売り(バナバナと呼ばれます)という何重もの流通チェーンを通って、田舎の町や村まで届きます。こういった流通業者たちがこの会社の商品についてどう思っているか(この商品を取り扱うことでどのくらいのマージンがあるか、取り扱いをもっと増やすためには何が必要なのか)ということを理解するのが、今後の商品の売れ行きを占う鍵になります。なので、いろいろな業者に会って、インタビューを重ねていきます。

この会社はセネガルの会社の中ではかなりのマーケティング上手で、プッシュ・マーケティング的に卸売業者にとにかく沢山商品を抱えてもらうことのみを重視している他の会社と異なり、プル・マーケティング(エンドユーザー向けの広告やプロモーションで需要を喚起する)をかなり積極的にやっています。低価格が売りで一般の消費者層がターゲットなので、ダカールの一般庶民がよく買い物にくるエリアで抽選会(商品を買うとクジ引きをして賞品があたる)をやったり、派手な看板(決して趣味はよくないが、おいしそうな食品とハッピーそうなセネガル人家族が描かれている、いかにもセネガル人好みなデザイン)がダカールの市街に頻繁に立っています。

また、ダカール市内を走るバスには必ずといっていいほどこの会社の広告がついています。卸売業者に話を聞くと、こういう消費者向けマーケティングを効果的にやっていて、消費者からの引き合いが強いことは、マージンや支払いのターム以外にこの会社の商品を取り扱う大きな要因になっているとのことです。


Picture_44_Patisen

この会社は、こういった何百社という中小流通業者のサポート(セールスのアドバイスや営業人員が足りない際のスタッフ派遣など)をやっているので、この会社はセネガルやマリの雇用の創出と中小企業ビジネスの振興に大きく寄与しているということになります。

また、この会社の社長と中小流通業者の人間関係の深さも印象に残りました。いままで多くのアフリカの農業企業を見てきましたが、成功している会社のトップはかならず販売先・納入元の中小・零細企業や農家などと強い人間関係をもっています(関係構築を営業チームにまかせっぱなしにせず、トップ自ら現場に出ている)。アフリカで商売をするということがどういうことか、学ばせてもらういい機会になりました。


Picture_45_Patisen

<プロモーション・イベントの様子>

セネガルのお隣のマリは、輸出国の中で重要な位置を占めるので、マリにも市場調査に行ってきました。

4月末のマリは一年で最も暑い時期で、日中は40度以上の気温になります(典型的なサヘル地帯の気候です)。ダカールはこの時期25度以下でしたから、この差はものすごい。市場調査は一日の大半を屋外で過ごすので、熱中症でやられるかと思いました。吸い込む空気自体が熱風なので(真夏の炎天下に長時間駐車しっぱなしだった車の中に入ったときの感じを思い浮かべてください)、かなりきつかったです。

Picture_46_Patisen

2週間にわたる投資前調査、その後1ヶ月ほどを使って投資委員会資料作成、3ヶ月半にわたる分厚い契約書類の交渉を経て、無事サイニングをすることができたので、感慨もひとしおです。IFCがセネガルの農業分野に投資するのは20年ぶりのことなので、意義深い案件になったと思います。この案件の噂が優良企業の間に口コミで広まって、セネガルでIFCがもっと農業・食品案件に食い込めるようなきっかけになるのではと期待しています。

世銀プロ 2011年09月20日 - 坂の上の雲

IFCダカール事務所の小辻洋介です。

先日、司馬遼太郎さんの小説、「坂の上の雲」を読み終わりました。日本でもNHKのドラマになって盛り上がったそうなので、ご存知の方も多いと思いますが、日露戦争の時代に、陸軍の騎兵を作り上げた秋山好古と、海軍の参謀として活躍した秋山真之、そして正岡子規の三人が主人公になった物語です。

Picture_39_Sakanoue no Kumo

(写真はNHKのウェブサイトより)

そのあとがきの文章が、今のアフリカの状況を踏まえると、あまりにも心に残ったので、少し長いですが、以下転載します。

* * *

ところが、維新によって日本人ははじめて近代的な「国家」というものをもった。(中略)たれもが、「国民」になった。不馴れながら「国民」になった日本人たちは、日本史上の最初の体験者としてその新鮮さに昂揚した。このいたいたしいばかりの昂揚がわからなければ、この段階の歴史はわからない。

いまからおもえばじつにこっけいなことに米と絹のほかに主要産業のないこの百姓国家の連中が、ヨーロッパ先進国とおなじ海軍をもとうとしたことである。陸軍も同様である。人口五千ほどの村が一流のプロ野球団をもとうとするようなもので、財政のなりたつはずがない。

が、そのようにしてともかくも近代国家をつくりあげようというのがもともと維新成立の大目的であったし、維新後の新国民たちの少年のような希望であった。少年どもは食うものも食わずに三十余年をすごしたが、はた目からみるこの悲惨さを、かれら少年たちはみずからの不幸としたかどうか。

明治は、極端な官僚国家時代である。われわれとすれば二度と経たくない制度だが、その当時の新国民は、それをそれほど厭うていたかどうか、心象のなかに立ち入ればきわめて疑わしい。社会のどういう階層のどういう家の子でも、ある一定の資格をとるために必要な記憶力と根気さえあれば、博士にも官吏にも軍人にも教師にもなりえた。そういう資格の取得者は常時少数であるにしても、他の大多数は自分もしくは自分の子がその気にさえなればいつでもなりうるという点で、権利を保留している豊かさがあった。こういう「国家」というひらけた機関のありがたさを、よほどの思想家、知識人もうたがいはしなかった。

しかも一定の資格を取得すれば、国家生長の初段階にあっては重要な部分をまかされる。大げさにいえば神話の神々のような力をもたされて国家のある部分をつくりひろげてゆくことができる。素姓さだかでない庶民のあがりが、である。しかも、国家は小さい。

政府も小所帯であり、ここに登場する陸海軍もうそのように小さい。その町工場のように小さい国家のなかで、部分部分の義務と権能をもたされたスタッフたちは世帯が小さいがために思うぞんぶんにはたらき、そのチームをつよくするというただひとつの目的にむかってすすみ、その目的をうたがうことすら知らなかった。この時代のあかるさは、こういう楽天主義(オプティミズム)からきているのであろう。

このながい物語は、その日本史上類のない幸福な楽天家たちの物語である。やがてかれらは日露戦争というとほうもない大仕事に無我夢中でくびをつっこんでいく。最終的には、このつまり百姓国家がもったこっけいなほどに楽天的な連中が、ヨーロッパにおけるもっともふるい大国のひとつと対決し、どのようにふるまったかということを書こうとおもっている。楽天家たちは、そのような時代人としての体質で、前をのみ見つめながらあるく。のぼってゆく坂の上の青い天にもし一朶の白い雲がかがやいているとすれば、それのみをみつめて坂をのぼってゆくであろう。

* * *

上の文章は、アフリカにとっても、ものすごくrelevantな内容だと思います。

この大陸で2年ちょっと働いてきてつくづく思うのは、アフリカの運命はアフリカの人たちが握っているということ。(こうやって書くと、あたりまえのことですが)アフリカを救うのは、世界銀行でも、国連でも、JICAでも、外国のNGOでもない。外部の力というのは、アフリカの広大さと複雑さに比べたらあまりにも微小だし、所詮外からものをいうコンサルタント集団が大部分で、行動を起こす主体ではありません。

どれだけ多くの国民が、まさに司馬遼太郎さんが書いたように、青空をめがけて坂を上っていこうという楽天主義を持って、坂を上っていくための努力とチームをつよくするための自己犠牲ができるかどうかにかかっていると思います。国民全体の集団的な意思と行動こそが、社会を少しずつよくしていく、そして、こういうことは一部の人だけがやるのではなく、「せーの」でいっせいに起こる必要があるでしょう(でないと一部の人だけが損をするだけに終わる)。それが難しい。

こういう集団での努力以外でも、「この技術が世界を救う」みたいなウルトラCも、ごくたまに起こるのかもしれません。でも、その天佑を活かせるのは、アフリカの人たちの強い意志と行動が伴うときだけだと思います。例えば、仮に水がまったくなくても作れるコメの品種が発明されたとして、それが水不足のニジェールに持ち込まれたとしても、それを活かすには農場を開墾しなきゃいけないし、そもそもそのコメの苗を買うためのお金をためるのは、他でもないニジェールの人たちです。

そして、農家の人たちは農場が持続的に経営できるように日々働き、政府はその農場がうまくいっても追加の税金や賄賂をまきあげないようにしなきゃいけないし、そもそも収穫したお米の貯蔵庫、精米所のキャパシティーもあげていかないと、お米をいくら作っても意味がない。そして儲かったお金(あるいはコメの輸入を減らしてセーブできたお金)を、更なる産業発展のために再投資したり、教育や医療に投資するなど、持続的な発展につなげていくのは、ひとりひとりの努力以外のなにものでもありません。このように、単発的な投資や技術がいくら起こってもだめで、それらが本当に活きるには、社会全体の集団的な力が必要になります。

Picture_40_Sakanoue no Kumo

また、「アフリカが成長できないのは、金融へのアクセスがないからだ」という向きも多いでしょう。でも、明治の日本にいまのアフリカよりましな金融アクセスなんてあったでしょうか。

そうなると、司馬遼太郎さんが、このあとがきで書かれた内容は、一見単純な議論に見えますが、実はかなり本質をついていると思うのです。最終的には、国民ひとりひとりが楽天主義をもって、どれだけ総合的な努力ができるか、ということなんじゃないかと思います。

夏休みに日本に帰って節電の徹底ぶりに感銘を受けましたが、国民全体で一斉に努力して国全体の使用電力を大幅にカットしてしまう、こういうことができるのが国の底力であり、経済発展に直結する最大の要素のひとつだと思うのです。

そして、もし、アフリカにおいて、その楽天主義だとか小さな努力の積み重ねを生み出すべき希望をはばんでいるのが、一部の独裁者や政府役人たちだとしたら、その罪はきわめて深いと思います。

えらい硬いエントリーになりましたが、最近思うことでした。

Picture_41_Sakanoue no Kumo

世銀プロ 2011年08月09日 - ガーナの果物会社案件

IFCダカール事務所の小辻洋介です。

セネガルは今月からラマダーン(断食月)に入っています。空腹のせいか、車を運転していると、合流車線で絶対に激突するタイミングで出てくる車がいたり、まわりを見ずにふらふらと大通りを渡っているセネガル人がいたり、危険この上なし。空手の稽古も、参加者は基本をちょっとやってすぐにダウン。さすがに日中まったく水が飲めないのはめちゃくちゃきついんでしょう。師範にいたっては空腹のあまり椅子の上で居眠りしている。自分だけご飯が食べられて水が飲めているのが本当に申し訳なく思います。

世界中のラマダーン中のイスラム教徒のみなさんに心からのエールを送ります...

***

今日は、前回書いたナイジェリア案件と同時並行で担当していたガーナの果物会社の案件について書きたいと思います。

この会社はただの果物輸出会社ではなく、そのビジネスモデルはとてもユニークです。
カットフルーツと呼ばれる分野で、収穫したての熟れ頃の果物(マンゴー、パパイヤ、パイナップル、ココヤシなど)をガーナの工場でカットしてパッキングし、英国や大陸欧州諸国に輸出するビジネス。新鮮さが命!なので、これらのカットフルーツは空輸され、収穫してから2−3日のうちに消費地のスーパーマーケットに並びます。

Picture_34_Blue Skies

昔うちの母親が、お中元で頂いたマンゴーだかパパイヤだかの高級南国フルーツを切ってみたら、熟れごろじゃなくて、「えらい高いものもらったけど、それほど甘くないねえ...」と家族で首をかしげた出来事を覚えています。みなさんも似たような経験をされたこと、ありませんか?あるいは、「トロピカル・フルーツを買っても『ハズレ』があるかもしれないから、高いお金を出して買う気になれないよ」なんて思っていませんか?一般の消費者に熟れごろがわかりにくい、という問題に加え、先進国の市場に流通しているトロピカル・フルーツの大半は、熟れる前に収穫されて船で輸送されているので(熟れる前の収穫して、船で輸送される間に熟れて行く)、どうしても自然完熟の果物よりは味が落ちてしまうのです。

「そんな大げさな!」とおっしゃる向きもあるかもしれませんが、このガーナの会社のカットフルーツを食べてみれば味の違いをおわかり頂けると思います。天然完熟のフルーツを産地でカットして消費地に空輸するこの会社のカットフルーツの味は百発百中なので、英国・欧州での消費はぐんぐん伸びているのです。

なんだか、あやしいセールスマンのような文章になってきあので、カットフルーツの魅力を語るのは、この辺でやめておきます...。

この会社の工場は、ガーナの首都アクラから50キロくらいの美しい農村地帯にあります。まわりに宿泊施設がないので、この会社のゲストハウスに泊まらせてもらいます。ガーナはハルマッタン(サハラから吹きおろす風)が吹き荒れ、ちょうどマンゴーの季節のはじまりです。マンゴー食べ放題、絞りたてのパイナップル・ジュース飲み放題で、まさに極楽。また、「社会企業」的なカルチャーを売りにしている会社なので、社員たちもホスピタリティー満点で癒されます。ガーナの空港で、ロスト・ラゲージの憂き目にあいましたが、空港に迎えにきてくれた社員さんがとても親切で、すぐ着替えなどを用意してくれました。夜は、ガーナの地元ビールやイギリス産のウイスキーで飲み会。ゲストハウスのソファーでサッカーを見ながらウィスキーなんて、大学時代のバックパック時代を思い出します。

写真は、果物をカットする工程。従業員さんたちの笑顔がいいですね!切りたてのパイナップルやマンゴーは、とてもつるつるしていて、思わずつまみ食いしたいくらい。

Picture_35_Blue Skies

この会社は自社農場を持たず、100%地元農家からの購入に頼っているので、契約栽培している果物農家も何軒か見学しました。

なだらかな丘陵の一面にパイナップル畑が広がります。景色はちょっと沖縄っぽい。「ざわわ♪、ざわわ♪」というサトウキビ畑のメロディーが聞こえてきそう。パイナップルの葉っぱをかきわけると、たわわにパイナップルのフルーツがなっています。

Picture_36_Blue Skies

農家のトラックが大量のパイナップルを工場に届けます。農家にとっては、パイナップルをその辺の行商人に売るよりも、この会社に売ったほうが、数倍の値段で売れるので、とてもいい商売です。その代わり、品質はよくなければいけないし、欧州の規制に基づいたEUREPGAPなどの安全基準・生産工程基準を満たさなければなりません。農家が、こういった基準を遵守するのを助けるため、この会社は、数名の農業専門家を抱えて、日々各農家に栽培のベストプラクティスを伝授しています。アフリカの農民たちと二人三脚で商売をしているまさに「インクルーシブ・ビジネス・モデル」。

また安定した買い手がいる、というのは農家にとって、とても大事なことなので、そういう意味でもこの会社はガーナの果物産業を支えていることになります。

Picture_37_Blue Skies

この会社の悩みは、商品を飛行機で輸送しているので、去年の春起こったようなアイスランド火山噴火や、冬の大雪のようなイベントで、欧州の空港が閉鎖されてしまうと致命的なダメージを受けることになります。

この輸送リスクを軽減するため、この会社は、ガーナの地元市場向けの商品を開発しています。そのひとつが絞りたてジュース。パイナップルを搾って作るのですが、保存料を一切いれないので、驚くべきおいしさです。地元のショップライトのような大型スーパー、ファーストフード店、大学のキャンパス食堂などで、売られていますが、500ml入りのボトルで2ドル近くとかなりの値段に関わらず(日本で一本160円のドリンクを買う人はかなり少ないだろうし、ましてやここは世界最貧国のひとつのガーナです)、飛ぶような売れ行きとのこと。いいものにはお金を払うアフリカの中産階級のパワーがここにもうかがえます!

Picture_38_Blue Skies

ジュースの製造工程や、販売チャネルなども詳細に見学。ガーナ人のプロセスエンジニアが、ジュース事業の責任者で、いろいろな説明してくれます。すごい頭のいい人で、ガーナ北部の貧しい村で生まれて、努力一筋でガーナ一番の大学であるガーナ大学に入ったというキャリアも印象的。「自分は理系なので、原価計算やマーケティングについて知識を得たい」と質問を受けたので、ビジネススクールで習った色々な理論を説明して、意見交換をしました。こういうやり取りも、デュー・ディリの楽しみのひとつです。

この案件は、現在クロージングに向けて、真剣勝負で投資契約の交渉中です。この会社に投資したい金融機関は他にもいて、かなり強い競争原理が働いているので、気は抜けません。まあ、こういう素晴らしい事業をしている会社が、いろいろな金融機関のアプローチを受けているのは、素晴らしいことだと思います。

***

このディールは悪戦苦闘しているものの、前回のエントリーで書いたナイジェリア案件は、無事クローズすることができました。当社の東京事務所から日本語のプレスリリースも出ていますので、ご笑覧ください。

世銀プロ 2011年06月28日 - ナイジェリアのファーストフードを堪能する

IFCダカール事務所の小辻洋介です。

先日、ダカール事務所の同僚に、「世銀での日本人の職員数を増やすには、日本の高校生や大学生に世銀に興味をもってもらえることが大事だから、日本語でセネガルでの仕事についてブログを書いているんだ。」という話をしたところ、色々な人たちから、「日本人はハードワーキングで能力も高くてすばらしい人たちだから、もっとアフリカに出てきてほしい。日本人の職員が増えるのはアフリカ事務所としては大歓迎だよ!」という力強いお言葉を頂きました。うれしいじゃないですか!

ということで、引き続き、気合を入れてこのブログも書き続けていきたいと思います。

***

さて、今日は投資契約締結間近のナイジェリアのファーストフード・チェーンへの株式出資案件について書いてみたいと思います。

実地調査(デュー・ディリジェンス)は、去年の年末に行きました。

ダカールからナイジェリアの首都レゴスまでのフライトは、「各駅停車」。早朝ダカールを出発したバージン・ナイジェリア機は、まずコートジボワールのアビジャンに着陸。コートジボワールの大統領選挙が終わったばかりで監視団として入っていた国連や各国の大使がぞくぞくと飛行機に乗り込んできます。僕のとなりにセネガルの駐ナイジェリア大使が座って、タバスキ(イスラム教の犠牲祭)の話などで盛り上がります。さらにそのとなりに、駐ナイジェリア・マリ大使、同ガンビア大使、などが座って、まさに国連機さながら。

アビジャンの次の着陸地は、ベナンの首都コトヌ。洪水に見舞われたと聞いていましたが、その惨状が上空からもうかがえます...

夕方にレゴス着。ワシントンの本社から来た業界スペシャリスト(元マクドナルド・アジアのえらい人で、モスが一世を風靡したライスバーガーの原案を考えたのは自分だと主張している )とナイジェリア事務所のチームリーダーと合流。翌日からデュー・ディリジェンス開始。

初日に、このファーストフード・チェーンの創業者・CEOと面談しましたが、とてもビジョナリーで戦略的な人。イギリスの大学を出てアクセンチュアでITコンサルをやったあと、ナイジェリアに戻り、起業したとのこと。こういう「高学歴」の人々が国に戻ってくるのがナイジェリアの強み。

ナイジェリアは1億5千万人のアフリカ第一の広大な人口を誇り、それだけにレストラン市場の市場規模も大きく、都市部の中流階級層の伸びまくる可処分所得を背景に、この会社は年率60%で売上が伸びるというものすごい高成長を遂げています。

途上国をバックパッキング旅行した人ならば、地元の食堂に疲れて、KFCなどのファーストフード店に入ってみたら、値段が地元食堂の数倍高かった、という苦い経験をお持ちでしょう。ナイジェリアもこの法則にたがわず、値段がかなり高いです。鶏肉とライスのランチを食べるだけで500円以上はするし(日本の吉野家の牛丼より高いですね)、聞くところによると、顧客あたり平均の支出額は700円くらいになるそう(飲み物も入るから)。こんな値段でも、ナイジェリアの若者たちは食べにきてくれるわけです。ナイジェリアの中産階級の可処分所得がどのくらいの勢いで伸びているを示す、如実な例です。

メニューは、ハンバーガー・ピザなどはあまり人気がなく、ひたすらグリルチキンとジョロフ・ライス(ナイジェリア風味ご飯)の組み合わせ。ジョロフ・ライスの秘伝のタレの製造現場も見学できました。ナイジェリア料理はセネガルから来ると激辛で、このタレもその例にたがわず激辛で、味見をしたとき思わず涙がこぼれました。

もちろん競争も激しいです。地元のチェーンではこの会社以外に2社大きなチェーンがあり、最近KFCがナイジェリアに進出しました。まだ5店舗ですが、これからどう伸びていくか目が離せません。なので、今回の投資の肝は、「このチェーンと、競合他社を区別する競争優位性(competitive advantage)は何か?」ということに尽きます。

Picture_29_Food Concepts

<写真は、投資候補先のライバルのファーストフード店>

Picture_30_Food Concepts

<喜々としてジョロフ・ライスを食べる、ガーナ人新米アナリストのアシドゥワちゃん>

伸びまくる市場の一方で、課題も。たとえば、ナイジェリアの電力供給は、セネガル以下。グリッドの電力はあまりに頼りないので、首都のレゴス市内でもほぼ24時間ジェネレーターが回っているのだとか。いわんや田舎をや、です。当然ジェネレーターを回すディーゼル費用はうなぎのぼり。

そして、よくもわるくも、レゴスに関してはバブルのまっただなかにあるといえます(2008年の金融危機で痛んだものの、根本的な勢いは衰えず)。

まず、印象に残ったのが、ナイジェリアの都市部の人々はものすごく流行に敏感だということ。話を聞くと、新しくオープンしたバー、レストラン、クラブなどは、半年ですたれるそうです。そして人々は更に新しくオープンした場所に移っていき、すたれたレストランやバーは相当な費用をかけてリニューアルしないとお客が呼び戻せないとのこと。なので、持続的に売上を伸ばしていくための設備投資は他の国よりも大分かさみます。セネガル人やマリ人はもっとのんびりしていてこんなことはありえません(みんな決まった場所で忠実にご飯を食べます)。

日本の商社のレゴス事務所で働いている友人とも会いましたが、例えば、車は値段が高くないと売れない、また、人に自慢できるスペック(一流のオーディオシステム、バック用のビデオシステム、など)がついていないと売れない、とのこと。貧困国だから安いスペックで売りこもうとしている日本のメーカー側と考えが折りあわない、とこぼしていました。いちいちもっともです。アフリカ = BOP (Bottom of the Pyramid)、と語る人も多いのでしょうが、本当にお金が動いている場所はそこではないのですよ。もちろん、何を目指すかで、富裕層向けビジネスでいくのか、BOP向けビジネスでいくのか、変わるのでしょうが...

ちなみに、レゴスのオフィスが集まっているビクトリア島とイコイ島は、ある程度ちゃんとしたアパートであれば家賃が一ヶ月50万円とも100万円ともいわれます。しかも、向こう2−3年分の家賃を前もって纏めて払わなければならないとか。ダカールで家賃が高いと思っていた僕には、目からうろこ...

一方、広大なナイジェリアにおいて、ビジネス界は実は狭いのかもしれません。
たった一週間で、何人かの知り合いに再会しました。

最も印象的だったのが、ビジネススクール時代に、アフリカ・ビジネス・カンファレンスに講演にきてくれた、ナイジェリア第一銀行の女性マネジメントの方との再会。アフリカについて全く無知だった当事の僕にとって、この人の講演は、僕にアフリカの成長可能性に目を開かせて、アフリカで働いてみよう、と思ったきっかけのひとつでした。このナイジェリア第一銀行が投資候補先の大手貸出先になっているので、面談にいったところ、この女性と再会したのでした。

他にも、週末に参加したジンバブエ人の友人主催のパーティーで、僕の前職の証券会社のIT担当だった人に会ったり。東京オフィスにも来たことがあるそうで、六本木ヒルズの話でえらい盛り上がりました。

それにしても、ナイジェリアの金融市場はすごい洗練されている印象を受けました。保険会社、証券市場、会計士、投資銀行、商業銀行など、金融市場の発展の上で重要なプレーヤーが充実(乱立?)しています。

Picture_31_Food Concepts

<レゴスの中心部>

大都市レゴスのみならず、郊外にいく機会にも恵まれました。

ナイジェリアは、自国の畜産業界の保護のために、肉類の輸入を生肉・冷凍肉かかわらず、禁止しています。その政策のおかげで国内の畜産産業が育つ、という状況になればよかったのですが、いまひとつ思い通りに畜産業が伸びていません。このため、鶏肉の供給が安定しないことも多く、チキン系の商品を主に売っているこのファーストフードチェーンは、自前で養鶏農場を建てることを決めました。

この養鶏農場が成功すれば、この会社のものすごい競争優位になります。鶏の供給が十分じゃないと、当然ながらいくらお客さんがいても品切れ状態で売上が伸ばせないし、鳥の大きさや品質が一定じゃないと、お客さんの不満が高まります(例えば、隣で食べている人のチキンが超でかくて、自分のチキンが小さかったら、二度とそのレストランにいかないでしょう。)ファーストフード界の巨人マクドナルドが、ナイジェリア進出をまだしていないのは、お肉のサプライチェーンが信用できないから、という噂もあるくらいです。

投資の際のエクイティー・ストーリーを語る上で、この農場の成否は鍵になるので、農場建設予定地を見にいきました。

土曜の朝にレゴスを発ち、約60キロの道を5時間の大渋滞の末、到着。国連のルールで、レゴス市外に出る場合は、警察の特別警備隊がついてこなきゃいけないということで、防弾チョッキをきた兵隊がのったトラックがついてきます。渋滞があまりにひどい場合は、この軍隊トラックがサイレンをガンガン鳴らし、車をどかします。公私混同というかナイジェリアっぽい。

Picture_32_Food Concepts

農場予定地は、単なるジャングル。ここに、これから1年以上かけて、温度調整機能つきの鳥小屋や、飼料工場、鶏肉加工工場などを建設する予定です。

Picture_33_Food Concepts

* * *

徒然なるままに書きましたが、今回ナイジェリアにいって痛感したのが、フランス語圏アフリカと英語圏アフリカの違いについて。

僕が英語のほうがよくわかるせいなのかもしれないけど、ビジネス界も金融界もどうしても英語圏アフリカのほうが発達している気がします。ダカールに帰ってきたあと、フランス語も英語も堪能な同僚たちに「英語圏とフランス語圏の違いと、ビジネスの発展の相関についてどう思う?」と聞いたところ、彼らも僕と同感みたいです。

おそらくフランス語圏では役人になったり古くからある大企業で働いたりするのが「勝ち組」とされるけれど(昔の日本みたいに)、英語圏ではアメリカの影響でアントレプレナー(起業家)として成功するのが「勝ち組」。こういう価値観の違いが、経済のダイナミズムに差を生んでいるような気がします。ビジネスのダイナミズムがあれば、それをサポートする金融界も洗練されざるを得ず、証券市場の発達や、投資銀行や商業銀行のサービスレベルは高いです。そうなると、IFCとしても、融資だけではなく、将来の伸びしろの大きな会社には株式投資をする、ということもできます。一方で、優良企業はいろいろな金融機関からファイナンスを受けられるので、金融機関同士の競争は激しく、IFCも頑張って営業し、競争力のある条件を出さないと案件を取れません。

* * *

投資候補先とその競合他社を含めて数社のファーストフードを試食しまくった一週間だったので、ダカールに戻ると、フランス仕込みの美食や新鮮なシーフードがとてもうれしいです。

また、街が静かで、人が優しいのもありがたい。

はじめてダカールに来たとき、アフリカ通の先輩たちが口を揃えてダカールは最高だ、といっていましたが、アフリカ数カ国を旅した今、ダカールを選んで本当によかったなあ、と心から思います(もちろん、多少ひいき目が入っているのは否めませんが...)

世銀プロ 2011年05月17日 - セネガル空手事情

IFCセネガル事務所の小辻洋介です。しばらく仕事関係のエントリーが続いたので、今日は仕事以外のお話をしたいと思います。

仕事が忙しい中、気分転換になるのはやはりスポーツです。僕は空手道をずっとやってきたので、セネガルでも道場に通っています。肩こりもストレスも、これで一気に解消です。

僕が通っている道場のセネガル人師範は、黒い道着を着ているのがカンフー映画の悪役みたいでいまだ腑に落ちないのですが、かつてはセネガルのナショナルチームのコーチを務めたこともあるそうで、技はしっかりしているし、組手もとても強いです。練習は、火曜日、木曜日、土曜日の週三回で、土曜日は大人・子供あわせて30人くらいの大きなクラスになります。

Picture_24_Karate


セネガルは格闘技がとても盛んで、セネガル相撲、テコンドー、空手、柔道などをやる人が多く、うちの事務所でもセネガル人スタッフのうち何人かは、「実は私も子供の頃空手を習っていました」とカミング・アウトする人が多いです。空手道のアフリカ大会や世界大会でも、セネガル勢はなかなかいいところまでいっているみたいです。格闘技は、サッカーと同じように、お金がなくてもできる(例えば、空手の道着や帯などは、厚めの白布をもっていけば地元のクチュリエさんが作ってくれる)、というのがいいところなんでしょうね。

Picture_26_Karate

写真は、地元テレビ局の企画で、道場生たちが浜辺で演武したときの写真。僕もこの番組でセネガルテレビデビューしました!

最近道場生も増えてきているので、教えるのを任されることも多くなってきました。ちゃんと突けてない、蹴れてない子供たちが多いので、基本をみっちり教えます。基本をしっかりやれば、そのあとの伸びしろも大きくなる、というのは、経済発展にもビジネスにもどんなことにでも通じることが伝わるように願いをこめながら、足腰が立たなくなるまで基本ばかり繰り返します。

また、僕が教えるときは、できない生徒たちに集中して、彼らがしっかり技を身につけられるように丁寧に教えるようにしています。道場生全員がきちんとした突き蹴り、基本移動、基本の「平安」の型ができるようになるのが当面の目標。

セネガルの教育については詳しくはわからないけれど、出来る子にフォーカスした結構スパルタ系の教育だと聞きます。もちろんエースを育てることも大事だけれど、チームの平均レベルを上げることは、特に西アフリカのような場所では、もっと大事な気します。経済やビジネスでも、優秀なトップがいてワンマンショーをやっていても、労働者の平均レベルが低ければ生産性は上がらないわけだし(実際多くのアフリカ企業がこの問題をかかえていると思う)、国民の平均レベルが高い、労働者のレベルが平均的に優れている、というのは、ものすごい競争優位になるはずです(例えば、アメリカのように一部の天才に引っ張られた社会に比べて、日本の社会がスムーズに機能している一番の要因は、国民の平均レベルの高さにあり、改善や改革がボトムアップで起こることにあるのではないか、と思います)。

基本を重視する練習法以外でも、自己を律すること(discipline)や自己をむなしくすること(self sacrifice)、血気の勇を慎むなどの、空手道を通じて養われる精神面は、西アフリカにとても必要なコンセプトであり、経済発展や貧困削減に直結するんじゃないかと思っています。

個人的には、日本がいまの高い経済的地位にあるのは、明治維新以降の富国強兵・殖産興業の時代や、戦後の復興期に、日本人全体(一部のリーダーだけじゃなかったことがポイント)が自己をむなしくして、自分と自分の周りの人々だけの利益を、利己的に追求するのではなく、国家全体の発展を考えて頑張ったこと(英語でいうと、self sacrificeとdisciplineという言葉になると思います)が大きな要因だと思います(今、司馬遼太郎さんの「坂の上の雲」を読んでいるのですが、こういう小説を読むと特にそう思います)。そして、こういった精神性は、(特に指導者層の中で)利己的な動きが多分に見られる西アフリカで、必要なコンセプトだと思います。

大きな改革は必ずミクロ面に成功要因がある、と大学院時代の恩師がいっていました。精神力などは小さなことの積み重ねかもしれませんが、長期的にこういう要因が効いてくると信じて、セネガルの子供たちに空手道の心を伝えるべく頑張っています。

IMG_0192 - Copy

逆突き、ボクシングでいうストレート、の腰の使い方を教える。

***

ところで、先日、通常の土曜日の練習に参加したところ、驚くべき出来事がありました。

練習の終わりに先生がこう言ったのです。

「今日は、私の誕生日だ。よって私はとても嬉しい。だから、本日をもって、有級者は全員一級ずつ級を上げることにする。それに伴って帯の色も変わる。白帯の子供たちは黄色帯に、黄色帯の子供たちはオレンジ帯に、オレンジ帯の子供たちは緑帯に、緑帯の子達は茶色帯に替えてよろしい。」

子供たち

「 フェリシタション!(おめでとう)」

やっぱり級があがると嬉しいから、みんな満面の笑顔。きっとお母さんにおねだりして、明日にでも街のクチュリエ(仕立て屋さん)で新しい色の帯を作ってもらうことでしょう。

でも、僕の頭は「?」マークで一杯になりました。

だって、普通の空手道場(日本・外国を問わず)というのは昇級審査というものがあって、基本・型・組手などの実技審査があり、それをパスしないと級はあがりません。

なのに、誕生日だからって、先生の一存で全員一斉に級をあげていいわけ?

僕は思わず、同じ職場の同僚で一緒に道場に通っている友人の顔を見ましたが、彼も「なるほど、当然、よかったね」という顔で拍手をしている。

公正な審査じゃなくて、個人的なつながりや感情で、ものごとが動いていく。

アフリカのある国の大統領が、以下のようなことを言うことは決して珍しくはありません。 
「君たちは私と同じ村の出身だ。よって私は皆がこうして官僚になってくれてうれしい。だから、皆には○×省の要職につけてあげよう」

この発想って、「僕の誕生日だから、みんな昇級させてあげよう」と、とても似たアナロジーだと思いませんか。そして、そういった発想を、ある程度の教育を受けてそれなりの会社や機関で働いている知識層も、自然と受け入れてしまう。

アフリカに深く根付く、個人的繋がりと、トランスパレンシー(透明性と公正性: ここでいう空手の昇級審査)の欠如。

空手を通じて見えるものは深いです...

そして僕がこのブログを書いているその間に、きっとこういう風に個人的なつながりで強固なサポーターを作ってきたであろう或る大統領が、その座を追われました。

「2人の大統領」のにらみあいが続き内戦直前だったコートジボワール。国際的には「選挙に敗れた」とされるバクボ前大統領が居座っていた大統領府が、フランス軍の介入もあって陥落し、「選挙に勝った」とされるワタラ氏が新大統領に就任しました。昨年末以来、多くの人命が失われ、金融機能が停止し経済がマヒ状態の同国が、かつての西アフリカのエースとしての立ち位置を取り戻すべく、再び走り出す最後のチャンスです。

Keri
livedoor プロフィール

こっちゃん

Archives
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ