2016年09月23日

倫理の戦線

山形新聞への投稿。今回はアリストテレス。

「戦闘において総退却が生じるとき、一人が踏みとどまると、もう一人が踏みとどまり、さらにまた他の人がとどまるというようにして、〔反撃の〕最初の出発点〔が確保される〕まで続く。」アリストテレス『分析論後書』第二巻19章

古代ギリシアの陸戦では、重装歩兵団と言って、盾をぴったりと並べ立てて戦う形をとっていた。この戦闘形式がギリシア人に与えた精神的・政治的意義は、いくら強調してもしすぎることはない。同僚とごく身近に接して戦うので、自分の勇気は直ちに同僚に伝わり、逆にいかなる恐怖心もすぐに伝染する。ここから互いにあい励ます連帯の重要性を、彼らは肌で学んだのだ。

かつて東京湾の谷津干潟が、ゴミ捨て場とされて荒廃の極みに達したとき、森田三郎という一人の新聞配達員が起って、黙々とゴミ拾いを始めた。少年の時に潮干狩りをした思い出が、彼を突き動かしたのである。何年もの間、森田氏は一人孤独な奮闘を続けたが、やがてその活動は周囲の人々を動かしていく。その孤独な戦いを見守る心弱き人々の気持ちを推し量ることはたやすい。初めは嘲笑し、やがて当惑し、ついには恥じつつも、なかなか声を上げることができない。そんな人々が、それでもやがて大きなうねりを作り出し、ラムサール条約への登録を勝ち取り、干潟の保護につながったのだ。

我々でも、一人くらいはいいだろうとばかりモラルの戦場を放棄すれば、それが他人にも感染し、たちまち社会のモラルは瓦解に瀕する。しかし皆が潰走する中にあっても、踏み止まる人はいるものだ。その最初の一人になるほどの勇気はなくとも、二人三人と踏みとどまって作り出された戦列に並ぶくらいの気概は誰にでもある。それによって、不可能と見えたものが可能になる。味方に数倍するペルシアの大軍を撃破し、そこから永遠に色あせない文化的偉業の基を築いたのも、もとはと言えばそんな諸個人の連帯に基づいていたのである。
  

Posted by easter1916 at 23:13Comments(0)TrackBack(0)

2016年09月12日

パリサイびと

パリサイ人とは、ユダヤ教の改革派で、サドカイ人と対立していた。サドカイ人は、ユダヤ社会上層に位置し、ローマ帝国の支配とも妥協する必要上、律法を緩める傾向があった。

そんな彼らに対して、パリサイ人は律法を立て直す改革派として登場した。

イエスは、いずれとも対立していたが、とりわけパリサイ人に対する厳しい批判が福音書には顕著である。

これはやや意外の感がある。腐敗した神殿勢力や、ローマ帝国支配と妥協するサドカイ人に対する道徳的批判を展開するパリサイ人に、どんな落ち度があるというのであろうか?
  続きを読む
Posted by easter1916 at 01:54Comments(2)TrackBack(0)

2016年09月03日

社会契約とロールズ

社会契約説は、国家を理性のみによって正当化する野心的な試みである。

だが、自然状況でいかにして約束を守ることができるかに答えることは難しい。

理性と恐怖だけを頼りに議論を進めるホッブズの言うように、自然状況が誰から見ても耐え難いとしても、そこで社会契約を結ぶことがどうして可能なのであろうか? それをしも利用して、相手を出し抜こうと考えるのが本来「自然状態」なのではないか?

ルソーの場合は、少し状況が複雑である。自然状態から始めるのではなく、文明によって堕落した自然から出発するほかない。そこで、不自然なものを取り除くことが必要となる。そのために国家の暴力が必要だろう。
  続きを読む
Posted by easter1916 at 22:29Comments(0)TrackBack(0)

2016年09月02日

倫理的判断の真理値

以前、「Peacocke(2)倫理の法廷」2015年10月26日で述べたように、倫理学に対する私のスタンスは、ほぼアリストテレスに沿ったものである。

私の議論にお付き合いいただく人には、倫理が我々の単なる感情の表明などではなく、規範的で合理的な言語活動であることを、とりあえず認めていただくことにしよう(吟味や批判が可能な、理由づけられた発話の活動)。そうでなければ、議論に付き合うことは必要でも可能でもないからである。

もっとも議論に開かれているといっても、議論が常に決着可能だということではないし、どの倫理命題にも真偽が確定しているとか、二値原理や排中律が成り立つということでもない。これは倫理学における反実在論であるが、それは、真理値付与を一般に否定するものではない。

しばしば、すべての倫理命題に真理値がなければ、まじめな倫理的議論が不可能だと考えるような非常に素朴な議論が見られるので、この点は特に強調しておきたい。倫理命題に非認知主義を取らない(真理値を認める)ということと、倫理命題に常に二値原理は成り立つわけではないとする反実在論とは、両立するのである。
  続きを読む
Posted by easter1916 at 19:20Comments(0)TrackBack(0)

2016年09月01日

「ソフトな決定論」再論

必要上、アイザヤ・バーリンの『自由論』を読み直すことになった。バーリンはいわゆるソフトな決定論(倫理的責任と決定論の両立可能論)を批判し、奔放rampantで骨太robustな自由意志論を主張している。

結論から言えば、私はバーリンの両立可能論批判には共感するが、必ずしも説得的な議論にはなっていないと思う。ソフトな決定論は学者のひねり出したへ理屈にすぎないというのが、バーリンの本音なのである。だからこそ、まともに議論する気が起きないのだ。

その点も理解できなくもないが、敵陣営には、E.H.カーのような重鎮までいるのだから、イギリスではどちらかといえば敵方の方がファッショナブルなのであろう。

決定論は、カントのアンチノミーの議論によれば、因果律をリサーチ・プログラムとは見ず、物自体の本性と見なすものである。探求方法の性質を探求対象の性質と見なしてしまう形而上学的投影の一種であるから、もとより決定論に、何か科学的ないし合理的裏付けがあるわけではない。

因果律だけからは、すべてが決定されているという決定論が正しいか、それとも原的な偶然性が当たり前のように存在しているのか、いずれとも決しない。

そのようなものに頭を悩ますいわれはないのであるから、それを、本来まともに相手にするには及ばない。

しかし、ソフトな決定論は、単に誤っているというより、人間存在の特異性を逆からあぶりだすことになるので、詳論するに値するのである。以前にも「ソフトな決定論について」(2014年5月9日)で論じたが、より詳しく論じてみたい。
  続きを読む
Posted by easter1916 at 03:57Comments(0)TrackBack(0)