2016年09月23日

倫理の戦線

山形新聞への投稿。今回はアリストテレス。

「戦闘において総退却が生じるとき、一人が踏みとどまると、もう一人が踏みとどまり、さらにまた他の人がとどまるというようにして、〔反撃の〕最初の出発点〔が確保される〕まで続く。」アリストテレス『分析論後書』第二巻19章

古代ギリシアの陸戦では、重装歩兵団と言って、盾をぴったりと並べ立てて戦う形をとっていた。この戦闘形式がギリシア人に与えた精神的・政治的意義は、いくら強調してもしすぎることはない。同僚とごく身近に接して戦うので、自分の勇気は直ちに同僚に伝わり、逆にいかなる恐怖心もすぐに伝染する。ここから互いにあい励ます連帯の重要性を、彼らは肌で学んだのだ。

かつて東京湾の谷津干潟が、ゴミ捨て場とされて荒廃の極みに達したとき、森田三郎という一人の新聞配達員が起って、黙々とゴミ拾いを始めた。少年の時に潮干狩りをした思い出が、彼を突き動かしたのである。何年もの間、森田氏は一人孤独な奮闘を続けたが、やがてその活動は周囲の人々を動かしていく。その孤独な戦いを見守る心弱き人々の気持ちを推し量ることはたやすい。初めは嘲笑し、やがて当惑し、ついには恥じつつも、なかなか声を上げることができない。そんな人々が、それでもやがて大きなうねりを作り出し、ラムサール条約への登録を勝ち取り、干潟の保護につながったのだ。

我々でも、一人くらいはいいだろうとばかりモラルの戦場を放棄すれば、それが他人にも感染し、たちまち社会のモラルは瓦解に瀕する。しかし皆が潰走する中にあっても、踏み止まる人はいるものだ。その最初の一人になるほどの勇気はなくとも、二人三人と踏みとどまって作り出された戦列に並ぶくらいの気概は誰にでもある。それによって、不可能と見えたものが可能になる。味方に数倍するペルシアの大軍を撃破し、そこから永遠に色あせない文化的偉業の基を築いたのも、もとはと言えばそんな諸個人の連帯に基づいていたのである。


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/easter1916/52472838