GSに続き、SLを試乗してみた。
この日は、良く締まった雪で、今シーズンの一、二を争う引っかかる雪。
SLを滑るのは少々勇気が必要だった。

ATOMIC REDSTER FIS SL 165cm
アトミックSL
GSでの期待感を持って、SLを試乗したが・・・ヘコンで終わった。
 『幅の広いスキーを履いているような感覚』は、同じで、エッジグリップは申し分ない感じがした。
この日のコンディションでは、やや裏目に出ていたのではないかと思われる。
切り替えに手古摺った。グリップが良すぎて、どう滑っていいかわからない。
ちょっと残念。。。

HEAD WORLDCUP REBELS i.SL/RD
ヘッドSL
気になっていながら、なかなか踏み込めないHEADの世界・・・がHEADに対する我の印象(!?)
チョット体験。
膝をうまく使えば、良い反応を得られそうだった。
スキーの特性は・・・硬派・・・は相変わらずで、走りが良く、直線的にターンから抜ける。
今は、そこに向かいたくないので、「体験」だけで。。。。ごちそう様!って感じ。


ELAN SLX FIS PLATE 165cm
エランSL
 エランのGSは以前に使っていたこともあるが、SLで滑るのは初めて。
不安はなかったが、期待もなく、とにかく滑ってみた。
安心感に繋がる『重厚感』がありながら、滑っているとSLの軽快感が感じられる。
ずばり・・・自分に合っている。いつもの滑りで、そのまま滑れるのが嬉しい。
今のSLスキーで滑るのと同様に、長い軸を使うイメージで、ガッツリラインをキープできる。
難しさを感じないけど、軽快で無理のない走りも十分ある。
SLの基本要素を忠実に備えたSLスキーで、迷いなく使える1台との印象。
そろそろ年齢的な限界を感じている我は、候補に残した。