July 13, 2009

ファイナンシャルプランナー

5月に受験したファイナンシャルプランナー(FP)3級に合格しました。
資格取得の書類も先日届きました。

一番グレードが下の3級でしたが、年々難易度が高くなってきてるようです。
今回の合格率は50%強と2人に1人しか合格できないと、結構な難易度で。。。
試験慣れしてる方だと思いますが、結構ギリギリのスコアで危なかったです。
2級で出されるような問題も一部混じってましたしね。。。(苦笑
2級は3級の内容を少し掘り下げた内容なので、勉強しやすい内容になってます。
9月には2級を受験する予定です。

FPの内容は結構普段の生活に密着するお金の話です。
給与の税金計算とか不動産、保険など殆どの生活に密着する部分がクリアに分かるようになります。
少し掘り下げて行くと、節税方法なんかも分かるので、会社経営者にとっても大変お勧めですね。
資格としては、別に就職に役立つとか、この資格だけで飯が食えるようなものではありません。
ですが、雑学の範囲としてはかなり役に立つジャンルの試験だと思います。
雑学の範囲にしては、結構な勉強時間が必要なのも難点かも知れませんが…^^;


easyryugaku at 00:00|Permalink

July 10, 2009

日本はどうなる!?

日本はどうなっていくでしょうか!?

日本はモノ作りの国と言われます。

電化製品や自動車がその良い例でしょう。

このモノ作りは、いつまで続くでしょうか?
モノ作りでいつまで日本はトップを走り続けられるでしょうか?
その時代がずっと続くと考えている方は、実際どの程度いるのでしょうか?

時代は繰り返すと言います。
自動車はアメリカの産業でした。
1880年代にアメリカは日本に自動車の輸出制限をしましたね。
それは、アメリカの自動車業界を守るためでした。
当時は、日本の車なんか誰も買わないとタカをくくっていました。
ですが、その約30年後にアメリカの自動車業界は終焉を迎えることになります。
アメリカの自動車産業で賑わっていた街は、今やゴーストタウン化しています。

日本の次なる敵は!?
インドと中国です。
もの凄い勢いで経済発展しています。
過去の日本がアメリカを追い抜け追い越せだった時と被ります。
歴史が繰り返すとすれば、日本が今度はアメリカのようにゴーストタウン化する日もそう遠くはありません。
トヨタのおひざ元である名古屋はゴーストタウン化してもおかしくないのです。

金融業界も同様で、日本であれだけのバブルを経験したのに、アメリカで2008年にバブルを引き起こすことになりました。

歴史は繰り返すのは、極々自然のことだと言えます。

easyryugaku at 00:00|Permalink

July 08, 2009

好きなラジオ番組は…

ほぼ毎日聞いてるのは、デイキャッチですね。
月〜金の平日15時30分〜TBSの番組です。

仕事しながら流し聴きしてます。
ラジオは別のことをしながら、情報収集できるのでとても便利!
物心付いてからのラジオっ子なので。^^;

デイキャッチの番組アシスタント(杉浦舞さん)がいい感じ。
歴代アシスタント全員知ってますが、一番しっくり来るような気がします。
これからも聴き続けたい番組です。

easyryugaku at 15:13|Permalink

July 05, 2009

業界別年収差

業界別で一番収入が高いのは、どの業界だと思いますか?

金融業界です。

知らない方は、ヤバイですよ!^^;


金融業界とは何をして、給与を貰ってるのでしょうか?
分かりやすく言えば、あぶく銭を作るのが仕事です。
トレーダーと呼ばれる人は、そのうちの何割かを報酬として受け取ります。
現在、日本で年収1000万越えは、全体の労働者の10%近くいます。
2000万円越えは0.7%程度、人数にして10万人ほどいます。
そのほとんどは金融業界の人間です。


コレを見ても、世の中は金融業界が引っ張ってるし、金融がキーワードであることが分かります。

easyryugaku at 00:00|Permalink

June 30, 2009

産業革命

10年前に産業革命があったことを感じている人はどの程度いるでしょう。

過去をさかのぼれば、、、

農耕の時代があり、

工業の時代(モノ作り)があり、

現在は、、、

金融の時代に移り変わりつつあります。


金融危機の時に話題になった、アイスランドなんかは金融経済だけで国を運営して大きな痛手を被り国が破産寸前になりました。

英国もモノ作りを辞めて、金融に走り、大きな打撃をこうむりました。

ただし、金融だけに生き残りを掛けるのは、それもまたリスクヘッジができていない愚策です。

日本も色々な失策はありますが、他国を見ても平然と失敗を繰り返します。
それは、リスクに敏感な人がかじ取りをしていないからだと言えます。
この状況、どうすれば良いのでしょうか。。。


easyryugaku at 00:00|Permalink

June 25, 2009

金融経済

いつからこの言葉が出てきたのだろう…

1990年代のインターネットが台頭したのと同時に、国境と時間差が無くなり、金融マーケットも国の壁が無くなり、現状のような状態になったと言えます。

まず、我々は金融経済の中で生きていることを強く意識することが必要です。

時代は必ず移り変わるので、金融経済が良い悪いということではなく、そうなったのだからその時代に乗っていかなければいけないのです。

時代の流れをキャッチしている方は、私が思うに殆どいません。

意識していなければ、自身をマーケット上のリスクにさらしているのと同じことになります。

easyryugaku at 00:00|Permalink

June 20, 2009

リスクマネージメント

「リスクマネージメント」という言葉を知ってる方はどの程度いるでしょうか。

言葉は知ってる人は多いかもしれません。

でも、現実のリアルな生活の場で、実際に意識して対策を立てている方はどれだけいるでしょうか…

私が見る限り、殆どの方は対策を立てていないのが実情ではないでしょうか。

個人レベルで対応が取れていない方が大半なので、国も世界レベルでもマネージメントができないのは極々自然のことで、先の日本のバブルや世界恐慌なんかはその良い例と言えるでしょう。

海外留学とは少し離れるように思われますが、全ては巡り巡って繋がってます。

少し、人生のリスクマネージメントについて、気が向く限り綴っていきたいと思っています。

easyryugaku at 15:01|Permalink

お仕事

仕事とは、単なる生きていくための1つの手段に過ぎません。

1つの手段なのにもかかわらず、多くの方は1つの仕事にぶら下がります。

その1つの仕事が破綻した際、リスクを100%背負うことになります。

だからこそ、リスクヘッジは常に考えておかなければならないのです。
どうしたら良いのでしょうか。
残念ながら、日本の学校の勉強ではそういうことは教えてくれないのです。
しかしながら、知らないでは許されないし、自分の身を守って行けません。
良い悪いは別として、世の中の仕組みがどうなって成り立っているのか、突き詰めていけば、答えは見えてきます。

世の中、お金が沸き水のように湧き出てくるわけではありません。
誰でも分かっていることだと思いがちですが、世の中の殆どの人はお金がどこからともなく湧き出てくるものだと思い込んでいる方が、あまりにも多いのです。
例えば、お仕事には拘束時間がありますが、時間を過ごせば給料が貰える!と思ってる人は、お金が沸き出てくると思っている典型的な例です。
そこには、何の生産性もありません。。。

easyryugaku at 00:00|Permalink

June 15, 2009

老後

老後について、どの程度考えているでしょうか?

(財)生命保険文化センターの調査では、ゆとりある老後の生活費の月額は38.3万円だそうです。

リタイアメント・プランニングの資産管理は30代にスタートしないと間に合わない。
国の制度に頼るのも悪くないですが、年金問題でのこの体たらく。。。
頼り過ぎないように、当然リスクヘッジは考えておかなければなりません。


私は、、、

国民年金、国民年金基金、小規模企業共済、個人年金

と4つの方向でリスクヘッジをしています。
年間の保険金は全額で200万円を越えます。
そのくらいの準備をして、ようやく上記の38.3万円/月近くになります。


一般の給与所得のサラリーマンでは、リタイアメントプランニングのために200万円も用意することは不可能です。
しかしながら、用意しないとゆとりある老後は過ごせません。
きちんと調べさえすれば、自身の老後のこともどうなるかの試算は調べることは容易です。

「臭いモノには蓋をする」のは簡単なことです。

しかし、嫌でも年は取りますから、見て見ぬふりをしている方は、いつか悲劇が訪れます。
結果的に世の中のルールを作っている、金融経済のあり方に目を向けざるを得ないという結論に至ります。

easyryugaku at 00:00|Permalink

March 23, 2008

説明会ご参加ありがとうございます!

久々のブログ更新となり大変恐縮です!
ブログを書くよりもメールを書く割合の方が多くてブログがお休みがちです。
私は1月末に戻ってきて早2ヶ月間が経過しようとしてます。
これまで説明会も日本全国で9回も行いました。
残すは今月末の東京会場、そして来月も大阪、名古屋、東京で行います。
説明会には絶対に聞けない裏話が満載です。
私も4時間ぶっ続けで知識のシャワーを皆さんにお分けします。
来たからには絶対に損させませんので、時間に余裕がある方は是非ご参加くださいね!


説明会の参加予約はコチラから

easyryugaku at 01:05|Permalink