きちんと理解が必要。株式とは?⇒出資証券(つまり有価証券)であって、出資を受けても法律的に企業は購入した株主に対しては返済しなければならないという義務は負わないとされています。加えて、株式は売却によってのみ換金するものである。
よく聞くコトバ、外貨預金とは、銀行が扱える運用商品を指す。外貨によって預金するもの。為替レートの変動で利益を得られるけれども、同じ理由で差損が発生するリスクもある(為替リスク)。
【解説】デリバティブについて。従来からの金融取引であったり実物商品・債権取引の相場変動が原因の危険性から逃れるために実現された金融商品の名前である。金融派生商品とも言います。
【用語】外貨両替って何?国外旅行または手元に外貨がなければいけない場合に活用されている。円に不安を感じているためか、外貨を現金で保有する動きもある。注意しておかなければ為替手数料がFX会社と銀行で大きく異なることに気がつかない。
一般的にスウィーブサービスはどんな仕組み?通常の普通預金口座と証券取引のための口座の間で、株式等の購入代金、売却で得た利益が自動的に振替えてくれる画期的なサービス。同一金融グループによる顧客の囲い込み戦略なのだ。
つまり金融機関の格付け(能力評価)とは→信用格付業者が金融機関、さらには国債を発行している政府や、社債などの発行企業についての、信用力(債務の支払能力など)をアナリストの意見をもとに一定の基準に基づいて評価します。
つまりデリバティブというのは従来からの金融取引または実物商品・債権取引の相場変動で発生したリスクを避けるために実用化された金融商品全体のことをいい、金融派生商品という呼称を使うこともある。
結局、「重大な違反」なのかそうでないのかは、金融庁において判断するものである。ほぼ全てのケースでは、つまらない違反が多くあり、その関係で、「重大な違反」判断を下すものなのです。
信用格付機関による格付けを利用する理由(魅力)は、膨大な財務に関する資料を理解することが無理でも格付けが公表されているため、金融機関の財務状況が判断できるところにあって、ランキング表を使えば2つ以上の金融機関の健全性を比較することも可能なのである。
【重要】株式についての基礎。社債などと異なり、出資証券(つまり有価証券)であり、出資を受けても企業はその株主に対しても出資金等の返済の義務は負わないことがポイント。それと、株式は売却によって換金するものである。
麻生総理が誕生した平成20年9月のこと。アメリカで格付けAAAの投資銀行であるリーマン・ブラザーズが誰も予想しなかったことに経営破綻したことに全世界が震撼した。このニュースがその後の世界の金融危機の引き金になったため「リーマン・ショック」と呼ぶようになったのである。
結局、「重大な違反」なのかそうならないのかは、金融庁が判断を下すものです。大部分の場合、些末な違反が多数あり、それによる影響で、「重大な違反」判断をされてしまう。
であるから「金融仲介機能」「信用創造機能」および「決済機能」、これら3つの機能をよく銀行の3大機能と言うのである。この機能は「預金」「融資(貸付)」「為替」の基本業務それに銀行自身が持つ信用によって実現できていると考えられる。
こうして日本の金融・資本市場の競争力等を強化する為に行われる規制緩和のほか、金融に関する制度の更なる質的向上を目指すこととした試みを積極的に促進する等、市場および規制環境の整備が着実に進められているのです。
よく聞くコトバ、ロイズとは何か?ロンドン中心部のシティ(金融街)の規模・歴史ともに世界的な保険市場なのです。同時にイギリスで議会制定法で法人化されている、ブローカーとシンジケート(団体や組合)を会員としている保険組合を指す場合もある。