さて、今回は体重を増やすには?の最終回です。

質問:「体重増やすには、私の場合、1日何カロリーくらい必要なんですか?(*_*)」 
細かい話をするとややこしくなるので、単純に大雑把にいきます。

ここではまず、体重を1kg増やすことを考えます。
増える体重は、全て脂肪として増えると考えます。
(そんなこと考えられない。。。という声が聞こえてきそうですね。)
心配な方は、前編中編ももう一度読んでみてください。
また、この記事の最後にもコメントを加えます。

学校で習ったことがあると思いますが、
脂肪1gの持つエネルギー量は9kcal(キロカロリー)です。

だから、単純に考えると体重1kg=1000gを増やすには、
9x1000を計算して9000kcal必要になります。

後は、どれくらいのスピードで体重を回復させるかです。
入院中は、一般的に1週間で1-1.5kgの体重の回復を目標にしますが、
外来で通院する場合には、1週間で約0.5kg体重を回復することが出来れば上出来でしょう。

だから2週間で1kg回復させる場合には、
9000kcal÷14日=642.9kcal/日 必要です。
つまり、今現在、の食事で体重が横ばいな方は、
甘めに考えて現在より一日500kcal増やせば良いことになります!

さて、注意事項です。
まず、この計算はかなり単純化しているのでこの計算値はあくまで目安です。実際に最初に体重が増えはじめる理由は、脂肪が体につくからではなく、脱水などの改善による水の重さです。
どんどん、脂肪が増えていると誤解しないで下さい。
また、正確に計算することは不可能です。
なぜかっていうと、中編にも書いたように、体重の増加は食事量だけでは、決まらないからです。
栄養の吸収される効率や、運動の量にもよるので個人個人で大きく違います。
最後の注意。
通常は大きな問題になることは少ないのですが、栄養回復の時点で注意することがあります。それはRefeeding syndrome (リフィーディング症候群) というものです。
詳しい説明はまた後日書きたいと思いますが、簡単に言うと急激な栄養の回復で体の電解質などのバランスが崩れてしまう状態です。

基本的に、この病気は、専門家のサポートなしに、体重を回復することは無理なので上記のことも踏まえて、主治医に相談しながら着実に病気を克服していくことをお勧めします。