ギャラリー
  • キッチンスエヒロ(静岡市駿河区)
  • キッチンスエヒロ(静岡市駿河区)
  • キッチンスエヒロ(静岡市駿河区)
  • キッチンスエヒロ(静岡市駿河区)
  • 手打蕎麦 こなや(静岡市葵区)
  • 手打蕎麦 こなや(静岡市葵区)
  • 明治安田生命J1リーグ 清水対広島
  • 明治安田生命J1リーグ 清水対広島
  • 明治安田生命J1リーグ 清水対広島

2015年10月

2015年10月31日10:03ランチパスポート静岡中間報告
10月も今日で終わりですのでランチパスポート静岡の中間報告を。
訪れた店は21店で訪れた回数は23回。
複数回行ったのは「にんじん・なす・とまと」で1回分はブログの記事が間に合っていませんので(笑)後ほど。

その中で印象に残った店をいくつかピックアップします。


「にんじん・なす・とまと」(静岡市清水区)

ランチパスポート静岡の人気店です。
前回のランチパスポート静岡の最終日には店の混雑ぶりにあきらめました。
スープはポタージュスープですが、グリーンピース、大根などとモデルチェンジします。
10月の終わりに訪れたときには季節にあったかぼちゃのポタージュスープでした。
オムライスは好みにもよりますが、卵がとろとろになっている方が食感も楽しむことができるように思います。
限定メニューは夕食の時間に残っていることもあります。
ランチパスポート静岡で何度も行っていますが、未だに全メニューを制覇していません(笑)。


「キッチンおにおん」(静岡市駿河区)

「にんじん・なす・とまと」とともにお気に入りの店です。
デミグラスソースの味が特徴的でランチパスポート静岡でのお気に入りの一つです。
サラダ、ドリンクもつきますので満足感が半端ありません。


「HAM」(静岡市葵区)

この店はとにかく味噌豚ステーキが素晴らしいです。
豚肉の味付け、ボリューム等文句のないメニューです。
現在熟成肉三昧丼をまだ食べていませんので、今度はそれを目当てに訪れてみようと思います。


「地魚専門店 丼兵衛」(静岡市清水区)

季節の地魚でさんまの塩焼きが出たときには小躍りしました。
ここのさんまの塩焼きはふわっと焼きあがった身の柔らかさとわたのほろ苦さがいい味を出しています。
他にはどのような魚が出るのかわかりませんが、他の魚でも期待できるのではないでしょうか。



人気ブログランキングへ

2015年10月28日00:00中国料理 満堂紅(静岡市葵区)
ランチパスポート静岡の21店目は、静岡市葵区両替町にある「中華料理 満堂紅」に行ってきました。
パスポートランチは、3種類のサービスランチから選ぶことができます。
このサービスランチは、日替わりです。

サービスランチ・看板














今日はイカと玉子のチリソース煮にしてみました。

サービスランチ・イカと玉子のチリソース煮














サービスランチ・ライス














サービスランチ・スープ














サービスランチ・漬物















サービスランチ・杏仁豆腐














サービスランチ













ごく普通の日替わりの定食をすべてパスポートランチとして提供し、杏仁豆腐のデザートまでつけるというのはかなり凄いことだと思います。




人気ブログランキングへ

2015年10月27日23:05広東料理 棗(静岡市葵区)
ランチパスポートの20店目は、静岡市葵区研屋町にある「広東料理 棗」に行ってきました。
パスポートランチは、小エビ入り炒飯セットです。

小エビ入り炒飯セット・炒飯














小エビ入り炒飯セット・スープ














小エビ入り炒飯セット・杏仁豆腐














塩味が少し濃い目の味付けですが、炒飯全体のバランスはとれています。



人気ブログランキングへ

2015年10月26日00:00よってこや 静岡SBS通り店(静岡市駿河区)
ランチパスポート静岡の19店目は、静岡市駿河区石田にある「よってこや 静岡SBS通り店」に行ってきました。
パスポートランチは、醤油ラーメンです。

醤油ラーメン














全国に支店を持つよってこやの店舗の仕組みはよくわからないのですが、セントラルキッチンシステムでこの味を出しているのだとすればかなりの工夫がなされているのではないかと思います。
手堅い味のラーメンはこれまでどおりでした。



人気ブログランキングへ

2015年10月25日00:00映画評「探検隊の栄光」
「静岡東宝会館で『探検隊の栄光』を観てきたようだね。」
「ああ、俺は『川口浩探検隊』を観ていた世代だからな。」
「もちろん、そのパロディだよね?」
「なんだが、中途半端な感じがしたな。」
「中途半端とは?」
「制作した番組で使ったテロップがそれっぽいんだけど、それ以外は嘉門達夫の歌をネタにしたとしか思えないものだよな。」
「『ゆけゆけ川口浩』だよね。」



「それが観客が『あー、あるある』というレベルまで達していないんだよな。」
「その歌以上のものがなかったってことだね。」
「ゆるい映画というコンセプトだったはずだったんだが、藤原竜也が何かシリアスなこと言い出すんだ。」
「そっちの方向はどう?」
「これも中途半端なんだ。」
「『女子ーズ』でわかるようにゆるい映画というのもいい映画が多いんだけどね。」
「だが『女子ーズ』のような手の込んだ笑いはほとんどないんだ。」
「残念賞だね。」
「でも次回作があれば観たいな。」
「どうして。」
「それが『探検隊の栄光の栄光』だったらな。」
「『川口浩探検隊』が映画『探検隊の栄光』になったやつね。」


人気ブログランキングへ