ギャラリー
  • キッチンスエヒロ(静岡市駿河区)
  • キッチンスエヒロ(静岡市駿河区)
  • キッチンスエヒロ(静岡市駿河区)
  • キッチンスエヒロ(静岡市駿河区)
  • 手打蕎麦 こなや(静岡市葵区)
  • 手打蕎麦 こなや(静岡市葵区)
  • 明治安田生命J1リーグ 清水対広島
  • 明治安田生命J1リーグ 清水対広島
  • 明治安田生命J1リーグ 清水対広島

2018年01月

2018年01月12日23:53テレビ評「ファイナルカット」
フジテレビ系のドラマ「ファイナルカット」の第一回を観てみました。



「母のための復讐×許されざる恋
メディア新時代に斬りこむ、切なくも痛快な復讐劇が幕を開ける。

誰もがSNSなどで映像を発信できる”コンテンツメーカー”となり、
指先ひとつで簡単に誰かを傷つける『加害者』にも『被害者』にもなり得る今、
”メディア”に人生を翻弄されてしまう人がいる-。

中村慶介は、ある女児殺害事件で母親を犯人扱いされ、亡くした過去を持つ男。
12年後の現在、慶介は事件の真犯人を探し出し、母を追い詰めた者たちへの復讐に動き始める。

復讐の矛先が向けられるのは、当時、先陣を切って事件の取材・放送に関わったテレビ番組の司会者、スタッフたち、
そして事件の真相の鍵を握る姉妹。慶介の行動を鋭く見つめる12年前の捜査関係者。
慶介は、素性を隠しtげターゲットに近づき、
公開されるとその人の人生が終わる致命的な映像”ファイナルカット”を突きつけることで、
彼らを「ある目的」を達成するため、言いなりにしていく。
しかし、姉妹に近づくうち、慶介は初めて人を深く愛してしまう。
それが復讐のシナリオに狂いを生じさせることに・・・。

はたして、事件の真犯人は誰なのか?
慶介の復讐に隠された「ある目的」とは?
そして、許されざる恋愛の行方は-。」

復讐をテーマとするドラマが同じようなストーリーになってしまうのは仕方ない面もあると思いますが、すっきりしないドラマという印象が非常に強いものでした。
復讐の手段が「ファイナルカット」というのは斬新でしたが、それで相手を破滅に追いやるのではなく自分の言いなりにするという「ウ○○を肛門で中々千切ることができない」モヤモヤ感を消すことができません。
しかもその「ファイナルカット」を持っていることを示唆したものの、相手に見せる場面もありません。
ずいぶんと雑な脚本だと感じました。




人気ブログランキング

2018年01月06日11:56清水エスパルスの移籍動向
昨年最終節でJ1残留を決めた清水ですが、ジュニアユースからの生え抜きの犬飼智也が鹿島への移籍を決断したというニュースにより激震が走っています。




「J1清水エスパルスのDF犬飼智也(24)が鹿島に移籍することが4日、濃厚となった。名古屋など複数のクラブからオファーを受け、契約を残す清水からも強く慰留されていたが、複数の関係者によるとこの日までに鹿島入りを決断したという。

犬飼は清水ジュニアユース、同ユースを経て、12年にトップ昇格。13年夏から松本に期限付き移籍すると徐々に頭角を現し、14年には42試合に出場して6得点をマーク。15年から清水に復帰し、翌年からは副将に就任するなどDFリーダーとしてチームを支えてきた。

下部組織出身で清水への愛着は人一倍持っていたが、日本代表入りを見据え、ステップアップのために強豪・鹿島への移籍を決断した模様だ。清水はすでに元韓国代表DFファン・ソッコの獲得を発表。DF立田ら若手も含めセンターバック陣の奮起が求められそうだ。」

サッカー選手が現役でいられる時間は短く、自分のこれからのサッカー人生を考えた上で移籍という選択肢を選ぶのであればそれは仕方のないことです。
IAIスタジアム日本平で犬飼智也のプレーをもう少し見てみたいと思っていましたが、これから日本代表や海外移籍など大きく飛躍することを願って送り出してやりたいという気持ちです。

Jリーグでの清水の立ち位置ではより大きなクラブに主力選手を引き抜かれるのは仕方のないことで、獲得した移籍金を才能のある若手の獲得やユースからの育成に回しスカウトや育成のノウハウを蓄積していくというセリエAの以前のウディネーゼのような経営方針をとっていくというのが得策ではないかと思っています。

そのような経営方針とは別に清水のメルカートでの重要な補強ポイントが犬飼の移籍で生まれたことも確かです。
それは、しっかり守ることができる足の速いCBです。
昨年の清水の失点パターンで際立っていたのがカウンターからDFが振り切られてGKとほぼ一対一になって失点するというものでした。
角田は最終ラインからの攻撃参加という面で優れていますが、カウンターで相手FWに振り切られるという場面が目立ちましたし、二見は危なっかしい面が目立ちました。
昨年の清水の最終ラインで犬飼が非常に重要なピースになっていたのは言うまでもありません。
犬飼の移籍の条件として町田浩樹のような鹿島の若手のCBを完全移籍又はレンタルで獲得するというのも一案でしょうし、獲得可能性を度外視すると福岡の冨岡健洋のような有望株が契約更新に至っていないという現状があります(冨岡本人はジュビラーリーグ移籍を視野に入れているようですが)。
立田悠悟が成長してポジションを獲得するのが最も望ましい展開ですが、それだけに頼るのは危険です。
若手選手には壁やライバルとなり、カウンターに対して素早い戻りで最終ラインに安定をもたらすことができ、可能ならプレースキックを蹴ることもできるCBの獲得が急務だと思います。


人気ブログランキング