ギャラリー
  • キッチンスエヒロ(静岡市駿河区)
  • キッチンスエヒロ(静岡市駿河区)
  • キッチンスエヒロ(静岡市駿河区)
  • キッチンスエヒロ(静岡市駿河区)
  • 手打蕎麦 こなや(静岡市葵区)
  • 手打蕎麦 こなや(静岡市葵区)
  • 明治安田生命J1リーグ 清水対広島
  • 明治安田生命J1リーグ 清水対広島
  • 明治安田生命J1リーグ 清水対広島

サッカー

2018年01月06日11:56清水エスパルスの移籍動向
昨年最終節でJ1残留を決めた清水ですが、ジュニアユースからの生え抜きの犬飼智也が鹿島への移籍を決断したというニュースにより激震が走っています。




「J1清水エスパルスのDF犬飼智也(24)が鹿島に移籍することが4日、濃厚となった。名古屋など複数のクラブからオファーを受け、契約を残す清水からも強く慰留されていたが、複数の関係者によるとこの日までに鹿島入りを決断したという。

犬飼は清水ジュニアユース、同ユースを経て、12年にトップ昇格。13年夏から松本に期限付き移籍すると徐々に頭角を現し、14年には42試合に出場して6得点をマーク。15年から清水に復帰し、翌年からは副将に就任するなどDFリーダーとしてチームを支えてきた。

下部組織出身で清水への愛着は人一倍持っていたが、日本代表入りを見据え、ステップアップのために強豪・鹿島への移籍を決断した模様だ。清水はすでに元韓国代表DFファン・ソッコの獲得を発表。DF立田ら若手も含めセンターバック陣の奮起が求められそうだ。」

サッカー選手が現役でいられる時間は短く、自分のこれからのサッカー人生を考えた上で移籍という選択肢を選ぶのであればそれは仕方のないことです。
IAIスタジアム日本平で犬飼智也のプレーをもう少し見てみたいと思っていましたが、これから日本代表や海外移籍など大きく飛躍することを願って送り出してやりたいという気持ちです。

Jリーグでの清水の立ち位置ではより大きなクラブに主力選手を引き抜かれるのは仕方のないことで、獲得した移籍金を才能のある若手の獲得やユースからの育成に回しスカウトや育成のノウハウを蓄積していくというセリエAの以前のウディネーゼのような経営方針をとっていくというのが得策ではないかと思っています。

そのような経営方針とは別に清水のメルカートでの重要な補強ポイントが犬飼の移籍で生まれたことも確かです。
それは、しっかり守ることができる足の速いCBです。
昨年の清水の失点パターンで際立っていたのがカウンターからDFが振り切られてGKとほぼ一対一になって失点するというものでした。
角田は最終ラインからの攻撃参加という面で優れていますが、カウンターで相手FWに振り切られるという場面が目立ちましたし、二見は危なっかしい面が目立ちました。
昨年の清水の最終ラインで犬飼が非常に重要なピースになっていたのは言うまでもありません。
犬飼の移籍の条件として町田浩樹のような鹿島の若手のCBを完全移籍又はレンタルで獲得するというのも一案でしょうし、獲得可能性を度外視すると福岡の冨岡健洋のような有望株が契約更新に至っていないという現状があります(冨岡本人はジュビラーリーグ移籍を視野に入れているようですが)。
立田悠悟が成長してポジションを獲得するのが最も望ましい展開ですが、それだけに頼るのは危険です。
若手選手には壁やライバルとなり、カウンターに対して素早い戻りで最終ラインに安定をもたらすことができ、可能ならプレースキックを蹴ることもできるCBの獲得が急務だと思います。


人気ブログランキング

2017年10月28日00:45清水エスパルスが元監督のアフシン・ゴトビ氏と和解
報酬支払いをめぐるトラブルから元監督のアフシン・ゴトビ氏が清水エスパルスの運営会社である株式会社エスパルスを提訴していた裁判で、両者が和解したことが報じられました。



和解の内容は明らかにされていませんが、和解が成立したことはクラブにとって非常によいことであったと思います。
株式会社エスパルスはゴトビ氏の解任がクラブの都合によるものでなく、報酬支払義務がないことの主張としてゴトビ氏の契約違反を主張していました。
そして、その契約違反の主張の根拠としてゴトビ氏の言動を見聞きした人の陳述書を提出していました。
そして、この陳述書を提出した者の中にはクラブのスタッフやフロントだけでなく、キャプテン経験者を含む3名の現役選手も含まれていました。
そして、この裁判がこのまま進行していった場合、陳述書の内容を確認するため証言を求めるということが予想されました。
この3名の現役選手の中にはすでに清水から移籍して他のクラブでプレーしている選手も含まれていましたので、そのような選手に証言してもらうということは清水とその選手との関係ばかりでなく、現在所属しているクラブとの関係も微妙なものとなる可能性がありました。
ひょっとしたらこのことを聞いた選手の間に清水の悪い噂が広がるという事態も覚悟しなければならなかったかもしれません。
和解が成立したことでこのようなリスクがなくなったわけです。



人気ブログランキング

2017年09月24日20:52明治安田生命J1リーグ 清水対広島
IAIスタジアム日本平に清水対広島の試合を観に行ってきました。

降格争いの直接対決とあって広島サポーターがバス待ちをしていました。

広島バス待ち














広島バス














バスから手を振る丹羽大輝が印象的でした。

清水サポウォーミングアップ前J1挑戦














ウォーミングアップ1














ウォーミングアップ2















ウォーミングアップ3















ウォーミングアップ4














広島サポウォーミングアップ














ウォーミングアップ5














ウォーミングアップ6














ウォーミングアップ7















ウォーミングアップ8














選手入場1














広島ビッグフラッグ














清水試合前














選手入場2














選手入場3















清水円陣















広島円陣















コーナーキックからニアへのクロスから先制ゴールを奪われるという川崎戦をなぞるような悪いパターンから、後半に鄭大世の復帰ゴールとムードが盛り上がったものの、後半アディショナルタイムの2失点で敗戦となりました。
観戦して感じたのは想像以上のチーム状態の悪さです。
ボール支配率で上回っているものの、ゴールキック、スローインが悉く相手側のボールとなっていまうという悪いパターンが続きますし、パススピードが非常に遅いため相手側のインターセプトを招いていました。
また、ボランチの押し上げがないため攻撃に迫力を欠き、サイドからのクロスに合わせる選手がいないというのもいつものパターンでした。
そして、最も悪いのが状況判断の遅さです。
パスを受ける前に周りの様子を確認していないためか、動かずにパスを足元で受けようとし、その次のプレーもワンテンポ遅くなるというのもこれまでと変わりませんでした。
これが春ならばまだいいのでしょうが、チームが煮詰まってきた秋でこの状態だというのが不安になります。
小林監督が目指すサッカーがどこに向かっているのか、どのような修正をしていくのかまったく見えてきません。


人気ブログランキング

2017年09月10日23:31明治安田生命J1リーグ 甲府対清水
山梨中銀スタジアムに明治安田生命J1リーグの甲府対清水を観戦しに行ってきました。

事前情報で甲府サポーターはアウェイサポーターに優しいと聞いていましたが、甲府駅からジャブが飛んできました。

甲府駅















甲府駅からスタジアムにシャトルバスで向かいましたが、このバスの乗車口で配布されているのが「バス小瀬新聞」です。少し紙面が痛んでいますが、これはバスの中で繰り返し熱心に読んだことが原因です。
清水サポーターへの歓迎の言葉、清水と甲府の富士山ダービーの過去の試合の振り返り、清水と甲府のキープレーヤーの紹介などアウェイサポーターにとっても非常に読み応えのあるものとなっています。
特に、甲府のキープレーヤーで清水の元キャプテンの兵藤昭弘が紹介されていたのは非常にうれしくなりました。

バス小瀬新聞














一応グルメブログのため、スタジアムグルメの紹介も。
今回はバックの席であったため、スタジアムの外のグルメゾーンを覗くことができなかったのが残念ですが、山梨の象徴ともいえるワインを飲み干して甲府を飲んでかかります。
ただ、隣に座っていた甲府サポーターにどら焼きをご馳走になって骨抜き寸前となってその効果がうやむやになってしまいました。

沖縄風焼きそば














赤ワイン















試合前には甲府のマスコットヴァンくんとフォーレちゃんと清水のマスコットパルちゃんによるコント風のイベントがありました。
特に、ブルゾンちえみネタは非常に楽しめました。

山梨中銀スタジアム大型ビジョン














清水サポーターウォーミングアップ前













甲府サポーターウォーミングアップ前














清水サポーターウォーミングアップ














甲府ウォーミングアップ















清水ビッグフラッグ













ウォーミングアップ1














選手入場














清水円陣














甲府円陣














試合は、甲府に押し込まれる展開が続き清水の我慢の時間が続きましたが、結果としてなのか意図してなのかわからないミッチェル・デュークのトリックプレーからの北川航也のゴールで先制し、その1点を守り切って勝ち点3を持ち帰ることができました。
自分たちの流れになっていない試合で勝ち切ったことは大きな成果でしたが、非常に心臓に悪い試合でした。
なお、甲府のチャント「LBA」は非常に印象に残るチャントでした。
将来小瀬に新スタジアムが建設されることになったようですが、新たなスタジアムでの対戦が今から楽しみです。




人気ブログランキング

2017年08月21日23:56明治安田生命J1リーグ 鹿島対清水
県立カシマサッカースタジアムに鹿島対清水の試合を観戦しに行ってきました。
東京駅からの高速バスを降りるとサッカーの神様が出迎えてくれます。

ジーコ像














もつ煮














焼きそば














スクリーン














ピッチ














清水ウォーミングアップ入場1















清水サポーター















清水ウォーミングアップ入場2














清水ウォーミングアップ3














鹿島サポーター














清水サポーター2














選手入場














鹿島ビッグフラッグ














上位陣相手で多数の負傷離脱者が出ている段階で非常に苦しい状況ですが、鹿島の堅い守りにほぼ何もさせてもらえない試合となってしまいました。
昨年もほぼ1チームに近い負傷離脱者が出ていましたが、今年もその流れが続いています。
年齢的に無理ができないベテランの負傷や試合中の負傷だけでなく、練習中の負傷も目立っています。
それが限られたことしかできない試合展開になってしまうわけですが、覚悟があればよりリスクとリターンの大きいトライもできたのかもしれません。
次節も浦和と厳しい試合が続きますが、歯を食いしばって少しでも多くの勝ち点を取ることがより早い段階でのJ1残留を決めることになりますのでしっかりとした準備をしてほしいものです。



人気ブログランキング