ギャラリー
  • キッチンスエヒロ(静岡市駿河区)
  • キッチンスエヒロ(静岡市駿河区)
  • キッチンスエヒロ(静岡市駿河区)
  • キッチンスエヒロ(静岡市駿河区)
  • 手打蕎麦 こなや(静岡市葵区)
  • 手打蕎麦 こなや(静岡市葵区)
  • 明治安田生命J1リーグ 清水対広島
  • 明治安田生命J1リーグ 清水対広島
  • 明治安田生命J1リーグ 清水対広島

テレビ評

2018年01月12日23:53テレビ評「ファイナルカット」
フジテレビ系のドラマ「ファイナルカット」の第一回を観てみました。



「母のための復讐×許されざる恋
メディア新時代に斬りこむ、切なくも痛快な復讐劇が幕を開ける。

誰もがSNSなどで映像を発信できる”コンテンツメーカー”となり、
指先ひとつで簡単に誰かを傷つける『加害者』にも『被害者』にもなり得る今、
”メディア”に人生を翻弄されてしまう人がいる-。

中村慶介は、ある女児殺害事件で母親を犯人扱いされ、亡くした過去を持つ男。
12年後の現在、慶介は事件の真犯人を探し出し、母を追い詰めた者たちへの復讐に動き始める。

復讐の矛先が向けられるのは、当時、先陣を切って事件の取材・放送に関わったテレビ番組の司会者、スタッフたち、
そして事件の真相の鍵を握る姉妹。慶介の行動を鋭く見つめる12年前の捜査関係者。
慶介は、素性を隠しtげターゲットに近づき、
公開されるとその人の人生が終わる致命的な映像”ファイナルカット”を突きつけることで、
彼らを「ある目的」を達成するため、言いなりにしていく。
しかし、姉妹に近づくうち、慶介は初めて人を深く愛してしまう。
それが復讐のシナリオに狂いを生じさせることに・・・。

はたして、事件の真犯人は誰なのか?
慶介の復讐に隠された「ある目的」とは?
そして、許されざる恋愛の行方は-。」

復讐をテーマとするドラマが同じようなストーリーになってしまうのは仕方ない面もあると思いますが、すっきりしないドラマという印象が非常に強いものでした。
復讐の手段が「ファイナルカット」というのは斬新でしたが、それで相手を破滅に追いやるのではなく自分の言いなりにするという「ウ○○を肛門で中々千切ることができない」モヤモヤ感を消すことができません。
しかもその「ファイナルカット」を持っていることを示唆したものの、相手に見せる場面もありません。
ずいぶんと雑な脚本だと感じました。




人気ブログランキング

2016年05月02日00:00春ドラマ評「重版出来」
「春ドラマの『重版出来』はどう?」
「単純なストーリーだよな。だけど複雑だったらいいわけじぇなくて単純なストーリーには単純なストーリーなりの良さがあるよな。」
「雑誌のドラマ評で雑誌業界の内輪があまり公開されていないから駄目だと言っているのがあったけど。」
「ドラマとバラエティを勘違いしてるんじゃないか。そんなのは刺身のツマだろ。」
「登場人物はどうなの?」
「無理していない形でキャラが立っている感じだったな。『OUR HOUSE』は少し無理して立たせようとしている幹事だったがな。」
「主人公を除いてだね。」
「あの要素で無理せず自然にキャラ立たせるのは不可能だろ。一話完結でストーリーがまとまっているは観やすいよな。」
「最近はそういうドラマが多いね。」
「途中から観やすいというのが最近のドラマの主流だろ。前のクールで『わたしを離さないで』を途中から観たんだが、ストーリーに入るのに少し苦労したな。」
「ストーリーはどうなの?」
「黒木華のウザすぎる前向きぶりが心地いいドラマだな。それと安田顕の舞台回し役が面白いな。」
「期待のドラマというわけだね。」
「春ドラマのベストの一つだな。」



人気ブログランキングへ

2016年04月27日00:00春ドラマ評「99.9 刑事専門弁護士」
「日曜日の21:00からのドラマはどうしている?」
「今はSBSの「99.9 刑事専門弁護士』を観て、録画で『OUR HOUSE』を観るといったところだな。」
「裁判ドラマは人気あるドラマが多いからね。」
「『HERO』、『リーガル・ハイ』は人気があったな。」
「で、肝心のドラマはどうだったの?」
「独自の戦い方で刑事弁護に望む変わり者の松本潤、松本潤に振り回される榮倉奈々、実力は折り紙つきだが松本潤に反発する香川照之、完全に狸の岸部一徳というように非常に魅力的な登場人物だったな。日曜日の21:00というのはTBSが力を入れている枠だからそれはさすがだと言えるだろうな。」
「ん?何か回りくどい言い方していない?」
「第2話のストーリーが非常に雑だったからな。」
「それはどういうこと?」
「居酒屋で大騒ぎする客に注意して、客が逆切れしてナイフで切りかかり、死なせてしまった風間俊介が今回の被疑者だったよな。その客が高校時代に静岡県で強姦事件を起こして父親がもみ消したという過去があったというのが隠された事実だったわけだろ。」
「そういう隠された事実を明らかにするというのがこういうドラマの見所だしね。」
「強姦事件の被害者の婚約者が風間俊介で、その客と強姦事件の共犯だったのがその居酒屋の店長で、風間俊介は客を挑発するために強姦事件のことをほのめかし、客は風間俊介に刺されたが生きていて、店長が止めを刺したのが事件の真実だっただろ?」
「映画と違ってドラマはネタバレガンガン行くね。隠された事実が非常に多いのはいいことじゃない?」
「あの居酒屋にどんだけ強姦事件の関係者が集まっていたんだというわけだ。舞台は大都会の大手の法律事務所で舞台はたぶん東京だろ?どんだけ人がいるんだよ。静岡県とは違うんだぜ。」
「今、静岡県民を完全に敵に回したよ。」
「このブログで静岡県民を敵に回すのはまずかったな。静岡県だってこれだけ人が偶然に出会うことなんてないぜ。ずいぶん楽に物語を作っていると思うぜ。」




人気ブログランキングへ

2016年04月22日00:00春ドラマ評「OUR HOUSE」
「『OUR HOUSE』を観たそうだね。」
「ああ、民放の見逃し配信で観たよ。」
「じゃあ、リアルタイムはSBSのドラマを観たんだね。」
「そうだな。松本潤、香川照之のラインナップに法廷ものという鉄板ドラマだろ。やはり気になるだろ。」
「同じように感じた視聴者は多かったようだね。」
「ああ、初回視聴率はかなり苦戦していたからな。しかし、非常に頑張っているドラマなのは間違いないぞ。」
「野島伸司だったね。」
「思ったとおり主題歌がオフコースの『愛を止めないで』と野島臭がプンプンしていたぞ。」
「ドラマはもう放映されているからネタバレありなんだよね。」
「映画とは違う切り口になるぞ。」
「頑張っているっていうのはどのあたりなの。」
「まずは、伏線だろう。あちこちでキャラを立てようとしているからな。桃子が噛む、新太郎がいじられるに加え、鏡先生のキレキャラがどうなるかは興味深いな。」
「会話を工夫しようとしているように感じたけど。」
「例えば、奏太に対してアリスと桜子がキレて『どっちに』と同時に言うシーンがあっただろ。もっと大声でテンポがいいとよかったな。」
「つまり、コントとか落語のような展開を目指すとよかったのかな。」
「たぶん、そのあたりを狙っていたと思うぞ。桜子がアリスの料理を選んだ新太郎を詰めるシーンはそれを狙っていただろう。」
「『詰めたらたくさん乗れる』ってやつだね。」
「カラッと笑える感じで詰める脚本だとよかったんだが、芦田愛菜が少しやりにくそうにやっていたな。」
「落語家とか漫才師とかの意見を聞くのもいいかもね。」
「桃子が『パパとネンネする。』と言った後でマイケル・ジャクソンの『スリラー』が流れただろ?ベタだがああいうのは俺は好きだな。」
「新太郎が桜子と桃子にいじられた後で次回予告は新太郎がいじめにあうらしい展開だね。」
「だろう?非常に頑張っているだろう?結果に結びついているとは限らないけどな。他に桃子が『女は鳴り物が好きだから』という台詞を言うシーンがあるんだが、色々奏太の演奏で種蒔いておいて、それを芦田愛菜が使うのかと思ったぞ。」
「シャーロット・ケイト・フォックスが使うならしゃれていたけどね。」
「逆に細かいところでよくできていると思ったところもあるぞ。」
「どこ?」
「桃子に保育園で噛まれた女の子が訴えるシーンがあるだろ?あそこで『見て』という台詞を加えるあたりはさすがだな。その後で桜子が『何で噛むの?カミツキガメじゃないんだからね』とたしなめるのが少し残念だったな。カミツキガメなんて当たり前すぎるだろう。『明石家さんまじゃないんだからね』だったらどうだ?」
「それじゃ桃子がわからないんじゃない?」
「アリスと桜子の料理対決のシーンは心の声がいい感じで面白かったな。」
「狙いはそのあたりだろうね。」
「後は鏡先生をどれだけ生かしていくかだろうな。野島伸司の巻き返しに期待だな。」


人気ブログランキングへ