亀の歩みで進めているショパンのエチュードは、ただ今25-4。なんせ音が飛ぶ。なのに早い。youtubeで見てみては絶対ムリやろとため息。 ↑あら私ハナクソほじりながらでも弾けるわよ、なんなら足でも弾けるから ってくらいの余裕っぷり しかしながら本日発見!全音では16 ...

オカサン、30年ぶりくらいに人前でクラシックのソロを弾きます・・・ドキドキ。教室で年に一回開かれるハロウィンコンサート。今取り組んでるのはショパンのエチュード(←絶対人前では弾けない)以外ではこの2曲。 「ラヴェル 優雅で感傷的なワルツ 1.Modere」 「ラフマ ...

さて30年ぶりに再開して一年ちょっと経ったワタクシのピアノレッスン。ショパンのエチュード25−4はまだまだ譜読みが終わったくらい。これをインテンポで弾ける日は一生来ないのはわかる・・・。 もう一曲のラヴェルの優雅で感傷的なワルツ第一曲目、少し仕上がってきたので ...

ずーっと縫わねばと思ってた和室のカーテンを縫いました。あまりに暑いので、涼しげな青の布を集めて・・・海の中のようで、ちょっとだけ涼しい気分。 ちなみに我が家は既成のカーテンはひとつもありません。貧乏性だからってのもありますが、カーテンって意外と作るの簡単 ...

こんな暑い時期に咲かせちゃってごめん。バラのあおいとジュード・ジ・オブスキュア。 ...

娘っこら2人ピアノを習っていて、秋はちょっとしたコンクールに出るので毎回ドレスを作っている。ファストファッションがあふれる昨今、ドレスもびっくりするほど安いのがたくさんあって、買ったほうが楽だし安いんだけど、そこはそれ、洋服屋(ディヨンヨンという子ども服屋 ...

夏の庭は好きだ。ペカペカした昭和な色の花たちや、潔い線の茎、葉。 ...

毎日涼しくなった夕方に少しずつ草をとる。ガーデニングって花を植える華やかな部分はほんのぽっちりで、そのほとんどは草取り及び水やりだ。 そんな地道な作業も小さなご褒美いっぱいあるんだけどね。草とってたら蝶がとまってきたり、足元のペパミントがふと香ったり、 ...

好きな曲のイメージをイラストにするの楽しい。 ただ今練習中のラヴェルの高雅で感傷的なワルツの一番。なかなか苦戦中。とにかく和音が覚えられない。片手には5本の指しかないのに6音も押さえる和音が連続したりしてしかもオクターブ以上広がるし、手の形がぱっとそこに ...

今年が梅雨明け後まさに酷暑。庭の植物も息も絶え絶え。そんな夏に頼れる方たち。 ユーコミス スパークリングバーガンディ。全く世話いらずで何年もかならず花をあげてくれる。そう広くない庭に5〜6株。葉が大きく広がるのでなかなかにジャマだけど、この格好良さ! ...

↑このページのトップヘ