オナガメジナのジーナのハリセンボン愛は現在も健在ですw
IMGP1676
 最近では、ハリセンボン同様にわたしの所に来て一生懸命話をするようになりました。
でも話している内容は解らんし、しかもなんか顔がおっさんくさいw 

ジーナの顔を見るたびにこんなおっさんいるよなーと思いつつ、しばしジーナの遊び相手としてつき合わされます。
最近はロクがよく遊ぶ「行って来い」を一人でもするようになりました。

IMGP1680
 
こんなおっさん顔ですが、満面の笑みを浮かべながら水槽を行ったり来たりw
とても楽しそうなんですよねw


ところでメジナの特徴についてですが、昨年の夏に我が家にやって来た時には、僅かに2cm程度の小さな稚魚でしたが、現在では20cm程度まで成長しており、メジナの成長の早さには相変わらず恐れ入ります。
また口太メジナと違い尾長メジナは12~3cmぐらいから急に尾鰭が伸びるんですね。
また尾鰭の付け根が細く締まってきているのがわかります。

少なくとも夏までには20cm越えは確実ですので、2年目の冬には良く釣れる30cm級の尺メジナへと成長する感じでしょうか。

これまで我が家にやって来たメジナたちは、皆人間の手を嫌い、私たちが水槽の前にいる間はガラス面に近寄っては来ませんでしたのでじっくり観察することが出来なかったのですが、このジーナに関しては喜んで寄ってきてくれますのでじっくり観察が出来そうです。


ところで最近は餌もハリセンボンたちと同じように蟹を食べるようになりました。
もちろんハリセンボンのように丸齧りは出来ませんので、私たちが半分に割ってトングで与えるのですが、結構嬉しそうに食べています。

ジーナは少なくとも自分自身をメジナとは認識していないようで、行動もなぜかロクの真似をします。
だいたい遊ぶメジナって考えもしませんでしたからねw
 
ジーナさん、メジナですから当然40cm越えとかありそうですので、少々私たちの方が困惑してしまいそうですが、とまれ健康に育ちますように。



当ブログが役に立ったという方は是非ポチッ!とお願いしますm(_ _)m