森友問題の本質であるゴミの所在はどうなったのだろう?
大阪地検特捜部が無罪とした佐川元理財局長の処遇では、このゴミがあったものとして裁定が下っているそうだ。
あったのか?なかったのか?本質的な事は一切報道されていない。

国民の共有財産である土地の8億2千万円もの値引きが行われ、一学校法人に供されようとしたこの問題の本質は宙に浮いたままだ。
本来メディアはこの問題に対して、事の真相を確かめるべく関係者への取材を行い事の顛末を報じるべきであろうが、せいぜい朝日新聞が改ざん問題を報じただけで値引きの直接的な関与をした藤原工業や酒井弁護士そして大阪維新の議員に対する追及は一切行われていない。

にも拘らず一方の当事者である籠池元理事長夫妻は、ほぼ1年間もの間接見も許されず檻の中に閉じ込められていたのである。
何かおかしくはないだろうか?

更には国政調査権を有し、省庁に対してどんな調査でも行えるはずの野党も、核心的な部分に切り込まずに安倍総理夫人の証人喚問を要求するバカっぷり、開いた口が塞がらない。
メディアも政党も政権を批判する組と政権を擁護する組に分かれて、しくしくと経団連の思惑通りこの国を動かしているだけだ。
この国のどこに民主主義が機能しているのかぜひ政治家の皆さんに問うてみたいものです。

さて立花孝志さんの解説は?