メディアが殆ど報じようとしない消費税増税の問題。
消費税が日本に導入される際には、当時の大蔵省と政府自民党は「消費税は社会福祉のために使われる目的税なんですよ」と説明していたものです。

ところが最近では「プライマリーバランスを黒字化するために増税が必要だ」或いは「このままでは国の財政が破綻する」とか、少し前までは「国の借金は国民一人当たり830万円が必要だ!」と言われていました。
どこが目的税なんだって話です。

さすがにこの国民の借金というすり替え論は、経済評論家の三橋氏などを筆頭に「国民の借金ではなく政府の借金だ」という情報が拡散したため、めったに目にすることが無くなったのですが、そもそも論にプライマリーバランス(以下PB)黒字化という文言に嘘八百が隠れています。



万が一日本がPB黒字になったらどうなるのでしょう?
結論から言えばそれこそ国が破綻します(笑)
理由はこの国の経済は全て借金で成り立っているからです。

つまり誰かの借金でこの国は経済発展を遂げてきたのです。
これだけでは理解できないかもしれませんね?

大学で経済学を勉強した方ならご存知かと思いますが、現在の日本における貨幣経済の大元となっているものは「信用創造」という理論からです。
誰かが銀行に借金をすることで、借金の額にレバレッジを掛けた分だけ貨幣経済は拡大していきます。

例えば貴方が何かを買うために銀行から10000円の借金をしたとします。
銀行と借入契約をし購入先の銀行に10000円が振り込まれたところで、この信用創造ゲームの始まりです。

貴方には10000円の借入元金と借入利息2000円がプラスされて12000円の負債が出来ました。
方や貴方の購入代金が振り込まれた先の銀行では、1%の100円を預金準備制度で日銀の当座預金に振り込み、残り9900円を他の誰かに貸し付けることが出来るようになります。

今度はその9900円を銀行は誰かに貸し付け、そのまた先では99円を日銀当座預金へと振り込んで9801円をそのまた誰かに貸し出すことが出来るようになります。
つまり元のお金の100倍もの経済が拡大する仕組みであり、これが「信用創造」と言われるものです。
このように誰かの借金が雪だるまのように膨らみ、その事で日本経済は拡大してきたのです。
お金が生まれる仕組みを説明した解りやすいものがあります。



当然ですがこの流れの逆もあります。
借金をした貴方が全額返済してしまうと、経済はその都度1/100に縮小していきます。
これを「信用収縮」と言います。

でもって問題はここ!
この国の最初の債務者は日本政府です。
政府が日銀から借金をすることで日本経済はスタートしているのです。
もっとも日銀が僅か1億の民間会社であるという事実は置いといて、その政府が借金を返してしまったらどうなるでしょう?
言わずもがですね(笑)

つまりアベノミクスの正体とはこの借金だったわけです。
安倍政権が日銀からの借金である国債を最大限発行していることで、見た目のGDPが伸び(ここにも安倍政権の嘘があるが・・・)いかにも好景気観を装っているわけです。
現在もこの瞬間も多額の政府へ吸い上げられた我々の税金がファミリー企業と呼ばれる独立行政法人が発注する請負業者に流れ、それらのファミリー企業は収益安泰、また企業減税の還付金等や補助金等でトヨタなどの一部企業へと流れているわけです。

借金が経済成長の原動力である以上、国は借金をなくすことなどあり得ないのです。
つまり消費税が10%となり、そのことで収支が改善するのかと言えば国はこう言うでしょう。
「まだまだ足りません」とね(笑)
際限なく国民から税として金を巻き上げることを考えている官僚の皆さまですから、税収が増えればまた新たな使い方を考えるだけですから、PBが黒字化するなんてことは永久にないのです。

でも、いくら信用創造と言っても際限なく借金が出来るわけでもありません。
現時点では、1000兆円程度の借金(資産は算入していない)ですから、日本政府としては返済不能ではありませんが、行く行くはやはり問題も起きてきます。

じゃあどうするか?
簡単なことです。
政府が現在の借金である1000兆円の紙幣を発行して日銀に買い取らせるか、日銀が全国債を買い取り永久に塩漬けする(永久国際とも言います)かのどちらかで国民の重税はなくなるのです。

何よりこれまでデタラメを行ってきた国会議員の皆さんのおかげで、せっかく政府が財政出動してもそのお金は一般市場には流れず、議員やその取り巻きの皆さんだけに配分されてきたわけです。
例えばですが、麻生大臣のご生家である麻生グループはどれだけの国有地を無償でお借りになっているのでしょうね?(笑)

心ある方は「飯塚市」「麻生グループ」「病院」「用地無償貸与」で検索してみて下さいね。
しかも未だに続いていたりします。
つまりこれまでの国会議員の皆さまとその取り巻きの皆様にお返し願えれば済む話でもあります(笑)

これまでの国会議員の皆さんはツケで飲み食いをしてきたのです。
ツケはいつかは払わなくてはいけませんね^-^

実は骨太の方針で税収を決める閣議決定が今月行われるのですが、野党もメディアも全く興味なし。
日大アメフト部問題に、森・加計問題に党を挙げてバカっぷりを発揮しておられます。
で、10%の消費増税が閣議決定された後に立民・国民・希望に共産が口をそろえて言うのでしょう。
「安倍政治を許すな!安倍政権の暴挙を許すわけにはいかない!」とねw

ここまでくると日本に国会など不要だとしか思えませんね。