マメスナ飼育の迷路の中で生まれ物があります。
これです。

1

2

サブマリンフィルターです。

小さな水槽でマメスナのような個体を飼育しようとした場合、大型の水槽にはない問題がいろいろ起こります。
それはろ過能力だったり水流だったり止水域の問題だったりします。

ショップに行くと、よく小さな水槽に綺麗なサンゴやイソギンチャクがいて、可愛らしい感じで置かれていたりしますが、ほとんどの場合オーバーフローの設備があったり、水槽には似合わないスキマーが装着されていたりします。

実は小さな水槽ほど水質の管理が難しく、魚のストレスになる共鳴音や造波が起こりやすくなります。
小さな水槽で生体の飼育が難しいのはこんな問題からです。
先日のメダカ水槽のサーキュレーションの装置も実はこのサブマリン水槽からの派生です。

サブマリン式フィルターを装着した水槽の大きな特徴は、給水口と排水口を水槽の対角に置くことと、底面の淀みを取るための底床式の排水口としていること、そして給水口の面積を大きくして給水の水流をゆっくりとしている点です。

つまり水流はゆっくりだけど全体として止水域が出来難く、かつ循環サイクルは維持しようとするものです。
また、小さなスキマーを装着して、魚たちの食前の排尿にも対応しようとするものです。

全て水槽の中で完結しますので、余分な装置が水槽外に出ることは最小限です。(エアポンプやスキマーの排水タンクのみ水槽外)
部材は全てホームセンターや100均で購入できますので、DIY派にはもってこいです。

サブマリンフィルターの最も大きな特徴はろ過能力。
実はろ過能力はろ材と接触している時間に比例します。
外部ろ過や外掛け式のフィルターの能力が足りないのは実はこのためです。
サブマリンフィルターでは、ろ材との接触時間は配管の長さに比例しますので、大きな硝化効果が期待できるのです。

でもこれだけでは片手落ちです。
外部ろ過を使った方なら経験があると思いますが、そのままでは水槽内はシアノバクテリア(藻類)の棲家と化してしまいます。
そこで給水前に曝気が必要になります。
サブマリンフィルターでは最後の立ち上がりの部分を曝気槽として、スキマー機能もプラスしてみました。


ドライブ中の水槽がこちら。

3

5

スキマーのベンチュリー部分は外してありますが、ほんとコンパクトにまとまりました。
しかも移動も簡単です(笑)
DIYもアクアマリンの一つの楽しみ方です。