我が家の三番目のハリセンボンのキューが7月に飼育7年目に、3匹のミドリフグがこの8月に飼育8年目に入りました。
ハリセンボンの体長はおよそ32~3cm、ミドリフグの体長はおよそ10cmです。
IMGP0283

IMGP4198

ハリセンボンに関しては、今年の5月にやってきた花を除けば、全てのハリセンボンが巷で言われている5年生存説を越えたことになります。
個人的には5年生存説なんてあり得ないと考えていますが、なぜかネットの世界では未だに堂々と3年から5年生存説を訴えているサイトが殆どで、如何に信憑性のないサイトばかりなのか少々呆れ気味に見ています。

また淡水ミドリフグもあり得ないことなのですが、そんな嘘を平然とでっち上げ流布しているサイトも数多く存在しています。
観賞魚の世界がなぜこれほどまでに嘘ばかりなのか、逆にここまで来ると観賞魚に関する限り真実が書かれているサイトに遭遇する事の方が稀なのかもしれません。

ハリセンボンと違って「汽水」という特殊な環境で生活するミドリフグは、どうしても淡水寄りに引きずられたり海水寄りに引きずられたりします。
海水・淡水どちらでも飼育が出来ると思われがちですが、長期飼育となるとそうもいきません。

もしミドリフグが海水で飼育が出来るならば、ミドリフグはフィリピンやインドネシアでも繁殖していなければなりませんし、沖縄の離島でも確認できなければなりません、逆に淡水で飼育が可能であればタイやベトナムなどの奥地でも繁殖していなければなりません。
でもそのどちらでも繁殖は認められませんし、現在の繁殖地が広がることもありません。
つまり汽水という環境こそがミドリフグにとって唯一生存が可能な水質であり、それ以外ではないことを示しています。

ちなみに我が家のミドリフグの塩濃度は1.012~1.014あたりをキープするようにしていますし、現在いるミドリフグたちには、これまで海水飼育や淡水飼育をしたことはありません。

以前はそれこそネットの情報に踊らされて、淡水や海水にしたこともあったのですが、長期の飼育の中では共に発育不良や体に異常をきたしました。
何よりそれらの環境に晒すことで短命になります。

一時的にでも海水比重や淡水比重に晒したミドリフグたちは全て6歳の誕生日を迎えることが出来なかったからです。
ゆえに現在のミドリフグたちには、一切海水比重も淡水比重にもならないようにしています。

また餌はなるべく自分たちで捕獲して食べられるように、多数イソスジエビやヤドカリなどを同居させています。
人工餌はクリルや乾燥赤虫以外は受け付けてくれないので基本与えていません。
なので日常的には生きているエビ・蟹・ヤドカリ・アサリ(しじみはうちのミドリフグたちは食べない)でその他冷凍の赤虫などを与えています。

時々増えすぎたミナミヌマエビを与えますが、この時ばかりはパーティが始まります。ミドリフグにとって淡水のエビは特別な餌であることは間違いないようです。
イソメ類も大好物ですが、日持ちもせず管理も難しいので1年に数回程度しか与えていないのが現状です。
ただ基本的には人工餌だけでの長期飼育は難しいです。

人間の都合だけで、短命で終わってもまた買ってくれば良いと考えるなら何でもありでしょうが、もし大切に長期に渡って飼育をしたいのであれば天然の生きている餌は必須です。

現在我が家ではミドリフグ水槽は魚部屋の一番奥にあるせいもあって、人間との接点が少なくなり、なかなか私たちに懐いてはくれませんが、人と常に接する環境にあれば、人間が水槽に手を入れても驚かないくらいには懐きますし、手から餌を食べるようにもなります。
我が家のミドリフグ飼育も11年目に入り、やっとミドリフグたちを安定して育てられるようになった感じです。

さて明日も貴方のミドリフグが元気でありますように。



#ミドリフグ 餌 #ミドリフグ水槽 レイアウト #ミドリフグ なつく #ミドリフグ 性別 #ミドリフグ 繁殖 #ミドリフグ 販売 #ミドリフグ 飼育 難しい #ミドリフグ しじみ #ミドリフグ 海水 #ミドリフグ 歯切り #ハリセンボン 飼育 価格 #ハリセンボン 寿命 #ハリセンボン なつく #ハコフグ 飼育 #ハリセンボン 繁殖 #ハリセンボン 白点病 #ハリセンボン 餌の量 #ハリセンボン サンゴ #ハリセンボン 魚 #ハリセンボン 水槽 レイアウト