国連の存在が嘘偽りで構成されていることが周知されて久しいが、その詐欺集団のスポークスマンであるNHKは相変わらず嘘で固めた地球温暖化詐欺を続けている。
地球環境が悪化することを良としない私でも今の温暖化詐欺には辟易する。

早い話CO2と地球温暖化に相関性はない(CO2の増減が気温に数百年遅れて追随する傾向はある)し、環境破壊とCO2も結びつくことはない。
はっきり言えばCO2による温暖化詐欺で人類が得るものなど何もない。
16歳の子供を広告塔として温暖化を騒ぐ国連とその報道を続けているNHKは公共放送の看板を下ろし解体すべきだろう。

そもそもCO2排出による温暖化理論は何のために産まれたか?
最初はアメリカから生まれそしてイギリスへ渡ったのは原子力発電を推進するために作られた詐欺的な理論だ。
その後フランスやドイツに渡って違った方向性が示された。
なぜか?

CO2を排出しないという事は、工業化を進められないことを意味する。
つまり新興国の工業化を阻止し、先進国だけが豊かな暮らしを甘受するための、実質奴隷政策に他ならない。

第三世界と言われるアフリカなどには未だに電気のない生活をしている人々が約20億人も存在する。
それらの人々は日々薪や牛のふんなどを燃料にしてかまどを焚き、かまどから発生する窒素酸化物や硫黄酸化物で多くの子供たちが気管支炎や喘息そして肺炎などに苦しんでいる事実がある。

そんな病気に罹患してもそこに住む子供たちに医療の手が差し伸べられることもない。
CO2排出抑制を叫び、排出削減を強制することは、それら第三世界の人々を永遠に電気のない世界に縛り付け、奴隷政策を続けることを望んでいるという事になる。
はっきり言って下衆野郎だ!

2019年9月26日のAM5:13分NHKのおはよう日本から流れた報道。
1

2

3
※出典:おはよう日本
※詳しくは YOUTUBEで「NHK おはよう日本 9月26日」で検索してください。

ザンジバル島が温暖化によって島の特産である石鹸の原料の海藻が育たないというものだが、内容が咋なプロパガンダであった事実。
この中では温暖化によって海藻が枯れる現象を伝えていますが、先ず海藻を養殖している当の本人が温暖化や海藻が枯れていることに対して何も言っていない事実。
さらには報道の中でこの海藻の養殖に2万人が従事している事実。

これから導き出されるものは、十分な検証すらされていない状況でCO2排出が地球温暖化の結果ありきで作られていて、その悪影響を誇張するような報道。つまり結果ありきのプロパガンダであることがわかります。

FACTは先ず海藻にはライフサイクルがあること。
生れて成長しやがては枯れるというサイクルであり、映像を見るとこの海藻は白化している、つまり枯れる時期になっていると考えるのが妥当だったのです。
島という閉鎖的な立地の中、海に潜らず水深僅か数十センチで養殖できる海岸の立地は限られているはずなのに、その浅瀬に数千人や1万人以上の人間が立ち入れば当然だが海流の停滞が起こるわけで、まともな養殖など成り立つわけがないのです。
何より僅かに水深数十センチの場所で安定的な水温など得られるはずもありません。

もしそのような事象を検証しないまま、ユダヤメディアが作ったプロパガンダを流し続けているとすればNHKには公共性は無い事になります。
早い話受信料を徴収する名目が存在しない。
逆に嘘偽りを流布しているわけで損害賠償の対象にすらなる。
原告は受信料を支払っている多くの一般市民でもあるのです。

ところで本日夜のクロ現でも同様に地球温暖化詐欺のプロパガンダが行われていました。
地球の平均気温が産業革命以降で1度上昇したせいで北極圏の氷が溶けているというのだ。(実際には0.6度のはずだが)
はて?
北極圏が何度上昇したのかは分からないが少なくとも5度も10度も上昇していないはずなのだが、仮に2~3度上昇して氷点下の氷が溶けるのだろうか?(笑)
少なくとも氷点下にある氷が溶けるという事象を私は知らない。
もちろん昇華によって氷が減少したり氷河で海に流れ込んでの溶解も分かるが、北極圏の氷が減っているのは単に降雨量が減っているからと考えるのが妥当でしょう。

そもそも仮に温暖化が促進しているなら、海洋における蒸発量は増える訳で、世界全体の降雨量は増えていなければならないが実際には減っている。
さらには降雨量が増えることで砂漠も減少しなくてはならないはずだが、現実には砂漠は拡大している。
つまりどこにもエビデンスが存在していません。
存在しているとすれば広告会社が作り出した16歳の少女と嘘で固めた国連とユダヤメディアという事になります。

さらにはクロ現曰く、今後北極圏の氷が溶けることで海水面が1mほど上昇するそうです(笑)
どうやらNHKには科学部担当の記者も存在せず、中学校で習うはずのアルキメデスの法則すら知らない人間たちばかりだそうだ(笑)
やはり解体するしかないのがNHKのようです。

国民を舐めんじゃねーよNHK!北極の氷がいくら溶けようとも海面上昇なんてあるわけねーだろ!

国連で16歳のグレタトゥーンベリという少女を広告塔に仕立て、根拠のない地球温暖化を作り上げている国際社会という詐欺組織、CO2というスケープゴートの陰で環境破壊の本質でありアレルゲンの根本的な原因であるNOxやSOxの問題を隠し、新興国の工業化を阻止して奴隷政策を続けたい奴らの本質を知るべきだろう。

何が世界平和だって言う話だ。

もし真顔でCO2による地球温暖化を叫んでいる奴がいたら聞いてみるといい。
温暖化して何が困るのかと。
農業生産量が増え、海洋資源も増える事は間違いないのだが、それのどこに問題があるのだろうか?(笑)

ちなみに温暖化と異常気象の関連性にもエビデンスなど存在しない。
なぜなら火山1つで異常気象など生まれるのだから。
もしそれでもCO2が原因で異常気象が起こっているのだとすれば、エルニーニョもラニーニャも共に関するこれまでの研究は意味が無かったことになる。

はっきり言う

ボーっと生きてんじゃねーよ!



#地球温暖化 嘘 ビジネス #地球温暖化 嘘 2019 #地球温暖化 嘘 根拠 #地球温暖化 嘘 2018 #地球温暖化 根拠 #地球温暖化 真実 #地球温暖化 科学的根拠 #地球温暖化 嘘 nasa #地球温暖化 原因 #地球温暖化 懐疑論 #NHK 温暖化 ウソ #nhk 地球温暖化報道 嘘 #nhkの報道は嘘ばかり #nhk 公共放送に非ず