魚が寝ている様子を見ることは、魚を飼育している人間の特権かもしれません。
自然界ではなかなか見ることが出来ない様子、でも長年飼育していると自然界でも見られない魚たちの様子を見ることが出来ます。

今朝ハリセンボン水槽をパチリ!
ハリセンボンが自然の海で砂の上で寝ていることは100%ありませんが、人間と何年も一緒に暮らしていることで、天敵のいない環境をだんだん理解するようになり、安心して砂の上で眠るようになります。
20191104

思い付きでこの画像を撮ったため、扉を開けたのが2回目だったので、多少数が減っていますが、実は皆で一緒に眠っています。
自然界でハリセンボンとチョウチョウウオやカゴカキダイが一緒に眠る事などあり得ないことですが、これも飼育している人だけが見られる特権です。

魚は瞼が無いので初めて見ると解り難かったりしますが、チョウチョウウオなどは体色があり得ない色に変化しますのですぐに解ります。
また魚も寝ぼけます。
なので、雨戸やシャッターのある部屋の場合には、急激に明るくしたりすると寝ぼけてガラス面への衝突を起こしやすくなるので光の入れ方にも注意する必要があります。

みんなで砂の上で寄り添うように眠っている姿を見るのは、ほのぼのとして見ているこちらも幸せな気持ちになります。


#魚 寝ない #魚 寝方 #魚 睡眠不足 #横になって寝る魚 #魚 まぶた 寝る #マグロ 寝る #金魚 睡眠 #泳ぎながら眠る魚 マグロ #鯉 寝る #マンボウ 寝るとき #ハリセンボン 眠る #飼育魚 眠る #魚 安心して眠る