少し前に東京都知事の小池百合子が”バンクシーのネズミの絵では?”と大はしゃぎして記念撮影までしたことは記憶に新しい
バンクシーの絵画は政治家を批判した風刺画が多いのだが、そのターゲットになっている自分の立場も弁えずにただ”バンクシーが東京に来た”と喜べる思考回路が私には分からない(笑)正確には分かりたくもないという事だが、自民党の二元論を煽って見事都知事に選んだのは取りも直さず東京都民だ。

 さて、現在安倍政権の二元論を煽って「私を総理大臣にしてください」という人間がいる。山本太郎だ。
image

個人的には参議院選まで熱烈に応援もしていたし支持もしていたが、ここに来て急ブレーキが掛っている。理由は公党になった現在でもその政策1つ1つに対しての具体的なロードマップが一切示されていない。

れいわ新選組の動画を見れば、絶賛コメントで埋め尽くされているが、批判的なコメントが現れるとたちまちに動画は消滅する。山本太郎自身が指図しているのか、スタッフが勝手に行っているのかは不明だが、公党の公式の動画が瞬く間にdeleteされる状況にはもはや不信感しかない。

以前インドの国会議員の選挙において、貧しい人間たちのために戦うとして立候補していた女性候補の特集をしていたが、貧しい人間たちに寄り添う素振りだけで実は大きな家に住み貧困とはかけ離れた生活をするその女性候補に違和感を覚えたのは私だけではなかっただろう。そしてそんな女性議員を応援していたのは、今夜の食事にも事欠く様な生活をしている貧しい人たちが手弁当で活動していた事だ。

もちろん他国の問題であり内政干渉をするつもりなどないが、今回のれいわ新選組の行動を見ていてやはり同じような違和感を覚えずにはいられないのだ。

予め言っておくが、身障者の船後議員や木村議員の登庁にはとても好感を持っているし、心から称賛したい。今後の活躍にも期待したい。だが、落選した渡辺てる子元候補のこの所のtweetを見ているとただただ呆れかえるばかりである。

内容が何も無く「山本太郎を総理大臣にしよう」とか、明らかにネタであろう「貧困者の夕食」というお題で映し出されていた”胡瓜二本とヨーグルト1個”、それに対する渡辺元候補の「どうだ、これが生活困窮者の実態だ」といったようなtweetが行われていたが、この時期に夏野菜の胡瓜は決して安くない(笑)さらにはそれだけ買えるのなら自炊をすればもっと豊かな夕食になると思うのだが?(笑)
言いたいことは、こんなネタの嘘すら見抜けない人間を、そもそもだが国会議員になどしたくないというのが有権者の答えだ。

東京新聞の望月衣塑子記者は、毎日のようにtweetしているが、籠池泰典氏のご長男佳茂氏に結局話を聞かずに無しのつぶて。こんな事をしている人間が安倍政権の二元論を煽って山本太郎を絶賛している。
所詮メディアなど自己都合にそぐわなければ無しの礫を装う分かりやすい例だ。
籠池佳茂氏の森友問題に関する暴露話はこちらから。

はっきり言う。山本太郎のれいわ新選組とは公党だ。
公党である以上きちんと政策提言に対する説明をして然り。
「自分たちを分かってくれる」と考えている人間が支持者には多いようだが、山本太郎はこれまで何もしていない。口先だけで言っているだけだ。
少し冷静になってれいわ新選組を見守る必要があると思うがどうだろうか?

ところで山本太郎が動画の中で良く言っている「被災地にいるボランティアに金払え」だが、れいわ新選組のポスター貼りをしている人間たちは有償で行っているのだろうか?それともボランティアなのだろうか?(笑)

少なからず最低時給1500円など、一見簡単に出来そうだが多分実現は難しいだろう。理由は簡単、それで儲かるのは山本太郎の大好きな経団連所属の大企業の皆さまだからだw
つまり、山本太郎が政権に近い立場になったらどうするか?弱者を切り捨てて経団連になびくだろう。理由は経団連関連(連合を含む)の票を当てにしていなければ現在の政策はない。本気で生活困窮者の事を考えているのであれば、制度自体に言及しているはずである。なぜなら生活困窮者の諸問題は時給ではなく現在の非正規雇用の制度そのものだからだ。
なので、必要ならば是非講演会に出向いた時に、その1500円説を問質すことをお勧めする。
山本太郎をヒトラーにするかしないかは貴方次第だという事だ。




#れいわ新選組 投票 #れいわ新選組 事務所 #れいわ新選組 野原 #山本太郎 政策 #山本太郎選挙 #山本太郎街頭演説予定 #山本太郎 結婚 #山本太郎 韓国 #山本太郎最新 #山本太郎 寄付