ネイチャーアクアリスト

海水魚を主体としたブログです。

カテゴリ:ビーシュリンプ

ビーシュリンプやPHが違う水質の水合わせ方法の動画をアップしました。
特に海産のエビを人工海水に入れる際には戦慄にも似た状況がありますよね?(笑)
高級なビーシュリンプなども同様です。
そこで失敗しない水合わせの方法を動画にまとめました。



基本的に温度合わせ水合わせの順で行いますが、大切な事はエアレーションを切らさないことと、点滴法の様にだらだらやらないことです。
温度合わせで十分にエアレーションをしたら、そのあとはスポイト等でエビの状態を見ながら水槽の水を加えていきます。

おおよそ元水(エビが入っていた水)の倍程度になればOKです。
この方法はエアレーション法と言い、海産のエビなど非常に水合わせの難しい場合にも有効です。

ただしPHが大きく違う場合など注意が必要なのは言うまでもありません。
必ず事前に水質を見ていれば失敗もせずに済むと思いますが、極端にPHが違う(1.5以上違う)場合には、水合わせは成功してもその後生育が出来ずに死んでしまう場合があります。

なおPHが大きく違う場合には、エビの状態を見てエビが踊ったり固まったりしないように、時間を開けて注水します。(間欠的に行う)
最初は数滴から始めて、徐々に注水量を増やしていきます。
元水の倍程度になれば完了です。
ちなみに水合わせで使った水は水槽の中に入れてはいけません。
生体のみ水槽に入れてください。



水合わせとはバクテリアの対面行事です。
違うバクテリアが対面することで酸素が急激に消費され、そのことでエビが死んでしまうことを避けるために行うものです。
そのためにも確実なエアレーション法で行う必要があります。


この方法も必ずしも万能ではありません。
そこは理解の上自己責任で作業を行ってください。










#レッド ビーシュリンプ 水 合わせ 成功 #レッドビーシュリンプ 抱卵 #レッドビーシュリンプ水槽立ち上げ期間 #レッドビーシュリンプ 水温 #レッドビーシュリンプ 外部フィルター #レッドビーシュリンプ繁殖ソイル #レッドビーシュリンプ 水草 #ビーシュリンプ 飼育 セット #ビーシュリンプ 繁殖 コツ #ビーシュリンプ 種類 #海水エビの水合わせ #海水エビの水合わせが難しい


このところいくつかコメントを頂きました。
その中でラクダハコフグに関する記事の要望を頂きましたが、当家において現在ハコフグ関係の飼育はしておりません。
従いまして新しい記事自体を書くのが正直難しい状況です。

当家もラクダハコフグに関しては非常に苦々しい思い出があり、頂いたコメントには深く共感しております。
 ほぼ1年飼育し、私たちにとても慣れていただけに正直辛い思い出になっています。
もう少し早くPHの解明が出来ていれば救えた命だけに後悔しきりです。

 我が家では場所の問題もあってラクダハコフグの飼育はなかなか再開が出来ませんが、是非貴方は気持ちも新たに飼育なさってみてください。
心より応援致していますので。
また質問等は分かる範囲で適宜こちらで答えていきたいと思います。
宜しくお願い致します。

さてネイチャーアクアリスト久しぶりに淡水版です。

 IMGP1519
水合わせ中

IMGP1520

実は少し前に久しぶりに淡水エビを追加する機会がありました。
問題は我が家の淡水のPHは7.5、やってきたブラックシャドーのPhは6.0以下。
PHの差がなんと1.5という大幅な水質の違いです。

通常皆さんは点滴法なるものを使っているのだろうが、我が家では点滴法は使わない。
我が家で行うのはエアレーション法です。
これだけPHが違えば点滴法で行ったとして、どれだけ安全にできるのだろうか正直疑問です。
多分このブログを読まれている方々でも、どんなに慎重に水合わせを行っても上手くいかなかった方がおられると思います。
さてこの問題、ネイチャーアクアリストでは当然ですがいつも通り掘り下げますw


実はこれも海水魚の白点病を追求している際に発見した1つの事象でした。
淡水のエビに比べ、海水エビの水合わせは比べ物にならないくらいシビアなのです。
貴重なエビを数匹単位で死なせてしまったことも数知れず、正直エビに対する申し訳ない気持ちでいっぱいになりました。

その後水合わせの際にエアレーションを始めたのですが、ある時その際にプラケースから飛び跳ねて水槽に入ってしまった事があったのです。
プラケースに移してエアレーションを開始してすぐのことです。
ですが、何もなかったように生きていたのです。
なぜ?
その後、エアレーションをすると100発100中の確率でエビが死ぬことがなくなったのです。

一旦エアレーションのことは置いておいて、なぜ水合わせが上手くいく時といかない時があるのかを考えました。
簡単に言えばPHの違いで何かが起こっている訳です。
PHが違うことでおこる問題、それはバクテリアの活性です。
これは海の海表面を見ていると道の様な潮の境目があるのをご存知でしょうか?
釣り人の間では潮目とか塩道とか言われる現象です。

この場所はプランクトンが活性化して魚が釣れることで知られています。
潮と潮がぶつかる際に、バクテリアが食物連鎖を起こすためです。
ところでこのプランクトン所謂バクテリアなどが活性化すると急激に周りの酸素が消費されます。
赤潮や青潮などがその最たる例です。

この現象が狭い水槽という場所で起こったのです。
当然プラケースで水合わせをしていれば、あっという間にプラケースの中の酸素はなくなります。
つまりエビは酸欠で死んでいたのです。
これがエアレーションをするとエビが死なないメカニズムです。

特にPHが違う水が混ざり合った場合、この傾向は強く出ます。
つまりこれまでエビの水合わせが上手くいくかいかないかは酸欠度によって起こっていたのです。
酸欠度を決めるのはバクテリアであり、そのバクテリアはPHに左右されていたということです。



今回はPHが大幅に違うことと抱卵個体のために水合わせ時間をいつもより長く取ました。
水合わせにかけた時間はおよそ40分ほどです。
上記の動画は水合わせ完了直後の動画ですが、非常に安定しているのが解ると思います。
点滴法で上手くできなかった方は是非エアレーション法で行ってみると良いと思います。
また従来の点滴法であれ、エビの水合わせは必ずエアレーションをしながら行いましょう。






 

このページのトップヘ