ネイチャーアクアリスト

海水魚を主体としたブログです。

カテゴリ:カゴカキダイ

今年の春先に我が家にやってきたカゴカキダイの赤ちゃんたちが大きくなり、それまでのカゴカキダイの大人たちとの同居も物理的に難しくなってきました。そこで5匹のカゴカキダイを2:3に分けて他の水槽に移したのですが、なかなか親離れというか大人離れが出来ないものもいて、どうしたものかと思案中だったりします。
IMGP1009
移した先が隣同士という事もあって、ずっと大人たちの水槽を見ています。かと思えば、気ままに暮らしている者もいます。
IMGP1011

IMGP1016

寂しんぼと伸び伸び派、暫くは様子を見て対応を考えましょうか。
ちなみにカゴカキダイは寂しんぼが続くと病気になってしまいますので、ある程度で見極めて対応しないと取り返しがつかなくなります。

人間にも良く馴れ、何でも食べて、混泳も問題がなく、複数飼育にも問題のないカゴカキダイですが唯一のウィークポイントがここです。
魚同士の相性もありますので、人間が勝手に振り分けたものではやはり難しいのかもしれません。



#カゴカキダイ 幼魚 #カゴカキダイ 寿司 #カゴカキダイ 稚魚 #カゴカキダイ 似てる #カゴカキダイに似た魚 #カゴカキダイ 別名 #カゴカキダイ 販売 #カゴカキダイ カーリー #カゴカキダイ 幼魚 飼育 #カゴカキダイ 子供

昨年末から年始にかけて我が家で発生した最悪の状況。
ガスの発生で改めて感じたことは、個々の魚がもつ能力。
魚を飼育する上で避けては通れない事故や病気ですが、その確率を下げる努力をしなければならないことは当然です。

そこで事故防止にもなり見た目も良くそして人間にも懐いてくれる魚をご紹介しましょう。
IMGP0247
IMGP0251
カゴカキダイです。

事故の後1匹2匹と追加をして最終的に今シーズンだけで8匹のカゴカキダイを追加し、各水槽に最低でも3匹以上になるようにしました。

カゴカキダイは水質の変化に敏感で、特にガスの発生などではポップアイを発症しやすくなります。
よくガスの発生を検知するためにカナリヤが私たちの社会でも使われていますが、このカゴカキダイは水中で起きた同様の問題を私たちに知らせてくれるのです。

以前は何となく観賞魚として飼育していたカゴカキダイですが、今ではすっかり水中内の水質のキーパーとしての仕事を担っています。


【 カゴカキダイってどんな魚か? 】

学術的な事は一切割愛します。
カゴカキダイは一見するとチョウチョウウオの様な熱帯性の魚の様に見えますが、カゴカキダイという独立種で、広く日本近海に生息しています。
また、低水温にも適応し真冬に産卵することでも知られています。

それこそ1月や2月の採取も可能なのですが、採取し持ち帰るとなるとそれなりの装備や知識も必要となる為、この時期(GW明け)の採取が初心者には望ましい時期となります。

また体長も3cm前後位のものが、その後の飼育も楽ですので最適な時期と言えるでしょう。
餌は3cmぐらいの稚魚のうちには何でも食べますが、成魚に近づくにつれて冷凍アミや冷凍オキアミなどが主食になってきます。
もちろん人工餌も食べますが、人工餌だけの飼育では長期間の飼育が難しいかもしれません。

ちなみに我が家では稚魚(約3cm前後まで)のうちには練り餌(チョウチョウウオ用)やメダカの餌を与え、成魚に近づくにつれて人工餌と冷凍餌の両方を与えていますが、カゴカキダイが好きなのは圧倒的に冷凍餌の方です。
食欲は非常に旺盛で、8cm以下の稚魚の頃には食べている側からお腹が空いてくるような爆食状態になります。
一時期は大変な大食漢である為、ろ過の問題も起こり易くなります。


体長は飼育下でもおよそ16cm前後まで成長します。
成長のスピードは非常に早く、1年~1年半で成魚になります。
必要となる水槽は90cmの標準以上が必要となり、60cm以下の水槽では飼育は難しいでしょう。

とにかく人に良く馴れます。
また、他の魚とのいざこざも起こし難く、他魚との混泳も楽な魚種です。
欠点としては単独飼育だとメンタル面に影響が出ます。
もともと小さい群れで移動する魚ですので、単独飼育には向きません。

寿命は我が家で見る限り5~6年で死んでしまうことが多いです。
ただしこの数字は確かなものではなく、エビデンスはありません。
基本的に複数で飼育する為、追いかけっこなど遊びの最中にガラスに激突して怪我をし、その後死んでしまうケースが多く正確な寿命が掴めていません。

成長過程における問題は、小さいうちはとてもやんちゃ坊主です。
また反抗期もあります。
反抗期の最中は他魚を寄せ付けない状態になります。
体長ではおよそ12cm前後になるまで続きます。

反抗期が一段落すると、とても落ち着いて人間との距離も短くなります。
楽しい時間の到来です。
始めて海水魚を飼育する方に一押しの魚種です。


【 採取の方法 】

採取できる場所は、メジナの稚魚がいるような磯でしたら殆ど可能だと思います。
ただメジナに比べて数が少ないため、最初はなかなか見つからないかもしれませんが、基本的にメジナの群れと同じ場所に居ます。
特にメジナの群れの最後尾につけていることが多く、群れの最後には注意してみるといいかもしれません。

持ち帰りに特に注意すべき点は2つです。

1つは酸欠。
確実にエアレーションをして持ち帰ります。
綺麗な海水でエアレーションがされていれば1日ぐらいは十分持ちます。

2つ目が水温。
よくビニールで出来た水くみバケツやプラケースでの持ち運びを見ますが、これはNG。
魚を持ち帰る際には必ず発泡スチロールの素材を選びましょう。
特に海から車までの間に水温が上昇して魚が弱ってしまうことが多いのがこれからの時期です。
注意しましょう。


【 持ち帰った後 】

必ず水合わせを行います。
その際には確実にエアレーションをします。
エアレーションをしませんと折角のカゴカキダイの赤ちゃんは命を失ってしまいます。

飼育の適水温は23~28度です。
一時的にはこの数字以外でも飼育は可能ですが、長期間の飼育には問題が出ます。
PHは8.2~8.5の範囲が望ましく、8.0を下回ると摂食障害が出てきます。
結果として病気になり易く、最悪の場合には死んでしまいます。

IMGP0248

【 白点病などの病気になったら 】

カゴカキダイが白点病などの病気になった場合一番考えられることは摂食障害です。
何らかの原因で餌が食べられない若しくは食べたくない餌である場合が殆どです。

特に人工餌だけではカゴカキダイの長期飼育はできません。
必ず冷凍餌や活餌(海産エビやミナミヌマエビなどの甲殻類)を並行して与えます。

その他の問題としては、強い光や強い水流を嫌がります。
特に強い水流はそのまま命に直結しますので、注意が必要です。
理想の水流は「弱いけれど確実に水が入れ替わる水流」です。
無事に育ちますように。


#カゴカキダイ 幼魚 #カゴカキダイ 稚魚 #カゴカキダイ 飼育 #カゴカキダイ 別名 #カゴカキダイ 飼育ブログ #カゴカキダイに似た魚 #カゴカキダイ 価格 #カゴカキダイ 販売 #カゴカキダイ 似てる #カゴカキダイ 最大

少し前に「水槽のカナリヤ カゴカキダイ」 という記事を書きました。
この記事はその補足です。

水槽の中に硫化水槽やメタンガスが発生すると、すぐにカゴカキダイの目に反応が出ます。
ポップアイになったり、角膜が白く濁ったりです。
実は1週間ほど前にも、1匹のカゴカキダイの角膜が白く濁りポップアイを発症しました。

そこで再度水槽内を点検し、前回の硫化水素発生時に廃棄していなかったフィルターのろ材と岩を捨て、さらに再び水槽内を全清掃しました。
清掃翌日カゴカキダイの目を見ると、白濁は透明となりポップアイがほぼなくなっていることを確認しました。

image

人間でもそうですが、目は血流にとてもリニアに反応する為か、ガスが無くなればあっという間に回復基調になるようです。
なので万が一カゴカキダイがポップアイを発症したら、「硫化水槽が発生している個所を特定」そして「洗浄または廃棄する」で、全清掃をした後、生体を戻すようにしましょう。

ただし、フィルターのろ材などに及ぶ場合には注意が必要です。
特にベアタンク(底砂が無い場合)など、フィルター以外のろ材となるようなものがない場合には、実質リセット状態になってしまいます。
その後のリスクも考えて、対策を講じてください。



#カゴカキダイ 幼魚 #カゴカキダイ 飼育 #カゴカキダイ 稚魚 #カゴカキダイ 別名 #カゴカキダイ 販売 #カゴカキダイ 寿司 #チョウチョウウオに似た魚 #チョウチョウウオ 似てる #カゴカキダイ 群れ #カゴカキダイ イシダイ

昨年末から年始にかけて我が家を襲った硫化水素事故。
その事故で分ったことが、カゴカキダイの必要性。
IMGP3693

カゴカキダイの飼育は今年で5年になりますが、当初は飼育がし易く、人にも良く馴れ混泳にも問題を起こさない優等生と言った印象がありましたが、それ以上に優れたカゴカキダイの能力がありました。
IMGP3699

先ずカゴカキダイの体色ですが、ストレスもなく水質が良ければ黄色が映えます、でも亜硝酸などが発生していたりPHが下がっていたりと水質が悪化していると黄色い部分が白くなります。
水質の悪化は体色の変化と共に、餌を食べないなど拒食症状も現れてきます。

拒食が進むと今度は黒ずんで最悪の状態になってしまいます。
病気や水槽に激突したなど怪我を負っている場合も同様です。

問題は今回のような硫化水素などガス発生時にポップアイを発症することです。
以前にもポップアイが発生したことがあったのですが、理由が分からず今回の事故に至っていました。
IMGP3705
※ポップアイを発症して片目を失ってしまった

海水水槽に限らず淡水でも硫化水素やメタンガスなどの発生は頻繁に起こります。
ある一定の濃度ならばさして問題はないのかもしれませんが、ある程度の濃度になると水槽のみならず人間にも様々な症状が現れるようになります。
ちなみに人間には、不意に眠くなったり、身体に赤い発疹が出来たりします。
また喉が腫れて嚥下障害が起きたりしました。

なので我が家では炭鉱のカナリヤではないですが、改めてカゴカキダイの能力を借りようと考えています。
そこで1月4日に1匹、2月3日に6匹追加しました。
現在すくすく育っていて、既に私の手からも餌を食べるまでに。
とにかく人間に良く馴れます。
IMGP3707

但し注意も必要で、カゴカキダイは少数の群れで過ごすため、長期飼育を考えるのであれば複数飼育が基本です。



#カゴカキダイ 幼魚 #カゴカキダイ 飼育 #カゴカキダイ 稚魚 #カゴカキダイ 別名 #カゴカキダイ 販売 #カゴカキダイ 寿司 #チョウチョウウオに似た魚 #チョウチョウウオ 似てる #カゴカキダイ 群れ #カゴカキダイ イシダイ





私の行く神奈川の漁港での採取魚の季節と採取時期を少しづつアップすることにしました。
尚一般的な採集魚と記さないのは、手当たり次第に集めているわけではないので、あえて当ブログでは採取魚としており目的の魚に絞って採取しています。

また現在採取を行っている方で、採取場所の詳しい内容などはメールでのみ回答しますので、必要な方はコメント欄からメールアドレスを書き込んで送信してください。(Twitter・フェイスブック・インスタグラム・ブログやHPをお持ちの方に限りますので必ず添付してください)
なおメールアドレスが公開されることはありません。

1月の採取魚はカゴカキダイ。
昨年の秋に産まれたものから、年末近くに産まれたものまでこの厳寒期の磯には佇んでいたりします。
カゴカキダイの採取時期はほぼ1年中ですが、この時期はとても小さな個体が多いのも特徴です。

雑食性のカゴカキダイは年中食べるものに苦労せず、特にこの季節自分を捕食する魚が極端に少なくなることも要因かもしれません。
大潮の干潮時、この時期は全て夜になってしまいますが、タイドプールには必ずと言っていいほどその姿を見ることが出来ます。
IMGP3418

我が家でも今月の4日に1匹のカゴカキダイを連れてきました。
まだ孵化して数日しか経っていない赤ちゃんカゴカキダイでしたが、この2週間ほどで倍の大きさになりました。
現在の体長はおよそ18mm程度です。

名前をキーちゃんと付けました。
餌はチョウの練り餌を使って飼育していて、その他に人工餌も食べています。
とにかく何でもよく食べます。
IMGP3434
IMGP3436

現在はキーちゃんを捕食するハリセンボンがいない水槽で飼育していますが、体長が5cmほどまでになれば、成魚のカゴカキダイがいるロクの水槽へと移る予定です。

ちなみにカゴカキダイはチョウチョウウオの仲間ではなく、カゴカキダイ科という独立した種です。
また熱帯性の魚ではなく関東沿岸でも越冬します。
飼育する上での注意点は、水質にとても敏感です。
水質に問題があるとすぐにポップアイや白点などの拒食を示すようになります。

ゆえに我が家では炭鉱のカナリヤではないのですが、カゴカキダイの存在はとても重要です。
また成魚になるとおよそ16cm程度になる為、60cm水槽では飼えません。
最低でも90cmから120cmの水槽が必要になります。
1匹でいるのが苦手で、群れを好みます。
また眠る際に数匹で入れるような比較的狭い場所があることが望ましいです。
我が家でも必ず1か所はそのような場所を確保するようにしています。


カゴカキダイは人にも良く懐き当然の様に手からも餌を食べるようになります。
餌は我が家では基本が冷凍餌(アミ)・冷凍のアサリ・活餌(カニやイソスジエビ)・カブなどの野菜で基本的に何でも食べますし飼育のし易い魚です。

また他種との混泳にも適していますが、餌を食べるのが下手なハコフグ類は注意が必要です。
カゴカキダイは餌に向かって突進します。
逆に混泳の難しいとされているチョウチョウウオには非常に適しています。
カゴカキダイが何でも食べることで、チョウチョウウオも釣られて食べるようになります。

そんなカゴカキダイですが反抗期があります。
およそ1歳から1歳半ぐらいまでです。
この時期は人間の手も他のカゴカキダイも寄せ付けないことがあります。
なのでこの時期だけはあまりかまわずに放っておくことが賢明かもしれません。



睦月から如月の採取魚たち

カゴカキダイ オキナメジナ タカノハダイ ボラ ムラソイ など


  • #海水 魚 飼育 #魚 海水 #初心者 海水魚 #海水魚 通販 激安 #海水魚  #チョウチョウウオの仲間 #死滅回遊魚 #季節回遊魚


現在ロクと一緒にいるカゴカキダイ達。

IMGP2690

IMGP2801

なぜか常にロクに寄り添ったまま。
カゴカキダイ達、ロクが散歩に行くと心細いのか全員が一塊になります。
で、ロクが散歩から戻ると元気にロクの周りを泳ぎ始めます。
なぜでしょうね?w

今年のお正月に採取したサザナミヤッコと昨年に採取したカゴカキダイのガメちゃん、順調に大きくなって人間にも随分馴れました。


IMGP1449

IMGP1452


何でも食べ、ぐっすり眠り元気そのものです。
サザナミヤッコは色が少し薄くなりそろそろ大人の色に変わり始めているようです。
鼻の頭から色が薄くなります。
ちょうどいたずら小僧が転んで擦りむいた痕のように体色が変わっています。
幼魚の色はそれはそれで綺麗なので少し名残惜しい気もしますがこればかりは仕方ありませんね。

一方ガメちゃんは反抗期も終わり大人の仲間に入って、すっかりカゴカキダイらしくなりました。
カメラを向けてもこの通り、ちゃんとカメラ目線で応えてくれます。

今年は天気と採取日が上手く噛み合わず殆ど採取が出来ていません。
さらにはハリセンボンの産卵騒ぎも始まって、予定がなかなか立ちません。
もうすぐ採取シーズンが終わるというのに・・・。

3か月ほど前に反抗期に入っていたガメちゃんですが、どうやら反抗期が終わったようです。

image8888

仲間の輪にも入り一緒に行動するようになりました。

20170820

反抗期の間は仲間から距離を取り一人ぼっちで行動していたガメちゃん、時折他のカゴカキダイがいじっているのかその都度追い払うような行動が見られました。
現在では他のカゴカキダイと一緒に行動し、一人でいることはなくなりました。
大人の階段をある程度登ったようです。





当ブログが役に立ったという方は是非ポチッ!とお願いしますm(_ _)m

カゴカキダイのガメちゃん、最近反抗期が始まったようで、他のカゴカキダイから少し距離を置くようになりました。

IMGP2273

現在の体長は10~11cmでここまでは順調に育っています。

ガメちゃん的には他のカゴカキダイから離れ様としているようですが、大人のカゴカキダイたちは代わる代わるガメちゃんに擦り寄ってきます(笑)
多分からかっているような感じでしょうか。
その度にガメちゃん、突っついて追い払うそんな行動が見られるようになりました。

IMGP2287

基本的にカゴカキダイ以外には威嚇などの行動は見られませんし、大人のカゴカキダイたちも虐めではなさそうなので放置しています。
暫くは要注視でしょうか。




当ブログが役に立ったという方は是非ポチッ!とお願いしますm(_ _)m

昨日・本日2日に渡って水槽の大掃除。
それこそフィルターの砂からパイプから底砂に至るまで月に1度の大掃除で魚たちは別室へと移動。

IMGP1855

※肩が触れる、鬱陶しいからあっちへ行けだの様々な事を仰っている90cm水槽の住人の皆さまですw

IMGP1623
※魚たちを移動して全清掃開始!

清掃を開始してからおよそ1時間ちょっとで清掃終了。
魚の皆さんを水槽に戻します。

IMGP1864

最初は薄濁りがあるものの段々と透き通ってきます。
ここまでは既定路線ですね~w


そして翌日今度はハリセンボン水槽の大掃除。
その為にハリセンボンたちは90cm水槽へと移動します。

IMGP1868


せ・・・狭い!^^;
しっかしハリセンボンが入った90cm水槽の狭いこと^^;
昔はこれで4匹のハリセンボンを飼育していたかと思うと、やっぱり無理がありますね。

ハリセンボン水槽はさすがに1時間ちょっととはいかず、夫婦共同作業にも関わらず、こちらは2~3時間掛かります。
まぁ辛いですけど仕方ありませんねw


IMGP1904

ところで、ハリセンボンたちがいなくなった後で、カゴカキダイたちが何やら水槽の外を見ています。

IMGP1907

120cm水槽に戻ったロクとメジナのジーナも何か見ています。

IMGP1908

ロクちゃんまだまだガン見ですw

IMGP1913

はっちゃんも加わって更にガン見は続きますw

IMGP1916

その答えは90cm水槽とハリセンボン水槽は実は背中合わせだったりします。
お互いの水槽の壁面が綺麗になって見通せる状態になってお互いにガン見していたんですねw

我が家の魚たちは相変わらず好奇心が旺盛な方たちばかりですw



当ブログが役に立ったという方は是非ポチッ!とお願いしますm(_ _)m

1月2日にハリセンボンの餌の採取でスジエビと一緒に我が家にやって来たカゴカキダイの赤ちゃん。
来た当時は僅かに10mm ぐらいだったのに、驚異的なスピードで大きくなっています。

IMGP1536

IMGP1543

それもそのはず、与えられた餌はきっちり食べますし、他人の分まできっちり食べますw
なので、他のカゴカキダイには名前が無いのですが、この子には名前を付けました。
「ガメちゃん」です(笑)

ガメちゃんとにかく食べます。
何でも食べますw
食べているそばからお腹が空くようなそんなイメージです。

最近ではチョウたちの餌を食べるためにチョウハンを追いかけたり、私が水槽の前を通るものなら、ストーカーしてますw
で、目の前でクレクレダンスが始まります。
ガメちゃん、無敵です(笑)

何はともあれ無事に育ちますように^^



当ブログが役に立ったという方は是非ポチッ!とお願いしますm(_ _)m

これから海水魚を飼育するならお勧めしたいのはカゴカキダイです。

IMGP0026

 よくスズメダイ系が初心者向けの海水魚のように言われていますが、虐めの問題で非常に嫌な思いをするものです。
また、生体を追加した場合などでもスズメダイ系には問題が起こります。

スズメダイを主体とした水槽の場合、折角癒しを求めた水槽が虐め大劇場に変わり、飼育者を困らせるのです。
そこでお勧めするのがカゴカキダイです。

カゴカキダイはとても人に懐いてくれますし、餌付けも簡単で何でも食べる印象があります。
ただし、人工餌だけでは長期飼育は難しいと思います。
我が家では基本冷凍餌で、人工餌を織り交ぜながら色々な餌を与えています。

IMGP0036

手から餌を食べるようになると一気に魚と人間の距離が縮まります。
複数飼育も問題がなく、異種との混泳も殆どの場合問題がありません。
チョウチョウウオやヤッコなども全くと言っていいほど争いは存在しません。


但し問題もあります。
カゴカキダイは成長も早く、僅かに1.5cm程度で我が家にやって来ても1年後には14~5cmまで成長します。
ですから60cm水槽で飼育できるのは僅かに1 年くらいが限界で、その後は最低でも90cm規格以上の水槽が必要になってきます。

IMGP0046
 
狭い水槽の中では衝突事故が起こり、その事で突然死が起こり易くなってしまうためです。
なので十分な広さが必要です。


水質に関してはPH8.0~8.4、塩濃度(比重)1.020~1.025をキープしていれば問題は起こりません。
水温はある程度の低水温までは大丈夫ですが、さすがに18度以下になると問題が起こるかもしれません。

またカゴカキダイの健康状態は体色で見ます。
全体が黄色が強いほど健康状態は良く、白っぽくなると要注意、黒くなると非常に危険な状態です。
ですので、体色を見つつ水質の変化が解りますので、水質管理もし易いかもしれません。

カゴカキダイが成魚になるまでの期間はおよそ2年です。
その中でも最初の一年は成長期で非常に大きくなりますので、この時期にはたっぷりと餌を与えます。
寿命に関しては我が家も途上ですのでまだわかりませんが、海水魚飼育の入門にはお勧めのカゴカキダイです。



当ブログが役に立ったという方は是非ポチッ!とお願いしますm(_ _)m


カゴカキダイの治療が継続しています。続きを読む


本日の記事は一般的に好ましくない画像もありますので、魚の病気に対して治療等の必要のない方はスルーして頂けますようお願いします。
本日は治療に関する記事です。


昨年メジナに追いかけられて衝突事故を起こしたカゴカキダイですが、ここにきて再び調子を崩しました。
 
 

 続きを読む


治療していたカゴカキダイが随分元気になってきました。
但し、脳神経系統のダメージは残っているらしく、どうも視力が弱そうなのです。
そのため餌を探すのがなかなか上手くいきません。

IMGP0026
※表情が明るくなってきました

匂いにつられて餌に寄ってきて、ある程度は食べられるものの、上手に食べられないことも少なくありません。
嗅覚にも問題があるのかもしれません。
以前はストレス説も挙げましたが、どうやらこれまでの経緯からは衝突事故に遭ったと考えた方が合点がいきます。
そこで栄養補助としてこんなものを与えています。

IMGP0042

ドライミルクです。
以前もハリセンボンの拒食の際に使っていた物です。
1日に1回~2日に1回程度与えています。
与える際には、水溶きしてスポイトで経口投与します。

栄養補助が必要だと考えた理由は、どうしても岩などで擦れた部分が傷となって膿みやすい状況があり、消化吸収に問題があると考えたからです。
魚は栄養を吸収していれば、このように皮膚が膿むことはありません。
鱗が剥がれ落ちるだけで、すぐに蘇生します。

IMGP0029
※身体の中央が爛れています

ところでこのカゴカキダイですが、なぜか事故後人間の手を嫌がらなくなりました。
それまでも、餌などは手から食べていましたが、さすがに抱きかかえられる事はありませんでした。
捕まえようとすれば大騒ぎするはずなのですが、事故後全く嫌がらなくなったのです。
そのため、治療や介助をするのはとても楽なのですが、完全に海には戻せなくなりました。



当ブログが役に立ったという方は是非ポチッ!とお願いしますm(_ _)m

このページのトップヘ