ネイチャーアクアリスト

海水魚を主体としたブログです。

カテゴリ:失敗しない水合わせの方法

ビーシュリンプやPHが違う水質の水合わせ方法の動画をアップしました。
特に海産のエビを人工海水に入れる際には戦慄にも似た状況がありますよね?(笑)
高級なビーシュリンプなども同様です。
そこで失敗しない水合わせの方法を動画にまとめました。



基本的に温度合わせ水合わせの順で行いますが、大切な事はエアレーションを切らさないことと、点滴法の様にだらだらやらないことです。
温度合わせで十分にエアレーションをしたら、そのあとはスポイト等でエビの状態を見ながら水槽の水を加えていきます。

おおよそ元水(エビが入っていた水)の倍程度になればOKです。
この方法はエアレーション法と言い、海産のエビなど非常に水合わせの難しい場合にも有効です。

ただしPHが大きく違う場合など注意が必要なのは言うまでもありません。
必ず事前に水質を見ていれば失敗もせずに済むと思いますが、極端にPHが違う(1.5以上違う)場合には、水合わせは成功してもその後生育が出来ずに死んでしまう場合があります。

なおPHが大きく違う場合には、エビの状態を見てエビが踊ったり固まったりしないように、時間を開けて注水します。(間欠的に行う)
最初は数滴から始めて、徐々に注水量を増やしていきます。
元水の倍程度になれば完了です。
ちなみに水合わせで使った水は水槽の中に入れてはいけません。
生体のみ水槽に入れてください。



水合わせとはバクテリアの対面行事です。
違うバクテリアが対面することで酸素が急激に消費され、そのことでエビが死んでしまうことを避けるために行うものです。
そのためにも確実なエアレーション法で行う必要があります。


この方法も必ずしも万能ではありません。
そこは理解の上自己責任で作業を行ってください。










#レッド ビーシュリンプ 水 合わせ 成功 #レッドビーシュリンプ 抱卵 #レッドビーシュリンプ水槽立ち上げ期間 #レッドビーシュリンプ 水温 #レッドビーシュリンプ 外部フィルター #レッドビーシュリンプ繁殖ソイル #レッドビーシュリンプ 水草 #ビーシュリンプ 飼育 セット #ビーシュリンプ 繁殖 コツ #ビーシュリンプ 種類 #海水エビの水合わせ #海水エビの水合わせが難しい

未だにネット上で散見するバクテリアの空中論。
安全な水を作るための硝化大腸菌群たち、当初は私もネットの情報から、バクテリアは空中に居てそれが水槽に入って繁殖するという認識でいました。
でも魑魅魍魎としたネットの世界、真実ではないことに何れ気付いた訳です。

残念ながらネット上にバクテリアの繁殖に対して理論的に書かれているブログや記事は殆どありません。
誰かが言ったか分からないいい加減な情報を、私も含めて確認もせずに信じて、現在に至った愚かな結果なのだろうと反省もします。

さて素朴な疑問ですが

・バクテリアはどこからやって来るのか?

・空中にいるバクテリアが水槽に入って繁殖するならば、なぜ海水水槽のバクテリアの繁殖には時間が掛かるのか?

以前から当ブログをご存知の方はスルーして頂いて、初めての方は是非整合性を含めて考えて頂きたいと思います。

バクテリアはどこにいたのか?
空中?
本当ですか?(笑)

先ずバクテリアが空中に居て水槽に飛び込んできたものだとした場合、なぜ淡水と海水で一先ず安全な水とされる亜硝酸が検出されなくなるまでの時間が違うのでしょう?

一般的に海水水槽は淡水に比べて安全な水質が出来上がるまでには時間が掛かります。
同じように空中からバクテリアが飛び込むのであれば、時間は同じでなければなりません。

また淡水であっても魚の水槽とビーシュリンプなどの小型の甲殻類でも安全な水になるまでの時間が違います。
つまり空中から水槽に入ると考えると辻褄が合わなくなります。

また人工バクテリアを飼育中の水槽に入れると高確率で飼育中の魚は死んでしまいます。
これはなぜでしょう?

ここまででバクテリアの繁殖は淡水・海水とは違った問題で生まれていると考えるべきです。
その答えは腸内フローラです。
安全な水を作るバクテリアは魚から排出される糞便の中にいるのです。
なので事前に長期間空回しをしても、魚を迎え入れた後に死んでしまったりするのはこの為です。

つまり安全な水はそこに入る魚自身でしか作れないということになるのです。
また全般的になぜ海水水槽は安全な水になるまで時間が掛かるのでしょう。
それは、尿の量にあります。
淡水魚と海水魚では尿の量が違うことは広く知られています。

硝化細菌の餌となる尿は海水魚よりも淡水魚の方が多く、このことで淡水では安全な水になるための時間が短く、排尿の少ない海水魚では時間が掛かってしまう原因になっています。

そのため海水の甲殻類の蟹(磯ガニなど)などではともすると淡水よりも短時間で水が出来上がります。
つまり排便と排尿によって安全な水が出来上がる時間は左右されます。
これが淡水よりも海水の方が安全な水になるまでの時間が掛かる理論です。

バクテリア絡みのもう一つの問題が「水合わせ」ですが、水合わせに失敗した際にネット上指摘されているものが「PHショック」。
これも完全な間違いです。
殆ど場合PHショックで死んでいるのではありません。

バクテリアの硝化活動が最も活発になる現象は、「他のバクテリアとの対面」です。
つまり種類の違うバクテリア同士が出会うことで、酸素の取り合いが発生します。
これが俗にいう「赤潮」や「青潮」といった現象で、バクテリア同士の酸素の奪い合いが「酸欠」を招き、しいては魚を死に至らしめるのです。

私たちが行っているアクアリウムでも同じ現象が起きています。
バクテリアの違う水同士が出会う「水合わせ」です。
そこで大手通販のチャームが推奨している「点滴法」なんてものがありますが、そのことで魚やエビが死んでしまう原因になっています。

最近のチャームの点滴法のページにはトリートメント方法という記述が追加されました。
理屈は当ブログでも推奨している所謂エアレーション法と同じです。
でも、以前の点滴法はそのままで、エアレーション法の必要性を追記若しくは記事の削除はされていません。
何より未だにPHショックをメインに書かれています。

それまでの点滴法を推奨してきた経緯から(ユーザーの下で死んでしまった生体の問題もある)整合性を考えての事だとは思いますが、いささか魚類を専門に扱う企業として如何なものかと考えます。

IMGP0228

IMGP1519
なので、これまで点滴法を用い、水槽に入れた魚が当日若しくは翌日に死んだ場合にはこの「点滴法」を疑うべきだと思います。
つまりエアレーションをせずに水合わせを行ったことで起きた結果です。

なのでPHショックが主因ではないのです。
もちろんPHショックの影響を否定する訳ではありませんが、生死に係るような重大な要素とは思えません。(もっともPHが違えばバクテリアも違うが・・・)

もう一つ事例を。
夏の豪雨で河口で大量の魚が死んでしまうことがあります。
これをメディアの報道などでは、堆積した汚泥が攪拌されてバクテリアが活性したため酸欠になったとしています。

でもこれも整合性が取れません。
何故なら、堆積した汚泥が攪拌されるのは河口だけではないからです。
それこそ上流から河口に至るまで全ての場所で攪拌は行われているのに、集中するのは河口が圧倒的です。

これも河口付近で様々な場所から流れてきた「いろいろなバクテリアが出会ったから」と考えれば辻褄が合います。
つまり攪拌だけの問題ではない可能性の方が高いのです。

残念ながら世論は数の多い方若しくは声の大きい方で作られます。
でもそれが真実とは限らないのです。
何より企業が言っていることが正しいとは限らないのです。

そして他のHPやブログや記事を鵜呑みにして拡散している人間も、嘘を流布した人間と同罪です。

そういった意味でも整合性を考えて自分自身の頭で考えることが、この情報過多の社会で生き残る道かもしれません。



#水合わせ 袋 穴 #水合わせ メダカ #水合わせ 金魚 #ヤマトヌマエビ 水合わせ 暴れる #水合わせ ショップの水 #コリドラス 水合わせ #グッピー 水合わせ #ネオンテトラ 水合わせ #アカヒレ 水あわせ #水合わせ PHショック #水合わせ ビーシュリンプ #水合わせ エビが死ぬ #水合わせ 翌日死ぬ #チャーム 点滴法


「水合わせの方法」として広く一般的に使われているものに「点滴法」と言われるものがあります。
大手通販業者のチャームなどでもこの方法を推奨していますが、こんなことやっているから死んじゃうんです。
チャームのやっていることは、生体を扱う企業として恥ずべき行為です。
点滴キットでどれだけの生体が命を無駄にしたのかを考えるべきでしょう。

特に海産のエビなどでは点滴法なんてやれば、殆どが当日若しくは翌日には死んでいます。
低PH下で飼育されているビーシュリンプなども同じです。

IMGP0229


そもそも何のために水合わせを行うのでしょう?
もし「PHショックを緩和するため」と答えているようであれば、その見識を疑った方がいいです。

水合わせの必要性とはあくまでも種類の違うバクテリア同士の対面と、それに伴うバクテリアの活性化による酸欠で死亡するのを未然に防ぐために行う作業だからです。

魚やエビが住んでいる環境水は、飼育されている魚やエビに適したバクテリアが存在しているため、それぞれの水槽のバクテリアやその数が違います。
違ったバクテリア同士が対面することで、バクテリアが活性化します。
その際に消費されるのが大量の酸素です。
つまり赤潮が発生した際にいけすの魚が死んでしまうのと同じ原理です。
魚にしろエビにしろ、呼吸ができるのは鰓であり、鰓でバクテリアによる大量の酸素消費が行われれば、当然魚には酸素は供給されず酸欠になってしまいます。
中でもエビは特に酸欠に弱く、エビが水合わせで失敗しやすいのはこのような理由からです。

IMGP0228

点滴法ではゆっくりと水を混ぜ合わせることでPHを近づけようとしているようですが、はっきり言って無意味です。
何よりそんな危険を冒す必然性がありませんし、そんな大嘘がまかり通っているのもネットという環境と一部のまともに飼育もしたことのない人間が、チャームなどのHPを斜め読みして、デタラメな情報を拡散しているためと考えています。

何よりチャームはきちんとしたエビデンスを示す必要がありますし、万が一エビデンスを示せないのであれば企業としてこのようないい加減な水合わせの方法を流すべきではありません。
そのせいでどれだけの命が散っていったのかを考えるべきです。



正しい水合わせの方法はこちらを参照してください。

無駄に命を散らすことのないよう祈っております。
どこにもエアレーションの必要性が書かれていないチャームの水合わせのページがこちら
企業として今後改善されることを願っています。



2018年12月21日追加

今日チャームのページを確認するとそれまで記載されていなかった「トリートメント方法」なるものが追加されていました。
少し前進したようにも思えますが水合わせに関する限り、あくまでエアレーションの必要性については訂正がされていません。
ご注意を。



2019年6月12日追加

水合わせの方法の記事及び動画を追加しました。
詳しくはこちらから




海水水槽を僅かに1週間で立ち上げる裏ワザがあります。
通常海水水槽をほぼ安全な状態にするには1か月以上かかります。
でも海で採取したり、勢いで飼育を始めた場合1ヶ月は当然ですが待てません。
一旦アンモニアや亜硝酸が発生すれば魚たちは簡単に死んでしまうためです。

ならば「人工のバクテリアで対処すればいいじゃない」と考えるかもしれませんが、残念ながら人工バクテリアでは立ち上げは出来ません。
むしろ魚たちが死んで終了です。

理由は飼育する魚に必要なバクテリアはその魚自身しか持っていません。
つまりどんなに高価で優れていると謳っている人工バクテリアであっても意味を成しません。
多分ショップで騙された方も多いと思います。

逆にショップで販売されているライブサンドやライブロックは非常に効果的で、それらのものと底面濾過を組み合わせた場合、1・2週間は綱渡りではありますが何とか乗り切れるかもしれません。
でも、ここには一つ注意があります。

IMGP0334

IMGP0901
※比重もきちんと合せましょう


その注意点は水合わせです。
天然海水と人工海水ではバクテリアの種類が違います。
人工海水同士でもバクテリアの種類は違います。
そこで起きる問題は水合わせの際のバクテリアの交換に伴う酸欠の問題です。

ショップで購入したライブサンドやライブロックを自宅に持ち帰り水槽にセットした後魚を入れると思いますが、この時に「水合わせ」と呼ばれる作業が必要になります。

問題はライブロックをセットする水槽から取りだしている魚を、そのまま水槽に戻せばあっという間に死んでしまいます。
 
そこで水槽をセットして稼働したら、並行して魚を隔離しているケースをエアレーションします。
ここはかなり強めに行います。

時間的には10程度です。
次に新しい水槽の水を魚を隔離しているケースに入れます。
この状態でさらに数十分(10~20分程度)エアレーションを続けます。
後は水槽に入れて完了です。

水槽の立ち上げ初期にはいずれにしても亜硝酸発生に悩まさることは避けては通れません。
よくいい加減なブログ等でアンモニアだけを取り上げていたりしますが、アンモニアも確かに問題なのですが致命的なのは亜硝酸です。

なので、ここではアンモニアよりも亜硝酸を重点的に監視するために、必ず亜硝酸試薬(NO2試薬)を購入してください。
この試薬なしには海水魚飼育は難しいです。
後はまめに亜硝酸値を計り、亜硝酸の濃度に応じて水替えを実施してください。


good luck!



当ブログが役に立ったという方は是非ポチッ!とお願いしますm(_ _)m


魚がなぜ死んでしまうのか?
今回は追加した際の突然死についてです。

IMGP0345


海水魚ショップや海で採取してきた時に、皆さんも水合わせを行うと思います。
問題はその水合わせ方法が正しいかどうか悩まれる方もいらっしゃるのではないかと思います。
よく言われる水合わせの理由としては、PHショックが挙げられると思います。
それと水温ですね。


PHが違う環境で暮らしていた魚が、 いきなり数十分程度で果たして順応できるものなのでしょうか?
確かに微細な違いであれば問題はないように感じますが、PHが1近くも違った場合に、果たしてPHショックは起こらないのでしょうか?
貴方はどう思います?


私は水合わせというのは、単なるバクテリアの交換だと考えています。
違う水質の中にいきなり魚を入れて死んでしまうのは、このバクテリアの交換が上手くいかなかったから起こったと考えています。

魚の鰓にはバクテリアが住んでいます。
このバクテリアがいればこそ、常に鰓は清潔に保たれ、酸素の取り込みやアンモニアの排出、そしてプランクトンの濾し捕りや消化などがスムーズに行われていると考えています。
問題はこのバクテリアが水質が変わり新しい水槽にいるバクテリアとの関係だと考えています。

つまり違う種類のバクテリア同士が出会うことで起こる、バクテリアの活性化による急激な酸素の消費です。
バクテリアが活性化する時には、大量にしかも急速に酸素が奪われます。
よく養殖いけすに甚大な被害が出る赤潮や青潮などがその現象です。

鰓の周りでこのことが起きれば、当然ですが魚は息をすることが出来なくなります。
所謂酸欠状態です。
水槽に魚やエビを追加することで、同じことが追加した魚の鰓の周りだけで起きているのです。
これが追加した魚がすぐに死んでしまう現象です。

水合わせの際には、よく点滴法と呼ばれる方法が用いられています。
水槽からチューブでテクテクとたらす方法です。
殆どの場合この方法で上手くいくようですが、エビに関する限りこの方法でも難しいと聞きます。

我が家の場合には、エアレーション方式です。
魚を入れたケースにエアレーションをして水槽に浮かべ、水温を予め合わせておきます。
(この時の水量は背びれがやっと隠れる程度にしておく)
水温がある程度同じになったところで、エアレーションを少しきつめに行います。
そして、水槽の水をケースに入れます。
ですから、予めケースには半分程度の水が入っていることが望ましく、もう半分を追加できるような状態にしておきます。

そのままの状態でおよそ10分程度で、魚を水槽の中に入れます。
これで終了です。
この方法でスカンクシュリンプやホワイトソックスなどの水質に敏感なエビたちも死なせることがなくなりました。
点滴法で上手くいかない方は是非試してみてください。


ストレスによる急逝は、元からいる水槽の住人に対して弱い場合に見られます。
狭い水槽の中に多種の魚を飼育していますと、縄張り意識の強い魚が多い事に気が付きます。
海水魚の殆どが縄張り意識が強く新参者を排除しようとします。
我が家でも折角採取したやっこの赤ちゃんを、僅かに1日で落としたことがあります。
これが、ストレスによる突然死です。

ある程度体が大きな個体であれば、数日間の猶予はありますが、生まれたての稚魚となるとそうもいきません。
水槽に入れても翌日には姿を消してしまうことも珍しくないのです。
特に赤ちゃんの時には環境の変化に非常に敏感で、環境の変化に適応できる個体ばかりだとは限りません。

1cm程度の生まれたての稚魚の場合には、1匹だけの環境を作り、水流は弱めで酸素は十分にといった隔離環境が必要となる場合があります。
少なからず現在の住人がスズメダイ系統の場合には、虐めが酷いため稚魚を入れる環境には適しません。
隔離が絶対条件です。


ところで我が家では現在3匹のハリセンボンが暮らしていますが、4匹目のハリセンボンを迎えようとしたことがありました。
そこで、日海さんにTELしてハリセンボンの在庫を聞いたところ、いるにはいるが2週間前から餌を受け付けなくなり、やっとこの2~3日で餌を食べる状態になったばかりなので、もう少し様子を見てからの方がいいのでは?という回答を頂いたことがあります。

ハリセンボンに限った事ではありませんが、調子を取り戻しているところで環境を変えるといよいよ取り返しがつかなくなるケースが多いものです。
つくづく日海さんのプロショップとしての意識の高さには脱帽ですが、環境を変えるのは魚が落ち着いていることが前提なので、お店に入荷後数日たっている場合などは、充分に観察して出来れば餌を食べるかどうかを確認してから購入することが大切だと思います。

IMGP0228

特にハコフグなどは、ショップで既に餌を食べなくなっているものも多いため、必ず餌を食べるかどうかの確認をすることをお勧めします。
万が一、その作業すら断る様なショップであるならば、付き合う価値もないのかもしれません。
我が家の場合、片道2時間かけてもやはり日海さんに通うのはそういう理由からです。

信頼できるショップとは、ネット上で良いレビューばかりが載っているお店ではありません。
魚をきちんと管理出来ていて、お客さんに正直に伝えることが出来るお店を「信頼できるお店」というのです。


魚がなぜ死んでしまうのか その1
 魚が死んでしまう場合をチャート表にしています。

魚がなぜ死んでしまうのか その2 これまで言われてきた白点病の嘘を解説しています。

魚がなぜ死んでしまうのか その3 魚の摂食障害に関する解説です。

魚がなぜ死んでしまうのか その5 環境水の水質やPH調整剤(上昇剤)などの説明をしています。




#海水魚 白点病 ヨウ素 #海水魚 白点病 オキシドール #海水魚 白点病 オキシドール 効果 #白点病 海水魚 食べる #海水魚 白点病 白点キラー #海水魚 白点病 キュプラミン #海水魚 白点病 淡水浴 #海水魚 ウーディニウム病 #海水魚 エラ病 #ルリヤッコ 白点病#海水魚 白点病 オキシドール #海水魚 白点病 オキシドール 効果 #海水魚 白点病 ヨウ素 #海水魚 白点病 淡水浴 #海水魚 白点病 末期 #白点病 海水魚 食べる #海水魚 白点病 キュプラミン #海水魚 病気 #フグ 白点病 

このページのトップヘ