ネイチャーアクアリスト

海水魚を主体としたブログです。

カテゴリ:サブマリンフィルター

我が家では春先から大発生する稚エビを畜養しています。
そのままでは小さくて無駄に消費してしまうのももったいないので、ある程度の大きさになるまで育てて餌にしています。
IMGP0812
※順調に育っていてそろそろ餌になる大きさになっていたのに

ところが先日エアレーションを兼ねた水流器が吸盤の劣化で脱落、負圧方式で行っているものがホースの空気の取り入れ口まで水没しエアレーションが出来ない状態になっていました。
気が付いた朝には酸欠で全滅。
無駄に死なせてしまったエビたちには申し訳なく、やっちまった感が半端ないです。

実はこの畜養の水槽のフィルターシステムは少し前にアップしたartesian方式のものです。
簡単な構造の割にろ過能力が高く、小さな水槽にはもってこいなのですが、ろ過能力が高いという事は酸欠になり易いという事の裏返しでもあり、今回はまさにその悪い事例になってしまいました。

動画の中でも注意喚起しているはずの”酸欠”に自ら陥るとは・・・情けないです。




#artesian filter system #フィルター #アーテシアンフィルター #ろ過能力が高いフィルター #酸欠 #エビが全滅 #エビの畜養 #海水魚の餌

artesian filter system(アーテシアンフィルターシステム)ができました。
小さな水槽の問題点である、ろ過能力と水流の問題。
相反する問題だけになかなか解決が難しかった命題でした。
artesian_filter_title1


サブマリン式フィルターの派生でもありますが、サブマリン式と大きく違うのは徹底的にコンパクト化された点です。
淡水であればエビの飼育やメダカ・タナゴなど、そして海水ならヤドカリや小さな海水魚(ミヤコキセンスズメダイやイチモンスズメダイ・アミメハギ)などにも最適だと考えています。

水流は嫌いだけど淀んだ水はもっと嫌いなお魚さんたちに作ってみてはいかがでしょうか?
(残念ながらこの記事はCMではありません。このフィルターは売っていませんので、自分で作るしかありませんので悪しからず)

artesian filter systemでは、ろ材は底砂を使っています。
ですからベアタンクでは使えません。
また底砂を使っている関係上酸欠になり易いのが欠点です。
従ってエアレーションは必須となります。

artesian filter systemのメリットは、ろ過水量が大きいのに激しい水流が出来ず、物理ろ過もしっかり大容量という点です。
そして清掃も非常に楽です。(動画の中の縦管のキャップを取って中の不織布を交換するだけです)

底面ろ過方式の逆のような作りですが、底面ろ過方式の最大の欠点である「清掃」の問題をクリアしています。
ただし最強のウェットろ過方式ですので、生物ろ過の処理能力は抜群です。

また、構造が簡単で誰でも作れるとはいきませんが、ドリルとカッターそしてノコギリがあれば簡単に作れます。
そして非常に安価です。

今回のモデル水槽は、底砂・水草等をビーシュリンプ飼育を目的として立ち上げている様子です。
現在は撮影用にミナミヌマエビが入っていますが、いずれビーシュリンプが引っ越してきます。

海水仕様でヤドカリ飼育を考えていらっしゃる方は、砂を多めにして水を少なめに設定してください。(傾斜を付けて砂浜にするといいかもしれません)
ヤドカリの長期飼育では、水面下にならない陸地部分があるとヤドカリは長生きしてくれます。

スズメダイなどの海水魚飼育の場合には、必ず海の砂か珊瑚砂を使ってください(水質維持のため)
PHの低下は海水魚飼育では命とりです。

さて、これから夏本番です。
いろんな魚に出会えるチャンスがあります。
その前にしっかり水槽を作りましょう^^


#水槽 立ち上げ 水草 #水槽 立ち上げ バクテリア #水槽 立ち上げ 早く #水槽 立ち上げ 濁り #アクアリウム 初心者 #熱帯魚 水槽 レイアウト #水槽 立ち上げ 金魚 #水槽 ヒーター 隠す #ada 水槽 #水槽 立ち上げ メダカ #artesian filterシステム #アーテシアン フィルター システム #アーテシアン #ろ過システム

12月にサブマリンフィルターのバージョンアップを行ってからはや4ヶ月。
水量が落ちてきてスキマーがうまく作動しなくなったため半年を前に点検清掃することに。
とは言っても、フィルターの細部の清掃は、職人妻が担当しているので、私は偉そうに隣で「フムフム」と頷いているだけw
掃除をさせたら妻の右に出るものはいない、何と言っても二人だけだから(>_<)
IMGP4046
先ずは住人たちを移して清掃開始。

この4ヶ月殆ど放置の状態で、吸い口のスポンジの清掃と2週間に1度の割合での水の交換以外何もしていなかったので恐る恐る点検を開始。
まず硝化管に関してはある程度のコロニーの体積などは確認できましたが、完全に詰まっている状態ではなく、スキマーの機能には関係がなさそうです。

IMGP4059

ただしパック詰めしたろ材に関しては、ろ材を詰めたネットをコロニーが覆っているため職人妻が清掃を開始、通水性を確保していきます。
結論的には、スキマーのエアストーンが詰まってしまっていたことで、スキマーの機能が失われていたようです。
エアーストーンをクエン酸で清掃、機能を回復させます。
IMGP4045
※さすがに4ヶ月も放置だと凄いことw

サブマリンフィルターを隠している底砂の状態は、意外にも固まっておらず、通水性が保たれている状態で、多分幼生の状態で運ばれてきたであろうアサリやサザエまでもが育っている状況です。
IMGP4048

IMGP4051

IMGP4053

稚貝や稚蟹が育っているので水質的にはまあまあなのでしょうか。

IMGP4054
今年のお正月に硫化水素事件を起こしてしてしまった反省から底砂は完全清掃です。

IMGP4060

IMGP4061
底砂の清掃後サブマリンフィルターのユニットを組み砂で覆い岩組をしていきますが、今回はそれまでの岩組の配置を大きく変えました。
変えた一番大きな理由は、魚たちのストレス軽減のため。
岩組を変えることで、魚たちが楽しそうに探検することから、時々我が家では岩組を変えています。

但し、セットアップ終了後シマハギによる検査があるので、まだ油断ができませんw
シマハギさん1つ1つ検査をして、問題があると伝えてきます。
なのでシマハギさんが水槽に戻った後に合否がわかります。(>_<)

ちなみに先月の頭から、人工海水成分の配分を少し変えました。
Naclの割合を5%ほど減らし、比重自体を少し下げました。
これで良いのかどうか分かりませんが、現在は経過観察中です。
比重は1.020です。
IMGP4063

IMGP4058
※Naclを5%下げてみたが結果は果たして・・・。
IMGP4055
※人工海水は100㍑づつ100%水道水で作っています。「ケイ酸は?」って知りませんそんなものw
IMGP4056
※以前ヤフオクで買った水中モーターで家の中に引きまわしたホースで圧送。でも、これなしには150㍑の海水を運ぶのはしんどいw

人工海水を入れてサブマリンフィルターを稼働させると、見事にスキマー機能が戻って、給水量も増えています。
結論的には硝化管の詰まりよりも、ストーンの詰まりの方が問題としては大きく、今後の課題でしょうか。

濁りが取れて住人たちを水槽に戻します。

IMGP4064

IMGP4065

20190408-1
シマハギチェックも無事に済み、水も綺麗になってか魚たちも嬉しそうです。
次の清掃は4ヶ月後です。



#水槽の掃除魚 #水槽 掃除 海水魚 #水槽 掃除 魚 入れたまま #水槽 掃除 コケ #水槽 掃除 洗剤 #水槽 掃除 ガラス面 #水槽 掃除 底砂 #水槽 掃除 リセット #水槽 掃除 ソイル #水槽 掃除 貝

我が家の水槽のサブマインフィルターへのシフト開始からおよそ半年が過ぎました。
ただし現状ハリセンボン水槽だけは完全移行ができません。
理由は餌となるエビやヤドカリの増減による緩衝性に問題が残っているからです。
生体の増減の多い水槽では、基本的に物理ろ過の仕事が重要になってきます。
そのため緩衝性と言った点では、やはり圧倒的に「砂ろ過サイホン式」に及ばないのです。

サブマリンフィルターに関してはその後も改良が行われていて、現在の仕様はversion2.1となりました。
今回の主な改良点はろ材をパックしたこと。

20181224 
それまでのパイプの中で仕切りを付けるのではなく、ろ材をパックすることで水の流れに対する接触面積を増やしたことです。
これでこれまでの懸念材料の1つの「詰まりの問題」が解消されれば良いのですが、結果は半年待たなければなりません。


さて表題にもある通り今日の本題はろ過の考え方(フィルターの考え方)です。
様々なフィルターの形式があり、様々な考え方がある中において、以下は当ブログが導き出した1つの答えです。

ろ過にとって大切な事は当然ですが水槽の水を綺麗にすることです。
その過程において物理ろ過や生物ろ過が必要になります。
物理ろ過に関しては、現状スポンジや綿などで汚れの粒子を絡め取る事とプロテインスキマーによる泡を利用してたんぱく質の除去を目的としたものがあります。

我が家が使っている砂ろ過サイホン式も基本的には同様で、スポンジで取り切れない微小な汚れを砂の層を通水させることで取り除こうとしているものです。
物理ろ過に関しては、目に見えるものなので割と理解しやすいものと思いますが、目には見えない生物ろ過となるとなかなか理解し難いものもあるように思います。

実際先ごろのサンシャイン水族館であった事故の様に、プロ中のプロが行っている水質の維持作業でも、生物ろ過のメカニズムや重要性が理解できていない現状があります。
目に見えないということは、どうしても憶測や推測が独り歩きしやすい状況がありますので致し方ないのかもしれません。

さて生物ろ過の基本である「好気性ろ過」と「嫌気性ろ過」これらは共に必要であってどちらか一つで成り立つものではありません。
水道事業で行われているろ過も基本的にはこれら好気性ろ過と嫌気性ろ過を組み合わせたものです。
そしてそのどちらにも共通しているものが「バクテリア」と呼ばれる大腸菌類です。

フィルターではその大腸菌をどう使うかでろ過の能力が決まってきます。
一般的に言われている「ろ材がどうの」「メーカーやモデルがどうの」は実はあまり重要ではありません。
なので目に見えない性能を誇張されているろ材等も散見しますが、実体験をされた方は実感として「分からない」もしくは「良い印象を持たれていない」場合が殆どだと思います。

理由は、焼結製造された人工的なろ材では、多孔であれ、材質が特殊であれ、あまり意味を為しません。
結果としてろ材が置かれている環境が重要であって、ろ材自体の材質による影響は非常に少ないからです。
つまりどんなに高級なろ材を使っても、環境が整わない限りバクテリアは仕事をしてくれません。


では効率的な生物ろ過の方法はと言えば、水道事業で行われているサイクルが一番効率的の様に思います。
それは好気ろ過から始まって嫌気ろ過そして最後にもう一度好気ろ過の順番です。

以前「オーバーフロー絶対論には根拠がない」といった記事を書きました。
見た目の問題だけならオーバーフローは手放しで賛成できますが、性能面となれば多分それは正しくないと思っています。

理由は以上のようなこともあるからです。
サンプの作り方で大きく性能が左右されるオーバーフローも、他のフィルター同様性能面ではそんなに違いはありません。
但しサンプの設計次第では大きなろ過能力を持つことはもちろん可能です。


サブマリンフィルターの基本設計でも、もちろんそれら3つのセクションを備えています。
好気ろ過のプライマリー硝化管、嫌気ろ過をするセカンダリー硝化管そして最後のスキマーと組み合わせた曝気管です。

ではなぜこのような過程が必要なのかと言いますと、実は生物ろ過の核の部分は「嫌気ろ過」にあります。
魚などの生体に最も有害な影響を及ぼす亜硝酸や硝酸塩の生物ろ過はその多くが実は嫌気ろ過で行われます。

そのための前段として酸素を奪い取らなくてはならないため、先ず好気ろ過が必要になり、酸素が奪い取られたものが嫌気ろ過槽へと移されます。
嫌気のまま環境水(水槽の水)を水槽に戻せば生体の生存にも問題が起こることと、シアノバクテリアなどの苔など藻類の大繁殖にも繋がるため、最後は曝気などの好気ろ過が必要になってきます。
つまり[ 好気ろ過→嫌気ろ過→好気ろ過 ]の順となります。
これらが一連の作業となって生物ろ過が完成するわけです。

このメカニズムが分かればフィルターの選択も設定もさして難しくはないと思いますが、我が家の様に既製品では対応できない環境や状況があるとやはり自作しかなくなってきます。
実に悩ましいところです。




#水槽 #フィルター種類 #水槽フィルター種類 #フィルター水槽熱帯魚 #フィルターアクアリウム #フィルター水槽ろ過 #水槽のフィルター #水槽ろ過フィルター #ろ過フィルター#種類




少し前まで120cm水槽で亜硝酸のコントロールが出来ずに悶絶していた我が家。
結局サブマリン式のフィルターだけではその場しのぎが出来ずに、以前使っていた砂ろ過サイホン式へと後戻りをしていました。

今だからこそ言えることですが単体試験において、ろ過自体の性能としては圧倒的にサブマリン方式に分があるのに、なぜか実装すると性能を発揮できない。
逆にそれまでの砂ろ過サイホン式の上部フィルターは、そこそこの性能でしたが物理ろ過と生物ろ過をこなす優等生でした。
但しどんなものでも短所がある様に、塩ダレが出来やすかったり音が煩かったりといった問題があり、出来れば水槽の中だけで全てを完結したいそんな思いからサブマリン方式の開発を始めました。

IMGP2240

初期のVer1.0では底面に張り巡らされたパイプで、これなら絶対にろ過能力は上がると考え、問題となる詰まりの時期の心配ばかりをしていました。
新設した珊瑚水槽やミドリフグ水槽にサブマリン方式を取り入れ、最初は安定して推移するものの、2か月近くになると目詰まりから亜硝酸の発生が顕著になります。

仕方なく底砂からユニットを取り出し、硝化管(ろ過をしているメインパイプ)のろ材を取り出して洗浄します。

IMGP2738

硝化管を分解すると、ろ材は固まりコロニーが所狭しと形成されています。
通水性能が落ち結果として亜硝酸の処理能力が落ちるのです。
サブマリン方式の最大のネックは清掃です。
一度底面に埋めたものはなかなか取り出し難いですし、水槽のリセットに近い状態になってしまいます。

そして懸念していた2つ目がろ過能力の緩衝性能。
生体の増減に弱く、生体が増える度に亜硝酸値が変化する。
特にハリセンボンの120cm水槽では、餌のヤドカリやエビを2週間に一度、そこそこの量で投入するのですがその都度亜硝酸が大発生し、ハリセンボンやメジナを緊急避難することも度々。
移動したハリセンボンやメジナは元気だったものの、移した先にいたチョウチョウウオやムラソイたちがストレスから死んでしまうといった最悪の状態になりました。

急ごしらえで作った120cmの砂ろ過サイホン式フィルターも、元々の2基掛けの状態ではなく1基掛けの状態とあっては限界だったようです。
でもここまで来ると後戻りはできず、突き進むしかありません。

何度も単体試験の状態と現在の状態を見比べて相違点を探します。
単体試験の被検体では、直線のパイプに全てろ材を詰めてあります。
加えてプロトタイプのVer1.0では、それらの合計のろ材の量とパイプの長さを大幅に増やして1本の硝化管としています。

珊瑚水槽のような生体の増減が少ない水槽では、亜硝酸値が極端に跳ね上がることもなく相応にろ過能力を発揮するものの、ハリセンボン水槽のような生体の増減が著しい水槽ではあからさまに脆弱ぶりが現れてしまいます。
パイプの長さもろ材の量も増えているのになぜ??
答えは解っていたはずなのにと言ったところでしょうか・・・以前の90cmハリセンボン水槽で経験していたのに(笑)・・・そんなところです。

その答えはこちら↓
IMGP2816
※Ver.1と比べて1/2になったユニット
IMGP2825
※岩組が終わって海水と魚を入れたところです。

上記の画像は90cm水槽用のVer2.0で、一番上の水槽の改良版です。
排水方式を底面排水から水面排水へと変更、長かった硝化管をおよそ半分にしています。
ユニット全体としてもほぼ半分のコンパクトサイズへと移行。

また硝化管をプライマリーとセカンダリーに変更、シリアル接続に変更しました。
サブマリンフィルターのお得意の縦管は曝気管で、写真ではその先のスキマー部分は省いてあります。
尚、このスキマーは一般的な汚水が直上するタイプではなく、一度スキミングしたものを再度スキミングして本当に汚いものだけを取り除く様な工夫がされています。
なおスキマーの詳細については割愛します。

スキマーを経て水槽に給水されますが、今は安定して亜硝酸濃度は0.02mg/㍑以下(一般的な観賞魚用試薬では0)でDO値は0.5~0.6mg/㍑、生体の増減(ヤドカリ三百匹程度・エビ二百匹程度の増加)時の水槽内の亜硝酸濃度も0.05mg/㍑以下(一般的な観賞魚用試薬では0)と順調に推移しています。
やっと砂ろ過サイホン式を性能面で超えることができました。

なおシステム図はこちらです↓
サブマリンフィルター 図面9

上記システム図でもわかるように、硝化管のプライマリー側は砂上に出して作業効率を向上させました。
3~4週間に1度この部分を外して清掃すればOKです。
また物理ろ過はEXITの縦管にスポンジを詰めて対応しました。
こちらは2日に一度の清掃です。

解ればコロンブスの卵ですが、私のような凡人にはなかなか気付けず七転八倒しました。
最後に物理ろ過の事でお世話になった京都のフグ屋さんに感謝して、サブマリン式フィルターVer2.0を公開いたします。




先週にハリセンボン水槽のろ過システムを変更したのですがどうもうまくいきません。
「これでどうよ!」とばかりにハリセンボンのために作ったべっぴんシステムw
必要になる水量やエアー量などを想定しながら作ったつもりですが、生物ろ過すらまともに機能せず、最悪の状態に。

それまでの上部型の砂ろ過サイホン式のフィルターは生物ろ過と物理ろ過を併せた機能を持ち、緩衝力にも優れていたのですが如何せん最後に行う曝気槽の音も耳障りだし、最初に行う好気槽からの気泡が床に飛び、塩ダレを作るのがネックでした。
そのため、サブマリン式フィルターに移行したのですが、これが全くダメ!

これまで数基作ってきたサブマリン式では、ほぼ予想通りの結果を得られていただけに、かなりへこみました。
昨日も、ろ過能力を上げるために水流の流速を調整したり、スキマーをいろいろと変えてみたりと作業を行ったものの、スキマーだけは機能し始めたものの生物ろ過は依然制御不能。

亜硝酸値は0.3~0.4(㎎/㍑)を行ったり来たり、ハリセンボン達を水槽に入れると数時間で0.5(㎎/㍑)を超えてしまいます。
そもそも魚を入れていない時点で目標値の0.1(㎎/㍑)以下に遠く及ばず(-。-)y-゜゜゜

この1週間それこそ毎日のようにハリセンボンやメジナそしてサザナミヤッコたちは、亜硝酸値と共にあっちに行ったりこっちに来たりの移動ばかりで、少々ふてくされている状態です。
普通なら拒食になり、動かなくなるような状況だと思います。

さすがにこれ以上魚たちにストレスを与えることも出来ず、致し方なく廃棄の準備をしていた2基の水槽のうち1基を戻すことに。

IMGP0242

夜中までかかって砂ろ過サイフォン式を復活させて今朝水質を計れば当然のことながら0.05まで亜硝酸は減少。
悔しいですが砂ろ過サイフォン式を超えられない、完全に後退の状態となってしまいました。




これまで我が家の悩みの種の蟹水槽。
ハリセンボンや海水魚たちの餌水槽ですが、この水槽の水質維持が非常に難しく、採取後この水槽に蟹を入れた翌日には決まって亜硝酸の大発生で下手をすると3日連続で水替えを行わないとならないくらい、非常に水質が不安定になってしまっていた状況でした。

単純に数が一定の過密飼育であれば、問題としてさして難しくないのですが、短期間に生体が増減する状況は通常のろ過方式では対応が難しいのです。
我が家の場合には、僅かに2週間のうち数十匹程度から数百匹まで増減するためで、バクテリアによる硝化作用がなかなか追い付かず、かと言ってオーバーフロー式で水量を増やすわけにもいかず苦慮していました。
そこでサブマリン式のフィルターをろ過能力だけに特化した亜硝酸に強いフィルターシステムを作りました。

0902

現状2か月に1回程度のろ材の清掃と数日に1回のスポンジフィルターの清掃だけで水質が非常に良い状態で維持されます。

現在のパフォーマンスは60cmレグラス水槽に、最大で300匹程度の蟹を入れても亜硝酸が発生することはなくなりました。
もちろん給餌もしてです。
水換え頻度は2週間に1~3回から1ヶ月に1度の割合いで十分になりました。

現在私同様に悩まれている方がいらっしゃれば、コメントでメールアドレスを頂ければ折り返し製作方法などお教えいたします。(メールアドレスが公開されることはありません)
もちろん鮮魚取扱業者の方や業務用の水槽でも可です。
ただし、当方仕事ではありませんので、製作はあくまでご自分で行える方に限ります。
また、ご自身で作り上げたろ過システムの適切な運用ができることも必須です。

先日サブマリン式のフィルターに変えたミドリフグ水槽と珊瑚水槽で亜硝酸が発生しました。
ミドリフグ水槽は0.2~0.5の間、珊瑚水槽は0.2ほど。
IMGP2470


IMGP2469


ミドリフグ水槽の発生原因は餌の食べ残し、珊瑚水槽の発生原因はタコノマクラの腐敗でした。

IMGP2488

慌てて2つの水槽にパワーヘッドを改造したマイクロバブル発生器を取り付けて稼働させます。
もっとも改造と言ってもただエアホースをかませるだけの簡単なものです。

IMGP2476

共に2時間後には亜硝酸値は0.02以下に。
一先ず安全圏に入りました。

問題は原因としてはそれぞれ解ったものの、プロトタイプとはいえあまりに脆弱すぎるその性能で、改善の必要性があることです。
まぁ、最初から上手く行くはずもないことぐらいは織り込み済みですが、いつもフィルターを変える度に同じような問題が発生します。

ところでミドリフグのサブマリンには、それまでの砂ろ過サイフォン式フィルターの粒子の細かな砂を使っています。
ゆえに砂の中を透過する水量が足りないのかもしれません。
もう少し、粒子の荒いろ材に変える必要がありそうです。

また珊瑚水槽ではタコノマクラというウニの仲間でかなり大きなものゆえ、仕方なかったと考えるべきか否か。
で、こちらも見直しは必要という結論に。


実は60cmのNISSOの水槽を使っているミドリフグ水槽も、90cmの鈴木製作所の珊瑚水槽も、使用している水中モーターは同じRIOの1100というモーターです。
60cm水槽に対してはかなり大きいモータであり、90cm水槽に対しては通常では十分なはずですが、サブマリンの特徴である陰圧で流れを作る仕様では若干パワーが足りないようです。

そしてここでも問題が。
大きなモーターに変えるのは良しとして、大きなモーターに変えることでスキマーや消泡管の設定が全てやり直しです。
つまりほぼ一からの作業ですね ┐(´д`)┌タキアセダーーーー


昨日ミドリフグ水槽のフィルターを変えました。
我が家オリジナルのサブマリンフィルターです。

フィルターをサブマリン式に変えた理由は、スポット的な水流を抑えたかったことと、止水域を無くしたかったことの2点です。
現在までの砂ろ過サイホン式ですとどうしても止水域が出来やすく、それを補うべく配置してある水流器のスポット的な水流が少し可哀想だったからです。

IMGP2358
※スポット的な流速の速い流れがなくなり、水槽全体をのんびり泳げるようになりました
IMGP2359

汽水は意外なほど嫌気に成り易く、藍藻も頻繁に発生します。
なのでスキマーが付いているサブマリン式を採用することで、溶存酸素を上げて藍藻の発生を抑えるには有効だと考えています。

ところでミドリフグ水槽を珊瑚水槽の前でセッティングしていると「何やってるの?」とばかりに、今日も珊瑚水槽に出張してきたロクが覗き込んでいます(笑)

IMGP2349

ロク、さすがに狭くてミドリ水槽に来たいという素振りはなく、ただ見ているだけです。
ほんと好奇心が旺盛です。

サブンマリン方式は水槽上部が何もなくなるので、見た目はほぼオーバーフローの落水型と同じです。
IMGP2353

IMGP2367
※今朝の様子
IMGP2370
※まだ寝ぼけていますw

これで我が家の水槽は淡水とハリセンボンがいる水槽を除いて、皆サブマリン式に移行しました。
良いのか悪いのか現段階では解りませんが、これからは経過観察でしょうか。
なによりミドリフグたちのQOLが上がれば良いのですが。

マメスナ飼育の迷路の中で生まれ物があります。
これです。

1

2

サブマリンフィルターです。

小さな水槽でマメスナのような個体を飼育しようとした場合、大型の水槽にはない問題がいろいろ起こります。
それはろ過能力だったり水流だったり止水域の問題だったりします。

ショップに行くと、よく小さな水槽に綺麗なサンゴやイソギンチャクがいて、可愛らしい感じで置かれていたりしますが、ほとんどの場合オーバーフローの設備があったり、水槽には似合わないスキマーが装着されていたりします。

実は小さな水槽ほど水質の管理が難しく、魚のストレスになる共鳴音や造波が起こりやすくなります。
小さな水槽で生体の飼育が難しいのはこんな問題からです。
先日のメダカ水槽のサーキュレーションの装置も実はこのサブマリン水槽からの派生です。

サブマリン式フィルターを装着した水槽の大きな特徴は、給水口と排水口を水槽の対角に置くことと、底面の淀みを取るための底床式の排水口としていること、そして給水口の面積を大きくして給水の水流をゆっくりとしている点です。

つまり水流はゆっくりだけど全体として止水域が出来難く、かつ循環サイクルは維持しようとするものです。
また、小さなスキマーを装着して、魚たちの食前の排尿にも対応しようとするものです。

全て水槽の中で完結しますので、余分な装置が水槽外に出ることは最小限です。(エアポンプやスキマーの排水タンクのみ水槽外)
部材は全てホームセンターや100均で購入できますので、DIY派にはもってこいです。

サブマリンフィルターの最も大きな特徴はろ過能力。
実はろ過能力はろ材と接触している時間に比例します。
外部ろ過や外掛け式のフィルターの能力が足りないのは実はこのためです。
サブマリンフィルターでは、ろ材との接触時間は配管の長さに比例しますので、大きな硝化効果が期待できるのです。

でもこれだけでは片手落ちです。
外部ろ過を使った方なら経験があると思いますが、そのままでは水槽内はシアノバクテリア(藻類)の棲家と化してしまいます。
そこで給水前に曝気が必要になります。
サブマリンフィルターでは最後の立ち上がりの部分を曝気槽として、スキマー機能もプラスしてみました。


ドライブ中の水槽がこちら。

3

5

スキマーのベンチュリー部分は外してありますが、ほんとコンパクトにまとまりました。
しかも移動も簡単です(笑)
DIYもアクアマリンの一つの楽しみ方です。

このページのトップヘ