artesian filter system(アーテシアンフィルターシステム)ができました。
小さな水槽の問題点である、ろ過能力と水流の問題。
相反する問題だけになかなか解決が難しかった命題でした。
artesian_filter_title1


サブマリン式フィルターの派生でもありますが、サブマリン式と大きく違うのは徹底的にコンパクト化された点です。
淡水であればエビの飼育やメダカ・タナゴなど、そして海水ならヤドカリや小さな海水魚(ミヤコキセンスズメダイやイチモンスズメダイ・アミメハギ)などにも最適だと考えています。

水流は嫌いだけど淀んだ水はもっと嫌いなお魚さんたちに作ってみてはいかがでしょうか?
(残念ながらこの記事はCMではありません。このフィルターは売っていませんので、自分で作るしかありませんので悪しからず)

artesian filter systemでは、ろ材は底砂を使っています。
ですからベアタンクでは使えません。
また底砂を使っている関係上酸欠になり易いのが欠点です。
従ってエアレーションは必須となります。

artesian filter systemのメリットは、ろ過水量が大きいのに激しい水流が出来ず、物理ろ過もしっかり大容量という点です。
そして清掃も非常に楽です。(動画の中の縦管のキャップを取って中の不織布を交換するだけです)

底面ろ過方式の逆のような作りですが、底面ろ過方式の最大の欠点である「清掃」の問題をクリアしています。
ただし最強のウェットろ過方式ですので、生物ろ過の処理能力は抜群です。

また、構造が簡単で誰でも作れるとはいきませんが、ドリルとカッターそしてノコギリがあれば簡単に作れます。
そして非常に安価です。

今回のモデル水槽は、底砂・水草等をビーシュリンプ飼育を目的として立ち上げている様子です。
現在は撮影用にミナミヌマエビが入っていますが、いずれビーシュリンプが引っ越してきます。

海水仕様でヤドカリ飼育を考えていらっしゃる方は、砂を多めにして水を少なめに設定してください。(傾斜を付けて砂浜にするといいかもしれません)
ヤドカリの長期飼育では、水面下にならない陸地部分があるとヤドカリは長生きしてくれます。

スズメダイなどの海水魚飼育の場合には、必ず海の砂か珊瑚砂を使ってください(水質維持のため)
PHの低下は海水魚飼育では命とりです。

さて、これから夏本番です。
いろんな魚に出会えるチャンスがあります。
その前にしっかり水槽を作りましょう^^


#水槽 立ち上げ 水草 #水槽 立ち上げ バクテリア #水槽 立ち上げ 早く #水槽 立ち上げ 濁り #アクアリウム 初心者 #熱帯魚 水槽 レイアウト #水槽 立ち上げ 金魚 #水槽 ヒーター 隠す #ada 水槽 #水槽 立ち上げ メダカ #artesian filterシステム #アーテシアン フィルター システム #アーテシアン #ろ過システム