2006年08月24日

屋久島ジュウソウ 〔森絵都〕 3

屋久島ジュウソウ屋久島ジュウソウ
森 絵都

集英社 2006-02
売り上げランキング : 262051
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

≪内容≫
やっぱり旅が好き!
ゆるゆる・和気藹々・のんびり楽しいグループ旅行のつもりが…
森絵都初、まるごと“旅”エッセイ。
(BOOKデータベースより)

死ぬ前に行ってみたいところのひとつに屋久島があります。
恩田陸さんの『黒と茶の幻想』で、屋久島としか思えないY島を旅する話を読んだからなんですよね。

1か月に35日雨が降るといわれる島。
鬱蒼と茂る緑の島、屋久島。
樹齢7200年とも言われる長大な時間を生きてきた縄文杉。
ああ、憧れる〜。

さて、本書は森絵都さんの屋久島旅行記。
三泊四日の屋久島の旅。
編集者を引き連れて、いざ!屋久島へ!
「ゆるゆる、和気あいあい、のんびり楽しいグループ旅行」を意図していたのに、行きと帰りでいろんな景色を見られるという理由で宮之浦だけを登るコースに変更しちゃったものだからさあ大変!
文字通り「山あり谷あり」いや、「山あり山あり」の過酷な旅になってしまう。
九州最高峰の宮之浦岳登山の行程を、森絵都さんらしいホンワカとした文章で綴ってありました。

縄文杉を見るためにはそんなに大変な思いをしなくちゃいけないのか〜
うう、体力のあるうちに行かないとな〜。
もっとも、縄文杉を見て帰ってくるコースもあるみたい。
私はこっちを選ぼう!と自分の屋久島の旅をシュミレーションしてみたり、楽しかったです。

文章以外に写真もあって、その中で見た縄文杉は、さすが立派なんだけど、痛々しくもありました。
というのも、根っこのところにある土砂が流れ落ちないように土止めがびっしりされているんですよね。
これは、観光のために道を切り開いた結果、縄文杉自体の生存が危ぶまれたからとられている措置らしい。
そのことを別の本で読んでいたので、実際に写真を見て、ホント辛くなってしまったんですよね。
縄文杉の写真って、ウチのカレンダーにもあるけれど幹の太さと緑の濃さは写しても根っこの状態は写ってない。
だからなんだか痛々しい姿を目の当たりにして、胸が痛みました。
森さん自身も縄文杉に生命力は感じなかったと書いています。
もっとも、登山日が晴天だったからという理由でしたが。
人が足を踏み入れることで、自然が破壊されていくって、なんて罪深いんだろう私たちは……
なんて、内容とは関係ないんだけど、思ってしまった。

屋久島旅行記「屋久島ジュウソウ」の他に、「slight sight-seeing」も収録。
世界各地を旅した時の思い出、旅の途上で感じたこと、考えたことなどもなかなか興味深かったです。
それにしてもいろんなところを旅行されているんですねぇ〜
その行動力をちょっと分けて欲しい。

単行本
集英社[2006.2発行]
【読了 2006.8.18】

ランキングに参加してます♪
よろしければクリックお願いします
にほんブログ村 本ブログへ
人気blogランキングへ(こちらは携帯にも対応しています)

ebinote at 23:13コメント(4)トラックバック(4) 
★小説以外の読み物★ | ま行:森絵都

トラックバックURL

トラックバック一覧

1. 屋久島・種子島の旅  [ コレッテイインジャナイ?! ]   2006年08月26日 01:29
ANAで屋久島・種子島の旅行ツアーをやっていたのでちょこっと紹介。 沖縄に旅行
2. 人生激場  三浦 しをん  [ モンガの独り言 読書日記通信 ]   2006年08月29日 00:55
人生激場 三浦 しをん  203 ★★★★☆  【人生激場】 三浦 しをん 著  新潮社 《プレーンな日常を「非日常」に変えてしまうマジカルなツッコミと冴えまくる嗅覚?》  内容(「BOOK」データベースより) 気鋭作家の身辺雑記、だけに終わらぬ面白さ!プ...
3. 読書:屋久島ジュウソウ(森絵都)  [ 駒吉の日記 ]   2007年08月16日 13:29
屋久島ジュウソウ(森絵都) 「これが『クライマーズ・ハイ』ってやつなのか、でも体はちっともらくじゃないなあ、どうして?教えてゴリラの神様」 表題作と短編集「Slight sight-seeing」の2本立て。 まずは、屋久島の宮之浦岳に「ゆるゆる、和気あいあい、のんびり...
4. 屋久島ジュウソウ 森絵都  [ 苗坊の読書日記 ]   2007年08月16日 15:20
4 屋久島ジュウソウ ゆるゆる、和気藹々、のんびり楽しいグループ旅行のつもりで訪れた屋久島。 その時はまだ、そのハードさには気づかずにいた−。 著者初の、まるごと「旅」エッセイ。 『小説すばる』連載のエッセイと旅日記を収録。 森さん初エッセイです。 けっこ....

コメント一覧

1. Posted by 正健・鈴木   2006年08月27日 19:38
 久しぶりです!
 本ブログで毎日続けてる! 凄いっ! お疲れ様です!

 屋久島、去年行きました。
 海も山も、木々や草花も、とてもとても美しいところです!  
 縄文杉トレッキング、往復12時間も山道を登り下り。それでもあくる日筋肉痛も疲れもほとんどなく。癒しろ地パワーを感じました!
 幻想的で素晴らしい道のりです。
 
 屋久島が火山島で2Mから3Mしか土が堆積しておらず、土砂滑り防止等の縄文杉を守る為の意味もあるようです。
 木の数M手前までしか近づけないのは、木の根を守るのと、以前心無い人が縄文杉を傷つけたからだと聞きました。
 道程、ゴミが全くといいほど落ちていなかったのには関心しました。

 他にも魅力満載! また行きたい所です!
 ぜひ!
2. Posted by エビノート   2006年08月27日 23:32
鈴木社長
お久しぶりです
屋久島に行かれたんですね。羨ましいです!
火山島という一面もあるんですね、屋久島って。でも、縄文杉を傷つけるなんてなんてひどいこと
それを聞いちゃうと、近寄れないようにする処置も必要なことだと思えますね
ますます、行ってみたくなりました
往復12時間の山登りに耐える体力を付けなくちゃですね
3. Posted by 苗坊   2007年08月15日 19:22
こんばんわ。
TBさせていただきました。
確かに「黒と茶の幻想」を読んだから更にいってみたくなったのかなぁと思いますね。
死ぬまでに1回行ってみたいです。
4. Posted by エビノート   2007年08月15日 21:59
苗坊さんへ♪
私もTB送信したんですけど、反映してないみたいで…時間をおいて再送させていただきますね♪
うろ覚えですが、以前屋久島に行ったという作家の話がちょっと出てきませんでした?
それを読んで、もしかして恩田さんのこと? なんて思ってしまいました(笑)
屋久島、機会を見つけてぜひ行ってみたいですね〜。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール

エビノート

rssなど
【ほんぶろ】にて、
特集ページを
作成していただきました♪
↓↓
エビノートの特集ページ


Subscribe with livedoor Reader
月別記事
お気に入り
いらっしゃいませ♪
メールはこちらから
アクセス解析
QRコード
QRコード
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: