2006年10月24日

Presents 〔角田光代〕 4

PresentsPresents
角田 光代

双葉社 2005-12
売り上げランキング : 17674
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

≪内容≫
この世に生まれて、初めてもらう「名前」放課後の「初キス」女友達からの「ウェディングヴェール」子供が描いた「家族の絵」―小説と絵で切りとった、じんわりしあわせな十二景。
(BOOKデータベースより)

この本は素敵ですねぇ〜
装丁自体がプレゼント包装みたいになってるので、文章を書いた角田さんと、絵を描いた松尾たいこさんから、読者一人ひとりへのプレゼントのようにも思えてきます。
≪初回限定特製ラッピングカバー≫になっていて、帯のところまで含めて拡げると一枚の包装紙になるのかな?
図書館で借りた本なので、広げてみることが出来ないのがちょっと残念。

そして「Presents」というタイトルの通り、収録されている話は、プレゼントにまつわる12話。
「名前」「ランドセル」「初キス」「鍋セット」「うに煎餅」「合い鍵」「ヴェール」「記憶」「絵」「料理」「ぬいぐるみ」「涙」
形があるものから、形のないものまで実に様々なものが取り上げられています。
それぞれの話に登場するのは、女性で、話が進むごとに赤ん坊から小学生、中学生と年代を追って成長していきます。
それぞれ違う登場人物なんですが、まるで一人の女性の一生を描いたかのようにも思えてきました。

どの話も素敵で、甲乙付けがたいのです。
自分も同じ気持ちになったよ!とか、こういうプレゼントって素敵だなと思ったりして、どの話も大切にしたい感じがします。
プレゼントと言えば、何か形に残るもの、そんな先入観があった私には、「名前」とか「初キス」とか、「記憶」など、形に残らないものもプレゼントとして受け取っているんだということが新鮮でした。
もっとも、「ランドセル」や「鍋セット」「合い鍵」に「うに煎餅」など形に残るものであったとしても、月日が経って振り返るときにそのものが残っているとは限らない。
そんな時、脳裏に浮かぶのは、贈られた時の相手からの好意や、相手との関係性だったりと、必ずしも手に取れないんですよね。
実物が残っていなくとも、かけがえのない大切な何かを感じ取れるんだなぁというのも新鮮な発見。

私は誕生日が夏休み中だったり、特別な何かを貰った覚えはあんまりないなぁと思っていたんです。
が、生まれてから今までたくさんのものをいろんな人からプレゼントされているんだ!
そう思うと私の人生もまんざら捨てたものじゃないですね。
それと同時に、今度は私が誰かに素敵なプレゼントをできていればいいなぁと、この本を読んで心から思います。
そして、最期には「涙」の主人公のように感謝することのできる人生だったら、本当に素敵です。

単行本
双葉社[2005.11発行]
【読了 2006.10.21】


ebinote at 20:51コメント(14)トラックバック(9) 
か行:角田光代 

トラックバックURL

トラックバック一覧

1. Presents 角田光代  [ "やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!! ]   2006年10月24日 22:22
3 Presents この本は、 「今日の菱沼さん」の菱沼さん コメントを残してくださるゆゆさん にオススメいただきました。 ありがとうございました。 ■やぎっちょ書評 まさにタイトル通り、プレゼント(12種類&12短編)のお話。 角田さんを読み始めたやぎっちょに、....
2. Presents  角田 光代, 松尾 たいこ  [ モンガの独り言 読書日記通信 ]   2006年10月24日 23:38
Presents 角田 光代, 松尾 たいこ 107 ★★★★☆ 【Presents】 角田光代 著 松尾たいこ 絵  双葉社 《人生には、大切なプレゼントがたくさんある。物もあるが、…。》  帯文より  「品物は、いくつかなくしてしまっても、贈られた記憶、...
3. Presents 角田光代  [ 今日とはちがう明日のために ]   2006年11月04日 20:06
<最高の贈り物> 本当にいい本です。 本自体が「Presents」なのです。 生まれて一生の中で様々にいただいたものを、角田さんが切り取っています。 うまいです。 最初のプレゼントは「名前」。最後のプレゼントは「涙」。 一生のうち、どのくらいの贈り物をい...
4. 「Presents」  [ 柚子すき毎日 ]   2006年11月13日 09:28
Presents 松尾 たいこ,角田 光代 プレゼント 「名前」「初キス」「記憶」など読むまではプレゼントだと思わなかったものも題材になってます。でも確かに生まれてきて死ぬまでにもらうプレゼント。みーんな両親や彼や友だちからいろんな人からの贈り物なんですよね。馬...
5. 「Presents」角田光代  [ しんちゃんの買い物帳 ]   2007年08月30日 17:31
Presents角田 光代、松尾 たいこ 他 (2005/12)双葉社 この商品の詳細を見る うわー、すごい出会いをしてしまった。お薦めをしてくれた方々に感謝です。女性が一生のうちに受け取る贈り物、すなわちタイトルそのままな12の?? ?
6. 『Presents』 角田光代  [ *モナミ* ]   2007年09月13日 18:19
今まで色んな人から、 色んなプレゼントを貰ってきた。 大きいプレゼント、小さいプレゼント、 嬉しいプレゼント、困ったプレゼント、 形あるプレゼント、形のないプレゼント。 そして気づく。 プレゼントされたそのモノではなく、 それにまつわる思い出が、 何...
7. Presents(角田光代)  [ Bookworm ]   2007年10月15日 11:14
女性が一生のうちで貰うプレゼントを12の物語にした短編集。 この作品は「しんちゃんの買い物帳」のしんちゃんにお勧めいただきました。
8. 本「presents」  [ <花>の本と映画の感想 ]   2007年10月25日 16:49
presents 小説 角田光代?  絵 松尾たいこ 双葉社  2005年11月 春に生まれたから春子。シンプルな理由からつけられた地味な名前が嫌いだった。私は、名前のように地味でシンプルで退屈な大人になった。結婚して出産を前にして、母から、腹帯と一緒に送...
9. 「presents」 角田 光代  [ じぶんを たいせつに。 ]   2012年02月09日 18:45
Presents (双葉文庫)/角田 光代 ¥600 女性が一生のうちで受け取る贈り物。 形のない「名前」や「初キス」から、「ぬいぐるみ」や「うに煎餅」に至るまで12個の贈り物をテーマにした短編集です。 イラストは松尾たいこさん。文と絵で織りなす、光り輝くプレ

コメント一覧

1. Posted by 菱沼   2006年10月24日 21:06
5 こんばんはd(^O^)bこの本私も好きです。私は「ウ゛ェール」が気に入ってます。私もこの話と同じように学生時代からの友達がいて、共感できました。
2. Posted by やぎっちょ   2006年10月24日 22:20
こんばんは〜。
なるほどぉ。形のないプレゼントが心に残るってのはあるかもですねぇ。個人的には鍋セットが鍋セットをプレゼントされたのか、それとも違うものをプレゼントされたのかというのがガーンときました!!
でもね。
ここだけの話。
女子の方がプレゼントたくさんもらってますよねぇ?!女子同士のプレゼントもあるし、複数の男子からもらえる可能性もあるし。。。いいなぁ。
3. Posted by モンガ   2006年10月24日 23:42
こんばんは。
エビノートさん。
昨日、書店で小説すばるを立ち読みしていたら、松尾たいこさんが載っていました。
まだ若い可愛い感じの人でした。
4. Posted by エビノート   2006年10月25日 20:14
菱沼さん
こんばんは!
どの話も素敵でしたね〜
「ヴェール」は女の子同士の友情に心があったまりましたね!
相手の幸せを心から祈っての手作りのプレゼント、一生の宝物になりますよね♪
5. Posted by エビノート   2006年10月25日 20:20
やぎっちょさん
こんばんは!
「鍋セット」も良かったですよね〜
私が鍋セットを贈られたとしても、焦がして穴あけてお終いになっちゃうかも(汗)
女性の方が確かにプレゼントされることが多いかもしれませんね〜
確かに有形無形問わず、いろんなものを贈られて生きてるなぁと思います。
その分、お返しができてればいいんですが、貰いっぱなしのような気が(汗)
6. Posted by エビノート   2006年10月25日 20:24
モンガさん
こんばんは!
松尾たいこさんが描いたイラストはこの本で初めて見たんですが、優しい印象の絵を描く方ですね〜
絵の印象どおりの人なんだろうなぁと、想像してます。
まだお若い方なんですね〜
7. Posted by ミー   2006年10月26日 21:28
この本のカバーは、たしか広げてみたような気がします。よく覚えてないんですがほほう、なるほど〜と思ったような記憶があります。
私もこの間、角田さんの本を借りたんですが今ひとつピンときませんでしたちなみに「トリップ」です。こっちがよかったなあ
8. Posted by エビノート   2006年10月27日 19:54
ミーさん
こんばんは!
お!拡げて見られたんですね!
気に入ったので、買ってしまったんですが、残念ながら普通のカバーになってました。
角田さんの本は私もこれはちょっと合わないなぁというのが時々ありますね〜
この本や、『夜を行く飛行機』『この本が世界に存在することに』などは良かったです!
9. Posted by musagoro   2006年11月13日 09:34
こんにちわ〜!
良かったです♪ずーっとニヤニヤしながら読んでました
この本が知れてよかった〜ありがとう^^
10. Posted by エビノート   2006年11月13日 20:45
musagoroさん
こんばんは!
それぞれの話だけでなく、自分自身が生まれてからこれまでにもらったさまざまなプレゼントに思いを馳せられる内容でしたよね。
プレゼントを貰ったときも記憶も含めて大切にしようと思いますね。
楽しんでいただけて良かったです♪
11. Posted by すずな   2007年10月15日 11:21
素敵なお話でした。
自分も今までに沢山のプレゼントを貰ってるんだな〜と、改めて感謝したくなるような作品でしたね。
12. Posted by エビノート   2007年10月15日 20:56
すずなさんへ♪
どれも素敵な話でしたよね〜。
たまに本棚から取り出して、気になった話を読み返したりしてます。
これまで自分が貰ったいろんなもの、贈ってくれた人に感謝したくなりますよね。
13. Posted by    2007年10月25日 16:50
今までに、どんなプレゼントをもらったのかと考えてみました・・・・・
どれも素敵なお話でしたね。
14. Posted by エビノート   2007年10月29日 19:41
花さんへ♪
お返事が遅くなってしまって、すみません。
これまでに貰った様々なプレゼントを思い返してしまいますよね。
形に残らないけれど、今の自分を形作ってきたいろんなものやいろんな出来事を思い返して、改めて感謝の気持ちをもてました。
素敵な一冊ですよね〜♪

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
プロフィール
rssなど
【ほんぶろ】にて、
特集ページを
作成していただきました♪
↓↓
エビノートの特集ページ


Subscribe with livedoor Reader
月別記事
お気に入り
いらっしゃいませ♪
メールはこちらから
アクセス解析
QRコード
QRコード
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: