2006年10月27日

シンデレラ・ティース 〔坂木司〕 3

シンデレラ・ティースシンデレラ・ティース
坂木 司

光文社 2006-09-21
売り上げランキング : 100060
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

≪内容≫
サキは大学二年生。
歯医者が大嫌いなのに、なぜかデンタルクリニックで受付アルバイトをすることになって…。
個性豊かなクリニックのスタッフと、訪れる患者さんがそれぞれに抱えている、小さいけれど大切な秘密。
都心のオフィス・ビルの一室で、サキの忘れられない夏がはじまる。
(BOOKデータベースより)

歯医者は苦手です〜
主人公・咲子と一緒で、あのウィ〜ンという音がどうも苦手。
口の中って自分では見えないから、どんな治療がされているのか分からない。
だから、なおさら不安なんですよね。
けれど、歯医者が嫌いだ、怖いというのがれっきとした病気なんだということなど、この本を読んではじめて知りました。
「歯科治療恐怖症」って言うんですね。
へぇぇ〜

坂木司さんの本は、これで読むのは3冊目です。
(引きこもり探偵シリーズが1作目で止まってるので、最後まで読まなくちゃ!)
『青空の卵』は引きこもりの鳥井に持ち込まれる謎、『切れない糸』では商店街の昔ながらのクリーニング店を継いだ和也が遭遇する謎が描かれていました。
この話は、歯医者さんを舞台にした、謎解きの話です。
この本は他の作品と違って、女の子が主人公なんですよね。
だから、他の作品とは違うのが、主人公の恋愛が絡んでくるってこと。
そのせいか?謎解きの部分は小粒な印象。
歯医者ならではの視点で解き明かされていく謎は面白かったんですが、ちょっと物足りない感じは否めなかったかなぁ〜。
単行本に挿んであった新刊案内の中の言葉に、「青春小説ミステリー風!」という言葉があったんですが、「ミステリー風」という言葉がぴったりでした。
上手いこと説明してるわ!

大学生の咲子が夏休みを利用してアルバイトをすることになった歯医者さん。
そこに勤める歯科技工士の四谷さんは、咲子や歯医者さんで働く同僚達のなぜ?に鮮やかに答えを出してくれます。
いつも技工物作りに使う石膏の白い粉まみれで、そのせいで若白髪のように見えてしまっている。
という冴えない印象の風貌の持ち主で、しかも、無表情でちょっとぶっきらぼうに見えてしまう。
それでいて、咲子を気遣ってくれたり、その指の繊細な動きに魅了されて、少しずつ四谷さんのことが気になり始める咲子。
四谷さんのほうも自分に好意を持ってくれているのかな?と咲子が思ったところで、もしかしたら恋のライバルになってしまいそうな女の子も登場したりなんかして、モヤモヤした感情を抱いてしまう。
そういう、恋愛の過程はありがちではあるけれど、初々しく、好感を持って読み進められました。

咲子の親友ヒロちゃんは、沖縄にアルバイトに行ってるんですが、彼女を主人公にした別の話も出版が予定されているということなので、こちらも楽しみです。

●収録作品●
「シンデレラ・ティース」
「ファントムvs.ファントム」
「オランダ人のお買い物」
「遊園地のお姫さま」
「フレッチャーさんからの伝言」

単行本
光文社[2006.9発行]
【読了 2006.10.22】

ebinote at 01:25コメント(18)トラックバック(12) 
さ行:坂木司 

トラックバックURL

トラックバック一覧

1. 『シンデレラ・ティース』  [ blog mr ]   2006年11月11日 13:13
 これも坂木司。光文社。  今度は歯医者が舞台。  雰囲気がほかの作品とはちょっと違う。軽めである。  その歯科医を訪れる人にはそれぞれ何らかの悩みや問題があって、主人公の女性は受付(しかも本当は歯医者が大の苦手)なので、さすがに歯の状態から、というのは...
2. シンデレラ・ティース  [ ぼちぼち。 ]   2006年11月29日 21:41
『シンデレラ・ティース』坂木司(光文社) サキは大学二年生。歯医者が大嫌いなのに、なぜかデンタルクリニックで受付アルバイトをすることになって…。個性豊かなクリニックのスタッフと、訪れる患者さんがそれぞれに抱えている、小さいけれど大切な秘密。都心のオフ...
3. シンデレラ・ティース 坂木司  [ 苗坊の読書日記 ]   2007年01月06日 19:59
5 シンデレラ・ティース オススメ! サキは大学二年生。歯医者が大嫌いなのに、なぜかデンタルクリニックで受付アルバイトをすることになってしまった。 個性豊かなクリニックのスタッフと、訪れる患者さんがそれぞれに抱えている、小さいけれど大切な秘密。 都心のオフィ....
4. 「シンデレラ・ティース」坂本司  [ AOCHAN-Blog ]   2007年04月11日 13:39
タイトル:シンデレラ・ティース 著者  :坂本司 出版社 :光文社 読書期間:2007/03/12 - 2007/03/13 お勧め度:★★★★★ [ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ] じっと我慢していても、夏は動かない。歯も治らない…。個性豊かなデンタルクリニックのスタッフと、...
5. シンデレラ・ティース   〜坂木 司〜  [ My Favorite Books ]   2007年07月14日 20:56
歯医者嫌いの女子大生が、夏休みのバイトに入ったところは 歯医者だった。 いやぁ〜、僕は歯医者好きなので、 なんかわくわくしながら読みました。 こんな歯医者だったら、みんな好きになるかも。 登場人物がみな倀
6. シンデレラ・ティース  [ 香桑の読書室 ]   2007年07月30日 23:12
 坂木 司 2006 光文社 『ホテルジューシー』と双子の物語。歯医者嫌いの大学
7. 「シンデレラ・ティース」坂木司  [ しんちゃんの買い物帳 ]   2007年10月22日 17:38
シンデレラ・ティース坂木 司 (2006/09/21)光文社 この商品の詳細を見る 小さい頃から、歯医者なんて大嫌いだったサキ(叶咲子)は、十九歳の大学二年生。友達のヒロちゃんと、来年の夏休みに備えて、まとまった時期に稼いでお??lugiq
8. シンデレラ・ティース(坂木司)  [ Bookworm ]   2007年12月07日 10:21
歯医者さんを舞台に、そこを訪れる患者さん達の謎を歯科医院のスタッフ達が解いていく・・・というお話。 ・・・で、いいのか?うーん、ちょっと違うような。
9. シンデレラティース 坂木司  [ "やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!! ]   2007年12月27日 18:52
4 シンデレラ・ティース ■やぎっちょ書評 坂木司さん初読です。よかったぁ〜♪ ところでのっけからやや関係ないですが、図書館でも本屋でもビストロでも歯医者でも事件は起こる現代社会って怖いですねぇー。 図書館→れんげのはらの真ん中で 本屋→成風堂シリーズ ビス....
10. (書評)シンデレラ・ティース  [ 新・たこの感想文 ]   2008年02月09日 17:29
著者:坂木司 シンデレラ・ティース(2006/09/21)坂木 司商品詳細を見る 小さな頃の出来事がきっかけで歯医者恐怖症になってしまった咲子。との..
11. シンデレラ・ティース⇔坂木司  [ らぶほん−本に埋もれて ]   2008年05月30日 11:03
4 シンデレラ・ティース 〔坂木司〕 サキは大学二年生。 歯医者が大嫌いなのに、なぜかデンタルクリニックで受付アルバイトをすることになって…。 個性豊かなクリニックのスタッフと、訪れる患者さんがそれぞれに抱えている、小さいけれど大切な秘密。 都心のオフ....
12. シンデレラ・ティース  [ うませんの独り言 ]   2015年06月22日 05:41
坂木司著「シンデレラ・ティース」 この物語は、小さい頃から歯医者が大嫌いな大学生の女の子・咲子が、 ひょんな事から夏休みの間だけ叔父の勤める歯科クリニックの受付のバイトをすることから始まります。 様々なお客様のちょっとした謎や、スタッフとのやり取りを

コメント一覧

1. Posted by ia.   2006年10月27日 02:27
こんばんわ。
今度の坂木さんの舞台は歯医者さんですか?
女性が主人公なんて珍しいかも。楽しみ〜
エビノートさんの影響で、すっかり坂木さんのファンです(笑)
2. Posted by しお   2006年10月27日 08:33
「歯科治療恐怖症」って・・・

なんか伊良部がでてきそうな病名ですね^^

頭によぎりませんでした?!^^;
3. Posted by エビノート   2006年10月27日 20:00
ia.さん
こんばんは!
初めての女性が主人公の本じゃないかなぁと思いますよ!
歯医者は苦手ですが、こんな歯医者さんだったら、行ってみてもいいかも♪と思えるような患者さんの立場にたった考え方をする病院でした。
ぜひぜひ読んでみてくださいね(^o^)/
4. Posted by エビノート   2006年10月27日 20:06
しおさん
こんばんは!
伊良部ですか〜!考えもしなかったです!
『歯科治療恐怖症』を治療するというよりも、伊良部先生自身が恐怖症で、大騒ぎしたりして♪
なんだか、様子が目に浮かびます(^_^)
5. Posted by ちきちき   2006年11月29日 21:40
こんばんは。

歯医者嫌ですよねえ。
でも実際のところ最近の歯医者さんは昔と違って本当に痛くなくしてくれるとは思います…。

なんか昔の少女小説のようなカップルだと思ってしまいました。可愛かったです。
6. Posted by エビノート   2006年11月30日 19:31
ちきちきさん
こんばんは!
歯医者さんもいろいろと工夫を凝らして、痛みを感じないようにしてくれてるんでしょうけどね…行くまでに勇気が必要ですよね〜
咲子と四谷さんの関係は、確かに昔の少女小説、少女マンガにありそうな感じですよね。
何だかとっても初々しくて、好感が持てました♪
7. Posted by 苗坊   2007年01月06日 20:03
こんばんわ^^
歯医者が舞台の小説なんて、珍しいですよね^^
とても楽しめました。
四谷さんを始めスタッフの方々は良い方々ですよね〜
良かった・・・。
ヒロちゃんの話も気になりますね・・・。
読んでみたいと思います!
8. Posted by エビノート   2007年01月07日 20:20
苗坊さんへ♪
こんばんは!
歯医者さんって珍しいですよね〜坂木さんの他の作品ではクリーニング屋が舞台になってる「切れない糸」もおススメですよ♪
時間があるときにでも、ぜひ!
日常のいろんなところに謎って転がってるのかもと思いますね。
登場人物も優しい人たちばかりで、坂木さんの作品好きです。
9. Posted by す〜さん   2007年07月14日 20:49
歯医者好きにはたまらない本でした。
こんな歯医者なら行きたくなりませんか?
歌子さんのキャラが立ってて良かったなぁ〜。
まだまだ続きが読みたい作品でした。
10. Posted by エビノート   2007年07月14日 22:55
す〜さんへ♪
す〜さんは、歯医者好きなんですね。
すごいです!
私は、ちょっと苦手…(^_^;)
だから、こんな歯医者さんがあったら、ぜひ行ってみたいです!!
この作品、私も続きが読みたいです♪
11. Posted by しんちゃん   2007年10月22日 17:42
この温かいゆるさがすごく好きでした。
ホテルもクリーニング屋もチェックしなくちゃ。
ひきこもりは…、時間があれば。
12. Posted by エビノート   2007年10月22日 21:34
しんちゃんへ♪
ホテルは積読で、待機中でした!
読まねば!!
クリーニング屋の話も良いですよ〜♪
ひきこもりの話よりも好きかも。
13. Posted by すずな   2007年12月07日 10:25
こんにちは。
恋愛要素の方が大きい印象で、ミステリ部分は物足りない感じでしたね〜。「ミステリー風」っていうのに納得です。
ヒロちゃんのお話・・・短編を読んでるはずなんですが、記憶の彼方に・・・;;;早速、探してみなきゃ!と思ってます。
14. Posted by エビノート   2007年12月08日 20:47
すずなさんへ♪
こんばんは!
ミステリー風恋愛小説でしたね〜。
でも、恋愛の部分に満足しちゃったので、不満はナシです(笑)
ヒロちゃん主人公の『ホテル・ジューシー』
今日読み終わりました〜♪
私も単行本で読むまで、うろ覚えでした(^_^;)
15. Posted by たこやき   2008年02月09日 17:24
こんにちは〜。

>怖いというのがれっきとした病気なんだということなど、この本を読んではじめて知りました。

を読んで、「え?」と思って検索してみたら、本当にあるんですね。いや、驚きました(笑)
症状とかを見ると、もっと厳格な基準とかあるみたいですけどね。私も、「得意」ではないですし、歯科検診とか行った方が良いのだろう、とは思うんですけどね…つい…(−−;)

品川Dクリニックみたいなところ、どっかにないですかね?(笑)
16. Posted by エビノート   2008年02月10日 21:15
たこやきさんへ♪
こんばんは!
私も、ほんとにあるんだなぁ〜って驚きました。で、苦手なのもしょうがないのよと、逆に開き直って歯医者さんから遠ざかっている私(^_^;)だめですねぇ〜苦笑
品川Dクリニックみたいなところがあったら、行ってみたいですよねぇ♪
17. Posted by らぶほん   2008年05月30日 11:10
こんにちは、歯医者が嫌いな私でも、こんな歯医者さんなら行ってもいいかな?と、思わせてくれた作品でした(笑。
サキがひと夏の間に、人間としても女性としても成長したことが嬉しいですね。
「ホテルジューシー」を先に読んでいたので、すぐに物語に入り込むことができました。
現実問題として、2年の遠距離恋愛は大変そうですが、きっと二人なら大丈夫な気がしました。
18. Posted by エビノート   2008年05月30日 21:50
らぶほんさんへ♪
こんばんは。
そうですよね〜。こんな歯医者さんなら私も行ってみたいです♪やっぱり歯医者は苦手〜という意識が根強くって、足が遠のいてます(^_^;)
サキの成長がとても爽やかで、サキの恋も含めて応援したくなっちゃいました。ふたりなら、遠距離でもきっと大丈夫ですよね。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール

エビノート

rssなど
【ほんぶろ】にて、
特集ページを
作成していただきました♪
↓↓
エビノートの特集ページ


Subscribe with livedoor Reader
月別記事
お気に入り
いらっしゃいませ♪
メールはこちらから
アクセス解析
QRコード
QRコード
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: