2006年11月08日

LOVE or LIKE 〔石田衣良・他〕 3

LOVE or LIKELOVE or LIKE
石田 衣良

祥伝社 2006-07
売り上げランキング : 186544
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

≪内容≫
「好き」と「愛してる」の違いって?
(恋愛アンソロジー オール書下ろし)
男女が出会うと、いろいろな感情が生まれる。
気になる、好き、愛しい、せつない……。
友だちが恋の対象になるのは、どんなときだろう?
転校生への憧れ、再会した同級生への複雑な感情、文通相手のまだ見ぬ異性へのときめき…。
微妙な機微を、6人の実力派男性作家が描く恋愛アンソロジー
(出版社/著者からの内容紹介より)

久々にアンソロジーを手にとってみました♪
読みたかったのは山本幸久さんの小説。
その他の作家さんも読んだことのある方もいたのということもあって。
いろんな作家さんの作品を一冊の本でつまみ食いというか、ちょっとずつ味わえるのって良いですね〜♪
思いがけずいい作品、いい作家さんに出会えたりもするし。

今回とっても良いなぁと思ったのが、中村航さんの「ハミングライフ」という作品でした。
ノラ猫と木のウロポストを介して見知らぬ相手と交信するという物語なんですが、これがほんとにハミングしたくなるようなほのぼのとした話。
ウロポストにウロレター、うるるるーんに、テケルイルイ、ミナミナなどなど物語に出てくる言葉もほのぼのさに一役買ってます。
所々に出てくるイラストも可愛らしかったです。
著者自身が描いたものもあるんですね。

中田永一さんの「なみうちぎわ」も良かったです。
「眠り姫」をモチーフにした話なんでしょうね。
主人公の名前が姫子だし。

●収録作品●
石田衣良 「リアルラブ?」
谷内康弘(ヤス)と大崎加奈子(カナコ)は、代官山にあるカフェでアルバイトをする大学生。Hをする関係だけど、付き合っているわけじゃない。なぜならお互いに好きな相手が別にいるから。カナコはカフェのチーフに、ヤスはカフェの常連客のマダムにそれぞれ片思いしている。

中田永一 「なみうちぎわ」
私(餅月姫子)は、2002年11月、5年ぶりに目がさめた。5年前の1997年、高校生になったばかりの年、海で溺れかけて死にかけて以来、意識を取り戻すことなく眠っていたのだった。目ざめた私の前に、5年分成長した灰谷小太郎が現れる。

中村航 「ハミングライフ」
私(藍)は、街にあるさまざまな営みを見つけると少しだけ嬉しい気持ちになる。輸入雑貨店で働く私は、店の昼休みに公園に行ってお昼を食べる。その公園の茂みで見つけたのはプラスチック製の小さな皿と、一匹のノラ猫だった。公園の片隅で行われている営みに気を良くした私自身も、ノラ猫に牛乳をやる習慣を持つようになる。そして、そばにある大きな木にぽっかりと空いたウロを見つけてから、新しい習慣がもう一つ増える。

本多孝好 「DEAR」
僕(相田)と舟木と黒崎。そして、小学6年生のときに転校してきた笹山はるか。僕たちは二十歳になったときに彼女にあることを教えてもらう約束をしていた。あれから、8年。二十歳になった僕と舟木と黒崎は、小学校の同窓会で再会する。

真伏修二 「わかれ道」
高校2年生のとき、新川幸恵が転校して来た。美しい肖像画から抜け出してきたような美人の彼女に、誰もが夢中になった。僕(青山)も、バスケ部のエースの本神恭次も。

山本幸久 「ネコ・ノ・デコ」
真弓子は「ネコ・ノ・デコ」の店長。たった一人のアルバイトであるさやかと働いている。斜め前のスープカレー専門店に昼食をとりに行ったところ、懐かしい人物と再会する。

単行本
祥伝社[2006.7発行]
【読了 2006.11.5】

ebinote at 22:22コメント(6)トラックバック(4) 
★アンソロジー★ 

トラックバックURL

トラックバック一覧

1. 「LOVE or LIKE」  [ ナナメモ ]   2006年11月09日 22:48
LOVE or LIKE 石田 衣良, 中村 航, 本多 孝好, 真伏 修三, 中田 永一, 山本 幸久 男性作家6人による恋愛アンソロジー。 以前読んだ「I love you」と同じ出版社。内容は全体的にこちらの方が好きです。前作は男の人の視線というのか、こんな女っていないでしょ!っ...
2. LOVE or LIKE  [ 苗坊の読書日記 ]   2006年12月11日 00:03
5 LOVE or LIKE オススメ! 男女が出会うと、いろいろな感情が生まれる。 気になる、好き、愛しい、せつない…。友だちが恋の対象になるのは、どんなときだろう? 転校生への憧れ、再会した同級生への複雑な感情、文通相手のまだ見ぬ異性へのときめき―。 微妙な機微を、....
3. 「LOVE or LIKE」石田衣良 他  [ 本のある生活 ]   2007年01月17日 12:36
LOVE or LIKE 以前伊坂さん目当てで手にとった、男性作家による恋愛アンソロジー「I love you」がよかったので、これも楽しみだったのです。やっと書架に戻っているのを発見しました。 伊坂さんの作品は入ってませんでしたが、今回もなかなかよかったです。石田さんはよ....
4. LOVE or LIKE  [ それでも本を読む ]   2008年04月11日 23:14
LOVE or LIKE(2006/07)石田 衣良、中村 航 他商品詳細を見る <男性作家が紡ぐ六つの恋愛小説> あまりに忙しくて、レビューが停滞してしまいまし...

コメント一覧

1. Posted by なな   2006年11月09日 22:49
こんばんは。

「なみうちぎわ」が「眠り姫」
気がつきませんでした。そうかーそうですよね。

「ハミングライフ」は映画化されるようですね。
2. Posted by エビノート   2006年11月10日 21:41
ななさん
こんばんは!
「なみうちぎわ」の空気感が好きでした。
「眠り姫」は作品中にも登場したので、私の思い付きではないんですが、読んでいてイメージしやすかったです。
「ハミングライフ」映画化されるんですか!
検索検索…
ほんとだ〜
ポスターではネコが犬になってましたね〜
ネコでは撮影が難しかったのかな?
3. Posted by 苗坊   2006年12月11日 00:04
こんばんわ^^
私は「なみうちぎわ」が1番好きでした。
こういう恋愛、素敵ですよね〜。
もう完璧乙女入ってます^^;
「ハミングライフ」も好きです。
こういう恋愛、憧れますね。
映画化、私もななさんに聞いて検索しました。
井上さん、結構好きなんですよね。
でも、全国公開じゃないみたいなので、がっかりでした^^;
4. Posted by エビノート   2006年12月11日 21:03
苗坊さん
こんばんは!
「なみうちぎわ」「ハミングライフ」ともにステキですよね。
私もこんな恋がしてみたいです〜♪
乙女心をくすぐられる作品ですよね(^_^;)
「ハミングライフ」の映画化は嬉しいけれど、すぐには観れそうにもないところが残念。
井上さん、どんな方なのか実は知らないんです・・・汗
DVDになることを祈ってます!
5. Posted by june   2007年01月17日 12:38
エビノートさん、こんにちわ。
「なみうちぎわ」は、私も眠り姫だ!って思ったんです。でも「姫子」という名前にまで思い至らず・・。エビノートさんの記事で知ってうれしくなりました。
「ハミングライフ」いいですよね。ウロレターやってみたいものです。
6. Posted by エビノート   2007年01月17日 21:34
juneさんへ♪
こんばんは!
「なみうちぎわ」の姫子は、眠り姫の姫子なのかなぁなんて、深読みかしら?と思いつつ書いちゃいました。違ってたらどうしよう 汗
「なみうちぎわ」も「ハミングライフ」もこんな恋してみたいなと思っちゃうような素敵な話でしたよね。
死にかけて眠り続けるってのは嫌だけど(誰もいなくなりそう・・・(^_^;)
ウロレターで誰かと繋がるって素敵です♪

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール

エビノート

rssなど
【ほんぶろ】にて、
特集ページを
作成していただきました♪
↓↓
エビノートの特集ページ


Subscribe with livedoor Reader
月別記事
お気に入り
いらっしゃいませ♪
メールはこちらから
アクセス解析
QRコード
QRコード
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: