2007年01月09日

一瞬の風になれ 第三部 ドン 〔佐藤多佳子〕 5

一瞬の風になれ 第三部 -ドン-一瞬の風になれ 第三部 -ドン-
佐藤 多佳子

講談社 2006-10-25
売り上げランキング : 1394
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

≪内容≫
すべてはこのラストのために。話題沸騰の陸上青春小説
ただ、走る。走る。走る。他のものは何もいらない。
この身体とこの走路があればいい……
「1本、1本、全力だ」
そして、俺らはいつものように円陣を組んだ。
総体に行くためだけでなく、タイムを出すためだけでなく、鷲谷と戦うためだけでなく、何より、俺たち4人でチームを組めたことのために走りたいのだった。
「この決勝走れて、どんなに嬉しいか、言葉じゃ言えねえよ」
全3巻圧倒的迫力の完結編!!
(出版社/著者からの内容紹介より)

いよいよ、最終巻。
新二も連も高校三年生になりました。
これまでに培ってきたいろいろなものが、うまく機能しはじめた感じです。
バイクや車を少しずつチューンナップして、早く走るように整備するように、新二も連も、少しでも早く走れるように、自らの体を整備、調整しています。
そして、高校3年生になった二人は精神的にも成長しています。
いつ走ることをやめてしまうのか、入学当初は不安だった連はそんなこともあったなぁという感じで、しっかりしたし。
心配だった体力面も、地道な持久力トレーニングを積むことで安定感が増してきました。
新二も、教えられたことをやみくもにやるだけでなく、自分で課題を見付けて、自らの頭で考えるようになっています。
さらに早く走るとこが出来るように、生活の全てを陸上一色にして、肉体面・精神面ともに自らを見つめています。
部長という責任のある立場になり、部内の人間関係の調整、他の部員への心配りなどもしっかりとやって、新二は、本当に頼りがいのある先輩に成長しました。
さまざまな困難、苦境を乗り越えてここまでやってきた彼らがきっと何かやってくれるはず!という期待が否が応でも高まる最終巻です。

二人が走っているのを、いえそれだけじゃなく、4継(4×100Mリレー)のメンバーが走ってる姿、春高の陸上部員がそれぞれに頑張る姿をずっとずっと見ていたい。
読んでいたいと思う、素晴らしい最終巻でした。
試合の場面だけではなく、練習の場面、その他部員同士で話している場面などで、何度となく胸が熱くなってしまいました。
特に、これまで新二や連とずっと4継のリレーに出ていた根岸くんの語った夢の場面では、もう涙。
根岸くん良いやつだ〜。
ひたむきに何かをやっている人たちって、なんて爽やかで、いい奴なんだろう。
新二や連だけでなく春野台高校の陸上部員、根岸くんや桃内くん、鍵山くんといったリレーメンバー、目立たなかった鳥沢さん、溝井くん、五島くんなど脇役の彼ら全員のことが大好きです。
それだけじゃなく、新二や連がずっと目標にしてきた鷲野高校の仙波くん、高梨くんもライバルなのにとっても良いんです。

走るという題材から、どうしても三浦しをんさんの『風が強く吹いている』と比較しながら読んじゃいました。
最初はレースの描写が分かりづらいなぁ〜臨場感が伝わってこないなぁ〜イマイチ?と正直なところ思ったのですが、
でも、終わってみれば何度となく胸が熱くなり、走るっていい!一つのことに打ち込む姿っていい!と爽やかな感動を覚えました。
おススメです♪

単行本
講談社[2006.10発行]
【読了 2007.1.2】

にほんブログ村 本ブログへブログランキング(小)

ebinote at 19:43コメント(28)トラックバック(20) 
さ行:佐藤多佳子 

トラックバックURL

トラックバック一覧

1. 一瞬の風になれ 第三部 ドン  [ ぼちぼち。 ]   2007年01月10日 20:56
『一瞬の風になれ 第三部 -ドン-』佐藤多佳子(講談社) すべてはこのラストのために。話題沸騰の陸上青春小説 ただ、走る。走る。走る。他のものは何もいらない。 この身体とこの走路があればいい……。 「1本、1本、全力だ」 そして、俺らはいつものように円...
2. 一瞬の風になれ 第三部 -ドン-  佐藤 多佳子  [ モンガの独り言 読書日記通信 ]   2007年01月11日 00:43
一瞬の風になれ 第三部 -ドン- 佐藤 多佳子  301 ★★★★☆  【一瞬の風になれ 第三部 -ドン-】 佐藤 多佳子 著  講談社  《陸上競技、とりわけ400mリレーが身近になりました》  出版社/著者からの内容紹介より すべてはこのラストのために。...
3. 一瞬の風になれ 3 ―ドン― [佐藤多佳子]  [ + ChiekoaLibrary + ]   2007年01月12日 11:28
一瞬の風になれ 第三部 ― ドン― 佐藤 多佳子 講談社 2006-10-25 『一瞬の風になれ 第一部 ―イチニツイテ―』、『一瞬の風になれ 第二部 ―ヨウイ―』に続く、『一瞬の風になれ』三部作の第三部、ついに完結編です。 高校二年生の終わりから、三年生へ。新入生の入部...
4. 『一瞬の風になれ 第三部−ドン−』  [ お菓子を片手に、日向で読書♪ ]   2007年01月14日 00:36
一瞬の風になれ 第三部 -ドン- 佐藤 多佳子 とうとう最終巻です。 三年生に進級し陸上部部長となった新二。 これまで4継は根岸・練・桃内・新二のメンバーだったけど、実力のある新入部員、鍵山が入ってきたことで根岸は4継メンバーから外れた。しかし鍵山は実力...
5. 『一瞬の風になれ(1)〜(3)』 佐藤多佳子 講談社  [ アン・バランス・ダイアリー ]   2007年01月19日 07:27
4 『俺さ、おまえとかけっこしたくて、この部に入ったんだよ』 直木賞、受賞なしですか。これも候補にあがってたんですが、残念でした。 ずっと続けてきたサッカーへの情熱が薄れてきたのを感じた新二は、高校入学を機会に中学時代からの友人、連とともに陸上部に入部....
6. 一瞬の風になれ第三部ドン 佐藤多佳子  [ 粋な提案 ]   2007年01月20日 13:44
カバーイラストはクサナギシンペイ。デザインは有山達也、飯塚文子。 着実に力をつけた新二は高校3年に。トレーニングに耐える身体を作り、逃げない闘志を鍛えてきた連。…砂浜走反復3000mのエネルギー・ゼロ。自分の指
7. 佐藤多佳子の「一瞬の風になれ」を読んだ!  [ とんとん・にっき ]   2007年01月27日 09:36
この本のことは去年の夏の終わり頃から、なんとなく耳に入ってきたので知ってはいました。本の題名はわからず、陸上部のことを書いた高校生の「スポコンもの?」の本だというので、僕は絶対に読まないだろう分類の本だと思っていました。汗くさい「青春」というも
8. 『一瞬の風になれ』(佐藤多佳子著)(3)ドン  [ 栄枯盛衰・前途洋洋 ]   2007年01月31日 22:26
『一瞬の風になれ』の第3部ドンを読み終わった。 第3部は、主人公神谷新二と親友でありライバルでもある一ノ瀬連の2人の高校アスリートとしての最後の3年生のシーズンを描く。インターハイの地区予選から始まり、県予選、最後はインターハイ出場をかける南関東大会。 4月には...
9. 「一瞬の風になれ 第三部 -ドン-」佐藤多佳子  [ ナナメモ ]   2007年02月01日 09:48
一瞬の風になれ 第三部 -ドン- 佐藤 多佳子 3年生になった新二。 はぁ〜ドキドキ、ニヤニヤ、ウルウル。本当にページをめくるごとにいろんな感情を持って読みました。いいなぁ。爽やかだなぁ。小学校1年生の息子が、去年の夏から学校のサッカーチームに入ったん...
10. 「一瞬の風になれ」佐藤多佳子  [ 読書とジャンプ ]   2007年02月18日 18:19
してやられました。スポーツものって、なんでこうも応援したくなるものなのか。自分の信じた道を、全身全霊をかけて突き進む、取り組む、打ち込む姿に心揺さぶられました。                   1イチニツイテ      2ヨウイ        3ド...
11. 「一瞬の風になれ-ドン−」  [ 柚子すき毎日 ]   2007年04月06日 22:41
一瞬の風になれ 第三部 -ドン- 佐藤 多佳子 あきらめない 絶対に 新二の健ちゃんの事故から立ち上がる姿から南関東決勝までが描かれています。 地道な努力が新二を初めみんなに成果が出たり新しい問題児が入部してきたり根岸の途方もない、けど実現可能かもしれな...
12. 一瞬の風になれ-3-ドン  佐藤多佳子  [ 今更なんですがの本の話 ]   2007年04月11日 21:53
間が空いてしまいましたが『一瞬の風になれ』もいよいよ最終巻、ドンです。1、2巻を読んだときの熱が少し冷めちゃっていたけど、ページを開けばすぐさま新二や蓮、根岸の熱気が伝わってきて、こちらも暖まってきました。 新二が陸上をはじめてちょうど2年。再上級生と....
13. 本「一瞬の風になれ」  [ <花>の本と映画の感想 ]   2007年04月28日 15:25
一瞬の風になれ 佐藤多佳子  講談社  2006年10月    第一部  イチニツイテ         第二部 ヨウイ        第三部 ドン ? サッカーの強豪で偏差値も高い私立校、海嶺で活躍する兄の建ちゃんといっしょのチームになりたかった...
14. 『一瞬の風になれ』佐藤多佳子  [ まったり感想日記 ]   2007年05月12日 14:45
主人公新二の周りに、サッカー選手の兄・健一と、短距離走者の親友・連の2人の天才。兄への複雑な想いからサッカーを諦めるが、連の美しい走りに導かれ、スプリンターの道を歩むことになる。夢は、ひとつ。どこまでも速くなること。信じ合える仲間、強力なライバル、気に...
15. 一瞬の風になれ 3 ドン 佐藤多佳子  [ 苗坊の読書日記 ]   2007年07月16日 22:27
5 一瞬の風になれ 第三部 -ドン- オススメ! 高校の最終学年を迎えた新二。 入部当時はまったくの素人だったが、今では県有数のベストタイムを持つまでに成長した。 才能とセンスに頼り切っていた連も、地道な持久力トレーニングを積むことで、長丁場の大会を闘い抜く体力....
16. 一瞬の風になれ 第三部-ドン-(佐藤多佳子)  [ Bookworm ]   2007年08月07日 09:31
・・・ふぅ。脱力。 もうね、気力体力精神力その他色んなもの総動員で読了!という感じ。すごい爽快感というか充実感で全身を満たされているような気がします。面白かった。楽しかった。いっぱいわくわくした。すんごいどきどきした。・・・どっぷり疲れた(笑)本当に疲れた...
17. 一瞬の風になれ 第三部ドン<佐藤多佳子>−(本:2008年30冊目)−  [ デコ親父はいつも減量中 ]   2008年02月24日 02:04
一瞬の風になれ 第三部 -ドン- 出版社: 講談社 (2006/10/25) ISBN-10: 4062136813 評価:95点 三部作の完結編。 新二も連もそして他の仲間達も、鍛えに鍛えて強くなり、強豪たちと戦って勝ち上がり、そしてついには関東大会へ・・・。 最後の南関東大会4継決勝....
18. 一瞬の風になれ 第3部(佐藤多佳子)  [ ひろの東本西走!? ]   2008年03月27日 20:12
一瞬の風になれ 第3部(講談社)★★★★☆:90??95点 第2部を読んでから半年以上が経ち、ようやく第3部が図書館から回ってきて一気読みで読了しました。素晴らしかったです。 青春スポーツ小説には”野球
19. 一瞬の風になれ(第3部)ドン 佐藤多佳子  [ 色々なポイント+α ]   2008年09月22日 23:47
一瞬の風になれ(第3部)ドン 佐藤多佳子 すべてはこのラストのために。話題沸騰の陸上青春小説 ただ、走る。走る。走る。他のものは何もいらない。 この身体とこの走路があればいい……。 「1本、1本、全力だ」 そして、俺らはいつものように円陣を組んだ。総...
20. 「一瞬の風になれ」3部がちょっと残念・・・  [ ポコアポコヤ ]   2009年01月11日 08:41
1,2部は4つ☆半、3部は3つ☆で、トータル4つ☆です。

コメント一覧

1. Posted by ちきちき   2007年01月10日 20:52
こんばんは〜。

エビノートさんは続けて三冊読まれたのですね。ワタクシは頭の2冊は続けて読んだんですがラストはちょっと空いてからの読書だったので実はちょっと心配だったのですが、待たされた分も含めた感動があって良かったです。

やっぱり、どうしてもしをんちゃんの本とかを思い浮かべてしまって比べちゃったりしてしまいますよね。
私は高校生と大学生の差は大きいし、短距離と長距離の差もまた大きいと思ってしまいました。短距離、あんまりいろいろ考えられないですもんね…
2. Posted by エビノート   2007年01月10日 21:39
ちきちきさんへ
運良く3冊まとめて読むことができました。
一冊読み終わると次が気になって仕方がないって感じでした。
しをんさんの本も素晴らしいですが、この本も素晴らしかったです
どちらも、走ること、ひたむきに努力すること、仲間の素晴らしさを感じることが出来ました
走ることって人を熱くさせることが出来るんだなぁって思います。
私は読むだけ、見るだけなんですけどね
3. Posted by プリン   2007年01月10日 23:35
わ〜!すごい勢いで読んじゃったんですねぇ(+_+)

この本は直木賞にも選ばれていましたよね!発表までに読んじゃったなんてうらやましい!

わたしは今読んでいる本が面白くないわけでも、難しいわけでもないのに、全く進みません(^_^;)
わたしもエビノートさんみたいな勢いで読みたいのになぁ…
4. Posted by エビノート   2007年01月11日 20:16
プリンさんへ♪
直木賞の候補になる前に借りていたので、運よくまとめて読むことが出来ましたよ〜
受賞したらますます人気が出ちゃうでしょうね・・・今のうちに確保しておくのがいいかもしれませんよ!
近くだったら、まとめて全3巻お貸しするのに・・・(読み終わって、気に入ったのでまとめて買っちゃいました

お正月休みに読んだ本をアップしてるだけなんですよ〜
仕事が本格始動した今、全く読書が出来ない状態です・・・
そのうち貯金を使い果たしちゃいますね
本を読むタイミングってありますよね〜
あまりはかどらないときは、上手く気分転換しながら読書が楽しめるといいですね♪
5. Posted by モンガ   2007年01月12日 00:19
こんばんは、エビノートさん。
直木賞の候補になったんですね。
この本は、本当に良かったです。
この終わり方の余韻も良かったです。
青春に万歳したくなりました。
6. Posted by chiekoa   2007年01月12日 11:29
ほんとバンザイですよ〜!大好きです。
私もネギには泣かされました…!
浦木先輩にも泣かされたんですけど(笑)。
直木賞、とってほしい!!!!!!!
7. Posted by エビノート   2007年01月13日 16:59
モンガさんへ♪
こんにちは!
直木賞候補ってのも納得の素晴らしい作品でしたよね〜
もっと読みたいという気持ちにもなりますが、彼らはきっとこれからも走り続ける!それが感じられるラストだったので、私も満足です。
でも、続きが読めるなら読みたいですけど(笑)
ホント、青春に万歳!!です♪
8. Posted by エビノート   2007年01月13日 17:54
chiekoaさんへ♪
バンザイしたくなりますよね!
この最終巻はいろんなところで感涙でした。
これまでずっと新二たちの成長するところを見守ってきただけに余計に感動が高まりましたよね〜
みんな頑張ったねって、そばに行って言ってあげたい!!
根岸君の言葉すごく感動でした。浦木先輩の青いハチマキも嬉しくなっちゃいました♪

直木賞どうでしょうね〜
良い作品だからちゃんと評価をして欲しいです!
3巻という長さに読めない(読まない?)選考委員がいるんじゃないかと、心配してるんです〜
9. Posted by EKKO   2007年01月19日 07:26
こんんちは。
全3巻、一気読みでした。
6年の息子も楽しんで読んでいたので、買ってよかったと思いました。直木賞残念でしたが、とても素敵な作品だったと思います。
10. Posted by エビノート   2007年01月19日 21:43
EKKOさんへ♪
こんばんは!
長さが気にならないくらい、というより短い!と感じてしまうくらい面白い作品でしたね。
息子さんと一緒に楽しまれて読まれたんですね♪
幅広い年代の方が楽しめる作品ですよね。
それだけに直木賞は残念でしたが、きっと本屋大賞では上位にくるに違いない!と今度は予想しています。
11. Posted by 藍色   2007年01月20日 13:27
こんにちは。
爽快でした!一緒になって風になり、熱くなりました。
新二と連の成長、陸上競技にひたむきに前向きに挑む部員たち、三輪先生…みんなが好きになりました。
コーナーワークの名人でデカい夢を抱かせる根岸、よかったですよね。
いつまでも読んでいたかったです。
12. Posted by エビノート   2007年01月21日 18:11
藍色さんへ♪
こんばんは!
陸上競技場を吹き抜ける風のように爽やかな作品でしたよね。
私も最終巻、いつまでも読んでいたいって思っちゃいました。
根岸くんやその他の部員の活躍、それぞれの思いが良かったですよね。
みんな大好きだ〜〜って叫びたい(^_^;)
13. Posted by なな   2007年02月01日 09:49
エビノートさん、こんにちは。

なんだか読み終わっちゃうのがもったいない。ずーっとあの世界にひたっていたかったです。
こんな風に助け合いながら、高めあいながら高校生活を過ごせたら素敵ですよね。
14. Posted by エビノート   2007年02月02日 07:56
ななさんへ♪
おはようございます
読みおわっちゃうのがもったいないですよね〜
でも、気になって読まずにはいられない
こんな高校生活を送れたらいいですよね〜
部活動が充実したものになったのは、やっぱり顧問のみっちゃんの人柄によるものが大きかったように思います。
そして、もちろん部員一人ひとりも。
15. Posted by musagoro   2007年04月06日 22:37
こんばんは〜☆
とうとう、終わっちゃいました・・・
3巻をよんだら終わっちゃうんだって思ってなかなか手にすることがためらわれたんですが・・
読んでよかった!まだまだがんばるゾー

根岸君いい奴でしたよね〜。やっぱ何かに夢中な人っていい!
16. Posted by エビノート   2007年04月07日 21:12
musagoroさんへ♪
こんばんは!
読み終わっちゃった〜という感想良く分かります!!
読むのが勿体無いんですよね〜
でも、気になって手に取らずにはいられない!
根岸君ほんと良い奴でした〜
根岸君だけじゃなく、登場する人物みな大好き!
頑張るぞ〜!というパワーももらえる作品でしたね(^o^)/
17. Posted by たまねぎ   2007年04月11日 22:24
エビノートさんこんばんは。高梨はちよっと残念でしたね。
ずっと続いていくであろう、彼らのかけっこをもっと見ていたかったです。
もしかしたらその先には日本人スプリンター達の悲願がとも期待してしまいます。
18. Posted by エビノート   2007年04月11日 23:03
たまねぎさんへ♪
こんばんは!
高梨くん、確かに残念でしたね。
彼にも積み重ねてきた3年間があると思うと、
万全のところで勝負させてあげたかったという気持ちになってしまいますね。
それが勝負の世界なんだろうけれど・・・
主役たちを含めて、脇役、ライバルであっても応援したくなってしまう、爽やかな作品でした。
いつまでも読んでいたい作品だから、彼らのその後の活躍も期待してしまいますよね〜。
19. Posted by せりざわはな   2007年05月12日 14:54
こんにちは!はじめまして。
どなたかのTBを辿ってブログ名が似てるので釣られてお邪魔してしまいました
3冊まとめての記事ですが、TB失礼致します!!

>新二は、本当に頼りがいのある先輩に成長しました。
陸上というものを素人の私に教えてくれるだけじゃなく、主人公の成長も3冊で目を見張るものがあって読み応えがありました♪
インターハイ目前で完結は残念でしたが〜〜。

昔の記事にコメとTBをどうも失礼致しました\(^o^)/
20. Posted by エビノート   2007年05月13日 19:28
せりざわはなさんへ♪
こんばんは!
コメント&TBありがとうございました♪
ブログ名がご縁で訪問していただいたんですね!
嬉しいです♪

そうそう、もっと読みたい!というところで終わってますもんね。
ちょっと残念ですが、彼らはきっとこれからも走り続けるんだって信じられるから、満足です。
でも、続編があったらいいのになぁ〜!!

昔の記事でも、コメント&TB嬉しいです。
これからもよろしくお願いします!
21. Posted by 苗坊   2007年07月16日 22:32
こんばんわ^^
本当〜〜〜に良かったです!
こういうスポ根小説大好きです!
最後のみんなの抱擁は感動的でした。私まで涙しそうでした。
青春ですよね〜。
新二もいいし、他のみんなも本当に素敵。最後の最後で連にも惚れました^^
22. Posted by エビノート   2007年07月17日 21:46
苗坊さんへ♪
こんばんは!
楽しまれたようで良かったです♪
充実の読書タイムだったのでは?
素晴らしい最終巻で、私も感動して涙が出てきましたよ〜。
爽やかな感動が味わえる、最高のスポ根小説でしたね。
苗坊さんは、きっと連のことも好きになってくれるって信じてました!
良かった〜〜
みんな素敵ですよね〜♪
23. Posted by すずな   2007年08月07日 09:31
読了後にどっぷりとした脱力感に浸りました。心地よい脱力感でした。
私は運動は苦手で、もちろん陸上もなんですけど、新二たちと一緒に走って走って走り抜けた気持ちになれました。
エビノートさんの記事を読みながら、あの時の気持ちが甦ってきてウッカリ涙ぐんでしまったり(笑)読書の楽しみを再確認できたお話だったなーと改めて思いました。
24. Posted by エビノート   2007年08月07日 20:27
すずなさんへ♪
新二たちと一緒になって走り抜けた気持ち、本当にそんな感じですよね〜。
私も運動は苦手なんだけど、走ることってなんて素敵なんだ!と思えました。
登場人物たちとの一体感を味わえる、最高の読書タイムを味わうことが出来て大満足です♪
25. Posted by しお   2008年09月23日 01:12
いいですねぇ〜。
やっぱり三年間見守ってきたって感じがしてしまうのですかね。つらい練習、つらい体験、先輩のつらい話等々。絶対に新二たちには頑張って欲しいって思ってしまいますよね。
26. Posted by エビノート   2008年09月23日 21:34
しおさんへ♪
そうですよね。3年間見守ってきたという思いがあるだけに、感慨もひとしおでした。最後の方では、頑張れ!頑張れ!とページをめくる手についつい力が入っちゃいましたもの。
27. Posted by latifa   2009年01月11日 08:44
エビノートさん、こんにちは!
今年もよろしくお願いします(^▽^)

これ、今更ながら読みました。エビノートさんは、1部はまあまあ・・・2部で少しアップ、3部で盛り上がって・・という経緯だったのですね^^
私はね、1,2部は、すごい盛り上がって読んだのですが、3部では私が読みたかった部分が語られないまま終わってしまったのが、消化不良で、え〜〜終わっちゃうの?こんなにぶあつい本なのに??って事が残念でした。
お兄ちゃんとの事が、あれで終わってしまったのが、うそー!と思ってしまったんですよ・・・
でも、面白い小説でした!!
28. Posted by エビノート   2009年01月11日 20:07
latifaさんへ♪
こんばんは。
こちらこそ、今年もよろしくお願いします♪

私とは逆ですね〜。徐々に試合の面白さに目覚め、終盤はのめり込むように読んじゃいました。あ、でも確かにお兄ちゃんのその後がなかったですね〜。すっかり失念してしまってましたが、確かに気になる。きっと復帰してくれてると思うんですけどね。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール

エビノート

rssなど
【ほんぶろ】にて、
特集ページを
作成していただきました♪
↓↓
エビノートの特集ページ


Subscribe with livedoor Reader
月別記事
お気に入り
いらっしゃいませ♪
メールはこちらから
アクセス解析
QRコード
QRコード
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: