2007年03月05日

流れ星が消えないうちに 〔橋本 紡〕 3

流れ星が消えないうちに流れ星が消えないうちに
橋本 紡

新潮社 2006-02-20
売り上げランキング : 83585
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

≪内容≫
大好きな人が死んじゃうよりも、世の中にはもっと悲しいことがある…。
つらくって一睡も出来なくても、朝は来るし。
涙が涸れるほど泣いてても、やっぱりお腹は空くもので。
立ち直りたいなんて思ってなくても、時間はいつでも意地悪で、過ぎ去った日々を物語に変えてしまう―。
玄関でしか眠れないわたしと、おバカな僕と、優しすぎる彼を繋ぐ「死」という現実。
深い慟哭の後に訪れる、静かな愛と赦しの物語。
(BOOKデータベースより)

良かった〜。

旅先で加地くんが死んでしまってから1年半。
恋人だった奈緒子は、新しい恋人はいるものの、玄関でしか眠れない。
自分の部屋や、その他のいろんな場所に加地くんのにおいが染み付いているような気がするから。
奈緒子の現在の彼氏の巧。
加地とは、高校時代からの親友だったのだが…。

死んでしまった加地君を中心に奈緒子と巧が繋がっている不安定な状況にあることが、最初に分かるんです。
こんな不安定な状況で上手くいくのかしら?と、こちらも不安に思いながら読み進めました。

高校2年生の時の文化祭。
そのプラネタリウムのエピソードがとても良いなぁ〜。
男の子も好きな相手に告白する時に、友人の力になったりするんだよね。
回想される初々しい恋の始まりが、何だか懐かしかったです。
こんな素敵な恋をしたことないけど…。

それだけに喪失感が大きかったんだということが伝わってきます。
奈緒子と巧のそれぞれの視点で書かれているので、お互いの心境がより伝わってきました。
特に、巧は良いなぁ〜。
体育会系の、行動が先で考えるのは後というような単純だけど、その中に繊細な思いも持ち合わせている彼に好感が持てました。

ラストは、プラネタリウムが効果的に登場し、じんわりとした感動をもたらしてくれます。
家出してきた奈緒子のお父さんは、この後どうするのかなぁ〜。
お母さんに分かってもらえると良いね。

単行本
新潮社[2006.2発行]
【読了 2007.2.25】

にほんブログ村 本ブログへブログランキング(小)

ebinote at 22:13コメント(9)トラックバック(7) 
は行:その他 

トラックバックURL

トラックバック一覧

1. 流れ星が消えないうちに 橋本紡  [ "やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!! ]   2007年03月06日 03:02
3 流れ星が消えないうちに ■やぎっちょ書評 恋愛モノでありながら、ヒューマンドラマな、ちょっぴり切ないラブストーリーでした。 ストーリーとしては良くあるパターンなのかもしれないけど、主人公の奈緒子の元彼、加地君が外国を旅行中に死んでしまいます。 で、今は加....
2. 流れ星が消えないうちに  [ ぼちぼち ]   2007年03月06日 21:57
流れ星が消えないうちに 橋本 紡 『流れ星がきえないうちに』橋本紡(新潮社) すごく良かったです。これはかなり好き。 前に読んだ『猫泥棒と木曜日のキッチン』(メディアワークス)よりいい。 それにしても、 大好きな人が死んじゃうよりも、もっと悲しいこと...
3. (書評)流れ星が消えないうちに  [ たこの感想文 ]   2007年03月07日 19:40
著者:橋本紡 流れ星が消えないうちに価格:¥ 1,470(税込)発売日:2006
4. 流れ星が消えないうちに/橋本紡  [ 徒然書店 ]   2007年03月08日 23:48
4 久し振りに小説を。 「流れ星が消えないうちに」/橋本紡 名前も知らない外国の小さな島で死んでしまった大好きな恋人・加地を忘れられない奈緒子。 加地と親友で今は奈緒子と付き合う巧もまた、忘れられないでいた。 電撃小説大賞受賞者が放つ 切なく繊細な恋愛小説...
5. 「流れ星が消えないうちに」橋本紡  [ しんちゃんの買い物帳 ]   2007年04月05日 17:09
流れ星が消えないうちに橋本 紡 (2006/02/20)新潮社 この商品の詳細を見る 旅先で加地くんが死んでしまってから1年半、わたしは玄関でしか寝れない。 加地くんが死んで、彼の気配だけが残っているベットにはいたくなかった。
6. http://dekigoto34.blog103.fc2.com/blog-entry-45.html  [ 読書日和 ]   2007年07月12日 21:30
初めて橋本紡さんの作品を読みました。 私は、日本語の長めのタイトルと、空の写真を使った装丁にヨワイようで、この本も図書館で見つけてすぐに借りました。。 流れ星が消えないうちに橋本 紡 (2006/02/20)新潮社 この商哀
7. 「流れ星が消えないうちに」橋本紡  [ りゅうちゃん別館 ]   2014年08月29日 16:33
高校から付き合っていた恋人が海外で事故死した。 残された女性と友人の物語。   主人公は21歳の大学生、奈緒子。家族と離れ、一人暮らしをしている。 そんな彼女の所に、家出してきた父親がやって来た。 奈緒子には加地という恋人がいた。 しかし、彼は海外旅行中に…

コメント一覧

1. Posted by やぎっちょ   2007年03月06日 02:59
エビノートさんこんにちは♪
これはなかなか良いお話でしたよね。玄関で寝るというのがかーなりスキなんですよ。それを見たお父さんの「別に」的な態度とかかなりツボでした!!
橋本さんも結構ぬるまゆったりですね♪
2. Posted by ひととき   2007年03月06日 12:48
なかなかによかったですね〜。
私は従兄弟から橋本紡を勧められていたのですが、なるほど、青春物語としては面白く読めました。
ちょっと切なくて、でもどこか温かくて・・・。
プラネタの告白が「うきゃ〜!」とジタバタしてしまいそうなくらいでした(笑)。
こんなことされたら、まいっちゃいますね〜。
・・・いいなぁ(爆)。
3. Posted by ちきちき   2007年03月06日 21:56
こんばんは。
久しぶりに自分の感想とか読んで見たら結構べた褒めしてました。
ちょっと恥ずかしい(^^ゞ

そしてあらすじではやっぱりいまいち思い出せず、エビノートさんの感想を読んでぽんやり思いだし、もう一度読み返したくなりました
4. Posted by エビノート   2007年03月06日 22:20
やぎっちょさんへ♪
なかなか良かったです〜〜
お父さんがサラリと流していたところが良かったですね〜
何も聞かなくても奈緒子の辛さや不安定さを感じ取っていたのかなぁ〜なんて思います。
ああ、そうですね〜橋本さんも【ぬるまゆったり】系ですよね!
痛みや辛さをゆったり包み込んでくれる感じ。
5. Posted by エビノート   2007年03月06日 22:29
ひとときさんへ♪
良かったです〜
そうそう、切ないんだけどあったかい気持ちになれるんですよね〜
優しくなれる読後感でした。
プラネタリウムの告白は、素敵でしたね〜
それを支えた陰の努力も、良いですよね〜
6. Posted by エビノート   2007年03月06日 22:40
ちきちきさんへ♪
この本、ちきちきさんの2006年の読書のまとめでお気に入りの作品になってたのでチェックしてたんですよ〜!
と言いながら、TB送ってなくてごめんなさい。

奇抜な設定ではないかもしれないけれど、
文章から伝わってくるものがありますよね〜
優しい気持ちになれました。
7. Posted by 弥勒   2007年03月08日 20:36
かじくんと巧はどちらもいい子ですよねー
まるっきり正反対なのになぁ。
8. Posted by エビノート   2007年03月08日 21:14
弥勒さんへ♪
加地くんと巧、確かに正反対ですよね〜
この二人が仲良くなるきっかけになったエピソードが良かったです!
お互いに自分にないものを認め合って、友情を育んでいくってのがいいですよね〜
9. Posted by ジバンシー バッグ   2013年04月25日 10:29
まったり読書日記:流れ星が消えないうちに 〔橋本 紡�%c

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
プロフィール
rssなど
【ほんぶろ】にて、
特集ページを
作成していただきました♪
↓↓
エビノートの特集ページ


Subscribe with livedoor Reader
月別記事
お気に入り
いらっしゃいませ♪
メールはこちらから
アクセス解析
QRコード
QRコード
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: