2007年07月18日

七度狐 〔大倉 崇裕〕 3

七度狐 (創元クライム・クラブ)七度狐 (創元クライム・クラブ)
大倉 崇裕

東京創元社 2003-07
売り上げランキング : 140140
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

≪内容≫
落語誌編集生活二年目、春華亭古秋一門会を取材するため僻村に赴いた間宮緑。
折からの豪雨に鎖され陸の孤島と化した村に見立て殺人が続発する。
牧編集長が推理する真相とは?
著者初長編の書き下ろし本格ミステリ。

*第4位「2004 本格ミステリ・ベスト10」/国内本格ミステリランキング
(出版社/著者からの内容紹介より)

三人目の幽霊』の続編。
「季刊落語」シリーズ(と呼ぶのかな?)の第二弾は、長編でした。

「季刊落語」編集部勤務を命ずという衝撃の辞令から一年。
「静岡に行ってくれないかな」
新米編集者・間宮緑は、牧大路(まきおおみち)編集長から、突然春華亭古秋一門会の取材を命じられ、一人杵槌村へ行くことに。
何故こんな片田舎で?と疑問に思うものの、この春華亭古秋の一門会は、引退を表明している六代目・古秋が七代目を指名するという落語界の一大関心事。
世襲とされる「古秋」の名をかけて落語合戦に挑む六代目・古秋の息子たち。古市、古春、古吉。
しかし、一門会直前、折からの豪雨によって陸の孤島と化した村で「七度狐」という落語ネタを用いた見立て殺人が起こって…。

さて、この「七度狐」は、京都から伊勢へ向かう旅人を、狐が七回騙して仕返しするという噺です。
七回といいながら、高座では時間などの都合から、騙しが二回で定着し、残りの騙しは失われた幻の騙しになっています。
作中で、この幻の騙しを復活させようとした五代目・古秋は、45年前に謎の失踪をしているんです。
今となっては、誰もその内容を知らないはずなのに、幻の「七度狐」が、殺人事件に使われているわけです。

陸の孤島で起こる見立て殺人。
そして、五代目・古秋の失踪という過去の因縁や、古秋襲名の行方も複雑に絡んできて、読み応えがありました。
盛り込みすぎなのかなぁ〜と思うところもあったんですが、読んでいて楽しかったです。
探偵役の牧は、交通手段のない状況では村に来ることもできず、間宮緑がたった一人孤軍奮闘することになります。
一体、誰が犯人なんだろう? 過去の因縁とこの事件はどう繋がるの? と、先が気になってあっという間に読んでしまいました。
早く、牧編集長どうにかしてよ〜!って感じ。
間宮緑が、頑張ってるのは分かるんですけどね…やっぱり謎解きは牧編集長の役目かな。

落語家の名跡を継ぐって、結構おおごとなんですね〜。
知らなかった。
でも、殺人が相次ぐ中で、芸を磨くことしか頭にないって…、登場人物の噺家の正気を疑ったりもしました。
芸を極めることに、一意専心しているということかもしれないけれど、人としてどうなのってね。
芸のため、名跡のためなら人の生き死になど考えない、なんて。
芸を生業としている人は、親の死に目に会えなくても当たり前というようなことを聞くけれど、因果な商売ですね…。

単行本
東京創元社[2003.7発行]
【読了 2007.7.10】

にほんブログ村 本ブログへブログランキング(小)

ebinote at 19:58コメント(4)トラックバック(1) 
あ行:大倉崇裕 

トラックバックURL

トラックバック一覧

1. 七度狐  [ どくしょ。るーむ。 ]   2007年07月23日 01:53
著者:大倉 崇裕 出版社:創元推理文庫 紹介文: 久しぶりに、本格ミステリを読みました。 落語を楽しんでいるうちに事件が起こり、面白くて一気読みしてしまいました。 失踪した落語家の謎、陸の孤島で起こる見立て殺人、と本格要素満載ですが、陰鬱な雰囲気はなく、...

コメント一覧

1. Posted by ia.   2007年07月18日 20:39
こんばんわ。
このシリーズ、気になっていました。
見立て殺人も気になるけど、
やっぱり「三人目の幽霊」から読むほうが分かりやすいでしょうか?
2. Posted by エビノート   2007年07月18日 21:12
ia.さんへ♪
こんばんは!
「三人目の幽霊」と主要登場人物が共通するくらいなので、順番が逆でもそれほど違和感はないと思いますよ♪
でもやっぱり順番どおりのほうが安心して読めるかもしれないですね。
落語に少しでも興味があると、より楽しめると思います〜(^o^)/
3. Posted by ia.   2007年07月23日 01:59
こんばんわ。
図書館で見つけてしまって、結局先に読んでしまいました。
「三人目の幽霊」を買いに行ってから読もうと思ったのですが、読み始めると面白くて、止まらず・・・。
最後まで粋な演出で、見事に化かされました(笑)
4. Posted by エビノート   2007年07月23日 19:55
ia.さんへ♪
こんばんは!
楽しんでいただけたようで、良かったです♪
いろんな要素盛りだくさんで、楽しかったですよね。
そうそう!ラストにはビックリで、この後に続く作品があるのかしら?と思っちゃいました。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール

エビノート

rssなど
【ほんぶろ】にて、
特集ページを
作成していただきました♪
↓↓
エビノートの特集ページ


Subscribe with livedoor Reader
月別記事
お気に入り
いらっしゃいませ♪
メールはこちらから
アクセス解析
QRコード
QRコード
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: