2008年04月19日

ザ・万歩計 〔万城目 学〕 3

ザ・万歩計ザ・万歩計
万城目 学

産業編集センター 2008-03
売り上げランキング : 4759
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

≪内容≫
「鴨川ホルモー」でデビューの奇才、待望の初エッセイ集。
万博公園に出現したオレンジ色の巨大怪鳥、負のカリスマ「御器齧り」との仁義なき戦い…。
オニを遊ばせ鹿に喋らせるマキメ・マナブのマーベラスな日々。
(MARCデータベースより)

『鴨川ホルモー』『鹿男あをによし』で注目された万城目学さんの初エッセイ。
最初は、新作の小説?と思って手にとったんですが、中身はエッセイでした。
ちょっと残念…な気持ちもありましたが、なかなか楽しかったです。

大笑いとまではいかないけれど、文章を書くきっかけになった高校時代の課題の思い出から、社会に出て仕事をしつつ作家になろうと思った経緯、幼いころの不思議な思い出や、学生時代の旅の思い出など、万城目さんらしい文体でユーモラスに語る文章はスラスラと読めて面白かったです。
お祖父さんのエピソードや飼い猫とのエピソードなど、ホロリとさせるものもあったり。
万城目さん、エッセイもなかなかいけます。
けれど、やっぱり新作の小説を早く読みたいです〜。
待ち遠しい♪

単行本
産業編集センター[2008.3発行]
【読了 2008.4.15】

★TBさせていただきました★
香桑の読書室:ザ・万歩計(香桑さん)

にほんブログ村 本ブログへブログランキング(小)

ebinote at 23:36コメント(16)トラックバック(10) 
ま行:万城目学 | ★小説以外の読み物★

トラックバックURL

トラックバック一覧

1. ザ・万歩計   〜万城目 学〜  [ My Favorite Books ]   2008年04月20日 09:52
万城目さん、初のエッセイ集。 抱腹絶倒かと思いきや、 そうでもなく・・・・。 しかし、奥の深いエッセイ集だ。 色んな雑誌・メディア...
2. ザ・万歩計 万城目学  [ "やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!! ]   2008年04月20日 23:02
3 ザ・万歩計 ■やぎっちょ書評 やぎっちょA「だからさぁ。言ったんだよ。以前も瀬尾まいこさんのときにそれあったでしょ。勢いで買ったらエッセイだったって」 やぎっちょB「そやかてしゃあないやん。万城目学やで。次は大阪の話や思て買うやん普通。それにあれやで。4冊...
3. ザ・万歩計(万城目学)  [ Bookworm ]   2008年04月28日 14:47
万城目さんの初エッセイ集。
4. 「ザ・万歩計」万城目学  [ しんちゃんの買い物帳 ]   2008年05月09日 12:26
ザ・万歩計(2008/03)万城目 学商品詳細を見る 『鴨川ホルモー』でデビューの奇才、待望の初エッセイ集!●万博公園に出現したオレンジ色の巨大??..
5. 「ザ・万歩計」万城目学 面白かった〜!  [ ポコアポコヤ ]   2008年06月06日 21:02
「鹿男あをによし」「鴨川ホルモー」の作者である万城目学さんの初のエッセイ集。 すんごく面白かったです。5つ★あげちゃいます。
6. ザ・万歩計/万城目学  [ hibidoku〜日々、読書〜 ]   2008年07月17日 23:40
JUGEMテーマ:読書 読書期間:2008/7/6 [産業編集センターHPより] 『鴨川ホルモー』でデビューの奇才、待望の初エッセイ集!オニを遊ばせ鹿に喋らせるマキメ・マナブのマーベラスな日々が綴られています。
7. 万城目学 『ザ・万歩計』  [ 映画な日々。読書な日々。 ]   2008年09月05日 12:02
ザ・万歩計/万城目 学 ¥1,260 Amazon.co.jp 万博公園に出現したオレンジ色の巨大怪鳥とは。係長から「マキメっち」と呼ばれるとき。「この世に存在するはずのない曲」への想い…。オニを遊ばせ、鹿に喋らせる、マキメ・マナブのマーベラスな日々を綴ったエッセ...
8. ザ・万歩計 万城目学  [ 色々なポイント+α ]   2009年04月16日 01:00
ザ・万歩計 万城目学 オニを遊ばせ鹿に喋らせるマキメ・マナブのマーベラスな日々。初エッセイ集。(「BOOK」データベースより) 1章 ニュー・ソング・パラダイス(壊れかけのRadio局/愛しのビリー ほか)/ 2章 吐息でホルモー(夜明け前/吐息でホル....
9. ザ・万歩計  [ のほほん便り ]   2011年08月22日 11:58
今や、「鹿男あをによし」「鴨川ホルモー」「プリンセス・トヨトミ」で今をときめく流行作家、万城目学の初エッセイ集 なんだか、彼のルーツがぎゅっと詰まってる感。ふんわりとした、不思議半分、温かみのある人柄が、そのまま反映されてて、とても興味深かったです。
10. ザ・万歩計  [ 本の宇宙(そら) [風と雲の郷 貴賓館] ]   2013年05月14日 19:24
 「鴨川ホルモー」など、独自の作風で知られる小説家の万城目学氏が、自分の思い出や日常の愉快な話などを集めた面白エッセイ集・「ザ・万歩計」(文春文庫)。彼の作品の ...

コメント一覧

1. Posted by す〜さん   2008年04月20日 09:52
そうそう、大笑いはしないんだけど、
クスッとするところがたくさんあって
よかったです。
ところどころ爆笑エッセイもありましたけど。
なんか万城目さんの人柄がよく分かる
エッセイでした。
新作小説も楽しみです。
2. Posted by エビノート   2008年04月20日 19:36
す〜さんへ♪
そうそう、人柄の良く分かるエッセイでしたね〜。いろんなとこを旅してたんだなぁとか、興味深かったです。
雑誌連載中の「プリンセス・トヨトミ」でしたっけ?早く単行本で読めるといいですよね〜。
3. Posted by やぎっちょ   2008年04月20日 23:04
エビノートさんこんばんは♪
そーですよぉ。てっきりすっきり新作とばかり思ったのにぃ。時期的にも。次回作が楽しみですね★
4. Posted by エビノート   2008年04月22日 19:33
やぎっちょさんへ♪
こんばんは〜☆
そ〜なんですよね、中身を確かめずに読み出すとあれれ?エッセイだよ・・・と戸惑っちゃう(^_^;)
次は新作小説が読めますよね〜きっと。
期待しましょう♪
5. Posted by すずな   2008年04月28日 14:53
こんにちは。
・・・私、大笑いしちゃいました(^^ゞあの課題は特に。
面白かったぁ♪という印象が強くって、エビノートさんのレビューを読んで、「あ、猫ちゃんとかおじいちゃんとかシンミリしたのもあったなぁ・・・」というのを思い出しました;;;
6. Posted by エビノート   2008年04月28日 21:41
すずなさんへ♪
こんばんは〜☆
最初の課題ですよね。アレは面白かったです。万城目さんの書いた文章を評価してくれた先生、素敵です。そして、感謝ですよね。
万城目さんが面白い作品を書くきっかけを作ってくださったんだもの。
猫の話、おじいちゃんの話にはしんみりしちゃいました〜。途中まではふふふっと笑ってたんですけどね。
7. Posted by 香桑   2008年05月04日 00:39
エビノートさん、こんばんは。
猫の話には、人前で泣かされそうになりました。印象が強いです。
いろんなエピソードがぎっしりで、とても感想が書ききれませんが、小説家になる人のものの見方の面白さを垣間見たような気がします。
8. Posted by エビノート   2008年05月04日 19:51
香桑さんへ♪
こんばんは。
私も猫の話では泣けちゃいました。それまではふふふっと笑いながら読んでたのに、最後にこうくるとはです。
何気ないエピソードなのに、読んでいると楽しいんですよね。サラリと読めるんだけど、実際に書くとなると自分には出来ない。やっぱり物語を紡ぐ人ならではの感性なんでしょうね。
9. Posted by しんちゃん   2008年05月09日 12:32
こんにちは。
猫好きとしては、あのエピソードはきますよね。
それとサウナのあれは大爆笑でした。
でもやっぱり小説の方が読みたいです(笑)
次は地元なので期待もひとしおー。
10. Posted by エビノート   2008年05月10日 19:29
しんちゃんへ♪
こんばんは。
あの猫のエピソードでは、最後ウルウルッとなってしまいました。以前飼っていた猫を思い出しちゃって・・・
サウナ体験、確かに大笑いしちゃいました〜。本当にあんな風にされちゃうのかなぁ(笑)
次のお話は大阪ですね!どんな物語になってるのか私も楽しみです♪
11. Posted by latifa   2008年06月06日 21:05
エビノートさん、こんばんは★
私はコレ、すっごく面白かったんです。
何か・・この人は友達になれそうな人だ、って思ったんですよ(勝手にこっち側だけの思い込みですがw)

エビノートさんの、ちょっと残念だった・・のは、どういう所なのですか?^^良かったら、こっそり教えて下さい^^
12. Posted by エビノート   2008年06月06日 23:32
latifaさんへ♪
こんばんは。
万城目さんに共感しちゃったんですね〜。私も万城目さんとはお友だちになりたいかも。同じものを見ても、視点が違うというか、穂〜!そういうとらえ方もあるのかって思わせてくれそう。そして、笑わせてもらえそうです。
残念だった・・・と書いたのはですね、単に「新作の小説だと思ったのに、エッセイじゃん!チェッ」ってだけなんですよ(^_^;)
最初に確認しなかった、自分が悪いのにね 汗
でも、エッセイも楽しかったので、結果オーライなのです。
13. Posted by masako   2008年09月05日 12:08
こんにちは。
私も小説だと思ってたらエッセイだったのでちょっと驚きましたが、エッセイもすごく面白かったので大正解!と思いました。
小説ももちろんですが、エッセイもまた読みたいですね〜。
14. Posted by エビノート   2008年09月05日 22:40
masakoさんへ♪
こんばんは。
万城目さんのエッセイもなかなかいけますよね〜。
爆笑とはいかないまでも、プププッと笑ってしまったりでした。
作家になる方の発想力にもホホ〜ッとなっちゃいました。
エッセイ第二弾あるといいですね♪
15. Posted by しお   2009年04月16日 19:55
なかなか面白かったですね。
クスッと微笑したりウルッときたり、なかなかと濃い幼少時代、学生時代を過ごしてますね。
16. Posted by エビノート   2009年04月20日 21:31
しおさんへ♪
エッセイもユーモラスでしたね。
作家・マキメを形作った原点が垣間見えて楽しかったです。そしてこのエッセイに書かれたことが、このあとの作品にも反映するかも?と想像すると楽しいですね。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール

エビノート

rssなど
【ほんぶろ】にて、
特集ページを
作成していただきました♪
↓↓
エビノートの特集ページ


Subscribe with livedoor Reader
月別記事
お気に入り
いらっしゃいませ♪
メールはこちらから
アクセス解析
QRコード
QRコード
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: