2008年10月17日

ラン 〔森 絵都〕 3

ランラン
森 絵都

理論社 2008-06-19
売り上げランキング : 3532
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

≪内容≫
引っ越してきたばかりの「私」は、相棒の自転車を買った自転車屋さんに通ううち、店主の紺野と自分の境遇が似ていることを知り…。
「カラフル」から10年。
直木賞受賞後初の書き下ろし新作。
(MARCデータベースより)

森絵都さんの直木賞受賞後第一作は、大人もそして子どもも読んで楽しめる一冊でした。

中学1年の頃に両親と弟を亡くし、その後面倒を見てくれていた奈々美おばさんも二十歳で失った夏目環。
知り合った自転車屋の店主・紺野さんから別れ際にもらった1台の自転車「モナミ一号」。それは、紺野さんが亡くなった息子のために組みあげた世界にたった一つの自転車だった。
この自転車ならどこまでも行ける、そう感じていたいた環はあるとき、死んだはずの家族がいる場所にたどり着いてしまった。生きたまま「この世」と「あの世」を行き来できるようになった環は、そこに何度も通うことになるのだが…。

環が走り始める動機は、完全に後ろ向きですよね〜。
記録に挑戦とか、体力づくりとか健康維持とか、そんな前向きな理由じゃなくって、「あの世」に自分の力でたどり着くためだっていうんだから。
まあ、天涯孤独の身の上で、周囲の人とも壁を作ってしまって打ち解けられないそんな状況で、行けるはずのない「あの世」に行って懐かしい家族と再会しちゃった、しかもその家族は温かく自分を迎えてくれるというのだから、気持ちが傾いちゃうのも分からないでもないんだけれどね。
だけど、自分の苦しみや寂しさは他の誰にも分からないと壁を作ってしまっている姿には、なんだかなぁ〜という感じが終始つきまとってしまいました。

そんな環が、ランニングチーム「イージーランナーズ」に参加するあたりからだんだん面白くなってきます。
走ることは一人でも、チームだったら他にメンバーがいる。そのメンバーであるドコロさんの過去、ハタくんと小枝ちゃんの恋、大島くんのこと、真知さんや仲間達との交流を通じて、環が少しずつ自分の殻を溶かしていく様子はなんだかこちらの肩の力も抜けていく感じがして良かったです。
メンバーもそれぞれ何かを背負っている、それで衝突することもあるけれど、苦しんだり、悩んだり、ぶつかったりするからこそ、一緒に笑いあえると嬉しい。
死者との繋がりだけじゃなく、生きる人たちとの繋がりを見出すラストは爽やかな印象で、気持ちよく本を閉じることができました。

単行本
理論社[2008.6発行]
【読了 2008.10.12】

にほんブログ村 本ブログへブログランキング(小)

ebinote at 23:03コメント(4)トラックバック(2) 
ま行:森絵都 

トラックバックURL

トラックバック一覧

1. 「ラン」森絵都  [ しんちゃんの買い物帳 ]   2008年10月19日 16:46
ラン(2008/06/19)森 絵都商品詳細を見る 本書はどこまでがネタバレになるのかわからない。だから、自分が思うところまで書いちゃえ、と書いた結??..
2. 本「ラン」  [ <花>の本と映画の感想 ]   2008年10月23日 21:40
ラン 森絵都 理論社 2008年6月 夏目環は、13歳で両親と弟を亡くし、20歳で奈々美おばさんを失う。22歳になって、町へ着たばかりのとき、サイクル紺野で買った自転車に欠陥があり、3日おきに研磨材をつけに来ていたことから、紺野さんと次第に言葉を交わ...

コメント一覧

1. Posted by しんちゃん   2008年10月19日 16:46
個人的ですが、絵都さんは児童書よりが好きです。本書はカラフルを思い出しながら楽しく読めました。前半の後ろ向きな部分を除いてですけど^^;
2. Posted by エビノート   2008年10月20日 20:45
しんちゃんへ♪
実は最初の方で、一度挫折しちゃった本だったんですよね〜(^_^;)再挑戦して、最後まで読んでよかったです。
森絵都さんの児童書いいですよね〜。「カラフル」ももう一度読んでみたくなりました。
3. Posted by    2008年10月23日 21:43
後ろ向きだった環が、イージーランのメンバーたちと関わることで、前向きになれたこと、よかったですね。
これで、天国の人たちも安心できるかな。
4. Posted by エビノート   2008年10月25日 20:56
花さんへ♪
うん、きっと天国の人たちも安心したでしょうね。
後ろ向きな環の変化に、良かったねぇ〜、がんばったねぇ〜と言いたくなるラストでした。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール

エビノート

rssなど
【ほんぶろ】にて、
特集ページを
作成していただきました♪
↓↓
エビノートの特集ページ


Subscribe with livedoor Reader
月別記事
お気に入り
いらっしゃいませ♪
メールはこちらから
アクセス解析
QRコード
QRコード
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: