2009年07月03日

第141回 芥川賞・直木賞候補作品

7月2日(木)に第141回芥川賞・直木賞(H21年度上半期)の候補作が発表されてたみたいです。
今回は、すっかり失念しておりました…。
選考結果は平成21年7月15日(水)に発表されるとのことです。

★芥川賞候補作品★
磯崎憲一郎「終の住処」(新潮6月号)
戌井昭人「まずいスープ」(新潮3月号)
シリン・ネザマフィ「白い紙」(文學界6月号)
藤野可織「いけにえ」(すばる3月号)
松波太郎「よもぎ学園高等学校蹴球部」(文學界5月号)
本谷有希子「あの子の考えることは変」(群像6月号)

★直木賞候補作品★
北村 薫『鷺と雪』(文藝春秋)
西川美和『きのうの神さま』(ポプラ社)
貫井徳郎『乱反射』(朝日新聞出版)
葉室 麟『秋月記(あきづきき)』(角川書店)
万城目学『プリンセス・トヨトミ』(文藝春秋)
道尾秀介『鬼の跫音(おにのあしおと)』(角川書店)

鷺と雪きのうの神さま乱反射
秋月記プリンセス・トヨトミ鬼の跫音




ひ〜〜第140回の受賞作さえ読んでいないというのに、もう第141回の受賞作が決まろうとしているとは!
半年たつのは早いなぁ〜、この半年何をやってたんだ? 私…

さて、例によって例のごとく芥川賞に関してはまったく分からん!という状態。
本谷有希子さんの過去の作品は以前読んだことがあって、面白いなぁ〜と思ったこともあり、本谷さんが受賞したりなんかするとちょっと嬉しいかも。

そして、直木賞。
全部読んでいないので、内容面では何ともいえないのだけれど…

北村薫さんの『鷺と雪』は絶対読む!と思っている作品なので読むのが楽しみであります。
候補作家の中ではダントツに多い6回目のノミネート。
機は熟しすぎるほど熟しているのですよねぇ〜頼みますよ!選考委員の皆さん!!!

嬉しいのは葉室燐さんが2度目のノミネートをしたこと。
以前の候補作『いのちなりけり』は上質の時代小説でしびれまくったんですが、今回再び候補になりましたね〜〜。
今回はタイトルに『秋月記(あきづきき)』とあるとおり、秋月藩が舞台のようです。
秋月藩といえば、福岡県! 地元ではないですか〜〜!
地元が舞台になった作品が受賞してくれたら、こんなに嬉しいことはないですねぇ〜♪
まずは作品を読んでみなくては!!

そして、候補作品のうち既読なのは万城目学さんの『プリンセス・トヨトミ』と道尾秀介さんの『鬼の跫音』の2作品。
候補作品は未読だけど、以前の作品を読んで印象深かった西川美和さん、貫井徳郎さんの作品。
これらもどう評価されるのか、果たして受賞はなるのか、楽しみです。




ebinote at 23:56コメント(6)トラックバック(0) 
♪本に関してのこと♪ 

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by きりり   2009年07月04日 20:27
うわ〜ほんとに早いですね〜 北村さんなんでしょうか? 全然読んでないので判らないんですが、葉室燐さんがノミネート嬉しいです!
芥川賞は本谷さん以外名前すら...
2. Posted by 福沢   2009年07月05日 00:18
エビノートさん、お久し振りです。
またまた芥川・直木賞の時期になりましたね。早く更新しないかな、と待っていました。
芥川賞はイラン人女性が一部で話題になっているようです。
直木賞は誰が受賞しても私は納得できます。知名度の高い人ばかり。…そろそろ北村先生でしょうか。
3. Posted by yori   2009年07月05日 10:06
エビノートさん おはようございます
前回も前々回も今度こそ北村薫だろうと言い続けている私としては、文春での北村薫、今度こそ決まりでしょう 笑
4. Posted by エビノート   2009年07月06日 20:34
きりりさんへ♪
もう半年経っちゃったのか〜となりますよね。半年ってほんとあっという間・・・。
芥川賞はほとんどわからないです(^_^;)
が、直木賞はおなじみの作家さんばかりで、ちょっと嬉しい。葉室さんの作品は前回ヒットだったので、今回の候補作も期待してます!!
5. Posted by エビノート   2009年07月06日 20:39
福沢さんへ♪
お久しぶりです〜〜♪
半期に一度のお楽しみの時期になりましたね!とはいえ、今回はすっかり忘れてたんですが・・・苦笑
シリン・ネザマフィさん、イラン人女性ですか!楊逸さんに続くことが出来るのか注目ですかね。でも、今回は顔見せくらいかなぁ〜。
直木賞は、北村さんシフトでしょう!今度こそ〜〜と願っております。どうなるか、注目ですね。
6. Posted by エビノート   2009年07月06日 20:45
yoriさんへ♪
こんばんは。
6度目の正直という具合になって欲しいです!
出版社的にも確率高しですよね。
期待通りの結果となるか、発表の日が楽しみです

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール

エビノート

rssなど
【ほんぶろ】にて、
特集ページを
作成していただきました♪
↓↓
エビノートの特集ページ


Subscribe with livedoor Reader
月別記事
お気に入り
いらっしゃいませ♪
メールはこちらから
アクセス解析
QRコード
QRコード
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: