2009年09月12日

神去なあなあ日常 〔三浦 しをん〕 3

神去なあなあ日常神去なあなあ日常

徳間書店 2009-05
売り上げランキング : 4853
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

≪内容≫
美人の産地・神去村でチェーンソー片手に山仕事。
先輩の鉄拳、ダニやヒルの襲来。
しかも村には秘密があって…!?
林業っておもしれ〜!
高校卒業と同時に平野勇気が放り込まれたのは三重県の山奥にある神去村。
林業に従事し、自然を相手に生きてきた人々に出会う。
(BOOKデータベースより)


三浦しをんさんのブログの言葉にあるように「林業一直線な小説」
箱根駅伝、文楽と馴染みのない世界を魅力的に描いてきたしをんさん。
今回は、林業ですか〜〜。
思いもよらないところを取り上げて実に魅力的に描くのは、今回も同様ですね!
「林業っておもしれ〜!」と勇気が言ってますが、読んでいても面白かったです。

都会で高校を卒業したものの大学には行かず、かといって就職先も探そうとせず、そのままフリーターになるんだろうと予想していた高校生の平野勇気。ところが、親のだまし討ちにも似た仕打ちによって、山奥にある神去村に放り込まれて、林業をする羽目に。次代の林業従事者を育成する政府の「緑の雇用」制度に応募されていたのだった。
断ろう!逃げ出そう!と思う勇気だったが、交通手段を持たない身ではそれも叶わず、林業従事者育成のために助成金まで出ていると知ってはなかなか言い出せない。
そして何より、居候している家のヨキこと飯田与喜という男からは逃げ出せない。逃げても追い付かれ、連れ戻され、勇気は嫌々ながら林業の仕事を始めるしかなくなってしまう。

読み手である私と同じように林業って?って状態の勇気が、嫌々ながらはじめた林業に徐々にのめりこんでいく様子が楽しく、面白かったです。
もちろん、単に面白いだけじゃなく、仕事に伴う苦労や危険なども、きっちり押さえていて、そう簡単な仕事ではないんだなぁ〜ということも伝わってきますが。
それでも、自分の仕事に誇りを持って取り組んでいる姿勢は、すごくかっこよかったです。
最初は、大丈夫か?と心配していた勇気も頼もしく成長したし、勇気の師匠ともいえるヨキや巌さん、三郎じいさんなど皆かっこいいんですよね〜。
業種は違うけれど、彼らの仕事への姿勢は私も見習わなくっては!と思いました。

「なあなあ」で暮らしているゆるゆるとした村の雰囲気が心地よくって、勇気を取り囲む神去村の住人たちもとっても良い感じでした。
野生児・ヨキに、ヨキをこよなく愛するみきさん、ユーモアのある繁ばあちゃん。親方の清一さんとその妻祐子さんとその息子の山太。マドンナ直紀さんに、巌さんと三郎じいさん、どの人物も魅力的でイキイキとしているんですよね。
居心地のよい場所なんだろうなぁ〜〜と伝わってくる関係が感じられました。

単行本
徳間書店[2009.5発行]
【読了 2009.8.25】

にほんブログ村 本ブログへブログランキング(小)

ebinote at 00:15コメント(8)トラックバック(9) 
ま行:三浦しをん 

トラックバックURL

トラックバック一覧

1. 神去なあなあ日常  三浦しをん  [ 読書・映画・ドラマetc覚書(アメブロ版) ]   2009年09月12日 10:44
神去なあなあ日常/三浦 しをん 三浦しをん 徳間書店 2009 STORY: 高校卒業後、フリーターをしようと思っていた勇気は、両親と先生に無理やり神去(かむさり)村に預けられる。そこで林業の見習いとして働くことになった勇気は…。 感想:  最近、農業や...
2. 「神去なあなあ日常」三浦しをん  [ ナナメモ ]   2009年09月12日 21:02
JUGEMテーマ:読書 美人の産地・神去村でチェーンソー片手に山仕事。先輩の鉄拳、ダニやヒルの襲来。しかも村には秘密があって…!?林業っておもしれ~!高校卒業と同時に平野勇気が放り込まれたのは三重県の山奥にある神去村。林業に従事し、自然を相手に生きてきた人々に出...
3. 神去なあなあ日常(三浦しをん)  [ Bookworm ]   2009年09月14日 05:27
おーっ、面白かったぁっ!!
4. 「神去なあなあ日常」 三浦しをん  [ コンパス・ローズ  compass rose ]   2009年09月14日 23:56
『風が強く吹いている』や『仏果を得ず』と同じく、しをんさんお得意の熱血系作品。どこに興味の矛先が向くのやら、なんと今回は林業ときた。川あれば山あり。山あればそこには木がある。列島を血管のように走る川と多くの緑成す山が連なる国に生まれはしたが、林業といわれ...
5. 「神去なあなあ日常」三浦しをん  [ しんちゃんの買い物帳 ]   2009年09月30日 23:47
神去なあなあ日常(2009/05)三浦 しをん商品詳細を見る 神去村の住人には、わりとおっとりした人が多い。彼らの口癖は「なあなあ」で、「ゆっくギ..
6. 「神去なあなあ日常」三浦しをん 感想  [ ポコアポコヤ ]   2009年11月20日 18:57
宮崎駿さんが、この小説を非常に気に入って、推薦文を書いていたというのが、なんとなく解るお話でした。
7. 神去なあなあ日常<三浦しおん>−本:2010-25−  [ デコ親父はいつも減量中 ]   2010年04月18日 02:13
神去なあなあ日常クチコミを見る # 出版社: 徳間書店 (2009/05) # ISBN-10: 4198627312 評価:88点 高校卒業と同時に、人里離れた林業の村に研修生としていきなり放り込まれた平野勇気、18歳。携帯電話も通じない、山以外は何もない村の中で、否応なしに山に登り木を切り出...
8. 神去なあなあ日常  [ Akira's VOICE ]   2013年07月24日 12:11
三浦しをん 著 
9. 神去なあなあ日常  三浦しをん/著  徳間書店  [ 西京極 紫の館 ]   2014年05月04日 01:25
【紹介文】 美人の産地・神去村でチェーンソー片手に山仕事。先輩の鉄拳、ダニやヒルの襲来。しかも村には秘密があって…!?林業っておもしれ~!高校卒業と同時に平野勇気が放り込まれたのは三重県の山奥にある神去村。林業に従事し、自然を相手に生きてきた人々に出会う。 ..

コメント一覧

1. Posted by なな   2009年09月12日 21:03
出てくる人たち、みんな素敵でしたよね。
「林業っておもしれ〜」だし
「しをんさってやっぱりおもしれ〜」な小説でした。
2. Posted by すずな   2009年09月14日 05:30
楽しいお話でした。
「林業」ってただ木を伐採していくだけじゃないんだなぁということもわかって、勇気と一緒に林業の面白さを教えて貰った作品でした。
3. Posted by エビノート   2009年09月14日 21:03
ななさんへ♪
まったく縁のない世界なのに、読み終わったらすごく興味深い世界なんだなぁ〜って感じさせてくれる、しをんさんに感謝ですね。
林業って面白いなぁ〜って思いました。
楽しかったです!
4. Posted by エビノート   2009年09月14日 21:06
すずなさんへ♪
私も林業に抱いていたイメージって、伐採くらいなものでした。いろんな作業があるんですね〜。地道な仕事だけど、山を大切にする気持ち、自然を敬う気持ちも登場人物たちの仕事っぷりを読んで感じることができました。
とっても興味深くって、面白い内容でした♪
5. Posted by 雪芽   2009年09月15日 00:07
こんばんは〜
林業ってなに?から始まった勇気ののめり込み度合いに呼応するように、読むほどに林業の魅力、村の雰囲気の楽しさにのめり込んで、おもしれ〜の連続でした。
しをんさん今度はなにに熱くさせてくれるだろうって、期待と楽しみにワクワクです。
6. Posted by エビノート   2009年09月28日 20:07
雪芽さんへ♪
こんばんは。
読むほどに面白くなってきましたよねぇ。林業ってよく分からないって状態だったのに、その仕事の奥深さと意義に、へぇぇ〜っと感心することしきりでした。
しをんさんの取り上げるテーマ、今後も注目したいですね!今度は何を掘り下げてくれるんだろう〜ほんと楽しみです。
7. Posted by latifa   2009年11月20日 19:03
エビノートさん、こんにちは!
これ、面白かったです〜。
でも、私はここには住めん・・・と思いながら読んでいたので、主人公に感情移入しながらも、こんなにみんなに良くしてもらって、なじんだ後で、立ち去れないよなぁ〜と、どこか苦しく思いながら読んでました^^
やっぱり、しをんさんは、こういったお話が得意ですね〜。一杯調査したのかな。
8. Posted by エビノート   2009年11月22日 20:30
latifaさんへ♪
こんばんは〜。
面白かったですね!きっとしをんさんは山に行ってたくさん取材をされたんでしょう!
林業って植林して育った木を切ってってだけじゃないんだなぁとはじめて知りました。山に囲まれてるところに住んでるのに(^_^;)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール

エビノート

rssなど
【ほんぶろ】にて、
特集ページを
作成していただきました♪
↓↓
エビノートの特集ページ


Subscribe with livedoor Reader
月別記事
お気に入り
いらっしゃいませ♪
メールはこちらから
アクセス解析
QRコード
QRコード
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: