2009年10月28日

文化祭オクロック 〔竹内 真〕 4

文化祭オクロック文化祭オクロック

東京創元社 2009-07-23
売り上げランキング : 143126

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

≪内容≫
東天高校文化祭初日、ブラスバンド部のオープニング曲終了とともに、突如校内放送から謎の男の声が流れてきた!
DJネガポジと名乗る男は、リクエスト曲を流しつつ携帯電話でのリレーインタビュー企画を進めていく。
文化祭実行委員会と生徒会の合同企画だというが、どこか怪しい。
DJの軽快な喋りに沸く生徒たちを尻目に、二年生の古浦久留美はDJの正体を探り始めるが―。
華やかな文化祭の裏で静かに進行する陰謀と、謎のDJの目的とは?
青春の一ページを生き生きと描いた青春ミステリの決定版。
(BOOKデータベースより)



竹内真さんの学園ものが大好物♪
この作品は、タイトルどおり高校の文化祭を舞台にした青春ミステリで、とっても楽しく読むことができました〜♪

二日間にわたって行われる東天高校の文化祭。
3年の斉藤優里は、高校最後の文化祭を気楽にいろいろ見物して回るつもりだった。
3年の寺沢祐馬は、いくつかの部を掛け持ちしていてやるべきことが山のようにあった。
3年の山則之は、携帯片手にもうすぐかかってくるはずの電話を待っていた。
2年の古浦久留美は、オープニングを飾るブラスバンドの演奏を聴いていた。
それぞれの感興を呼び起こして文化祭が始まったけれど、ブラスバンドの1曲目の演奏が終わった途端、校内放送で“DJネガポジ”と名乗る男がしゃべり始めた。
文化祭の合同企画“FM東天”は、校内でFM電波を飛ばし、生徒からのリクエストを受け付けながら、携帯電話を使ってトークコーナーを進めていくという。
最初のゲストになった山則之は、“DJネガポジ”に乗せられて、動かない大時計を復活させるという挑戦を受けてしまう。
斉藤優里は、山則之へのインタビューで自分の名前を出されたことに怒り、“DJネガポジ”に謝罪させるため、校内を走り回ることに。
“FM東天”の企画に関わっている寺沢祐馬は企画を無事に進行するため走り回ることに、文芸部の古浦久留美は割れた窓ガラスの謎を解いてしまったことから“DJネガポジ”の正体を探ることになってしまう。

主に4人の生徒たちの視点がくるくると入れ代わりながら、文化祭の当日に起こる騒動が描かれています。
お祭り騒ぎって、読んでいるだけでなんて楽しいんだろう!
正体不明の“DJネガポジ”ですが、彼の選曲もトークもなかなか面白くって、この文化祭に参加してみたいものだわ〜と思っちゃいました。
文化祭の騒動だけじゃなくって、“DJネガポジ”の正体と目的、大時計の謎に学校裏サイトなどいろんな要素が盛り込んであって盛りだくさん。
盛りだくさんなんだけどすっきり収まっていて、読みやすかったです。
1日目だけの物語になっていたのは、ちょっと残念。
2日目の盛り上がりも読んでみたかったなぁ〜〜。
爽やかな余韻の残り方は好きな感じだったんだけど、でももっと文化祭を楽しんでいたい!という気持ちのほうが強かった。

単行本
東京創元社[2009.7発行]
【読了 2009.10.6】

にほんブログ村 本ブログへブログランキング(小)

ebinote at 20:00コメント(1)トラックバック(1) 
た行:竹内真 

トラックバックURL

トラックバック一覧

1. 「文化祭オクロック」竹内真  [ しんちゃんの買い物帳 ]   2009年11月05日 22:55
文化祭オクロック(2009/07/23)竹内 真商品詳細を見る 県立東天高校の文化祭が開幕した。今年は、開幕という言葉にふさわしい演出も用意されていの..

コメント一覧

1. Posted by 高宏   2013年07月28日 12:34
なんで学園モノが面白いのだろう?

そう思ってしまうくらい、竹内さんの作品はいいですね。
なんかそのときに戻れるような気がして、つい読んでしまいます。
しかしあんまりやっかいなミステリーは起きて欲しくないですけどね。

竹内さんの作品の感想とかをネットでいろいろ読んでいたのですが、
http://www.birthday-energy.co.jp/
というところでは、竹内さんご自身についての論評記事があって
興味深かったですよ。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
プロフィール
rssなど
【ほんぶろ】にて、
特集ページを
作成していただきました♪
↓↓
エビノートの特集ページ


Subscribe with livedoor Reader
月別記事
お気に入り
いらっしゃいませ♪
メールはこちらから
アクセス解析
QRコード
QRコード
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: