2010年01月14日

第142回 芥川賞・直木賞決定!

本日、第142回(2009年下半期)芥川賞・直木賞が決定しました。

★芥川賞★

該当作なし


★直木賞★
佐々木譲『廃墟に乞う』(文芸春秋)
廃墟に乞う

白石一文『ほかならぬ人へ』(祥伝社)
ほかならぬ人へ


という結果です。
芥川賞が該当作なしだったのは、第121回(1993年上半期)以来とのこと。
たいていだれかが受賞ということのほうが多いので、該当作なしというのはへぇぇという驚きがありました。
今回は選考が厳しかったのか、はたまた作品の水準が低かったのかは候補作を読んでいない私には何ともコメントしようがありませんが、該当作なしに至った経緯は選評で確認してみたいなぁ〜。
直木賞はお二方が受賞。
白石一文さんは、お父様である白石一郎さんが1987年に「海狼伝」で直木賞を受賞されていますから、初の親子受賞とのこと。
図書館の順番待ちがすごいことになりそうですが、早めに読みたいと思います!
受賞された佐々木さん、白石さんおめでとうございます。

ebinote at 21:07コメント(6)トラックバック(0) 
♪本に関してのこと♪ 

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by 福沢   2010年01月15日 22:55
エビノートさんのおっしゃるように、芥川賞の該当者なしはたしかに驚きです。
ま、たまにはいいかもしれません。
いつもやるとはかぎらないんだぞ、だからしっかり書くように、という主催者・選者側からの牽制だったりして。
2. Posted by indi-book   2010年01月16日 17:28
ニュース見るまで、
白石一文さんが、白石一郎さんの
息子さんだとは、知りませんでした。
親父さんのを最近読もうかなぁと思い
下調べしていただけに、作品を親子で読んでみたいです。

3. Posted by きりり   2010年01月18日 00:32
ん〜白石氏が意外でした 芥川賞は大変残念 取り合えず誰か選んで欲しいかと思いました
4. Posted by エビノート   2010年01月18日 21:29
福沢さんへ♪
こんばんは。
該当者なしは、たまには良いかもしれないですね〜。
でも、そのぶん該当者なしに至った経緯をきっちり説明する責任を選考委員の先生方は求められますね。
選評を早く読んでみたいです。
5. Posted by エビノート   2010年01月18日 21:31
indi-bookさんへ♪
私も白石一郎さんの息子さんだと、ここ最近知りました。
これを機に、お父様の著作にも注目が集まるかもしれませんね〜。
まずは、白石一文さんの今回の受賞作を手に取りたいと思います。
6. Posted by エビノート   2010年01月18日 21:36
きりりさんへ♪
芥川賞で該当者なしってのは随分久しぶりのことなんですね。
たまには良いのかなぁ〜と思ったりもしますが、出版社や書店関係者にとっては残念無念なのだろうなと思います。
芥川賞・直木賞って、やっぱり注目度が違いますもんね。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール

エビノート

rssなど
【ほんぶろ】にて、
特集ページを
作成していただきました♪
↓↓
エビノートの特集ページ


Subscribe with livedoor Reader
月別記事
お気に入り
いらっしゃいませ♪
メールはこちらから
アクセス解析
QRコード
QRコード
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: