ま行:宮部みゆき

2008年09月21日

おそろし 三島屋変調百物語事始おそろし 三島屋変調百物語事始
宮部 みゆき

角川グループパブリッシング 2008-07-30
売り上げランキング : 215
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

≪内容≫
17歳のおちかは、実家で起きたある事件をきっかけに、ぴたりと他人に心を閉ざしてしまった。ふさぎ込む日々を、江戸で三島屋という店を構える叔父夫婦のもとに身を寄せ、慣れないながら黙々と働くことでやり過ごしている。
そんなある日、叔父・伊兵衛はおちかを呼ぶと、これから訪ねてくるという客の応対を任せて出かけてしまう。おそるおそる客と会ったおちかは、次第にその話にひきこまれていく。いつしか次々に訪れる人々の話は、おちかの心を少しずつ溶かし始めて―。
哀切にして不可思議。
宮部みゆきの「百物語」、ここに始まる!
(単行本・帯より)続きを読む

ebinote at 22:03コメント(12)トラックバック(9) 

2008年01月03日

楽園 上 (1)楽園 下
≪内容≫
フリーライター前畑滋子のもとに奇妙な調査依頼が舞い込んだ。そして、16年前に起きた、少女殺人事件の全貌が明らかになる!
(文藝春秋・HPより)
続きを読む

ebinote at 19:47コメント(16)トラックバック(14) 

2006年09月24日

名もなき毒名もなき毒
宮部 みゆき

幻冬舎 2006-08
売り上げランキング : 4911
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

≪内容≫
どこにいたって、怖いものや汚いものには遭遇する。
それが生きることだ。
財閥企業で社内報を編集する杉村三郎は、トラブルを起こした女性アシスタントの身上調査のため、私立探偵・北見のもとを訪れる。
そこで出会ったのは、連続無差別毒殺事件で祖父を亡くしたという女子高生だった。
(BOOKデータベースより)続きを読む

ebinote at 21:01コメント(30)トラックバック(25) 

2006年06月25日

平成お徒歩日記 (新潮文庫)平成お徒歩日記 (新潮文庫)
宮部 みゆき

新潮社 2000-12
売り上げランキング : 99992
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

≪内容≫
あるときは赤穂浪士のたどった道、またあるときは箱根越え、お伊勢参りに罪人引廻し、島流しルートも。
暑さにも寒さにも原稿締切にも病にも負けず、ミヤベミユキはひたすら歩く歩く―。
怪しき道づれたちと繰り広げる珍道中記を読むと、あ〜ら不思議、あなたも江戸時代へタイムスリップ。
さあ、この本をポケットに、お江戸の旅へと出発しよう!
楽しくてためになるおトクな一冊。
(BOOKデータベースより)
続きを読む

ebinote at 17:53コメント(12)トラックバック(2) 

2006年06月18日

本所深川ふしぎ草紙 (新潮文庫)本所深川ふしぎ草紙 (新潮文庫)
宮部 みゆき

新潮社 1995-08
売り上げランキング : 5836
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

≪内容≫
近江屋藤兵衛が殺された。
下手人は藤兵衛と折り合いの悪かった娘のお美津だという噂が流れたが…。
幼い頃お美津に受けた恩義を忘れず、ほのかな思いを抱き続けた職人がことの真相を探る「片葉の芦」。
お嬢さんの恋愛成就の願掛けに丑三つ参りを命ぜられた奉公人の娘おりんの出会った怪異の顛末「送り提灯」など深川七不思議を題材に下町人情の世界を描く7編。
宮部ワールド時代小説篇。
(BOOKデータベースより)
続きを読む

ebinote at 20:22コメント(8)トラックバック(7) 

2006年05月21日

宮部みゆきの江戸レシピ宮部みゆきの江戸レシピ
福田 浩

ぴあ 2006-03
売り上げランキング : 330517
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


宮部みゆきさんの時代小説を読んだことのある方
なかでも、その小説の中に登場する料理に食欲をそそられたことのある方は必見!
また、美味しい料理に興味があるという方にもおススメ。

続きを読む

ebinote at 19:06コメント(10)トラックバック(2) 

2006年02月02日

読書中の本が進みません……。
こちらは過去に読んだ本。

**********
初ものがたり (新潮文庫)初ものがたり (新潮文庫)
宮部 みゆき

新潮社 1999-08
売り上げランキング : 57141
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

本所深川をあずかる岡っ引きの茂七親分が、下っ引きの糸吉、権三とともに、江戸の下町で起こる摩か不思議な事件に立ち向かう。
茂七に事件解決のヒントを与える謎の稲荷寿司屋や、超能力を持った拝み屋の少年など、個性あふれる登場人物たちと織りなす人情捕物話の数々。
……「鰹」「白魚」「柿」「桜」など、江戸の季節を彩る「初もの」を題材に、ときに哀しく、ときに妖しく描く時代小説。
(文庫・裏表紙より)続きを読む

ebinote at 21:29コメント(14)トラックバック(4) 

2006年01月28日

どうしても結末を先に読んでおかないとミステリが読めない、という人にはオススメできません(笑)
火車 (新潮文庫)火車 (新潮文庫)
宮部 みゆき

新潮社 1998-01
売り上げランキング : 1004
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

休職中の刑事、本間俊介は遠縁の男性に頼まれて彼の婚約者、関根彰子の行方を捜すことになった。
自らの意志で失踪、しかも徹底的に足取りを消して
――なぜ彰子はそこまでして自分の存在を消さねばならなかったのか?
いったい彼女は何者なのか?
謎を解く鍵は、カード社会の犠牲ともいうべき自己破産者の凄惨な人生に隠されていた。
山本周五郎賞に輝いたミステリー史に残る傑作。
(文庫・裏表紙より)

続きを読む

ebinote at 18:25コメント(14)トラックバック(9) 

2006年01月26日

カテゴリーは作ったものの、まだ記事を書いてなかった宮部みゆき。

『孤宿の人』は購入したものの未読。
これを読んじゃうと、宮部作品で読むものがなくなっちゃうので、もったいなくって手に取れない……

そろそろ読まないとね〜苦笑

ステップファザー・ステップ (講談社文庫)ステップファザー・ステップ (講談社文庫)
宮部 みゆき

講談社 1996-07
売り上げランキング : 95178
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

中学生の双子の兄弟が住む家に落っこちてきたのは、なんとプロの泥棒だった。
そして、一緒に暮らし始めた3人。
まるで父子のような(!?)家庭生活がスタートする。
次々と起こる7つの事件に、ユーモアあふれる3人の会話。

宮部みゆきがお贈りする、C・ライス『スイート・ホーム殺人事件』にも匹敵する大傑作!
(文庫裏表紙より)
続きを読む

ebinote at 19:38コメント(0)トラックバック(0) 
プロフィール

エビノート

rssなど
【ほんぶろ】にて、
特集ページを
作成していただきました♪
↓↓
エビノートの特集ページ


Subscribe with livedoor Reader
月別記事
お気に入り
いらっしゃいませ♪
メールはこちらから
アクセス解析
QRコード
QRコード
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: