さ行:島本理生

2009年08月09日

君が降る日君が降る日

幻冬舎 2009-03
売り上げランキング : 93220
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

≪内容≫
恋人・降一を事故で亡くした志保。
彼の母親が営む店を手伝う彼女の前に現れたのは、その事故の原因をつくった五十嵐だった。
彼の存在を受け入れられない志保だったが、同じ悲しみを抱える者同士、少しずつ二人の距離が近づいていく…。
「君が降る日」他、二編収録。
(BOOKデータベースより)
続きを読む

ebinote at 12:55コメント(2)トラックバック(1) 

2008年10月16日

波打ち際の蛍波打ち際の蛍
島本 理生

角川グループパブリッシング 2008-07-31
売り上げランキング : 14929
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

≪内容≫
川本麻由はかつての恋人によるDVで心に傷を負い、生きることに臆病になっていた。ある日通院先で植村蛍に出会い、次第に惹かれてゆくが…。どこまでも不器用で痛く、眼が眩むほどスイートな恋愛小説。
(MARCデータベースより)続きを読む

ebinote at 19:50コメント(8)トラックバック(4) 

2008年10月01日

CHICAライフCHICAライフ
島本 理生

講談社 2008-06-27
売り上げランキング : 128097
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

≪内容≫
島本理生の正体見っけ。
『ナラタージュ』では「せつなすぎる」「泣いた」と、読者の圧倒的な共感を得た著者が、意外にも思える彼女自身やその恋愛状況をセキララに語った初エッセイ集。
(内容紹介より)
続きを読む

ebinote at 20:21コメント(4)トラックバック(2) 

2007年12月05日

クローバークローバー
島本 理生

角川書店 2007-11
売り上げランキング : 79318
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

≪内容≫
世界はうつろい、大切なものさえ変わってゆく――それでも一緒にいたいよ。
ワガママで思いこみが激しい、女子力全開の華子。双子の弟で、やや人生不完全燃焼気味の理科系男子冬冶。ふたりの恋と未来は−−?キュートで痛快、やがてせつない恋愛長編。
(角川書店HPより)続きを読む

ebinote at 20:25コメント(16)トラックバック(8) 

2007年05月16日

大きな熊が来る前に、おやすみ。大きな熊が来る前に、おやすみ。
島本 理生

新潮社 2007-03
売り上げランキング : 108398
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

≪内容≫
徹平と暮らし始めて、もうすぐ半年になる。
だけど手放しで幸せ、という気分ではあまりなくて、転覆するかも知れない船に乗って、岸から離れようとしている、そんな気持ちがまとわりついていた――。
新しい恋を始めた3人の女性を主人公に、人を好きになること、誰かと暮らすことの、危うさと幸福感を、みずみずしく描き上げる感動の小説集。
書き下ろし1編を併録。
(出版社/著者からの内容紹介より)続きを読む

ebinote at 19:38コメント(22)トラックバック(13) 

2007年05月11日

リトル・バイ・リトル (講談社文庫)リトル・バイ・リトル (講談社文庫)
島本 理生

講談社 2006-01
売り上げランキング : 214721
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

≪内容≫
ふみは高校を卒業してから、アルバイトをして過ごす日々。
家族は、母、小学校二年生の異父妹の女三人。
習字の先生の柳さん、母に紹介されたボーイフレンドの周、二番目の父―。
「家族」を軸にした人々とのふれあいのなかで、わずかずつ輪郭を帯びてゆく青春を描いた、第二十五回野間文芸新人賞受賞作。
(BOOKデータベースより)
続きを読む

ebinote at 19:45コメント(12)トラックバック(7) 

2006年07月19日

生まれる森生まれる森
島本 理生

講談社 2004-01-29
売り上げランキング : 206435
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

≪内容≫
初めて知った恋の深い痛みと、ゆるやかな新生を描く20歳の恋愛小説。
最年少・20歳野間新人賞作家。
(BOOKデータベースより)続きを読む

ebinote at 06:36コメント(14)トラックバック(9) 

2006年04月06日

ナラタージュナラタージュ
島本 理生

角川書店 2005-02-28
売り上げランキング : 173100
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


好きな作品ほど、感想を書くのが難しい。
それは作品の持つ雰囲気、魅力を上手く伝えられない、もどかしさからくると思う。
自分のボキャブラリーのなさに毎回へこむ。
今回はそんな一冊。

続きを読む

ebinote at 20:16コメント(24)トラックバック(16) 

2006年03月09日

一千一秒の日々一千一秒の日々
島本 理生

マガジンハウス 2005-06-16
売り上げランキング : 243401
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


小さな明かりの灯った夜の中で、私たちは長い会話とキスを交わしながら、何度夜を明かしただろう。
ふたりだけの愛おしい日々が溶けていく―生真面目で不器用な恋人たちを清新なイメージで描いた七色の連作短篇集。
(BOOKデータベースより)続きを読む

ebinote at 18:43コメント(16)トラックバック(8) 
プロフィール

エビノート

rssなど
【ほんぶろ】にて、
特集ページを
作成していただきました♪
↓↓
エビノートの特集ページ


Subscribe with livedoor Reader
月別記事
お気に入り
いらっしゃいませ♪
メールはこちらから
アクセス解析
QRコード
QRコード
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: