や・ら・わ行:若竹七海

2009年01月14日

プラスマイナスゼロプラスマイナスゼロ
若竹七海 杉田比呂美

ジャイブ 2008-12-03
売り上げランキング : 110239
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

≪内容≫
はじまりは、落ちてきた一匹の蛇だった―。
なんか最近、アタシら死体に縁がねーか?
凸凹女子高生トリオが、海辺の町・葉崎を駆け抜ける!
ドタバタ×学園×青春ミステリー。
(BOOKデータベースより)
続きを読む

ebinote at 20:33コメント(2)トラックバック(1) 

2008年12月28日

サンタクロースのせいにしよう (集英社文庫)サンタクロースのせいにしよう (集英社文庫)
若竹 七海

集英社 1999-11
売り上げランキング : 67670
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

≪内容≫
一戸建てを二人でシェア、料理さえ作れば家賃はタダ。そんなおいしい話を見逃す手はない―。
というわけで、気はいいけれど変わり者のお嬢様・銀子さんの家に居候することになった私。しかし、引っ越し早々、幽霊は出るわ、ゴミ捨て場の死体騒動に巻き込まれるわ…なぜかトラブルが続発。郊外の平凡な住宅地を舞台に、愛すべき、ちょっと奇妙な隣人たちが起こす事件を描くミステリ短編集。
(BOOKデータベースより)続きを読む

ebinote at 22:41コメント(0)トラックバック(0) 

2008年04月29日

古書店アゼリアの死体 (カッパ・ノベルス)古書店アゼリアの死体 (カッパ・ノベルス)
若竹 七海

光文社 2000-07
売り上げランキング : 671603
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

≪内容≫
勤め先は倒産、泊まったホテルは火事、怪しげな新興宗教には追いかけられ…。
不幸のどん底にいた相沢真琴は、葉崎市の海岸で溺死体に出合ってしまう。
運良く古書店アゼリアの店番にありついた真琴だが、そこにも新たな死体が!
事件の陰には、葉崎市の名門・前田家にまつわる秘密があった…。
笑いと驚きいっぱいのコージー・ミステリの大傑作。
(BOOKデータベースより)続きを読む

ebinote at 21:28コメント(4)トラックバック(1) 

2008年04月28日

ヴィラ・マグノリアの殺人 (カッパ・ノベルス)ヴィラ・マグノリアの殺人 (カッパ・ノベルス)
若竹 七海

光文社 1999-06
売り上げランキング : 692776
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

≪内容≫
海に臨むヴィラ・マグノリア。
その空き家になった一棟で、死体が発見された。
ヴィラの住人は一癖ある人ばかりで、担当刑事達は聞き込み一つにてんてこ舞い。
捜査に手間取るうちに、ヴィラの住人が殺される第二の事件が発生!
二つの事件のつながりはどこに?
住人達の素顔も次第に明らかになって―。
粒よりユーモアをちりばめたコージー・ミステリーの快作。
(BOOKデータベースより)続きを読む

ebinote at 21:17コメント(4)トラックバック(1) 

2008年04月03日

ぼくのミステリな日常 (創元推理文庫)ぼくのミステリな日常 (創元推理文庫)
若竹 七海

東京創元社 1996-12
売り上げランキング : 80361
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

≪内容≫
月刊社内報の編集長に抜擢され、若竹七海の不完全燃焼ぎみなOL生活はどこへやら。
慣れぬカメラ片手に創刊準備も怠りなく。
そこへ「小説を載せろ」とのお達し。
プロを頼む予算とてなく社内調達ままならず、大学時代の先輩に泣きついたところ、匿名作家を紹介される。
かくして掲載された十二の物語が謎を呼ぶ、贅を凝らしたデビュー作。
(出版社/著者からの内容紹介より)続きを読む

ebinote at 00:35コメント(10)トラックバック(4) 
プロフィール

エビノート

rssなど
【ほんぶろ】にて、
特集ページを
作成していただきました♪
↓↓
エビノートの特集ページ


Subscribe with livedoor Reader
月別記事
お気に入り
いらっしゃいませ♪
メールはこちらから
アクセス解析
QRコード
QRコード
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: