京極夏彦

2009年08月14日

厭な小説厭な小説

祥伝社 2009-05-14
売り上げランキング : 3326
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

≪内容≫
内容紹介
「知りませんからね、読んで後悔しても。」
悪寒、嫌悪、拒絶……あらゆる不愉快、詰め込んだ日本一のどんびきエンターテインメント登場――
「厭だ。厭だ。厭だ――」
感情的パワハラを繰り返す馬鹿な上司に対する同期深谷の、呪詛のような繰り言にうんざりして帰宅した私を、マイホームの玄関で見知らぬ子供が迎えた。山羊のような瞳。左右に離れた眼。見るからに不気味だ。なぜこんな子が、夫婦二人きりの家に? 妻はその子の存在を否定した。幻覚か? 怪訝に思う私。だが、これが底なしの悪夢の始まりだった……(「厭な子供」より)。
「恐怖」と「異なるもの」を描き続ける鬼才が繰り出した「不快」のオンパレード。一読、後悔必至の怪作、ここに誕生!
“ゲラを読んでいて、重〜い気分になっちゃいました”って、著者が語っていいのか!?
(単行本・帯より)

続きを読む

ebinote at 21:26コメント(4)トラックバック(1) 

2008年11月11日

幽談 (幽BOOKS)幽談 (幽BOOKS)
京極夏彦

メディアファクトリー 2008-07-16
売り上げランキング : 44084
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

≪内容≫
八つの幽談を描いた、京極夏彦の別天地!
怪談専門誌『幽』の連載が、ついに単行本化!
ああ、手首だと、私は思ったものである。切断された手首だとは思わなかった。誰の手首だろうとも思わなかった。ただ、手首だと思った。何故かは解らない。もしかしたら体温があったからかもしれない。ひんやりとした、女の体温。――「手首を拾う」より。怪談専門誌『幽』の連載が、ついに単行本化。八つの幽談を描いた、京極夏彦の別天地。
(内容紹介より)続きを読む

ebinote at 18:34コメント(2)トラックバック(1) 

2007年10月17日

小説こちら葛飾区亀有公園前派出所小説こちら葛飾区亀有公園前派出所
大沢 在昌

集英社 2007-05-24
売り上げランキング : 19064
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

≪内容≫
超人気作家7人が『こち亀』を小説化!!
『新宿鮫』の鮫島&晶が浅草初詣で両さんと遭遇。
『池袋ウエストゲートパーク』のマコトは両さんと一緒に結婚詐欺師退治。
大原部長と悪ガキ両さんの知られざる出会いなど、両津勘吉大活躍の短編が7本!
(集英社HPより)続きを読む

ebinote at 19:51コメント(12)トラックバック(8) 

2007年08月06日

旧怪談―耳袋より (幽BOOKS)旧怪談―耳袋より (幽BOOKS)
京極 夏彦

メディアファクトリー 2007-07
売り上げランキング : 27788
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

≪内容≫
江戸時代に聞き集めた、怪しい話、奇妙な話。
(BOOKデータベースより)続きを読む

ebinote at 23:46コメント(4)トラックバック(2) 

2007年06月04日

後巷説百物語 (Kwai books)後巷説百物語 (Kwai books)
京極 夏彦

角川書店 2003-12
売り上げランキング : 79336
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

≪内容≫
恨みつらみに妬みに嫉み―。
かくも人間は、闇を抱え続けて生きねばならぬのか―。
その深き業をやるせなく描く、圧巻のあやかし絵巻。
(BOOKデータベースより)続きを読む

ebinote at 22:45コメント(4)トラックバック(1) 

2007年06月03日

続巷説百物語 (文芸シリーズ)続巷説百物語 (文芸シリーズ)
京極 夏彦

角川書店 2001-05
売り上げランキング : 81568
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

≪内容≫
道を通せば角が立つ。
倫を外せば深みに嵌る。
そっと通るは裏の径―妖怪遣い・又市一味暗躍す!
裏の渡世人、又市一味再登場。
待望のシリーズ第二弾。
(BOOKデータベースより)

*以下、『前巷説百物語』に関することにも触れていますので、未読の方はご注意を!!

続きを読む

ebinote at 19:20コメント(0)トラックバック(1) 

2007年05月29日

巷説百物語 (怪BOOKS)巷説百物語 (怪BOOKS)
京極 夏彦

角川書店 1999-09
売り上げランキング : 17890
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

≪内容≫
時は、江戸。巷の闇の色は濃い。
その闇を縫うように、あやかしたちの姿がほのかに立ち上る。
小豆洗い、白蔵主、舞首、芝右衛門狸、塩の長司、柳女、帷子辻…。
それは、現か、幻か、それとも―と、その刻、小股潜りの又市の鈴が密やかに鳴り、山猫廻しのおぎん、考物の百介、事触れの治平の姿が現れる。
「御行奉為―」
いつの世も、不可解な事件は決して跡を絶つことがない―。
(BOOKデータベースより)

*以下、『前巷説百物語』に関することにも触れていますので、未読の方はご注意を!!

続きを読む

ebinote at 22:15コメント(4)トラックバック(1) 

2007年05月19日

前巷説百物語 (怪BOOKS)前巷説百物語 (怪BOOKS)
京極 夏彦

角川書店 2007-04
売り上げランキング : 16691
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

≪内容≫
晴らせぬ恨みを請負い、裏の渡世人たちが仕込む驚愕の仕掛けとからくり!!
直木賞受賞作「後巷説百物語」へ続く、若き又市たちの活躍を描く。
大胆な仕掛けで恨みを晴らす又市たちの出会いが語られる。
(出版社/著者からの内容紹介より)続きを読む

ebinote at 00:29コメント(8)トラックバック(6) 

2006年10月11日

邪魅の雫 (講談社ノベルス)邪魅の雫 (講談社ノベルス)
京極 夏彦

講談社 2006-09-27
売り上げランキング : 18807
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

≪内容≫
「殺してやろう」「死のうかな」「殺したよ」「殺されて仕舞いました」「俺は人殺しなんだ」「死んだのか」「──自首してください」「死ねばお終いなのだ」「ひとごろしは報いを受けねばならない」
昭和二十八年夏。
江戸川、大磯、平塚と連鎖するかのように毒殺死体が続々と。
警察も手を拱く中、ついにあの男が登場する! 
「邪なことをすると──死ぬよ」
(出版社/著者からの内容紹介より)
続きを読む

ebinote at 13:12コメント(14)トラックバック(8) 

2006年04月28日

嗤う伊右衛門 (角川文庫)嗤う伊右衛門 (角川文庫)
京極 夏彦

角川書店 2001-11
売り上げランキング : 64558
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

≪内容≫
愛憎、美と醜、正気と狂気…全ての境界をゆるがせにする著者渾身の傑作怪談。
鶴屋南北「東海道四谷怪談」と実録小説「四谷雑談集」を下敷きに、伊右衛門とお岩夫婦の物語を怪しく美しく、新たによみがえらせた、京極版「四谷怪談」
(出版社/著者からの内容紹介より)
続きを読む

ebinote at 20:29コメント(14)トラックバック(3) 
プロフィール

エビノート

rssなど
【ほんぶろ】にて、
特集ページを
作成していただきました♪
↓↓
エビノートの特集ページ


Subscribe with livedoor Reader
月別記事
お気に入り
いらっしゃいませ♪
メールはこちらから
アクセス解析
QRコード
QRコード
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: