古川日出男

2007年07月29日

ハル、ハル、ハルハル、ハル、ハル
古川 日出男

河出書房新社 2007-07
売り上げランキング : 124129
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

≪内容≫
この物語は全ての物語の続編だ。
暴走する世界、疾走する少年と少女。
3人のハルよ、世界を乗っ取れ! 
乱暴で純粋な人間たちの圧倒的な現在を描いた、古川日出男の最高傑作。
(出版社からの内容紹介より)続きを読む

ebinote at 23:30コメント(8)トラックバック(6) 

2007年04月11日

サマーバケーションEPサマーバケーションEP
古川 日出男

文藝春秋 2007-03
売り上げランキング : 42350
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

≪内容≫
井の頭公園に湧く水をたどりながら、僕たちは海まで歩く―それは、永遠の夏休みのはじまりだった。
ひととひととがつながりあうミラクル。
おだやかな熱に包まれる再生の物語。
(BOOKデータベースより)続きを読む

ebinote at 00:07コメント(20)トラックバック(9) 

2007年03月08日

ルート350ルート350
古川 日出男

講談社 2006-04-18
売り上げランキング : 271282
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

≪内容≫
いっぱいの現実と、いっぱいの絵空事。
何十、何百もの小説へと続く可能性を秘めた、虚実のあわいを走るルート350-。
小説の地平を切り拓く、著者初の衝撃短編集。
表題作の他、「カノン」「飲み物はいるかい」等7話を収録。
(MARCデータベースより)続きを読む

ebinote at 00:04コメント(6)トラックバック(1) 

2006年12月20日

僕たちは歩かない僕たちは歩かない
古川 日出男

角川書店 2006-12
売り上げランキング : 93333
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

≪内容≫
三島賞作家が贈る、雪の夜のちいさな物語。
「僕たちは歩かない。その終電に乗ったら、歩かない。」
雪の夜、東京で、レストランで、山手線で。
やわらかな緊張感に包まれながら、僕たちは時間のひずみにはいってゆく。
一夜の奇跡の物語を、挿絵入りで。
(出版社/著者からの内容紹介より)続きを読む

ebinote at 18:55コメント(12)トラックバック(7) 

2006年08月10日

LOVELOVE
古川 日出男

祥伝社 2005-09
売り上げランキング : 11579
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

≪内容≫
あたしたちは全員同じだ、でも、あたしたちは全員、違うのかもしれない。
現代なんて三月後には消費されて、東京の記憶から消されるんだろうな―。
都市とそこで生きるものたちの喪失と再生を鮮やかにきりとった青春群像小説。
(MARCデータベースより)続きを読む

ebinote at 00:31コメント(4)トラックバック(5) 

2006年07月08日

ベルカ、吠えないのか?ベルカ、吠えないのか?
古川 日出男

文藝春秋 2005-04-22
売り上げランキング : 100528
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

≪内容≫
二十世紀をまるごと描いた、古川日出男による超・世界クロニクル。
四頭のイヌから始まる、「戦争の世紀」。
(BOOKデータベースより)続きを読む

ebinote at 00:57コメント(18)トラックバック(7) 
プロフィール

エビノート

rssなど
【ほんぶろ】にて、
特集ページを
作成していただきました♪
↓↓
エビノートの特集ページ


Subscribe with livedoor Reader
月別記事
お気に入り
いらっしゃいませ♪
メールはこちらから
アクセス解析
QRコード
QRコード
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: