恩田陸

2009年11月05日

六月の夜と昼のあわいに六月の夜と昼のあわいに

朝日新聞出版 2009-06-19
売り上げランキング : 122037
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

≪内容≫
よび覚まされる記憶、あふれ出る感情、たち上がる論理。言葉によって喚起される、人間のいとなみ。ミステリー、SF、私小説、ファンタジー、ルポルタージュ…あらゆる小説の形式と、恩田作品のエッセンスが味わえる「夢十夜」的小説集。フランス文学者・杉本秀太郎による詩、俳句、短歌に秘められた謎と、希代の新鋭画家による十のイメージに誘われた、摩訶不思議な十の作品世界。
(BOOKデータベースより)続きを読む

ebinote at 00:00コメント(1)トラックバック(2) 

2009年10月06日

訪問者訪問者

祥伝社 2009-05-14
売り上げランキング : 88836
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

≪内容≫
山中にひっそりとたたずむ古い洋館―。三年前、近くの湖で不審死を遂げた実業家朝霞千沙子が建てたその館に、朝霞家の一族が集まっていた。千沙子に育てられた映画監督峠昌彦が急死したためであった。晩餐の席で昌彦の遺言が公開される。「父親が名乗り出たら、著作権継承者とする」孤児だったはずの昌彦の実父がこの中にいる?一同に疑惑が芽生える中、闇を切り裂く悲鳴が!冬雷の鳴る屋外で見知らぬ男の死体が発見される。数日前、館には「訪問者に気を付けろ」という不気味な警告文が届いていた…。果たして「訪問者」とは誰か?千沙子と昌彦の死の謎とは?そして、長く不安な一夜が始まるが、その時、来客を告げるベルが鳴った―。嵐に閉ざされた山荘を舞台に、至高のストーリー・テラーが贈る傑作ミステリー。
(BOOKデータベースより)
続きを読む

ebinote at 00:00コメント(0)トラックバック(4) 

2009年09月09日

メガロマニア―あるいは「覆された宝石」への旅メガロマニア―あるいは「覆された宝石」への旅

日本放送出版協会 2009-05
売り上げランキング : 84353
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

≪内容≫
恩田陸の誇大妄想がインカ・マヤの地を疾走する。
カラー写真全50点著者撮り下ろし。
(BOOKデータベースより)
続きを読む

ebinote at 23:53コメント(4)トラックバック(3) 

2009年03月24日

ブラザー・サン シスター・ムーンブラザー・サン シスター・ムーン
恩田 陸

河出書房新社 2009-01-23
売り上げランキング : 4035
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

≪内容≫
ねえ、覚えてる?
空から蛇が落ちてきたあの夏の日のことを――
本と映画と音楽…
それさえあれば幸せだった奇蹟のような時間
『夜のピクニック』から4年
青春小説の新たなスタンダードナンバー誕生!
(単行本・帯より)続きを読む

ebinote at 18:05コメント(0)トラックバック(0) 

2009年01月12日

きのうの世界きのうの世界
恩田 陸

講談社 2008-09-04
売り上げランキング : 5750
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

≪内容≫
ファン切望の最新長編!!
誰も予想できない結末が待っている!!恩田陸が紡ぐ、静かで驚きに満ちた世界。

塔と水路がある町のはずれ、「水無月橋」で見つかった死体。1年前に失踪したはずの男は、なぜここで殺されたのか?

あなたは水無月橋について考えている。これから行くその場所、殺人現場であるその橋のことを。バス停に捨てられていた地図には、赤い矢印が付いていた。まさにこれからあなたが行こうとしている、水無月橋のあるところに。印の付いていた場所で死体が見つかったことで、人々は想像をたくましくした。――<第1章より>

「これは私の集大成です」――恩田陸
(出版社・HPより)続きを読む

ebinote at 00:00コメント(10)トラックバック(7) 

2008年10月02日

puzzle (祥伝社文庫)puzzle (祥伝社文庫)
恩田 陸

祥伝社 2000-10
売り上げランキング : 108417
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

≪内容≫
学校の体育館で発見された餓死死体。
高層アパートの屋上には、墜落したとしか思えない全身打撲死体。
映画館の座席に腰掛けていた感電死体。
―コンクリートの堤防に囲まれた無機質な廃墟の島で見つかった、奇妙な遺体たち。
しかも、死亡時刻も限りなく近い。
偶然による事故なのか、殺人か?
この謎に挑む二人の検事の、息詰まる攻防を描く驚愕のミステリー。
(BOOKデータベースより)
続きを読む

ebinote at 19:56コメント(0)トラックバック(0) 

2008年09月22日

不連続の世界不連続の世界
恩田 陸

幻冬舎 2008-07
売り上げランキング : 62376
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

≪内容≫
「俺さ、おまえの奥さんは、もうこの世にいないと思う。―おまえが殺したから」
『月の裏側』の塚崎多聞、再登場!
詩情と旅情あふれる、恩田陸版「怖い話」。
(単行本・帯より)
続きを読む

ebinote at 23:33コメント(8)トラックバック(5) 

2008年09月13日

象と耳鳴り―推理小説 (祥伝社文庫)象と耳鳴り―推理小説 (祥伝社文庫)
恩田 陸

祥伝社 2003-02
売り上げランキング : 108708
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

≪内容≫
「あたくし、象をみると耳鳴りがするんです」
退職判事関根多佳雄が立ち寄った喫茶店。上品な婦人が語り始めたのは少女時代に英国で遭遇した、象による奇怪な殺人事件だった……。
表題作をはじめ、子供たちの会話、一枚の写真、携帯電話など、なにげないテーマに潜む謎を、鮮やかな手さばきで解き明かす論理の芳醇なる絶品。幻惑と恍惚の本格推理コレクション!
(文庫・内容紹介より)続きを読む

ebinote at 11:00コメント(8)トラックバック(3) 

2008年07月29日

小説以外 (新潮文庫 お 48-7)小説以外 (新潮文庫 お 48-7)
恩田 陸

新潮社 2008-05-28
売り上げランキング : 61815

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

≪内容≫
本好きが嵩じて作家となった著者は、これまでどのような作品を愛読してきたのか?ミステリー、ファンタジー、ホラー、SF、少女漫画、日本文学……あらゆるジャンルを越境する読書の秘密に迫る。さらに偏愛する料理、食べ物、映画、音楽にまつわる話、転校が多かった少女時代の思い出などデビューから14年間の全エッセイを収録。本に愛され、本を愛する作家の世界を一望する解体全書。
(文庫・内容紹介より)続きを読む

ebinote at 18:45コメント(0)トラックバック(1) 

2008年03月26日

猫と針猫と針
恩田 陸

新潮社 2008-02
売り上げランキング : 68450
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

≪内容≫
人はその場にいない人の話をする――。
友人の葬式の帰り、久々に学生時代の仲間が集まった。
一見なごやかな宴だが、やがて漂う不穏な空気。
この集まりの本当の意図とは?
閉鎖空間で展開する心理サスペンス会話劇。
戯曲執筆の舞台裏を赤裸々に綴る書き下ろしエッセイ「『猫と針』日記」も収録。
遂にベールを脱ぐ、恩田陸〈初戯曲〉。
続きを読む

ebinote at 22:46コメント(8)トラックバック(6) 
プロフィール

エビノート

rssなど
【ほんぶろ】にて、
特集ページを
作成していただきました♪
↓↓
エビノートの特集ページ


Subscribe with livedoor Reader
月別記事
お気に入り
いらっしゃいませ♪
メールはこちらから
アクセス解析
QRコード
QRコード
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: