石田衣良

2009年01月09日

こどものころにみた夢こどものころにみた夢
角田 光代

講談社 2008-06-10
売り上げランキング : 117367
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

≪内容≫
豪華作家陣が美しい絵とともに綴る、カラー版「夢物語」。
怖い夢、切ない夢、おもらしの夢?
12篇の読む絵本。
(BOOKデータベースより)続きを読む

ebinote at 19:56コメント(2)トラックバック(1) 

2008年06月04日

恋のトビラ恋のトビラ
石田 衣良

集英社 2008-05-01
売り上げランキング : 1400
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

≪内容≫
読むだけで、恋したくなる…。
石田衣良、角田光代、嶽本野ばらなど、今、いちばん読みたい作家5人が、あなたのために描いた宝石のような恋愛アンソロジー。
「non・no」で大好評だったラブストーリーが1冊に。
(MARCデータベースより)続きを読む

ebinote at 22:28コメント(2)トラックバック(1) 

2006年11月27日

I love youI love you
伊坂 幸太郎

祥伝社 2005-07
売り上げランキング : 102890
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

≪内容≫
祥伝社創立35周年記念特別出版
愛してる、って言葉だけじゃ足りない(オール書下ろし)
恋愛には物語がある。
初めて異性を意識しはじめたとき、相手とのあいだに微妙な距離感を感じたとき、初恋の同級生との再会を果たしたとき、そして別れを予感したとき…。
さまざまな断片から生まれるストーリーを、現在もっとも注目を集める男性作家たちが紡ぐ、至高の恋愛アンソロジー
(出版社/著者からの内容紹介より)続きを読む

ebinote at 19:35コメント(12)トラックバック(9) 

2006年11月08日

LOVE or LIKELOVE or LIKE
石田 衣良

祥伝社 2006-07
売り上げランキング : 186544
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

≪内容≫
「好き」と「愛してる」の違いって?
(恋愛アンソロジー オール書下ろし)
男女が出会うと、いろいろな感情が生まれる。
気になる、好き、愛しい、せつない……。
友だちが恋の対象になるのは、どんなときだろう?
転校生への憧れ、再会した同級生への複雑な感情、文通相手のまだ見ぬ異性へのときめき…。
微妙な機微を、6人の実力派男性作家が描く恋愛アンソロジー
(出版社/著者からの内容紹介より)続きを読む

ebinote at 22:22コメント(6)トラックバック(4) 

2006年09月30日

下北サンデーズ下北サンデーズ
石田 衣良

幻冬舎 2006-07
売り上げランキング : 187609
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

≪内容≫
春から大学生になる里中ゆいかは、芝居のおもしろさを生まれて初めて教えてくれた劇団「下北サンデーズ」に入るのが夢で…。
演劇の街・下北沢を舞台に贈る、弱小劇団奮闘グラフィティ!
『パピルス』連載を単行本化。
(MARCデータベースより)続きを読む

ebinote at 00:34コメント(5)トラックバック(2) 

2006年08月09日

眠れぬ真珠眠れぬ真珠
石田 衣良

新潮社 2006-04-27
売り上げランキング : 70148
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

≪内容≫
恋は、若さじゃない。
愛は、経験じゃない。
女性版画家と17歳年下のウェイターが過ごす美しく限られた日々。
恋愛小説の真髄、石田衣良の真骨頂!
(出版社/著者からの内容紹介より)続きを読む

ebinote at 00:14コメント(2)トラックバック(2) 

2006年03月23日

40 翼ふたたび40 翼ふたたび
石田 衣良

講談社 2006-02
売り上げランキング : 75457
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


投げやりに始めたプロデュース業で、さまざまな同世代の依頼人に出会い変身する吉松喜一、40歳。
生きることの困難と、その先の希望を見つめた感動作。
(BOOKデータベースより)
続きを読む

ebinote at 18:00コメント(8)トラックバック(5) 

2006年02月01日

第129回直木賞受賞作。
これを読んだのはちょうど1年前。
石田衣良ってなかなか良いかも〜って思った記憶があります。

**********
4TEEN4TEEN
石田 衣良

新潮社 2003-05-22
売り上げランキング : 174043
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

14歳は、空だって飛べる。

スカイラインを切り取る超高層マンション、路地に並ぶ長屋ともんじゃ焼きの店。
〈きのう〉と〈あした〉が共存するこの町・月島で、ぼくたちは、恋をし、傷つき、旅に出かけ、死と出会い、そしてほんの少しだけ大人になっていく――。
14歳の4人組が一年間に出会った8つの物語を鮮やかに描いて、〈いま〉を浮き彫りにする青春ストーリー。
(単行本帯より)続きを読む

ebinote at 20:00コメント(6)トラックバック(2) 
プロフィール

エビノート

rssなど
【ほんぶろ】にて、
特集ページを
作成していただきました♪
↓↓
エビノートの特集ページ


Subscribe with livedoor Reader
月別記事
お気に入り
いらっしゃいませ♪
メールはこちらから
アクセス解析
QRコード
QRコード
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: