米澤穂信

2009年06月24日

儚い羊たちの祝宴儚い羊たちの祝宴
米澤 穂信

新潮社 2008-11
売り上げランキング : 67617
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

≪内容≫
ミステリの醍醐味と言えば、終盤のどんでん返し。
中でも、「最後の一撃」と呼ばれる、ラストで鮮やかに真相を引っ繰り返す技は、短編の華であり至芸でもある。
本書は、更にその上をいく、「ラスト一行の衝撃」に徹底的にこだわった連作集。
古今東西、短編集は数あれど、収録作すべてがラスト一行で落ちるミステリは本書だけ。
(BOOKデータベースより)
続きを読む

ebinote at 20:05コメント(8)トラックバック(7) 

2009年04月12日

Story Seller (新潮文庫)Story Seller (新潮文庫)
新潮社ストーリーセラー編集部

新潮社 2009-01-28
売り上げランキング : 16102
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

≪内容≫
これぞ「物語」のドリームチーム。日本のエンターテインメント界を代表する7人が、読み切り小説で競演!短編並の長さで読み応えは長編並、という作品がズラリと並びました。まさに永久保存版アンソロジー。どこから読んでも、極上の読書体験が待つことをお約束します。お気に入りの作家から読むも良し、新しい出会いを探すも良し。著作リストも完備して、新規開拓の入門書としても最適。
(文庫・内容紹介より)続きを読む

ebinote at 21:07コメント(6)トラックバック(2) 

2009年04月11日

秋期限定栗きんとん事件〈上〉 (創元推理文庫)秋期限定栗きんとん事件 下 (創元推理文庫 M よ 1-6)
≪内容≫
あの日の放課後、手紙で呼び出されて以降、ぼくの幸せな高校生活は始まった。学校中を二人で巡った文化祭。夜風がちょっと寒かったクリスマス。お正月には揃って初詣。ぼくに「小さな誤解でやきもち焼いて口げんか」みたいな日が来るとは、実際、まるで思っていなかったのだ。――それなのに、小鳩君は機会があれば彼女そっちのけで謎解きを繰り広げてしまい……シリーズ第三弾。
(文庫 上巻・内容紹介より)続きを読む

ebinote at 10:20コメント(4)トラックバック(3) 

2007年11月05日

遠まわりする雛遠まわりする雛
米澤 穂信

角川書店 2007-10
売り上げランキング : 9815
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

≪内容≫
折木奉太郎は〈古典部〉仲間の千反田えるの頼みで、地元の祭事「生き雛」へ参加するが、事前連絡の手違いで祭りの開催が危ぶまれる事態に。その「手違い」が気になる千反田は、折木とともに真相を推理する――。
(角川書店HPより)続きを読む

ebinote at 20:02コメント(14)トラックバック(9) 

2007年09月20日

インシテミルインシテミル
米澤 穂信

文藝春秋 2007-08
売り上げランキング : 42090
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

≪内容≫
バイト雑誌を立ち読みしていたビンボー大学生・結城は、ひとりの少女から声をかけられて……。
この夏、鮮烈なミステリーがはじまる。
(文藝春秋HPより)続きを読む

ebinote at 22:17コメント(19)トラックバック(13) 

2006年10月05日

ボトルネックボトルネック
米澤 穂信

新潮社 2006-08-30
売り上げランキング : 83631
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

≪内容≫
懐かしくなんかない。爽やかでもない。
若さとは、かくも冷徹に痛ましい。
ただ美しく清々しい青春など、どこにもありはしない――。
青春ミステリの旗手、最新書き下ろし長編
(出版社/著者からの内容紹介より)続きを読む

ebinote at 00:31コメント(20)トラックバック(13) 

2006年08月21日

さよなら妖精 (ミステリ・フロンティア)さよなら妖精 (ミステリ・フロンティア)
米澤 穂信

東京創元社 2004-02
売り上げランキング : 154077
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

≪内容≫
一九九一年四月。
雨宿りをするひとりの少女との偶然の出会いが、謎に満ちた日々への扉を開けた。
遠い国からはるばるおれたちの街にやって来た少女、マーヤ。
彼女と過ごす、謎に満ちた日常。
そして彼女が帰国した後、おれたちの最大の謎解きが始まる。
覗き込んでくる目、カールがかった黒髪、白い首筋、『哲学的意味がありますか?』、そして紫陽花。
謎を解く鍵は記憶のなかに―。
忘れ難い余韻をもたらす、出会いと祈りの物語。
気鋭の新人が贈る清新な力作。
(BOOKデータベースより)

続きを読む

ebinote at 19:08コメント(12)トラックバック(8) 

2006年07月27日

犬はどこだ (ミステリ・フロンティア)犬はどこだ (ミステリ・フロンティア)
米澤 穂信

東京創元社 2005-07-21
売り上げランキング : 208001
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

≪内容≫
犬捜し専門の仕事を始めたはずなのに、依頼は失踪人捜しと古文書の解読。
しかも調査の過程で、ふたつはなぜか微妙にクロスして―。
いったいこの事件の全体像は?
犬捜し専門(希望)、25歳の私立探偵・紺屋、最初の事件。
(MARCデータベースより)続きを読む

ebinote at 22:30コメント(12)トラックバック(3) 

2006年06月21日

夏期限定トロピカルパフェ事件 (創元推理文庫)夏期限定トロピカルパフェ事件 (創元推理文庫)
米澤 穂信

東京創元社 2006-04-11
売り上げランキング : 71853
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

≪内容≫
小市民たるもの、日々を平穏に過ごす生活態度を獲得せんと希求し、それを妨げる事々に対しては断固として回避の立場を取るべし。
賢しらに名探偵を気取るなどもってのほか。
諦念と儀礼的無関心を心の中で育んで、そしていつか掴むんだ、あの小市民の星を!
そんな高校二年生・小鳩君の、この夏の運命を左右するのは“小佐内スイーツセレクション・夏”!?
待望のシリーズ第二弾。
(BOOKデータベースより)続きを読む

ebinote at 20:56コメント(20)トラックバック(13) 

2006年06月20日

春期限定いちごタルト事件 (創元推理文庫)春期限定いちごタルト事件 (創元推理文庫)
米澤 穂信

東京創元社 2004-12-18
売り上げランキング : 34454
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

≪内容≫
小鳩君と小佐内さんは、恋愛関係にも依存関係にもないが互恵関係にある高校一年生。
きょうも二人は手に手を取って清く慎ましい小市民を目指す。
それなのに、二人の前には頻繁に謎が現れる。
名探偵面などして目立ちたくないのに、なぜか謎を解く必要に迫られてしまう小鳩君は、果たしてあの小市民の星を掴み取ることができるのか?
新鋭が放つライトな探偵物語、文庫書き下ろし。
(BOOKデータベースより)続きを読む

ebinote at 20:06コメント(18)トラックバック(15) 
プロフィール

エビノート

rssなど
【ほんぶろ】にて、
特集ページを
作成していただきました♪
↓↓
エビノートの特集ページ


Subscribe with livedoor Reader
月別記事
お気に入り
いらっしゃいませ♪
メールはこちらから
アクセス解析
QRコード
QRコード
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: