絲山秋子

2009年01月20日

ばかものばかもの
絲山 秋子

新潮社 2008-09
売り上げランキング : 8068
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

≪内容≫
気ままな大学生と、強気な年上の女。かつての無邪気な恋人たちは、気づけばそれぞれに、取り返しのつかない喪失の中にいた。すべてを失い、行き場をなくした二人が見つけた、ふるえるような愛。生きること、愛することの、激しい痛み。そして官能的なまでの喜び―。絶望の果てに響く、愛しい愚か者たちの声を鮮烈に描き出す、待望の恋愛長篇。
(BOOKデータベースより)続きを読む

ebinote at 19:20コメント(2)トラックバック(1) 

2007年12月27日

豚キムチにジンクスはあるのか―絲的炊事記豚キムチにジンクスはあるのか―絲的炊事記
絲山 秋子

マガジンハウス 2007-12-06
売り上げランキング : 88686
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

≪内容≫
群馬県高崎市在住、一人暮らし作家の泣くに泣けない自炊生活・・・。
雑誌『Hanako』連載中から話題の、あまりにも過酷な(!?)おいしい生活が一冊にまとまりました。
ちょっとした思いつきに翻弄され、試作を重ねる著者の日常を味わってください。
「他人の失敗は密の味」と著者も本書で書いていますが、失敗と成功の繰り返しがスリリングに楽しめるエッセイ集。
加えて、簡単でおいしいレシピも探せます!!
(マガジンハウス・HPより)続きを読む

ebinote at 20:56コメント(5)トラックバック(2) 

2007年02月23日

エスケイプ/アブセントエスケイプ/アブセント
絲山 秋子

新潮社 2006-12
売り上げランキング : 268780
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

≪内容≫
闘争と潜伏にあけくれ、20年を棒に振った「おれ」。
だが人生は、まだたっぷりと残っている。
旅先の京都で始まった、長屋の教会での居候暮らし。
あやしげな西洋坊主バンジャマンと、遅れすぎた活動家だった「おれ」。
そして不在の「あいつ」。
あきらめを、祈りにかえて生きるのだ。
―いつわりと挫折の日々にこそ宿る人生の真実を描く傑作小説。
(BOOKデータベースより)続きを読む

ebinote at 22:30コメント(20)トラックバック(11) 

2006年09月05日

絲的メイソウ絲的メイソウ
絲山 秋子

講談社 2006-07-22
売り上げランキング : 136052
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

≪内容≫
迷走、瞑想?
生きることは、ジグザグだ。
ああ、人生はなんてジグザグにしか進まない!
「袋小路」からジグザグへ、いつもあちこちに本気で立ち寄り続 けて考えた、そして感じた。
絲山秋子、初のエッセイ集。
今の時代に鈍感でいることはできない。
(出版社/著者からの内容紹介より)続きを読む

ebinote at 00:39コメント(8)トラックバック(5) 

2006年05月23日

沖で待つ沖で待つ
絲山 秋子

文藝春秋 2006-02-23
売り上げランキング : 74323
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

≪内容≫
「おまえさ、秘密ある?」
住宅設備機器メーカーに入社して福岡支社に配属された同期の太っちゃんと女性総合職の私。
深い信頼と友情が育っていく。
そして太っちゃんの死。
太っちゃんとの約束を果たすべく彼の部屋にしのびこむ。
選考委員会で高い評価を得た第134回芥川賞受賞作。
他1篇併録。
(出版社/著者からの内容紹介より)続きを読む

ebinote at 20:02コメント(22)トラックバック(11) 

2006年04月01日

逃亡くそたわけ逃亡くそたわけ
絲山秋子

中央公論新社 2005-02-26
売り上げランキング : 121503
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


逃げるのに理由なんていらない。
川端康成文学賞作家、絲山秋子初の書き下ろし長編小説。
(BOOKデータベースより)
続きを読む

ebinote at 00:33コメント(14)トラックバック(8) 

2006年01月19日

「沖で待つ」にて、第134回芥川賞を受賞された絲山秋子さんの作品。
ニートニート
絲山 秋子

角川書店 2005-10-29
売り上げランキング : 16706
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

どうでもいいって言ったら、この世の中何もかもどうでもいいわけで、それがキミの思想そのものであった――。
洗練と節度を極めた文章からあふれ出す、切なくも甘やかな感情。

川端康成文学賞受賞、気鋭の作家が切り取った現代の生のかたち、珠玉の五篇。
(紀伊國屋書店HPより)
続きを読む

ebinote at 19:31コメント(0)トラックバック(3) 
プロフィール

エビノート

rssなど
【ほんぶろ】にて、
特集ページを
作成していただきました♪
↓↓
エビノートの特集ページ


Subscribe with livedoor Reader
月別記事
お気に入り
いらっしゃいませ♪
メールはこちらから
アクセス解析
QRコード
QRコード
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: