「イジメ」というものは老若男女問わず、どの世代にもその形を変えながら必ず存在するものだということは、以前にも記事にしたと思います。
滋賀の中学生が飛び降り自殺で亡くなっていましたが、その一番の原因はイジメだと言う事です。
学校や教育委員会は必死に「把握していなかった」とマニュアルでもあるのか、どこも似たような弁明していますが、知らなかったワケは絶対にないと思います。
今回のケースは「自殺の練習をさせていた」という部分が一番の問題点で、これは自殺教唆に該当すると思います。
だとすると単なるイジメという問題ではなく、これは立派な犯罪行為になってしまいますね。

こういった事件で毎回問題になるのが「周囲は誰も助けようとしなかった」「先生に相談しても何もしてくれなかった」といったことや、イジメが原因となり自殺に追い込まれたという事実を隠蔽しようと画策する汚い大人達の姿ですね。
まあ教育委員会が屑の集団なのは今も昔も変わりませんし、「面倒なことには関わりたくない」という腑抜けの教師が多いのも変わりはありません。
加害者の親が権力者だろうが、部落等の関係者だろうが、人一人を死に追いやった罪は徹底的に糾弾すべきだと思います。
馬鹿な人権擁護推進派は「将来ある子供が・・・」というお得意の理論を掲げて加害者を庇うのでしょうが、他人の将来を奪っておいて自分だけのうのうと何食わぬ顔で生きていく加害者という存在の危険性というものは完全無視なのでしょうね。
「死に損」という言葉がありますが、こういうことは絶対に許せないことですし、例え子供であろうがやったことには責任を負わせ、顔写真付の実名報道ぐらいは行うべきだと考えています。

よく「子供は残酷な生き物だ」という言葉を聞きますが、別に子供だけが残酷というわけではなく、年齢を重ねて分別ある大人になっても、姑息で残酷な手段を用いて他人をイジメるような屑もいるのです。
そもそも「人間=悪」という構図は自分の中では一切変わってはいません。
性善説というものは一切信じていませんし、悪であるからこそ光である善に憧れ必死に歩み寄ろうと努力するものだと思うからです。