世の中に「屑」と呼ばれる存在は数多くありますが、そういった人種や輩とは極力関わりたくないと切実に思う夢の欠片です。

育児休暇中の女性警官が飲酒運転で事故を起こし、乳児を抱いたまま逃走し転倒、その後乳児を置いたまま数十メートル逃亡したというニュースがありましたが、取り締まる側の立場にありながら飲酒運転するわ、我が子を放置してまで逃げようとするわ、屑の中の屑と言える存在でしょうね。
子育てのストレスで飲酒したという言い訳らしいですが、「じゃあハンドル握るんじゃねぇよ」と言いたいです。
こういった公務員の犯罪についてはヤクザ同様に一般人の場合よりも、罰則は数割り増しでいいと思うのですけどね。
それだけ重要な立ち位置にいるわけですから。

しかしながら裁判を起こし「飲酒運転で懲戒解雇は酷すぎる」といった内容の主張をするのは、往々にして公務員や教師の類で、彼らは余程自分達の事を「特別な存在」だと勘違いしているのでしょうね。
まあ屑には違いありませんけど・・・

さてさて
生活保護引き下げが確定したようですが、普通に働いてる人の方が手取り金額が少ないという事が起こる方がそもそもおかしかったと思います。
受給者達は猛反発していますが、働きもせずに普通の人と同レベルの生活を営めると考えてる方が大間違いだと思うのです。
今のような現金支給を一切やめて、早々に現物支給に切り替えて行くべきだと考えます。
「区別」は絶対的に必要なものなのです。
彼らは「差別だ」と主張するでしょうが、実際問題「差別だ」と主張したいのは生活保護を下回る最低賃金で汗水垂らして働いている正直者の方だと思いますけどね。