「重箱の隅をつつき回す」というか「あら探し」をするのが大好きというか、とにかくそういった事に対してやたら頑張る人がいたりします。
友人に欲しいとは思わないタイプの人間には間違いありません。
コスプレ不倫で信頼が失墜した感のある大阪の橋本市長ですけど、個人的には「やる事をきちんとやってれば、プライベートで何しようが本人の勝手」だと考えています。
どうも聖人君子を望んでいる人が多いようですが、この世の中に完璧な人間なんぞ存在しやしませんし、万が一そういう人間がいたとしたら、単に気持ちが悪いだけだと思うのです。
人間なんぞを創り出した時点で神ですら完璧ではありませんし、中途半端な存在が集まっているからこそ、そこに発展があったり進化があったりするのだと思うのですけどねぇ。
まあ橋本市長が台頭しては都合の悪い人達にしてみれば、まさに「鬼の首を取った」ぐらいの喜ばしい問題発覚だったと思います。

足の引っ張り合いというのは何も政治に限った話ではなく、我々のごく身近でも日常的に、それこそ無意識のうちに行われているものです。

さてさて
暑さもいよいよ本番となり、各地ではビアガーデンやビアホールに涼を求める人達で溢れているようです。
前にも書きましたが、自分はこういった場所で飲むのは好きではなく、一人でしみじみと酒と対話を楽しむ方なのですが、付き合い上仕方なく参加しなければならない機会も多く、実は本日もこれから行かなくてはなりません。
酔っ払い連中を冷めた目で観察するもの一興で、普段見たり聞いたりすることの出来ないような、その人の隠れた部分が前面に押し出されている姿は実に滑稽なものだったりします。
良い酔い方をする人は別に問題ないのですが、悪い酔い方する人の方が圧倒的に多いのが問題ですね。